FC2ブログ
2013/11/01

ワールドメイトに対して不適切な発言を繰り返すアンチ

ワールドメイトに対して、不適切な発言を繰り返す、セミプロアンチが3〜4人くらいいます。

そのうちの一人、ニューライスくん(新米薬寿師と名乗る人物)は、3つもアンチブログを開設して、あたかも、アンチが多数いるかのような工作活動をしています。

ニューライスくんのブログには、ワールドメイトに会員として潜入し、メルマガを貼り付ける諜報活動をしてるスパイ会員もいます。


ニューライスくんは、「1円以上のお金がかかる宗教=サギ」であるなどという独自の定義に基づき、ワールドメイトはお金がかかるなどと批判し、つまりは、世の中の宗教はすべてサギであるなどと主張しています。

しかし、ニューライスくんは、自宅で1円以上の費用をかけて線香を購入し、1円以上かけて自宅で宗教儀式をしてるそうなので、自身もサギ行為を行ってることになります。実に、矛盾した発言ですね。


つまり、ニューライスくんによる「1円以上のお金がかかる宗教=サギ」などという独自の定義は、成り立たないということがご理解いただけるでしょう。これは、世界中の人間の良心を裏切る、実に、不適切な発言です。


このような不適切な発言を繰り返す、頭がバーンな人物が、ワールドメイトのセミプロアンチの代表です。ワールドメイトに入会して支部に行っても、「あの人は変わった人だな」と思われて、支部に溶け込めなかったのでしょうか。

ワールドメイトの支部はいい人ばかりだし、あたたかいところなので、排斥されたり冷たくされるということはとくにありませんが、あまりにも、中傷や文句ばかり言ったり、意味不明なことを言ったり、不適切な発言ばかり繰り返してると、さすがに、溶け込めないという状況も発生するかもしれません。


結論として、ニューライスくんは、日常、1円以上かけて線香を立てて宗教儀式を行ってるのに、他方で、1円以上かかる宗教はサギだなどと不適切な発言を繰り返してます。愚かな考えだと自覚したほうがいいですよ。

世界中の9割以上の人は、キリスト教やイスラム教、ユダヤ教、仏教などの信仰をもっていて、1円以上の寄付を日頃から行ったり、1円以上のマットを購入してマットの上でお祈りしたり、1円以上かけてバイブルを購入したり、1円以上の交通費をかけて聖地に行ったり、1円以上かけて宗教に関わっているのです。世界中のあらゆる宗教のなかで、1円もお金がかからないものはありません。世界では、信仰をもたない人は「なにするかわからない、怖い人」と思われることのほうが多いので、むしろ、信仰をもっている人のほうが信頼されます。

どうか、ニューライスくんも、常識的な考え方が少しでも身につき、不適切な発言を繰り返すのは恥だと気がつき、少しでもまともになって幸せになっていただけますように。
2013/10/30

ワールドメイト元アンチの暴露

ワールドメイトのアンチは、いつも、幸せそうにわいわい中傷を書いています。ワールドメイトのセミプロアンチは、ワールドメイトがなければ、ネットの友人が出来ることもなく、わいわい楽しく出来なかったわけですから、ワールドメイトのおかげで生き甲斐がもてているとも言えるでしょう。

深見東州先生としては、とくに、アンチがわいわい言ってるとかそんなことは、気にされてないようです。アンチサイトを見るような暇など、どこにもないでしょう。

しかし、実は、こんな話が支部でありました。
ワールドメイトを紹介して−!救霊受けたいの」と言われて、ワールドメイトを紹介したら、後からネットを見て、「ワールドメイトってひどいところなんでしょ。なんで教えてくれなかったの」などと、文句を言われたそうなんです。

その人には、ネットでなにが書いてあったのかを聞いて、ネットの記述のどこが間違ってるのか、単なる推測による妄想なのかを説明したら、最後は納得されたそうです。

セミプロアンチによるワールドメイトのアンチサイトに、ウソや妄想が書いてあるのは、迷惑だと言ってました。


支部で話を聞いて、

「なるほど。アンチサイトの存在は、会員にはなんら影響を及ぼさないけれども、ワールドメイトを知らない人には影響を及ぼすことがあるんだな。つまり、ワールドメイトに入会してもらったら困るという某組織が、ワールドメイトへの入会者を減らすために、組織的に行っているのだ」

と確信しました。


ところで、以前、「アンチ業を請け負ってる闇業界があって、報酬をもらっていた。しかも、自分の所属するところ以外にもある」などと、元職業アンチの暴露が、この住吉熊野道のコメント欄に書き込まれたのです。


例えば、考えてみれ
神慈秀明会(大本教系)に、年間で教団に納めるのが大体50万~200万以上だとする(桃の実基金などで)

仮に神慈秀明会からワールドメイトに信者が逃げた場合、神慈秀明会は50万から200万クラスの 金づるが消えたことになるわけだ。これ一人頭での話しな

50万から200万の金があれば、暴力団や弁護士を雇うことは可能
暴力団に何か騒ぎをおこさせるように仕向けるのも5万くらいから可能だとかいう話がある
あと、ネット上の工作には金はかかるが、それでも年間10万あれば可能。
プロバイダ料金や携帯代ってそんなにかからないだろ?実際は

つまり、そういう工作を受け持つ部署が、ヤクザや裏業界にはあるんだよ
裏業界だけじゃなくて、政治団体もやってるけどな
そういう業界に依頼するわけさ。表面上は出会い系サイトの運営みたいなんだけどな

アンチブログは必死で検索上位に来るように対策して呼び込みやってるだろ。
なぜあれしてるかというと、おそらくアクセスカウンター取ってるわけさ。
ブログそのものは一人が何個もつくれるから、それにアクセスした人間が何人いるかを計測していて、まあ報告するんだろうね
2010-06-26(14:52:21) 元アンチ




年間10万から30万の金で神慈秀明会からワールドメイトへの転籍を防止できるのならかなり安くない?という話なんですわ
これはあくまで神慈秀明会はたとえだけど、あそこが桃の実基金などで大量に金取ってたのは 事実だから、まあいい例になるんだけど、他宗教団体でも同じことがいえる。

他宗教団体からワールドメイトに転籍されるというのは、その抜けられた宗教団体側はかなりの収入が失われることを意味する。
ワールドメイトの宗論とかそこらへんへの攻撃が無く、ひたすら福祉関連の攻撃が激しいようですが、なぜかといいますと。その宗教団体は神殿建設などで金を大量に投資して福祉に全く金を回さないわけでして、
ワールドメイトに転宗する人間はその宗教団体を辞める理由としてそこを突く事が多い。
だから、ワールドメイトのやっている福祉は金が目的だとか、そういうレッテルを大量にはりつけないと、その宗教団体的にはまずいわけです。
だから彼らは「ネット上でワールドメイトの福祉が2chで問題になっている」というレッテルがほしいわけです。その内部信者への説明として、退会を止めるための理由づけになる。

あともう一つほしいのが、「幹部同士が争いをしている」「幹部が利権をむさぼっている」という レッテルです。これもWM以外の宗教団体で『おもに金をむさぼってる宗教団体が』やってる。
だから、隠さないといけない。
でも実際幹部同士が争いしてる宗教団体ってあんま数ないからどこが工作しているのかというのは、そこ見れば大体分かるよな
2010-02-03(01:47:25) 元アンチ




ちなみにアンチは相当対ワールドメイト妨害工作で金持ってるよん
どれくらい金持ってるのかというと、深見東州と秘書の三軒茶屋が 中国で賞を受賞するとかいうことで 、こちらからアンチが20名くらい向かって、
半田晴久に関わる週刊誌の記事を大量に持ってきて 、その賞の受賞を妨害した。だがその妨害は意味が無く、賞は受賞されたようだが
 2人潰すのに30人。
 つまり、20~30名の団体さんを常に中国に派遣できるだけの資金をアンチは持ってるんですね。

 大体100万くらいですね旅費だけで。さらに通訳つき(半田晴久は中国語話せるので通訳は不要)
 その資金源、どこからくるのかというと、おそらく、上記のような宗教団体さんからでしょうな
 捨て携帯1台や2台保有するのなんてたやすい。団体を中国に送るだけの金あるんだから。
 ●●なんたらとか名前名乗ってる人いますけどどこまで本物なんだかwwwww

 ちなみにオレはもうそういう職は辞めましたがね。。
 そういう工作をする仕事ってあるんですよ。分かってるとは思うけど裏です

2010-02-03(02:16:52) 元アンチ




おもに紀藤掲示板と偽ホームページやブログ
明確な話に関しては勘弁してくれ。個人特定されちまうからな
どのブログかも教えられない。ただその仕事は引き継がれてる。これは確実
ログも教えられない。ただ約3年くらい前までやってた。
またそういう集団はいくつかある 。
あの◎◎◎◎◎は、最初から反WMの工作員
WMの風評を落とすためと神事妨害が目的で
最初からWM信者に成りすまして送られた香具師
ただしうちの管轄じゃない、あくまでもオレが聞いてるのは話だけ
2010-02-03(02:31:31) 元アンチ




ここに、ワールドメイト会員にとっては、ウソで妄想だらけだとバレバレなのに、なぜ、違法行為を犯すのかという疑問に対する答えがあります。

要するに、アンチサイトを見ても、ワールドメイト会員が退会しないし騙されることがないなどということは、セミプロアンチにとっては周知の事実なのです。とくに、住吉熊野道を読んだ会員を騙すことなど出来ないのはわかりきったことです。サルブログはことごとく論破されてるのですから。

そうではなく、アンチサイトがターゲットとしてるのは、ワールドメイト会員ではない、一般の方なのでしょう。ワールドメイトを知らない人であれば、ワールドメイトを知る前に先入観を植え付け悪いイメージを与えることが出来ると思ってるのかもしれません。

ワールドメイトを知らない人であれば、ぱっと見、本当かウソかは判断がつきにくいでしょう。ワールドメイトは一度も刑事事件を起こしたことがないのに、あたかも起こしたかのように書いたりしたら、怪しいと思う人も出るかもしれません。

そして、アンチは、一般の人に事実確認をさせないために、「インターネットにすべての真実がある」かのように書きます。ワールドメイトに行けば、アンチサイトのウソが赤裸々にバレルため、アンチサイトのみを見るように仕向けるのです。


さらに、ワールドメイトのアンチが、ワールドメイトにスパイ会員を送り込んでまで必死にメルマガを読んだり、サルくんのようにウソだと確信していながらあえてウソを書き、ウソの上塗りを続けざるを得ないのは、某組織の一員として活動してるからなのです。

これは、紛れもない事実だと確信しています。ワールドメイトの入会者が増えると面白くない組織は、世の中に多数ありますから。

個人的には、ワールドメイトのアンチサイトに書いてることなんて、「バカなこと書いてるなあ」「くだらんウソだ」で終わりです。しかし、ワールドメイトを知らない人に、ワールドメイトの情報を入手しないように仕向け、妄想やウソによる先入観を植え付けるという行為は許しがたいものがあります。

民主主義の世の中なのですから、情報は、公平に伝えるべきです。ウソや妄想だけを押しつけようとするなんて、押しつけられた人がかわいそうです。しかも、ワールドメイトのアンチサイトに限って言えば、どれも邪気紊乱としてるものばかりなので、読んだ人も邪気をくっつけられてかわいそうです。伊勢◎◎道信者であるニューライスなどは、その最たるものですね。

ワールドメイトは、組織の改善のために、どんな意見でも広く聞いてくれるところなのだから、改善したほうがいいところは、堂々とワールドメイトに言えばいいのです。秘密裏に連絡をとりあったり、陰でこっそりとウソをついたり、妄想悪口を言うなんてあんまりです。

やはり、アンチサイトのウソや妄想はある意味、害悪を及ぼしてることを再確認しました。組織的に行われてるのだから、とくにひどいと思います。当ブログでは、ウソや妄想を削除するまで、訴え続けたいと思います。
2013/10/29

ワールドメイトの深見東州先生は日本を中心とした世界平和を目指して

ワールドメイトのリーダーである、深見東州半田晴久)先生は、

「日本を中心とした恒久的な平和」を目指して、すべての活動をしておられるそうです。


先日の日本武道館のコンサートでも、平和へのメッセージを発信しておられましたし、なるほど、と納得した次第です。深見東州先生の関与されるゴルフやオペラ、能など、すべての公益活動は、日本を中心とした恒久的な平和を目指すための活動であるのです。

まず、日本を中心とするためには、日本が、文化、芸術、教育など、あらゆる面で尊敬されなければならないでしょう。

そのためには、西洋の芸術文化をマスターし、深く理解した上で、日本の芸術文化のすばらしさを発信する必要があると思います。ですから、深見東州先生は、オペラや絵画をマスターした上で、能や日本画、書、華道、茶道、俳句などの日本文化をマスターされてるのだと思います。

日本人は、世界中の多くの民族のなかでも優しく賢い民族ですし、日本はほぼ単一民族からなるので国内の治安も良いことは、世界中で知られていると思います。日本を中心として世界の平和が確立したら、きっと、すばらしい世界となることでしょう。

ワールドメイトのセミプロアンチは、ゴルフやオペラの推進に文句を言っていますが、ワールドメイトの会員で、ゴルフやオペラの推進に反対してる人は、まずいないでしょう。すべては、日本を中心とした、世界平和が恒久的に続くための布石なのですから。

上記の深見東州先生のお話を聞いて、本当の神様がおられるワールドメイトだから、このような大きなスケールの仕組みが降りているのだなと、感動でいっぱいになりました。

今年に入って、さまざまな深見東州先生の世界の友人が、日本で深見東州先生が関与されてる団体が開催したサミットに出演してくださってるようです。みなさん、深見東州先生の志に共感された平和を愛する方ばかりで、ギャラもノーギャラだったり破格のギャラで、友情出演されてるそうです。


ワールドメイトのセミプロアンチは、深見東州先生が大きな催しに関与するたびに、経費がたくさんかかっただろうということばかり話題にしたり、ワールドメイトの玉串が無駄に使われてるなどとアピールしていますが、決してそんなことはありません。

深見東州先生は、運営の達人ですから、最も経費がかからない方法を研究されて、通常開催するよりも半分以下、3分の1以下の経費ですむそうです。ゴルフの賞金などは、多くが地元のスポンサーや公共団体、公益団体からの寄付によるものだそうなので、ワールドメイトの玉串ではありません。

また、深見東州先生が開催されてる催しは、なに一つ無駄なことはありません。

日本を中心とした世界平和を確立するためには、日本の政治、経済、文化、芸術が、しっかりと確立していなければならないのです。そのために、ワールドメイトがあるのです。

深見東州先生は、いつでもどこでも、あらゆる努力をされる方です。世界平和のために、神事があり、ゴルフの公益活動があり、オペラの公益活動があるのです。神事で祈るばかりではなく、さまざまな公益活動を通して実践をすることが、誠なのです。

ワールドメイトのセミプロアンチのみなさんは、このような、高く尊い深見先生の志も知らないのに、いい加減なウソを言うのはやめてください。自分は、カンボジアの貧しい子どもの命を救うために1円たりとも寄付をしないくせに、世界平和に向けての活動に、いちゃもんをつけるなんて、貧しい精神性だと思いませんか。

まあ、ワールドメイトの会員は、みんな、こうした深見東州先生の深い考えを知ってますから、セミプロ職業アンチがいくらとやかく言っても、相手にすることもありませんが。しかし、知らないところでウソを宣伝されるというのは、不愉快なものです。ウソやいちゃもんは削除してください!また、住吉熊野道が自分にとって都合の悪いブログであるからといって、難癖つけたり、ぜんじなどと読んだり、スタッフさんだと決めつけて「シンパ会員なんて存在しない」などとウソ宣伝するのもやめてください。

深見東州先生のお弟子として、会員として、ワールドメイトで薫陶を受けることが出来て、本当に、自分は幸せ者だなと思っています。とてつもないような夢とロマンを心に抱き、深見東州先生とともに、支部のみんなで和気あいあいと、これからの人生を過ごしていきたいと思っています。
2013/10/28

ワールドメイトでも話題騒然台風27号が神回避

ワールドメイトの会員の間でも、台風27号が神回避と話題になっています。

ネットでも、台風の神回避さすが、と話題になってるようですね。


箱根神業や九頭龍祈願の証、出まくりです!!

ワールドメイト会員でいる限り、未来は明るいと思いました。

こういう奇跡が、ばんばん起こるのがワールドメイトの特徴でもあります。

ワールドメイトのセミプロアンチ活動をしてるニューライスくんが盲信してるIHでは、とうてい不可能なことです。IHは、関わった人が次々おかしくなっていくことで有名ですし、とうとう、ニューライスくんもお告げを言うなど狂ってしまったというもっぱらの噂です。

ワールドメイトの会員で本当に良かったと思いました。
2013/10/28

深見東州先生に嫉妬せずにはいられないワールドメイトセミプロアンチ

ワールドメイトのセミプロアンチと深見東州先生の足跡を比べてみましょう。

どちらが誠実でしょうか?
どちらが平和に貢献してますでしょうか?
どちらの言葉が品があるでしょうな?
どちらの行動が、価値がありますか?
どちらが芸術性あふれる人生を送っていますでしょうか?
どちらが努力家ですか?
どちらが面白くてユーモアがありますか?
どちらの日本語が正しく使われてますか?
どちらのセンスが光ってますか?

・・・
言わずもがなですが、深見東州先生になに一つかなうアンチはいません。

アンチのジェラシーやウソつきぶり、偏執的な行動が浮き彫りになるだけの話です。


深見東州先生を尊敬してる人、有識者は、世の中に多いですが、
セミプロアンチは、アンチ仲間内でも仲間割れするくらいで、協調性がない人ばかりなのです。

とくに、ニューライスは、他のアンチサイトが出入り禁止になってますし、馬さんも決してニューライスのブログに書き込むことさえしません。

アンチでさえ関わりたくないアンチが、ニューライスなのです。
単なるネット厨であり、いくら先祖供養をがんばって、伊勢◎◎道を信仰しても、頻尿が完治することもないニューライスくんと、深見東州先生を比べれば、どちらが本物かなど、誰にでもわかります。

そこまでなんの取り柄のない不幸な人生だと、深見東州先生に嫉妬するのも無理ないのかもしれませんが、どんなに嫉妬しても幸せにはなりません。他人を嫉妬したり、罵ったりしたら、霊界が曇って不幸の渦を作り出してしまいます。

まずは、深見東州先生を嫉妬するのをやめましょう。そして、誹謗中傷をやめましょう。ウソを書くのもやめましょう。いくら都合が悪いからといって住吉熊野道を憎んだり、攻撃するのもやめましょう。そうすれば、これ以上、霊界を曇らせるのを止めることが出来るかもしれません。ニューライスくんが幸せになるためには、大事なことです。


どうか、ニューライスくんが、他人を嫉妬したり、誹謗中傷したり、ウソを書いたりしてますます不幸になるスパイラルから抜け出して、プラスの言霊を発することが出来るようになりますように。不幸のどん底から抜け出して、もう少しましな人生を送れますように。
2013/10/27

ワールドメイトアンチの素性はモロばれ

ワールドメイトのセミプロアンチである、ニューライスは、2ちゃんねる荒らしで迷惑をかけていたようです。

2ちゃんねるのワールドメイト板といえば、シンパを装ったアンチが、コピペを繰り返したり、お仲間のアンチサイトを必死に宣伝するアンチだらけで、とても見る気を起こさせるような代物ではありませんでした。

先日、久しぶりにのぞいてみたら、シンパを装ったアンチのコピペなどがぴったりと止んでいて、お仲間のアンチサイトを宣伝するレスもついてませんでした。ただの個人ブログの宣伝を資料等と称してリンクを張るのは禁止する動きが出てきたようです。


そして、ニューライスの荒らし行為を非難するスレであふれていたのです。ニューライスは、まったくもって、どこに出没しても迷惑な人ですね。

ついでに、ゆきちゃんこと馬さんと、某組織の探偵Lさんの素性も周知の事実となっており、アンチの戦略が明らかにされていました。

*基本、とくにアンチはいくつも平気でブログ立てて
 「WMアンチがこれほどいるんだ」と一見の人に思わせる偽装をよく行います。
 まあインチキSEOの一環なのですが。(ぶっちゃけ荒らしですけどw)




また、スマイルプリキュアのアンチスレがほとんど一人のなりすましで書き込まれていたことも、ネットでは周知の事実となっているそうです。とすると、ワールドメイトのアンチスレがほとんど一人のなりすましで書かれていたとしても、不思議はないことになります。


ちなみに、最近、大勢のワールドメイト会員で賑わってるワールドメイト議論掲示板は、数十人もの方がお越しくださっています。

アンチは、あたかも、管理人である私がなりすましをしているかのように書いていますが、とうてい無理なことです。仕事もあるのに、一日中、ネットに張り付いてるわけにもいきません。ブログでさえ、毎日更新することも出来てないのに、掲示板にあんなにたくさん書き込むのは無理な話です。


ところで、2ちゃんねるでも明らかにされてる通り、ワールドメイトのセミプロアンチが、一人で複数の名前を使う目的は、「アンチがこんなに多数いるんだ」と思わせるためです。

一方、シンパのことを、「あいつはスタッフだ」とか「一人で何役もしてる」だとか決めつける理由は、「シンパはこの世にいない」と思わせるためです。


たとえば、馬ことゆきちゃんこと元・会員は、自らのブログで「ワールドメイト元・会員のブログを読めば誰でも、ワールドメイトの真実にきがつき、目が覚める」と高らかに宣伝していました。

つまり、アンチブログを読んだにもかかわらず、「目が覚めていない」会員が存在するという事実は、都合が悪いのです。

しかし、実際には、あんな暴言だらけの元・会員ブログを読んで目が覚めるどころが、馬さんの会員への冒涜行為により、「うっわ−。アンチって、最低の性格だな。会員がうらやましくて仕方ないのね」と本音がうっすら見えて白けただけの話でした。

サルくんにしても、「またウソの上塗りか。恥も外聞もなく、ウソばかり書き続ける奴だな」で終わりです。

ニューライスに至っては、「こいつ、頭が逝っちゃってる奴だな。相手にするのはよそう」で終わりです。

要するに、会員がアンチサイトを読んだとしても、目が覚めるどころか、ワールドメイトのアンチは最低の人格だから決して書いてあることが信用出来ないと確信するだけのことだったのです。


アンチにとって、不都合な真実を隠すため、「住吉熊野道を書いてる人間は、関西の女性スタッフさん」とか「ぜんじ」ということにされてるみたいですが、それはまったく違います。

わたしは、ワールドメイト会員としての在籍は長いですが、単なる一会員であります。神事の移動時間や休憩時間には、仕事もしてなくて時間がとれるので、ブログをアップしたりすることもあります。スタッフさんがブログを書いてるとしたら、神事中にブログなど、書くはずもありません。

しかも、アンチが決めつけてる関西の女性スタッフさんは、神事のときに、現地会場でお話されてることもあるようです。神事会場で、ブログなど、どうやって書けるというのでしょうか。いろんな人がいる中でブログを書いたら、すぐに、「ブログ書いてるんですね」とわかるはずです。しかし、そんな話も全く聞きません。


また、「ぜんじ」さんは、アンチの天敵だったらしいですが、ぜんじさんを知る方によると、どうやら亡くなった方だそうです。わたしは、ぜんじさんとは面識がなく詳しくないのですが、ぜんじさんをネットで見た記憶もありません。ぜんじさんは、随分昔に、2ちゃんねるに書いてたようですが、私は、2ちゃんねるには書いたことはありません。ネットでは、FC2でブログを書いてるくらいです。


それにしても、私が見た限り、馬、サル、ニューライスのどのブログにも、「あなたのおかげで目が覚めました」とやらせ書き込みをするのは、決まってアンチブログを読む前から既にワールドメイト会員ではない、お仲間の人だけです。会員が「目が覚めました」などと言った例は皆無であり、逆に、この住吉熊野道に、「アンチサイトは、最低のウソつきブログだ」と訴えにくる人が後をたちません。


ワールドメイトのアンチに限って言えば、遙か昔から、ウソつきまくりであり、紀藤正樹弁護士からも「事実勝負でお願いします」と苦言を呈されていたようです。

もっとも、職業として、お金をもらってアンチ書き込みをしてる人間が複数いる状態であり、ワールドメイトのことなど知らなかったのですから、事実が書けなかったのはある意味仕方のないことだったのかもしれません。某組織の探偵Lさんもスポンサーの意向を無視するわけにもいかなかったのでしょう。


しかし、匿名だからといって、インターネットに好き放題ウソを書いていいことにはなりません。すでに、馬、サル、ニューライスくんは、多くの違法行為を犯し、自身に不都合なブログ記事を多数削除していますが、これ以上、違法行為を行うのはやめたほうが身のためだと思いますよ。

会員からしたら、ワールドメイトのアンチサイトに限っていえば、某組織つながりの職業セミプロアンチだらけということがすでにばれていますし、あんなアンチサイトを読んでワールドメイトの真実を知る人なんていません。逆に、ワールドメイトのアンチサイトの真実(つまり、ウソが書いてあるということ)を知るだけのことであり、アンチサイトはウソブログなのだと目が覚めるだけの話です。そして、邪気をくっつけられたから神社に行こう、と思ったり、ウソばかり書いて不快だったと思ったりするだけの話です。

アンチサイト作成者たちも、自分らの行為がなにも効果を生んでないことに対し、焦りを感じてるのは手に取るようにわかります。ですから、ウソの上塗りが過熱したり、完治した他人の痔の話題だけで6つも7つも8つも9つも10も記事を書いてみたりするのです。

「他人の痔が病院で手術を受けて完治した」ことで、元会員らが衝撃を受けたそうですから、本当に、暇な人なんですね。他国の戦争が始まったとか、大きな災害が起こったとか、はたまた米国の国状など、世の中は衝撃を受ける事件に満ちあふれてるのですが、国際情勢などに一切興味のないネット厨の集いなのでしょう。


ワールドメイトの会員にとって、アンチの性格や素性はまるわかり、モロばれになってることは宣言しておきます。随分昔から、決まった人しかアンチ活動をしてないわけなので、当たり前といえば当たり前です。その結果、馬さんは、すでに、スポンサーから資金を断ち切られてしまいました。

いくらアンチブログを更新しようと、ワールドメイトの会員にとってなんら影響はありませんが、しかし、ウソを書かれるのは不愉快きわまりないので、削除してください。
2013/10/26

ワールドメイトを貶める為証拠もなしにウソを書くサルブログ

ワールドメイトの敵対組織が明らかに、などと題する記事をサルブログが書いています。

読んでみましたが、一つも物証が記されておらず、単なる妄想に基づく内容になってしまっていました。つまり、ウソ
ばかりなのです。

唯一、Googleで「ワールドメイト」と検索すると、リスティング広告が表示されたとする画像が証拠とされてますが、なんかい、検索しても、さっぱり広告が表示されません。

広告が表示されないということは、敵対組織ではないことを表すのではないでしょうか。

また、該当のホームページを訪問してみましたが、ワールドメイトの話はどこにも書いていません。どこにも、ワールドメイトと敵対してることを表す記述がないのです。

サルブログは、要するに、妄想ブログということですね。サルと称するだけあります。


ワールドメイト、という単語をつかって、妄想を書かれたら、ワールドメイトの品位が下がって、会員として迷惑なので削除してください。

それにしても、サルくんは、以前、謝罪と訂正をするつもりがある、と書いておきながら、数々のウソを垂れ流しにしたまま、未だに謝罪も訂正もありません。やっぱり、嘘つきなのだなと実感しました。

妄想を発信するのは個人の自由ですが、ワールドメイトの関係者のふりをして妄想とワールドメイトを関連づけるのはやめてください。

サルくんが、もともと、妄想癖のあることとワールドメイトとは、一ミクロンも関係がありません。サルくんのウソつき癖は、100%、ワールドメイトにはなにも責任がありません。

ブログで違法行為をつづけ、これ以上の罪を作る前に、妄想をすべて削除して、せめて、我々ワールドメイト会員に迷惑をかけないように、してもらいたいです。
2013/10/24

ワールドメイトセミプロアンチにとって都合の悪いブログとは

ワールドメイトのセミプロアンチが、住吉熊野道の悪口をさんざん書いてるようです、よほど、住吉熊野道のブログの存在が、都 合 が 悪 い ようです。

セミプロアンチは、常に、ワンパターン思考の単純なやり口なので、手に取るように、アンチの方策などわかるのです。

住吉熊野道が、アンチにとって都合が悪い理由は、アンチサイトのウソでたらめが、赤裸々となるためです。読み比べれば明白でしょう。サルブログと住吉熊野道を、読み比べれば、サルブログが、いかに、浅はかで矛盾に満ちて下品で愚かな内容か理解できるはずです。

深見東州先生のメルマガとアンチブログを読み比べれば、どちらが、上品で教養にあふれ、面白いか一目瞭然です。

・・・と言いたいのですが、アンチサイトは、頭が尋常でなくぱっらぱーな人が書いてて邪気紊乱してるのでご注意ください。貴重な人生、駄文を読んで邪気をくっつけられるほど、損なことはありません。

同じ時間を使うなら、気がよくて、読むだけで賢くなる、格調高くておもしろい、深見東州先生のメルマガを読む方が、何千倍も有意義です。

アンチ業界でも、某団体がスポンサーとなり、スパイ会員をワールドメイトに送り込んでまでメルマガを入手し、不正にネットに貼り付けて回し読みをするくらい、アンチも、深見東州先生のメルマガを心待ちにしてるようです。


ところで、最近、ワールドメイト伊勢◎◎道というアンチサイトが、執拗に、この住吉熊野道を攻撃してるようです。しかし、当方は、このブログに反応するつもりはありません。

なぜならば、伊勢◎◎道というブログは、あまりにも愚かな人間が書いてるということが、誰の目に見ても明らかであり、存在そのものが、ワールドメイトのアンチが愚かである証明であるからです。川柳とかいうものを得意げに披露してますが、すべての川柳が品格がなく、格調が低く、調べもリズムも最悪で、教養の低い人だと証明してるも同然です。

もともと、頭がぱっぱらパーな人だったのだな、とブログを読めば誰でもわかります。ですから、そんなどうでもいいブログの相手をするつもりは毛頭ないのです。


それにしても、伊勢◎◎道というブログは、書けば書くほど、世界中に自分の愚かさをさらけ出すだけの幼稚なサイトにもかかわらず、なぜ、2〜3人のアンチが同調してアンチサイトを盛り上げてるのでしょうか?

その理由は簡単です。某組織の関係者のなかでも、もっとも、愚かで操りやすいぱっらぱーな人物なので、利用されてるだけなのです。

これまで、ワールドメイトのアンチサイトといえば、非常に凶暴かつ暴虐かつ、はなはだしいウソつきブログしか存在してません。馬さんしかり。サルブログしかり。そのため、元・会員のブログや、サルブログなど、複数のブログでは、多数の記事を削除せざるをえない羽目となったのです。これは、複数のブログの多数の記事に、違法行為があったということを指します。プロバイダから、違法行為であると申告があったと認めたケースも多数ありますし、自身にとって都合の悪い記事をついでに削除したケースもあるでしょう。

そうです!
セミプロアンチ集団(つまり、サルくんの言う「元会員ら」「私たち元会員」)は、住吉熊野道を中傷しようと思ったら、必ず、ウソを書かなければ中傷出来ないという事実に、気がついてしまったのです!

住吉熊野道を誹謗中傷すると違法行為になってしまうのですから、中傷をしたくても自分の身が危険だ、どうしよう・・・これが、いま、一番のセミプロアンチ集団の悩みの種なのです!!

これまで、さんざん、ウソばかり書いた、ワールドメイトのセミプロアンチたちも、さすがに、自分の身が危ないと思い始めてるのだろうと思います。

しかし、その一方、世間知らずかつ恥知らずで、ど阿呆なニューライスくんにとっては、「身が危ない」などという感覚は薄く、違法行為なんてなんのその。とにかく、自分がセミプロアンチの中心人物として、御神輿にかつがれてる状態が快くて仕方がない、というハイな状態陥ってしまったのです。

長いおっさん人生のなかで、生まれて初めて、ブログを通して、自分が注目されてるのがうれしくて仕方ないのが、今の、ニューライスくんです。なんせ、頭がぱっぱらパーなので、今まで、誰からも注目されたこともありません。リアル生活では、非常に存在感の薄い人物なので、仕事をサボってネットにはまりまくったり、頻尿で起き上がるたびに、深夜でも早朝でも昼間でもパソコンを開いては、ネットに書き込んでしまう日々を送ってしまうです。

ニューライスくんは、セミプロアンチ集団のなかでも、最も下っ端なトカゲの尻尾的な位置づけにいる人物なのでしょう。その証拠として、サルくんや馬ことゆきちゃんこと元・会員は、決して、ニューライスブログに書き込みません。ニューライスブログに書き込む人間は、ニューライスくんレベルでやばい人と、雇われスパイ会員のみです。ニューライスくんは、マルハン多数工作はお手のものなので(バレバレですが)、自作自演で複数の人を演出してることもあります。


それにしても、あんなに、ニューライスが、馬ことゆきちゃんこと元・会員ブログに書き込みに言ってたというのに、
馬さんは書き込みしてませんでしたね。

嫌われちゃったのかなぁ〜。本当は、馬ことゆきちゃんこと元・会員と、秘密裏に連絡を取ってるくせに、表の世界では知らんぷりされちゃってるんですねえ〜。

つまり、馬ことゆきちゃんこと元・会員のような、すでに違法行為を多数行い、多くのアンチにも迷惑がられてるアンチにすら無視されてる、最もどうでもいいアンチサイトが、ニューライスブログなのです。書いてる内容もどうでもいいことばかりだということが、会員のみならず、アンチにも知られてるということもあります。

ですから、ニューライスのブログは、もう読んでませんし応答するつもりもありません。

ニューライスくんにお願いしたいことは、気持ち悪いので、ストーカーのようにつけ回して、いちいち絡んでくるのはやめてほしいし、ウソは気持ち悪いから消してほしい、とそれだけです。


とはいえ、どのような人でも、人は人です。たとえ、その人が愚かな人であっても愛念でお祈りできてこそ、ワールドメイト会員です。

ですから、ニューライスくんが、リアル生活で友達ができて、ネット依存から脱却でき、リアル生活で幸せになっていただけるよう、お祈りいたします。
2013/10/16

ワールドメイトアンチの新米薬寿師(ニューライス)は1円以上かけて宗教儀式を行っていながら、1円以上かかる宗教はサギだなどとのたまう矛盾人間

ワールドメイトアンチ活動と先祖供養だけが人生の生き甲斐であり、深見東州先生ほかスタッフさんへのストーカー疑惑が濃厚な、ニューライス(新米薬寿師)くんは、非常に矛盾したアホなことばかり、ブログに書いてるそうです。

1円以上かかる宗教はサギだと言いながら、自分は、1円以上かけて線香3本やライター等を購入し、先祖供養という宗教儀式を続けてるようです。これでは、ニューライスくんは、自分で自分のことを、サギ師だと言ってるようなものです。

そして、深見東州先生の神霊能力について、科学的に証明しろなどとわめいていますが、自分は先祖供養によって先祖が供養されてるのかを、科学的に証明しようとしません。

宗教とは心の問題であり憲法で保証してる人権の一つです。思想、良心、信仰については、どれも科学で証明する部類のものではありません。心の中でどのような意思、思想、想念を持ってるかということは、物質の解明を目的をする科学とは相容れないものなのです。

ニューライスやサルくんなど、元会員らは、ニューライスの先祖供養の仕方により、本当に先祖が供養されてることを科学で証明してから、他人に眼を向けてください。人のことをとやかく言う前に、自分らはどうなんだと言うことです。まあ、ニューライスの先祖供養の仕方では、地獄に落ちてる先祖に憑霊されるだけで、間違ってるのは明白ですが。

また、ニューライスは、自分は先祖供養を熱心に行ってるから信仰心を持ってるなどと、甚だしい勘違いをしてるようです。以前、ブログやコメントを見た限りでは、ニューライスはまったく信仰心が確立していない、セミプロアンチだなという印象を強く受けました。

なぜなら、
・雑念が次々わいてきて、お祈りが5分以上できない。入門篇を受けたのに、実践に失敗。
・物事のプラス面を見ようとする心の修養を怠ってる
・前向きの人生観を確立しようとする、自己の修養を怠ってる
・自分自身の御魂を磨く努力を、はなはだしく怠っているネット厨
・日本語が文法的に間違っており、学問的素養を高めようと努力してないことが明らか
・芸術的素養を高めようと努力してないことが、下手すぎる川柳より明らか

自己の修養を心がけ、大和御魂を奮い立たせて生きる日々こそが、最も大切なことであり、それを持続出来る人が信仰心の確立した人だと言えます。

ニューライスは、自己の修養に心がけるどころか、ウソや文句ばかり発信し、物事のマイナス面ばかりを見て自分の御魂を曇らせるだけの日々を送ってるのです。

このように、正しい信仰心が身についていない人間が、先祖供養ばかりにこって、毎日先祖を供養すると、とんでもないことになります。

次々と、地獄に落ちてる先祖など、救済を求める霊がよってきて、霊障の固まりみたいな人間になってしまうのです。

どんなに偉そうにしていても、霊は、その人の人格もすべてお見通しです。自分の想念に感応した霊しか、自分によってこないのです。

ウソつきや文句言いに感応した霊に、次々と憑霊されることが、ニューライスの人生の目的ではありません。

人間が生きる目的とは、御魂磨きであり、宗教的人格の向上であり、信仰心や修養を死ぬまで貫き通すことにあります。いくら、先祖の供養をしたって、人格の向上がなければ、無駄なお遊びをしてるに過ぎません。時間の無駄なのです。

ニューライスは、今すぐ、間違った先祖供養をやめるべきでしょう。そして、自己の想念を正しくし、日々精進努力をするように心がけ、霊などに惑わされないようにするべきです。

そうでなければ、ますます、へんな霊に憑依されて、へんなお告げを増産するだけです。せっかく、元会員ら、アンチ仲間とわいわい楽しくやってたのに、もうアンチからも「こいつ、やばい」と思われてますます孤立するだけですよ。

それにしても、
ニューライスは、科学で証明も出来ない先祖供養にはまり、毎日、1円以上かけて宗教儀式を行っていますが、他方では、科学で証明しろとか、1円以上かける宗教はサギだなどと、矛盾したアホを言ってることに気がつかないのでしょうか?

ニューライスが、間違った先祖供養などやめ、へんな霊に惑わされず、人生の本義を知って少しでも正しい信仰心を確立出来るようお祈りいたします。とはいえ、正しい信仰心を確立することなど、生涯無理でしょうから、せめて、おかしなIHの呪縛から解き放たれ、おかしな先祖供養などせずに、ふつうに人として幸せな人生を送れるよう、お祈りいたします。
2013/10/15

ワールドメイトアンチは不幸せだから他人の完治した痔で衝撃を受けただけ

ワールドメイトのセミプロアンチの、サルくんと親しい仲にある「元会員ら」は、他人の痔について書かれたメルマガを見て、衝撃を受けたそうです。

世の中に、他人の痔が完治したことを知って衝撃を受けるなどという、ばかばかしい人物が複数いることこそ、衝撃といえば衝撃です。

ワールドメイトの会員ならば、元会員らが他人の痔が完治したメルマガを読んで衝撃を受けた事実を、知ったとしても、

なんと、暇な人だろう。
ワールドメイトをおとしめることが仕事だから、いちいち、そのようなどうでもいいことで反応するのかな、と思うだけでしょう。

そして、アンチとは、このようなばかばかしいことばかり考えてるのか。関わらないようにしよう、と思うだけの話でしょう。


結局、ワールドメイトのセミプロアンチの一人、サルくんは、自身の意に反して、ワールドメイトの活動を批判出来ないようです。ブログを更新すれば更新するほど、ワールドメイト深見東州先生のすばらしさを、世界中にアピールしてしまい、ことごとく裏目に出てしまいます。

ワールドメイトの普遍的宗教活動は、いや広がりに広がり、宗教的宗教活動においてもご神力が圧倒的に冴え渡っています。


サルくんはじめ「元会員ら」が、ワールドメイトの活動をなにひとつ批判出来ないのは、本当に、ワールドメイトの活動が、客観的に見てすばらしいからでしょう。

しかし、サルくんは、なんとか難癖をつけたいので、完治した病気を引っ張り出して「病魔に敗北した」などとウソを書いたり、「震度10の地震が来る」などと言ったこともないのに言ったとウソを書いたり、ウソの上塗りを続けているのです。

サルくんは、謝罪と訂正をする、と宣言していましたが、いっこうに、謝罪も訂正もしていません。やっぱり、その言葉もウソだったようです。

サルくんは、元会員だったそうですが、ワールドメイトを退会して良かったねと、思っています。サルくんのようなウソつき人間は、善良なワールドメイト会員とはなじめないだろうと思うからです。支部にウソばかりつく人がいたら迷惑極まりないということもあります。

ワールドメイトは、会員が増え続けてますが、ウソつきのサルくんのように、不誠実な人はいつの間にか退会してることもあるのですね。善良な人は、なんらかの事情で一度、ワールドメイトを退会しても、再入会するケースも多いようです。


ところで、類は友を呼ぶと言いますが、サルくんは、他人の完治した痔が気になって仕方ないような「元会員ら」とつるんでいて楽しいようです。

しかし、サルくん。ワールドメイトの隠れファンである、元会員らとつるんで、他人の完治した痔についてばかり、ブログを書いていたって、決して幸せにはなれませんよ。

本当に幸せになりたければ、他人の完治した痔などどうでもいいことに衝撃を受けたり、くだらないブログを更新したりすることにエネルギーを費やしたりするより、他人の幸せを祈り、願う、善良で尊敬出来る人格を形成するべきです。

文句ばかり言う人間よりも、周囲の人の幸せを祈ってるような人間のほうが、神々さまにも守護霊様にも人間にも好かれます。死後も、いい霊界にいけます。

祖国の日本や世界がすばらしくなるように、願い、祈り、活動を続けてるワールドメイト会員は、ワールドメイトに在籍してることで、本当に心の奥底から幸せを感じています。

それに対し、サルくんは、心から幸せを感じていないから、他人の完治した痔を世界中に広めてやる、などとくだらないことばかり思いつくのです。サルくんは、まずは、周囲の人の幸せを願い、祈るところからはじめてはいかがでしょうか。

サルくんはじめ元会員らが、くだらないことに一喜一憂したり、衝撃を受けてないで、人格が向上し、幸せな人生を送れるよう、お祈り申し上げます。
2013/10/13

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんが他人の痔に執着する理由

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんは、自身のサルブログで、明らかにウソを書いていましたが、未だに謝罪と訂正をしないつもりのようです。

そして、住吉熊野道に反論できないから、しかたなく、これまでの記事は一切なかったことにして、あらたな記事を書いていました。

これが、アンチの手法です。
まず、明らかなウソを思いっきり書くのですが、それがウソとばれると、以前に書いた記事をなかったことにして小さなウソを書きます。そのうち、都合の悪い記事を削除するのです。

自分がウソつきだとばれているのですが、サルくんは、「元会員ら」「私たち元会員」の総意としてブログを書いてるので、一身上の都合でブログを停止することができません。

それにしても、「他人の痔」について、こうまで執着して、嫌がらせを書く性格の人とはできたらお近づきになりたくありません。こういう元会員らと仲良くできそうな気もしないので、本当に、ワールドメイトを退会してくれて良かったと思います。神様のご守護を深く感じた次第です。

「他人の痔」をおもしろおかしく宣伝する粘着質な人の集まりが、サルくんをはじめとする「元会員ら」「私たち元会員」だということです。ワールドメイト現会員が、そのようなサルブログを読んだとしても、ワールドメイトへの信頼が揺らぐことなどありえませんが、あまりにも「他人の痔」について揶揄することに固執してるさまには、さすがに嫌悪感を覚えるでしょう。

サルブログ、ニューライスブログは、更新すれば更新するほど、現会員に対し、セミプロアンチの醜悪さを印象づけるだけであり、セミプロアンチの意図とは裏腹に、ワールドメイト会員の定着率アップに貢献してくれてると断言できます。だから、最近でも、ワールドメイト会員は増え続けてるということがいえるでしょう。

それにしても、負けサルの遠吠えが激しいので、いちおう、反論しておきます。

(サルブログの引用)
ただしその人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐのはいかがなものか、ということです



(サルブログへの反論)

サルくんは、今になって急に、ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐ」などと決めつけてきましたが、このような事実は絶対にありません。ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないでしょ」などと、感情を利用して大金を稼いだ証拠もないくせにいい加減なことを書かないでください。サルくんが好きな「物証」が出せないのでしたら、謝罪と訂正をしてください。

(サルブログより引用)

住吉熊野道のような、ああいうあからさまな嘘や屁理屈の数々を「宗教的理由から」受け入れなくてはならない会員さんは、本当にお気の毒です。
思えば深見東州教祖が様々な理由から窮地に陥った時、様々な詭弁を利用し、会員に弁明をしてきました。
合理的常識的に考えれば詭弁は詭弁以外の何物でもなく、それは窮地に立たされたからこその苦しい言い分けでしたが会員としてはそれを受け入れる以外に選択肢はなく、そしてだんだんそういった教祖の教説の矛盾を考えることをしなくなりました。
そう、心がそのことについて関心を向けようとするとそれを自ら抑圧し、意識を逸らすのです。



ワールドメイトには、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」などなにもありません。逆に、サルブログなど、セミプロアンチのブログは、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」だらけです。
両者を比べてみてください。ワールドメイトには7万2千人以上の会員が、ワールドメイトを支持してます。しかし、サルブログは、更新しても更新しても支持者は増えません。あんなブログの存在さえ知らない会員も多く、見たことがある人も「ああ、あのブログはウソばっかりだよね。頭がバーンな人だから、あんなウソや屁理屈、詭弁、矛盾を平気でかけるんだよ。関わりたくないね」と思うのが関の山でしょう。

ワールドメイトの会員のうち、ネットを見る人も多いですが、アンチブログなぞに関わりたくないから放っておかれてるだけのことであり、その理由はウソばかりだから、という一点につきます。何人かの有志が、義憤により、お相手をしてあげてるだけのことです。

(サルブログより引用)

教団の運営にだんだんついていけなくなり、支部の雰囲気が険悪になり、人が入れ替わり、その状況に耐えられなくなったころ、私は深見東州教祖の教団運営の本当の目的に思い至りました。
そしてその認識は今でも変わっていません。
それを覆す出来事がワールドメイトにないからです。



(サルブログへの反論)
サルくんは、抽象的に中傷を書いてるだけであり、信憑性がありません。そのように断言したいのなら、「物証」を出してください。「それを覆す出来事」がなにを指すのか不明ですが、日本語として意味の通じない文章をあえて書くことにより、つじつまを合わせるのは、セミプロアンチの常套手段です。


(サルブログより引用)

さて、深見東州教祖が痔瘻と切れ痔を患い、それを二度の手術で完治させたことに関して記事にしたことがワールドメイトインターネット工作員『ぜんじ』のメ=リルさんにはかなり都合が悪い様子で、必死になって反論にもならない反論を展開していますが、そんなものにおつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(笑)



(サルブログへ)
やっと、完全敗北を認めたようです。これまで、散々、反論を書いていたくせに、今更、「おつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(原文ママ)」だそうです。自分の反論が、まったく反論になっていないことが、ワールドメイト議論掲示板でも、数多く指摘されてます。見る人から見たら、どちらが詭弁を書いてるかは一目瞭然なのでしょう。

また、サルくんは、インターネット工作員『ぜんじ』などと決めつけていますが、それもウソです。『ぜんじ』という人は、もうお亡くなりになったそうです。私は面識はありません。全くの別人なので一緒にしないでください。



(サルブログより引用)

教祖は痔の神霊治療を高額料金で行ったいたこと(原文ママ)



(サルブログへの反論)

ワールドメイトは、神霊治療などというものを行ってません。勝手に、アンチがデマを書いてるだけです。ワールドメイトの公式サイトを見ても、パンフレットを見ても、そのような記載がないことはすぐにわかることです。

ワールドメイトの秘技を受けたら、いい病院やいい医師、いい薬、いい治療法に巡り会ったり、体質を変えることができたりなどして、今までだめだと思ったのに、奇跡的にめざましい治癒を遂げることは数多くあります。しかし、それは神霊治療ではありません。

病気治しは、高級神霊ではなく、龍神、天狗、蛇さんなどご眷属の働きによるものです。ワールドメイトのご神霊は、高級神霊ですから、常に、病気治しなどしてません。

サルくん、謝罪と訂正をお願いします。

また、サルくんは、「現代のルネッサンスマン」ではないなどと決めつけていますが、これは、同時通訳の神様と呼ばれる、國弘正男先生が深見東州先生のことを、「現代のルネッサンスマン」と呼んでおられました。この耳で聞いたことがあります。サルくんが認めなくても、日本のオピニオンリーダーや有識者が認めてるのですから、なんら影響はありません。

(サルブログより引用)

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州
とお呼びします。



(サルブログへの反論)
他人が痔になったことを、おもしろおかしく揶揄するなんて、趣味が悪いですね。「痔の神霊治療」など存在しませんし、それで大金を稼いでいません。まったく、ウソの上塗りだらけはやめてください。


(サルブログより引用)

世界中が深見東州教祖を「(元)痔主の教祖様…自分の痔を神霊能力ではなく手術によって完治させた偉大なる救世主」ということを認識するまで、周知徹底して差し上げます。




(サルブログへの反論)
セミプロアンチさんが、世界中に、深見東州先生の宣伝をしてくださるそうです。ありがとう。やっぱり、あなたは、深見東州先生のファンだったのですね。

しかし、他人の痔について、そこまで粘着質なこだわりをもつ異常性には、目を見張るものがあります。ワールドメイトでは、神なる存在とは遠い、自らの煩悩に基づく人を不幸にするような人間は常識的に見ても異常におかしい人である旨を聞いてます。まさに、サルくんの異常性は、常識で考えても常軌を逸してるとしか思えません。

他人の痔に一喜一憂していないで、もっと、人生を豊かにすることに時間を使いましょう。
サルくんが、幸せになるためには、他人の痔などに執着し、固執することをやめて、もっと、有意義なことに目を向け、精進努力できるかどうかにかかってることでしょう。

サルくんが、異常な性質を克服できて、もっと人生を豊かにする有意義なことに関心を持ち、幸せになっていただけるよう、お祈り申し上げます。
2013/10/10

反論できないワールドメイトセミプロアンチ

ワールドメイトのウソ八百を書きまくる、セミプロアンチのサルくん(雌鳥ブラスバンドくん)が、サルブログでウソばかり書いている事実を暴いた後、反論できずに更新が止まりました。

やはり、ウソの上塗りはそう長くは続かないようです。

サルくんは、以前から、「深見東州先生が震度10の地震がくると予言した」などとウソの記載をしています。その後、ウソを書いたことを認めつつも、記述を削除することもせずにウソをまき散らしたままです。

その一方、プロバイダより、サルブログの違法性を指摘されたらしく、多数の記事を削除したようです。おそらく、自らにとって都合が悪い記事も同時に削除したと思われ、自らのブログのウソの量を減らしたようです。

サルくんは「元会員ら」「私たち元会員」などとブログで書いてる通り、ウソブログをアップする前に、(自称)元会員仲間の意見を集約し、他人数の総意としてブログをアップしてることを自白してます。

ブログで、堂々と、ブログの内容は、「元会員ら」の意見、つまり「私たち元会員」の意見である、と宣言しており、ブログ前に、複数の(自称)元会員の意見を聞いてまとめるという作業をしてるのです。

いったい、なぜ、他人数が一つのブログを書く前に、いちいち、相談する必要があるのでしょうか?
サルブログは、組織的に行ってる工作だということを表すのでしょうか?
なぜ、ウソを承知の上、あえて、ウソを書かなければならないのでしょうか?
なぜ、自信に都合の悪い記事を多数、削除せねばならなかったのでしょうか?
サルくんは、一個人としてではなく、元会員ら、私たち元会員の代表としてブログをアップしてる役割を果たしてるのでしょうか?

疑問はつきませんが、ウソブログがなんらかの複数の人物の思惑により、組織的に嫌がらせをする目的で書かれてる可能性に関して、否定することはできません。
2013/10/06

ワールドメイトプロアンチサルくんのウソ集大成

ワールドメイトのウソばかり書いてることが、ブログを更新すればするほど明らかになってしまう、自爆型プロアンチ、サルくんのウソ検証シリーズです。

検証(5)


(ウソブログより引用)

さて教祖の切れ痔の記事にキレたメ=リルさんですが、きっと日頃会員から「教祖はどうして切れ痔をご自分で治さなかったのですか」という質問責めに遭っているのかもしれません。
…いえ、彼女はきっと教団組織の上位に位置しておられますから、その苦労はおそらく末端の会員の中でも比較的若年の、経験が数年から五年くらいの若手御奉仕に集中しているのではないかと思います。




私は、ワールドメイトのいち会員であり、上位に位置などしていません。ウソばかり書かないように、はい、ウソ1


(ウソサルブログより引用)

私たち元会員はもしも「どうして教祖は痔が治せないのだ?」と問われたら単純にこう答えます。
「神霊能力なんて あの人にあるわけないじゃないか」
これは深見東州教祖が60歳のときに痔瘻の手術を受け、今また62歳の御年に切れ痔の手術を受けた事実のみを見てこう考えます。
もちろん最初から病気を治す神霊治療など行ってないのであれば、このような事態になっても何ら書くべきことはありません。
たとえば先々代のローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世は晩年に病魔に蝕まれ、車椅子で移動しておられました。
高齢から人前で口からよだれをこぼすこともありましたが、側近が拭おうとすると「人間の姿だから人々に見せなさい」と自分のその姿を隠しもしませんでした。
私はキリスト教は好きではありませんが、さすが聖人に列せられる方は違うな、と思います。



「私たち元会員」というフレーズに注目してください。サルくんは、グループの一員であることが、はっきりしましたね。「私たち」というからには、一人や二人ではなく、三人以上の元会員の集いなのだろうと思います。

どうみても、サルブログは、サルくんが単独で書いてるのに、おかしいですね。どうして、ブログを書く前に、「私たち元会員」の複数の人の意見がわかるのでしょうか?

これは、どう考えても、ブログを更新する前に、複数の人間によって、ブログの内容を吟味したり修正したりし合ってるからだとしか思えませんね。

だから、サルくんは、更新まで時間がかかるのです。「私たち元会員ら」で話し合ったりするのに時間がかかるんでしょうね。

サルくんは、ニューライスブログのコメント欄に、メルマガが貼り付けられるや否や、「元会員ら」で驚いたそうですし、元会員らの集いは、頻繁にあるようですね。ワールドメイトを目の上のたんこぶだと思ってる某団体のメンバーである可能性も濃厚です。

「もちろん最初から病気を治す神霊治療など行ってないのであれば、このような事態になっても何ら書くべきことはありません」と書いていますが、深見東州先生は、ご自身に神霊治療を施したなどと言ってません。病院で治したわけなので、なにも驚くことはないはずです。サルくん、意味が通じないのですが、何かいてるか自分でわかってますか?


(サルブログより引用)

深見教祖もご自身の身の上に降りかかったご病気であれば、包み隠さずに会員に報告し、そのお姿をさらけ出せばいいのです。
……いえ、もちろん患部を人前にさらけ出せというわけではありません。
一人の人間としてご自身の肉体の脆弱さをそのまま報告すればいいのです。
そしてヂ・エンド秘法は試みたが効果はなかった。
過去にこの秘法やそのほかの秘法で効果のなかった人はお玉串を返金する、と素直に伝えればいいのです。
しかし今更それもかなわないでしょう。




「包み隠さずに会員に報告し、そのお姿をさらけ出せばいいのです」などと偉そうに書いてますが、言われなくても、初めから、メルマガで会員に報告されてます。個展のときに、深見東州先生のあいさつで拝見しましたが、杖をつかれて歩かれてました。そのようなお姿でも会員の前に出てこられます。

実情も知らない非会員が何言ってるんだ、と会員ならわかるウソですね。はい、ウソ1。サルくんのウソは、わかりやすいです。

ヂ・エンド秘法は、効果が絶大でした。私は、完治しましたから。知ってる人で、治った人もいます。証拠もないのに、勝手に効果がないなどと決めつけないで下さい。はい、ウソ2



(ウソブログより引用)

私たち元会員はもしも「どうして教祖は痔が治せないのだ?」と問われたら単純にこう答えます。
「神霊能力なんて あの人にあるわけないじゃないか」
こう単純に考え、答えます。
しかし会員の皆さんはそう簡単にはいかないでしょう。
「神様に深い神意があって…」きっとそういう答えしかできないものと思われます。
そこで不肖この私が痔に関する質問を会員さんが受けた場合のことを考え、教祖のメルマガとメ=リルさんの記事を参考に模範解答をまとめておきました。
これを一言一句正確に記憶し、質問があったさいに会員の皆様は返答すればよろしいかと思います。



出ました!「私たち元会員」 「私たち」と複数形ですね。某団体で、元会員らが集って、どうやってワールドメイトを貶めようかという会議でもしてるんでしょうね、きっと。いったい、資金源はどうなってるのでしょうか。



(サルブログより引用)

質問:教祖は自分の罹った痔の病をどうして自分で治せないのか。神霊能力は本当にあるのか。
模範解答:大いなる神意があったからです。
この度の深見先生の痔の病気に関して、そこには大いなる真意があることがわかりました。
60歳のころ、深見先生は痔瘻を患われました。排泄時に強い痛みを感じたであろう深見先生は肛門科を受診され、ご自身が痔瘻の病に侵されていることを お尻に…お知りになりました。
三千年に一度の大神人である深見東州がまさか痔を患うとは…ご自身の身の上に起きたことに戸惑いつつも、そこは神人合一の深見先生のことです。
かねてより神示を授かっておりましたが、神様にご自身の御病気に関して祈り、質問を捧げました。
すると「現実的な治療を厭うな」という趣旨のお言葉を神様はしきりに仰るのです。
もとより現実的治療を厭うことや恐れることをなさるような深見先生ではありませんが、あまりにもそれが繰り返されるのでどういうことかとその神意をお考えになりました。
過去に手かざしや九頭龍神法を過信して亡くなったかたもいらっしゃいました。
ある九頭龍師は乳がんに罹った際にご自身の胸を切られることを厭い、九頭龍神法だけでその治療をしたのです。
結果その方はがんが悪化してお亡くなりになりました。
このお話はもう二十年以上も前に鹿島の神事で深見先生がお話になったことであり、すでに何を今更…というエピソードでもありますが、この度深見先生が痔瘻の手術を受けたのは、このような失態を繰り返す可能性を考慮して現実的治療を受けることを選択されたのでしょう。
何しろ痔瘻は放置しておくとがんになってしまうかもしれない怖い病気です。
磔に遭ったキリストのように、島流しに遭った役行者のように、ダイダバッタに暗殺されかけたお釈迦様のように、世を救う宗教家には神通力だけでは未然に防げないこともあります。
喩え神人合一の人であっても、神通力で何ともできないことも起こりえるのです。
そう、この肛門の病気は深見先生にとってゴルゴダの丘に登り、十字架で処刑されたキリストと同じくらいの、とてつもない試練だったのです!
神人合一し、神通力があるからこそ、大いなる試練がやってくる。
普通は神に等しい人格があれば災難が避けて通るとお考えですが、そうではありません。
信仰が進み、神人合一の道がより深まれば深まるほど大きな試練が降りかかってきます。
会員の皆様はもうよくお分かりかと思いますが、この神仕組に関われば関わるほど試練はその大きさを増し、やがて巨大なものとなって襲い掛かってくるのです。
だからといってそこから逃げることはできません。なぜなら私たちは神人合一の道を歩んでいます。
深見先生の元で修業を積んでいる私たちは その困難から絶対に逃げられません。




プロアンチ、サルくんのウソが出てきましたね。深見東州先生の試練は、もう何年も前から知らされていたそうですが、会員である私たちにはそのような試練はありません。神様は、越えられる試練しか与えないのです。

ですから、会員が、深見東州先生と同じような試練に遭うことはありませんし、「その困難から絶対に逃げられません」などウソです。はい、ウソ2
ワールドメイトは、そんな脅しめいたところではありません。長く在籍すればするほど、幸せになれるところです。
さすがサルくんは非会員だけあって、ワールドメイトのことを、なにも理解出来てないようですね。





(ウソブログより引用)

ですからもしも深見先生と同じく痔瘻に罹り、三十万円もの大枚をはたいてヂ・エンド秘法を受けて何の効果もなくても慌ててはいけません。
そこはまず救霊を受けてください。九頭龍秘法を受けてください。
それでもダメなら深見先生がしたように現実的な現代医療を受けて、病魔に打ち勝ってください。
いえ、どのみち病気直しには現実的治療が必要なのです。
神法だけで何とかしようと考えるのは神様に対する侮りなのです。
神人合一の道を突き進む私たちは日頃から神様に大いに守られています。
ただしその守護の大きさを上回るほどの試練が時おり、あるいはしばしば訪れ会員の心を挫くことがあるかもしれません。




ワールドメイトでは、30万円以上ご随意もするような秘技は、受けられません。
バブル崩壊前のときは、あったような気もしますが、5万円以上ご随意とか1万円以上ご随意がほとんどです。

また、ヂ・エンド秘法を受けて効果があった会員が、ここに存在します。
「その守護の大きさを上回るほどの試練が時おり、あるいはしばしば訪れ会員の心を挫くことがあるかもしれません」などと勝手なことを書いてますが、そんあ試練など、ありません。はい、ウソ3


(ウソブログより引用)

現に深見先生もそうでした。
せっかくいいお医者様に巡り合い、60歳の時に受けた痔瘻の手術でこれで確実にヂ・エンドになったかと思われたのに、今回の切れ痔手術と相成りました。
しかしこの苦しみを経てまた深見先生はまた大いなる神意を受け、大きなものを神様より授かったことでしょう。
今回の深見先生の試練はすの神様からの大いなる試練でした。
この巨大な痔という試練を乗り越えることが深見先生及びワールドメイトには必要不可欠でした。
この痔に関する神意は当初はメルマガでコンサート中止に関して理由の報告として簡単に記載されましたが、会員の皆様のあまりの不安の大きさに新たな神示として公開されました。
すなわち会員の皆様方が「どうして先生はヂ・エンド秘法をご自身でなさらないのか」「先生は本当は神法なんて使えないんじゃないのか」という素朴な疑問に対し、深見先生が応えることとなりました。
そう、常日頃から熱心に活動されている会員の皆様には、このような奇跡の不発の事態は受け入れがたいことでしょう。
しかしご安心ください。
深見先生は今回のように、そのような会員の皆様の素朴な疑問にもメルマガを通して答えて下さっています。
その本気でぶつかってくる熱く燃える赤誠の御魂が、このような形で新たな神意を受けることになるのです。
ですから会員の皆様は遠慮はいりません。
会員の皆様は何の容赦もいりません。
深見先生の懐を借りる勢いで日頃の深見先生の姿勢に大いに疑問を抱き、その不安を思いっきりぶつけてください。
今回の痔の手術は深見先生もできれば会員に隠しておきたいことではあったでしょう。
しかしそれをメルマガに記載してしまった。これは実は大いなる真意だったのです。
それによってこのような素晴らしい御神業となりました。
この素晴らしい斉庭を形作るのがワールドメイト会員の熱い御魂の叫びなのです。
この素晴らしい御神業の火を絶やすことなく、会員の皆様は深見先生にぶつかって差し上げて下さい。
深見先生も皆様が大きな御魂になることを願っておられることでしょう。




まったく意味不明な支離滅裂な文章ですね。
深見東州先生は、日頃から、素朴な疑問から大きな疑問まで、なんでも答えてくださいます。メルマガだって、もう1000本以上も発信されてます。

深見東州先生が、メルマガに書かれたことを「記載してしまった」などと、ミスであるかのように書いてますが、失敗でもなんでもありません。

どこまでも、印象操作をしようとしますね。

ワールドメイトで、神法を受けて証を授かった会員は、それこそ、何千人、何万人といます。ワールドメイトはどんな会員でも、証をもらえると思います。証には、本当に、奇跡としか思えないすごいものもあれば、素朴な日常で授かるものまでいろいろあります。

秘技というのは、特別なものであり、ふだんは、ふつうの日常で証を授かることが多いでしょう。

神様に守られてると実感してるから、信仰生活を送ってるわけであり、そんな心の問題、プライベートな問題を、いちいち、元会員らのプロアンチなんかに、説明する義務はありません。

信仰は、憲法で保障されてる基本的人権であり、誰にも侵害する権利はないのです。

いくら、ワールドメイトを目の上のたんこぶだと思ってるからといって、元会員らで集って、ブログを更新する前にチェックしあい、またニューライスブログのコメント欄にスパイ会員が貼り付けるメルマガを一緒にみて、驚き合う集いなどをひらき、ワールドメイトをどのように中傷しようかと相談し合うなんて、ひどい話です。

まあ、想像すると笑ってしまいますが。

そういえば、馬ことゆきちゃんこと元・会員が、ワールドメイトスタッフさんのマイホームを見物するツアーを主催し、豪邸など一軒もないことを確認しあったそうです。ニューライスくんほか複数の人物が出かけたそうですが、これも、元会員らの集いの一種なのでしょう。

やはり、ワールドメイトを貶める企画を企てる某団体が存在することは、確実であるようです。

資金源があるから出来ることなのでしょうが、そんなことをしていては、いつまでたっても、幸せにはなりませんよ。

もっと、自分を高められる有意義な趣味など、見つけたほうが、自分のためだと思いませんか?

サルくんのブログを見れば見るほど、「私たち元会員」「元会員ら」などと、自分一人で更新してるはずのブログなのに、なぜか、複数の元会員の総意として、ブログが書かれてることが、浮き彫りになりましたね。

サルくんのウソブログを見て、ワールドメイトを貶めることを目的とした某団体の存在を確信しました。


会員なら、誰でもわかるような、幼稚なウソをつかなければならない理由が、はっきりしてきませんか?

ワールドメイトを全く知りもしないのに、細かく書けば書くほど、ボロが出てくるわけです、全く愚かな行為ですね。


そんな、哀れなサルくんですが、自称元会員ということなので、一度でも会員になったことはあるわけなのでしょう。あるいは、サルくん自身が、いつもメルマガを貼り付けるスパイ会員である、などという可能性もあります。

ワールドメイト議論掲示板でも、3種類のIPからの書き込みが消えただけで、アンチの書き込みがゼロになったようですし、実質、3人程度しか実働がいないようです。現在、活動中のプロアンチは、サルくん、ニューライスくん、スパイ会員の3人だろうと思いますが、サルくん=スパイ会員であり、スパイ会員が二人いる可能性も否定出来ません。


いずれにせよ、ワールドメイトなんて、会員が増えてるといっても、7万人ちょっとくらいであり、世の中の大きな宗教団体はもっとたくさんあります。深見東州先生は最高の実力者であり、日本の宝ですが、組織としては小さなものです。

そんなに、ワールドメイトを目の上のたんこぶと思って、執拗に攻撃するほどでもありませんよ。もっと、よろしくない団体は、世の中にいくつもあるわけですから、そういうところをターゲットにしたほうが、効率がいいと思いますが、違いますか?

とはいえ、最近は、さまざまな宗教団体よりも、ワールドメイトのほうがいいと言って入会される方も多いようなので、脅威という面があるのでしょうね。元アンチが闇で活動していたという暴露発言もありますし、そういう仕事が儲けになるという現実はあるのでしょう。

ワールドメイトが楽しい団体なので、「元会員ら」「私たち元会員」さんたちも、わいわい、たのしくアンチ活動が出来て良かったですね。しかし、ウソはよろしくないので、全部、謝罪して訂正してください!大至急の謝罪と訂正を求めます!!
2013/10/06

ワールドメイトプロアンチのサルくんは憶測で判断してるだけ

ワールドメイトのウソばかり書き続けてるサルくんのウソを検証するシリーズです。

検証(4)

(サルブログより引用)

以前、人形形代を書く神事、伊勢や鹿島の神事のシーズンにはよくこんな話を聞かされました。
足に悪性の腫瘍ができてしまった女の子がおり、切断以外に治療の方法がない。
女の子は泣きながら何度も人形を足にこすり付けたところ奇跡が起き、腫瘍はなんと水疱に変わってしまった、と。
到底信じがたい話ですが、もしこの話が本当にあったエピソードだとしたら、どう考えても奇跡が起きたのではなく、誤診だったと考えるのが筋でしょう。
こういったエピソードがあれば、深刻な病気に悩んでいる人は藁をもすがる思いで人形を書き、秘法を受けるでしょう。それこそ全財産を吐き出すような勢いで。



これは、スタッフの方が、実際に間近で体験されたそうです。誤診でもなんでもなく、本当に起こった奇跡だそうです。実は、ずっと昔、このお話をエリア本部で直接に聞いたことがあります。それはそれは、感動しました。私は、人形形代をすすめたスタッフさんがどの方かということを、実際に知っています。本人から直接聞きましたから。

その人は、ウソを言うタイプの方ではありません。まさに、鳥肌ものの本当の話だと確信してます。

誤診という証拠もないので、ウソを書かないでください。はい、ウソ1


(サルブログより引用)

いつの間にか話がものすごく膨らんで美化されてきていますが、この痔の件における一番最初のメルマガにはそんなエピソードはかけらも記載されていませんでした。ワールドメイトはこの話を大きくしないと収拾がつかなくなってきた様子です。
さて病気を治すという神の働きとはそもそもなんなのか、ということについて。
霊的因縁…つまり肛門に悪い幽霊が憑りついていることで痔になるというのなら、その悪い幽霊を祓うことでしか痔が治せないのであればその神の働きは正しいものでしょう。
しかし霊が憑りついているかどうかなんてことは客観的な数値で示せない以上、神社で5円を賽銭箱に放り込むようなチャリンコ参拝程度でとどめておいても全く問題はなく、丸一日かけて三十万円の費用をかけて秘法を受けるよりも、その余った時間とお金で現実的治療を充実させることのほうが理にかなっています。
痔を治す神霊治療で三十万円で「手術が必要な場合」という式階を設定するとしたら、誰がどう読んでも「教祖のイベントに三十万円出せば痔の手術は回避できる」という解釈になります。
それを信じるかどうかは別として。
片方で「絶大な神力」を誇張し、片方で「そればかりが原因ではないので現実的な治療行為も必要」ではそもそも誠意というものを感じません。
ダブルスタンダードというのです、そういうのを。



ワールドメイトはこの話を大きくしないと収拾がつかなくなってきた様子です」「という解釈になります」「というものを感じません」という語尾に注目してください。
要するに、サルくんは、すべて、憶測でものを言ってるわけであり、言ってる本人がなにも物証を示すことが出来ないわけなのです。

サルくんは、インターネット盲信派であります。インターネットには、ひとつのことを良いと書く人もいれば悪いと書く人もいて、真偽が判断できない情報があります。サルくんは、そのなかから、すべて憶測で判断する癖がついてるようですね。

「誰がどう読んでも「教祖のイベントに三十万円出せば痔の手術は回避できる」という解釈になります」と書いていますが、誰がどう読んでもそういう解釈にはなりません。秘技を受ければ、それが霊的な原因による場合、霊的な原因が取り除かれて、さらに御神徳が授かる、と誰でも考えるでしょう。

このサルくんの間違った憶測は、サルくんが御神業知識の浅はかであることを、如実に表してるといえます。
サルくんは、会員だったときに、御神業の基本的な考えを、なにも学ばないまま、退会してしまったので、ワールドメイトのことを歪曲して憶測判断してしまってるだけなのです。

実際、秘技を受けて、手術をするほどの、重い方でも、完治できるように導かれた方はいるそうです。私は、当時、秘技を受けていましたから、どの方が秘技を受けたかその後どうなったかなどを、話したことがありますが、みなさん、見事に、回復されていました。

サルくんは、秘技を受けたことがある人をひとりも知らないのに、勝手な憶測でものを言ってるだけなのです。

「片方で「絶大な神力」を誇張し、片方で「そればかりが原因ではないので現実的な治療行為も必要」ではそもそも誠意というものを感じません。」などと書いてますが、まったくねじ曲がったおかしな解釈です。絶大な神力のおかげで、素晴らしい病院や医者や治療法やクスリに出会ったりする方も多いのです。そして、奇跡的に回復した多くの方から、感謝のお礼も、数千件以上寄せられてるそうです。

現実的な治療行為が必要なのは、当たり前の話です。現実的な治療行為をやめろ、などという話を、ワールドメイトでは一度も聞いたことがありません。むしろ、ワールドメイトからは、重症の場合は、専門医にかかるだけではなく、セカンドオピニオン、サードオピニオンも聞いて、積極的に医療と向き合うことを、進められてるほどです。

サルくんの、ウソ2



(サルブログより引用)

かつて乳がんに罹ったのに乳房切除手術を嫌がり九頭龍祈願だけで治そうとした九頭龍師がいましたね。
結局がんが悪化して他界したそうですが。
……神様のお導きはどうしたんですか。
この九頭龍師の場合、どうしてこんな無茶をしたのでしょう。
がんが治るという証はワールドメイト会員時代、さんざん聞かされていました。
熱心な九頭龍師なら一生懸命頑張っている自分に当然奇跡は起こるだろうと考えるのが普通です。
この方の場合はワールドメイトの会員にならない方が証を立てることができた、ということになります。




ガンを九頭龍祈願だけで治そうとするなんて、本当に浅はかなことです。現実的な努力を怠ってはいけないと、ワールドメイトではいつも聞いてます。
現実的な治療から逃げることは、怠りです。

しかし、ワールドメイトの会員にならないほうが良かった、などとその九頭龍師さんはおっしゃっていたわけはありません。なぜなら、ワールドメイトにいたおかげで九頭龍神法を授かったからです。ガンは治らなかったけれども、九頭龍さんから証はいただき、幸せな余生を送ったそうですよ。はい、ウソ3



ウソエピソードはたくさんです。だいたい、非会員なのに、なぜ、サルくんが、そんな情報を知ってるというのでしょうか。ウソ話はいい加減停止してください。


(サルブログより引用)

病気を治すには現実的治療も必要…しかし現実的治療だけでなくワールドメイトの祈願も必要。これがワールドメイトでの常識です。
でも本質的努力だけ行えばいいのです。
ワールドメイトの祈願は本来不要なものです。
いえワールドメイトの奇跡の力をその目で見たこともその耳で聞いたこともないのに信じすぎてしまう。その効果を過信してしまう。
その結果不要なものにお金を使ってしまうわけです。




「現実的治療だけでなくワールドメイトの祈願も必要」というのが、ワールドメイトの常識ではありません。はい、ウソ4

深見東州先生は、箱根神社と九頭龍神社で病気平癒祈願をされたそうです。
産土神社で祈願される会員さんも多いでしょう。

もちろん、深見東州先生も、ご自分でも人形形代などをお書きになったり、神事をお申し込みになるそうですが、それ以外に、産土神社でご祈祷をされています。

ワールドメイトの祈願を受けることが必要などと、聞いたことがありません。だいたい、サルくんは非会員でワールドメイトの常識など知らないくせに、話をでっち上げるのをやめてください。



(サルブログより引用)

ワールドメイトの神は霊的な問題しか解決しない。
三十万円支払っても、悪い幽霊しか祓えない。
なら神社の賽銭箱に小銭を放り込むのと何の違いがあるのでしょう。
小銭分の気休めを得るか、三十万円分の気休めを得るかの違いだけでしょう。
結論は単純です。
教祖は三十万円分どころか、一億円分の気休めを得ることも可能です。
だって深見東州教祖は国内外でご自身が主催するイベントで湯水のごとく寄付金をばらまくことのできる大金持ちなのですから。
しかし教祖は気休めを得ることをせず、現実的手術によって痔を克服した。
『ぜんじ』の言うとおり、教祖は最初から秘法すら行ってはいないでしょう。
結果がわかりきっていますから。




「ワールドメイトの神は霊的な問題しか解決しない」などと、一度も書いたことはありません。はい、ウソ5。
サルくんは、お願いですから、もっと他人の文章をきちんと読んで下さい。他人の文章も理解できない人物に、批判する資格はありませんよ。すべてが、的外れになってしまっています。

ワールドメイトの神様は、大きな次元で動かれる神様です。天地の法則に関わる諸問題も、解決してくださいます。霊的な次元はご眷属さんが専門でしょう。ワールドメイトは、ご眷属さんではなく、神霊界の神様がメインなので、もっと大きな次元の働きをされるのです。

「湯水のごとく寄付金をばらまく」などと、深見東州先生を嫉妬するあまり、中傷を書くのもやめてください。カンボジアの貧しい子の命を救うために、多くの寄付金が役にたっていることを、心より誇りに思っています。カンボジアの井戸を、毎年、100以上もほって、貧しい地域の乳幼児に清潔な飲料水を提供してるのも、ワールドメイトの寄付金のおかげです。

ワールドメイトが、世界中の人々の命を救っていることは、ワールドメイトに徳が積まれることになり、会員ひとり一人にも、その余徳が授かるのですから、会員にとって喜ばしいことなのです。

また、『ぜんじ』云々などと書いてますが、この世に、『ぜんじ』という人は存在しないそうです。『ぜんじ』さんを知る方から、以前、もうお亡くなりになった方だと投稿がありました。私は、『ぜんじ』という方とはまったくの別人です。



(サルブログより引用)

現実的努力で病気は完治できます。
現代医学で治せる病気なら祈る必要は全くなく、現実的治療のみで完治できます。
いえ、病気のみならず、現実的問題は現実的努力のみで解決できますし、現実的努力で解決しないものは何に祈ろうと願おうと解決しないのです。
朝起きて長時間祈るのではなく、自分の信仰に祈りが必要なら5秒で済ませればいいのです。
現実的な努力を最大限行い努力をやりつくしたら、あとは神社に行き小銭を放り込めばいい。
それでも結果に不安があるようなら、その時初めて正式に参拝し、神に祈願すればいい。
宗教団体に大金を支払う必要は全くありません。
そんなものにすがる人間は、注意が不足するか詰めの甘い人間になるかどちらかです。
不必要なものに金をそそぎ奇跡の発生を期待する、そんな非現実的な行動様式の持ち主は必ず周囲に混乱をもたらします。
私がそうでした。会員時代、「神様に守られている」と勘違いし、いろいろと失敗を重ねました。
今思うと冷や汗もので、まったく穴があったら入りたいくらいです。
現実的な視野を持ち現実的努力を重ねる、これ以外に現実の世界で幸せになることはできません。
現実を見て行動しましょう。
ワールドメイトは教祖ですら自分の病気を治せない宗教団体です。
会員のあなたに限って奇跡が起こるわけがありません。
さっさと目を覚ましましょう。




「ワールドメイトは教祖ですら自分の病気を治せない」などとウソを書いています。はい、ウソ6深見東州先生は、ご自分の病気を完治されたわけであり、治っています。よほど、深見東州先生が、ご自分の病気を完治した事実が、都 合 が 悪 いという、プロアンチ側の事情はわかりましたが、ウソを書くのは、いい加減やめてください。

奇跡が起こったことがある会員は、本当にたくさんいます。私の身の上にも起こっています。サルくんのように、ワールドメイトできちんと御神業を学んで来なかった人や、一日5分もお祈りできないニューライスくんは、自身の怠りのせいで理解出来なかったのですから、逆恨みをしないでください。

「会員時代、「神様に守られている」と勘違いし、いろいろと失敗を重ねました」というサルくんの解釈こそ、ワールドメイトをなにも理解できてない証拠です。

神様に守られていると、失敗が失敗ではなくなるのです。失敗した後、改善することで始めに考えていた以上の成功となるのが、本当に神様に守られてる人の在り方です。

しかし、失敗した後、「くそー、負けるか−」となにがなんでも成功するぞ、という意気込みでやることが最低限必要となりますが、サルくんは、努力もしないで諦めてしまったのでしょう。そのような悟りの浅はかな自分だったから、失敗が失敗に終わっただけなのに、神様のせいにしないでください。

深見東州先生が、どれほど努力されているか、サルくんは、その一端も学ぼうとはしてないようですね。サルくんのような怠りの固まりのような人は、守護霊様も導くのが大変でしょうね。がんばれと励ましても、つい、良くない霊にひっぱられてしまうタイプのようです。

サルくんは、『強運』をしっかり読んで、強運な人生を送る考え方を身につけることから、努力をはじめてはいかがでしょうか。今、幸せでないから、ウソブログを書いてるんでしょ。

幸せになりたいのでしたら、幸せになれる考え方を身につけなければなりません。どうか、サルくんが、幸せになれる考え方を身につけて、不幸せな人生から脱却できるように、お祈り申し上げます。
2013/10/05

ワールドメイトプロアンチの妄想癖

ワールドメイトの入門知識どころか、ウソばかりかいてしまう理由は、インターネットを盲信してしまうためである浅はかぶりが露呈されたサルくんの、ウソつきぶりを検証してまいりましょう。

検証(3)

(サルブログより引用)

要するに治験データはおろか臨床試験すら行っていなかった、ということなのですね。
監督官庁はいったい何をやっているのでしょうか。



なにをおっしゃってるのか、まるで意味が通じませんね。
宗教団体と、治験データおろか臨床試験など、関係ありません。
監督官庁とは文化庁を指してるのでしょうか?
それでしたら、文化庁管轄として、宗教法人が認められてるわけであり、宗教法人と地検データや臨床試験は関係ありません。サルくんは、的外れなことを偉そうに言わないでほしいものです。

(サルブログより引用)

……なるほど、妹のイボの件は、深見東州教祖は冗談でおっしゃっていたのですね。冗談なら冗談とおっしゃっていただければ誤解しなかったものを。
「これが私の身の上に起きた初めての証だ」と堂々と言われたので(内心私は「そのわりにはしょぼい証だな」と思いました)、てっきり深見東州奇跡発生公式認定第一号だとばかり思っていました。



妹さんのイボの件は、「冗談」だなどと、ブログのどこにも書いていないのに、サルくんの勝手な決めつけが始まりました。はい、ウソ1

深見東州先生は、御神業の証であるととらえましたが、それは、深見東州先生が秘技を行ったということではありません。ワールドメイトでは、どんな会員でも証が出ますが、それは会員が秘技を行ったということではないのといっしょです。

「証」は、証をもらった人が、神霊能力を発揮したということではなく、神様からご神徳をいただいたことが明らかに理解できる証拠のようなものです。

サルくんは、本当に元会員だったのでしょうか?元会員なのに、こんな当たり前のことも知らないなんて、おかしいですね。それとも、ウソをねつ造しなくてはいけなかった、ということなのでしょうか。



ワールドメイト他、世間様から注目を浴びる宗教団体の天敵である紀藤正樹弁護士はご自身のブログでこう語っておられます。
・・・・・・・・・
「二重盲検法」=「二重盲検試験」=「ダブルブラインドテスト」
(前略) しかし今のところ、このブラインドテストで証明された「超能力」はありません。あれば超能力が科学的に証明されたことになり、ノーベル賞級の話となります。
 このブラインドテストによる判定の検証を受けていない点は、法の華の教祖福永法源の天行力の詐欺性を証明する際にも、紹錦の気功の詐欺性を立証する際にも、弁護団で(いずれの事件も僕は弁護団の一員です)、裁判所に意見として主張し、結果的に損害賠償が認められています(福永の場合は詐欺で有罪)。
 この種の問題について、テレビが非常に悪質なのは、ブラインドテストの実施をせずに、「病気が治った」「手が暖かくなった」「温度が変わった」「立ち上がった」などと、あたかも効果があるかのように、事象を劇的に放映することです。
 実際には、ブラインドテストをすれば、能力のない人でも、暗示効果により、「病気が治った」「手が暖かくなった」「温度が変わった」「立ち上がった」という効果は出るのです。
 ですから有意ある差は出ないということです。



ブラインドテストは、宗教とは関係ありません。
サルくんは、なにを血迷ったことを言ってるのでしょうか?

ゆきちゃん(=元・会員=馬)からメールをもらったとおぼしき、紀藤弁護士は、宗教の専門家ではありませんし、宗教学者でもなんでもありません。いち弁護士が宗教について語るのは自由ですが、それがどうかしたのでしょうか?

ところで、紀藤弁護士が弁護されたプシコ裁判は、高裁で和解しているのに、なぜか、紀藤さんのホームページでは、高裁の和解のことを一切ふれていません。地裁で完全勝利などと書いてしまったので、高裁でワールドメイトに有利な展開となり、和解してしまったことが、恥ずかしくて書けないということなのでしょうか?

それにしても、なぜ、あえて、高裁で和解したことを書かないで、あたかも、地裁の判決が最終判決であるかのように、悪質な隠蔽工作を行ってるのでしょうかね?まったく理解に苦しみますし、これで、フェアと言えるのでしょうか?

はやく、事実をホームページに記載するべきだと思います。

ところで、そんな弁護士さんが言ったことが、ワールドメイトとどのような関係があるのでしょうか? サルくんの文章を読めども読めども、横道にそれた話とワールドメイトの関連性は見えませんね。


(サルブログより引用)

痔を治すのに効果がある神霊治療に関して、きちんと二重盲検法を用いて臨床試験を行ったのですか?
治験データはどのくらいありますか?
一例もないのでしょう?
教祖の頭の中だけでその効果性があることにされ、会員に対し大々的に宣伝され、荒稼ぎした。
もし効果があるなら、客観的効果性に関するデータがあるはずです。
でも無いのでしょう?
要するに治験データはおろか臨床試験すら行っていなかった、ということなのですね。
だから「捏造も改竄もできない万人が納得する物証」が出せないのでしょう。
もしもそれが私の勘違いであるなら、どうぞ遠慮はいりませんから盛大に世間に公開してください。
きっとその輝かしい奇跡に世間の皆様は感動に涙し、ワールドメイトに入会を希望する人々で全国各支部の門前はあふれんばかりになるでしょう。




出ました!
サルくんの、自爆発言が目白押しです。
ワールドメイトは宗教団体であり、決して医療機関でもなんでもありません。
なぜ、ワールドメイトと、臨床試験や治験データが関係あるのでしょうか?
宗教団体と、お医者さんの仕事は関係ないとしか言えませんね。


会員が、実際に、病院にいって改善した!完治した!と喜び、その喜びの声が、実名でばんばん本部に寄せられてるそうです。その数、数千以上あるそうですよ。

わたしも証をいくつもいただいてますから、出そうと思えば、物証を出せます。
多くの会員に複数の証が授かっているわけですから、物証など、いくつだってあります。

サルくんがよみたい「物証」とやらは、メールで、たくさん拝見しております。
ねつ造も改ざんもしていない、会員の生の声は、神事会場でも支部でも、いろんな場所で、よく聞きます。

会員になると、だれでも、たくさん証を授かるのがワールドメイトのいいところです。

サルくんは、支部に来たことがあるのでしょうか?支部にくれば、証の話など、やまほど聞けますよ。それは、文章にもなってますから、物証と言えますよね。

はい、ウソ2

サルくんは、つねに、調査不足、もしくは、一切の調査なしで、インターネットを盲信して事実ではないことを事実だと思い込んでしまう癖があるようです。盲信癖、といいましょうか。

そんなに物証が見たいのなら、ワールドメイトに聞いてみたらいいのではないでしょうか。ワールドメイトに確認もせずに、勝手に、物証がない、と決めつけてますが、まったくの勝手な決めつけというほかありません。


サルくんが会員だったら、いくつでも、納得いくまでメールを見たり、話を聞いたりできるのでしょうが、残念ながら非会員ですものね。

宗教は心の信仰なので、他宗派の人を、わざわざ納得させようとか、そんなことはワールドメイトにはありません。ですから、同じ信仰をともにする人の間で、分かち合えばいいだけの話です。非会員の人に、いちいち、とやかく言われる筋合いはありません。会費も納めてないのに、勝手にスパイ会員が貼り付けたメルマガを読むなんて、どんな神経してるのでしょうか?ちょっと、人間としての良心が感じられませんね。


所詮、サルくんは、非会員なのだから、ワールドメイトのことなどなにも理解出来てないし、調べようとする熱意も感じません。インターネットを盲信して、勝手に思い込んでるだけなのです。

私のことを「ぜんじ」などと勝手に決めつけてるのも、妄想の一種です。わたしは「ぜんじ」とか言うものではありません。また、スタッフさんでもありません。本当に、勝手な妄想はやめてください。

サルくんの妄想癖が治って、まともな人生が送れるように、お祈り申し上げます。
2013/10/04

ワールドメイトのプロアンチ・サルくんの傲慢

ワールドメイトのことをなにも理解してないのに、入門ブログを書こうとして、ことごとくウソを書いてしまって、まったく入門知識でもなんでもないサルくんのウソを、再び、検証して参りましょう。

検証(2)

(サルブログより引用)

なるほど、新田義治氏が痔に悩んでいることを知って深見東州教祖は痔の神霊療法ヂ・エンド秘法を開発したことを先回のブログ記事に書きましたが、今回は足かけ二年にも亘ってご自身で痔の苦しみを存分に味わい尽くしました。
であれば今度はその体験から究極の痔の神霊治療能力、 「ファイナル・ファンタ痔~秘法」とか新たな神法が生み出されるのかもしれませんね。

深見教祖、今度こそはお一人の神霊能力だけで痔の治療ができるようになるといいですね。
そうすればうっかり手術を受けたと言ってしまい、後から盛大に突っ込まれることも無くなりますから。



ガンの医者でもガンになります。痔の医者でも痔になります。だけれども、その医者がガンや痔を治療する能力に欠けているということにはなりません。

病気というのは、どんな人にも等しく訪れる機会があり、病気になったからその人の能力がデタラメだなどということではないのです。そんな考えを起こすほうこそ、ちゃんちゃら、おかしいですね。医者が医者になったら、医者の能力がウソだというのでしょうか?

そもそも、深見東州先生の神霊能力は、病気の治療をするためにあるわけではありません。ですから、サルくんがご提案されたような変な名前の神法など、産み出すこともないでしょう。深見東州先生は、神様のご神意にそって人生を貫かれてる方です。このたびは、人間的な最大限の努力を尽くして完治させることがご神意だったわけですから、その試練を見事に超えられ、万事めでたしめでたしで、神様もお喜びになったことだろうと思います。

そんな病気治しの次元のお取り次ぎをするのが、深見東州先生の使命ではないのです。ワールドメイトでは、病気平癒祈願は、九頭龍さんにご祈願するケースが多いですね。

次元の高い神様が、地球上をこうしたいな、と思われたら、ある日突然、そうなるというものではありません。次元の高い神様は、不自然なことを嫌います。人間の技術の進歩、科学の進歩、医学の進歩こそが神様が望むことなのです。深見東州先生が、このたび、現代医学を多彩な角度から研究されて、乗り越える、ということが試練だったということなのでしょう。

1人の人間に奇跡が起こるというような、はっきりとした証は、多くは、龍神さんなどご眷属の功徳によります。病気が良くなったというような証は、箱根九頭龍さんなんかはてきめんのようです。

とはいえ、深見先生もお若いころは、修行の一環として、あらゆる次元のお取り次ぎに挑戦されていて、深見東州先生もさまざまな秘技を行っておられたようです。

わたしは、ヂ・エンド秘法を受けさせていただいたわけですが、実は、本当に効果覿面で、それ以来全く痛くなくなったのです。おかげで、手術しないといけないかもしれない・・・という心配は杞憂で終わり、もう病院に行かなくても大丈夫な状態となりました。

驚くべき証というのは、本当に起こるのです!



(サルブログより引用)

「患者よ、がんと闘うな」で有名な近藤誠氏の最近の著作「『余命3ヵ月』ウソ」に書かれていたのですが、彼が診ている余命3ヵ月を宣言されたがん患者も3ヵ月以内で死ぬどころか1年以内に死ぬことは全くなく、3年から9年も生きた人もいたのだとか。
普通に立って歩いて病院に来られる人間が3ヵ月以内に亡くなることはあり得ないのだそうで。
ではなぜ余命3ヵ月を宣言する医師がいるのかといえば、想定残存寿命を短めに告知しておけば、もし仮に1年以上生き延びれば名医、ということになりますし、また短い余命を宣告すれば患者は恐怖から熱心ながん治療を始めます。

私は近藤医師の信奉者でもなんでもありませんが、「まあそういうことだろうな」と思います。

ワールドメイトはそろそろこういった私たちの生活上で当たり前に起こることを自分の神、あるいは深見教祖の手柄にすることはもう止めませんか。
読んでいてひどくみっともなく、恥ずかしい思いをするのは会員さんです。
こんなことしか自慢できないのかと、第三者なら内心笑っていることでしょう。



わたしの親戚は、仕事が忙しく調子が悪い状態が続いていて、とうとうふつうに立っていられなくなり、病院にいったら、余命3ヶ月と宣告されたことがあります。40代の働き盛りの男性でした。子供もまだ学校に通ってます。

その後、深見東州先生の秘技を受けさせていただき、九頭龍祈願を申し込ませていただいたところ、なんと、その後、数年間生き続けたのです!

ぜったい、当たり前に起こることではありません。病院の先生も、「奇跡ですね」とおっしゃっていたそうです。そのうち、子供も大きくなって高校を卒業し、遺産の話やもろもろで問題が起こることもなく、人生の残りの時間を家族とともに、幸せに生きたのです。

本来は、あっという間にお亡くなりになるところだったのに、少し、命を延ばしていただいたおかげで、家族がいい思い出を共有し幸せなときを過ごせたのです!

本当に、ワールドメイトや深見東州先生の神霊能力は、本物だと心から思います。

病気が良くなるとかそういうこと以前に、ワールドメイトの秘技を受けると、必ず、幸せになるのです!

何回も受けさせていただきましたが、ワールドメイトでいろいろ参加すると、幸せになるのはぜったいに本当だといえます。

また、一方、こないだまで元気だったのに、余命三ヶ月と宣告されて本当に三ヶ月あまりでみるみる衰えて亡くなりになった人も以前身近にいました。お葬式にも行かせていただきましたが、残された遺族が痛々しくて、なんとも言えませんでした。これは、ふつうの世の中で起こることだと思います。

私は、この方が亡くなってからガンだと知り、もうどうしようもありませんでした。もっと早く知っていれば、ご祈願させていただいたものを!

本当に、ワールドメイトのご祈祷を受けられるか、受けられないかで、かくも違うものか・・・と思いました。これ以来、お取り次ぎのすばらしさ、ありがたさをいっそう身にしみて感じるようになったのです。


(サルブログより引用)

教祖に確認したのですか?
「先生、今回の痔瘻から切れ痔に至る肛門の疾病はご自身でヂ・エンド秘法はなさらなかったのですか?」
と。
想像でものを言われてもどうしようもありません。




深見東州先生が、ご自分だけのために、秘技をお取り次ぎされるはずもありません。なぜなら、神様は、他人のためにお祈りするときに大きく動かれるからです。ワールドメイトの秘技は、人間側の都合で「やろうかな」と思って行うものではありません。神様から神示として降りてきて、始めて行われるものです。

深見東州先生は、今回のご祈願で、箱根神社と九頭龍神社にご祈祷をされた、とメルマガでありましたのは、アンチのみなさんも、楽しみにご覧いただいたはずです。


(サルブログより引用)

私も病気になったらめいっぱいの努力をします。もちろん医師に相談したうえで。
誰でもそうします。
特別な神霊能力をお持ちである教祖でなくても、全く同じ努力をします。
ただし祈らずに。
そんな無駄なことは一般人である我々非会員は行いません。
そして三千年に一人の大神人である教祖と同じ成果を上げることでしょう。




サルくんの意気込みはわかりましたが、まず、ムリでしょうね。

深見東州先生は、あらゆる書物を読み、セカンド・オピニオン、サード・オピニオンの意見も聞いて、3人以上の医師と相談し、人間としてあらゆる努力をされたのです。そして、自分でも試行錯誤されて、最も模範的な患者として、病気を乗り越えられたのです。

サルくんが、「努力」と思ってるものは、深見東州先生からみたら、努力でもなんでもなく足りなすぎます。深見東州先生レベルではなく、私ら一般会員レベルからみても足りないです。一冊や二冊、本を読んだくらいで、いばらないでください。深見東州先生は、本屋にある本を片っ端から読まれて、あらゆる理論を研究されたそうですよ。

サルくんには、
いったん、血糖値が974まであがったあとに、もとに戻って普通の人と同じように暮らすことなど到底むりでしょう。

いったん、体型が大きくなったあとに、もとに戻ってスリムな体型を維持し続けることなど到底むりでしょう。

お医者さんに、ストレスの指数となる数値を図ったら、「あなたはゼロに近いですね。あなたは、なにも、ほとんどストレスと感じないような悟りの境地に達しておられる。あなたのような人格者は、医者になってから始めてです」などと行ってもらうのもムリでしょう。

24時間一睡もせずに、講義をし続けるのもムリでしょう。
ほとんど、睡眠を取らないのが普通の生活で、明るく楽しく人には優しく生きることも、あなたにはムリでしょう。

天皇や皇后、また、トニー・ブレア元英国首相と会っても、楽しく失礼な言葉も言わずに、和やかに話すことさえ、あたなにはムリでしょう。


精華大学や北京大学で二つのPh.Dを取得するのもムリでしょう。
40代からオペラを始めて、プロのオペラ歌手となるのは、到底ムリでしょう。
サルくんが個展を開けるほど、絵を描くなんて到底ムリでしょうし、個展を開いたとしても誰も見にこないでしょう。
サルくんは、歌も下手、絵も下手、俳句も出来ずに、ギャグもいえない。それだけではなく、頭も悪いし、英語も中国語もしゃべれず、デザインも出来ずに、お茶もお花も陶芸も出来ないし、本も出版出来ないんですよね。

どれ一つとっても、サルくんが、深見東州先生に勝る部分はないのです。これが、現実です。

深見東州先生を批判することによって、深見東州先生と同じ土壌にたったかのような気持ちになり、自分を過大評価していたようですね。サルくんは一般と比べても、ウソばかりついて、人徳も知性もなにも感じられません。

サルくんが、なにか団体を作ったとしても、ついていく人などいないでしょう。せいぜい、プロアンチの「元会員ら」でつるむのがせきの山というところでしょうか。

サルくんが、どんなにがんばったって、どの分野でも、深見東州先生と同レベルの成果を上げることは、ぜったいムリでしょう(笑)

これが、「教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (2)」の最大のウソですね。あと、サル君へ、呼び捨てで呼ばないように。失礼だぞ!

まあ、更新はどんどんしてください。サルくんが更新すればするほど、プロアンチ君のボロがどんどん出てきて、自爆してくれるますしね(爆)元会員らで、校正をしっかりしたほうがいいんじゃないの? まあ、ウソつきが何人集まったって、ウソにはかわりないってことかな。やっぱり、ウソは上塗りすればするほど、明らかになるものですね(ニッコリ)
2013/10/04

ワールドメイトの真実を再び

ワールドメイトのウソを勝手にまき散らすサルくんが、反論なるものを書いたというので、拝見しました。が、相変わらず、全く反論になっておらず、自らの無知をさらけ出されてるようで、笑いすぎて腹がよじれました。

腹がよじれて痛みを味わわされ、非常に不快な思いをさせられたので、是非とも、今度こそは、謝罪と訂正をしてもらいたいです。

長々と書いてありますが、大半が、ワールドメイト住吉熊野道のコピペであり、目新しい主張は見当たりません。このような現状を、負け犬の遠吠えといいます。サルくんの場合は、負けサルの遠吠え、という表現のほうが適切かもしれませんね。

それでは、負けサルの遠吠えが、いかに愚かな主張であるかを、検証いたしましょう。
読む方も、またかよ、と、うんざりされるかもしれませんがおつきあいください。
深見東州先生の隠れファンであるサルくんの性格が屈曲してるためなので、ご勘弁くださいね。



(サルブログより引用)

で、一生懸命書いているのに申し訳ないのですが、これらの記事に何の論理的考証もなく、単なる印象操作で終わっています。
さすが教祖が4流と罵るワールドメイト会員、低レベルにもほどがありますが印象操作の記事とはいえ、せっかく突っ込んでくれるネタを提供くださったので、この際ですから検証してみましょう



上記の部分、意味不明ですね。「さすが教祖が4流と罵るワールドメイト会員」と書いてありますが、ワールドメイト会員は、誰も、教祖が4流であるなどと罵っていません。またしも、ウソの上塗りです。


(サルブログより引用)

ワールドメイトの活動そのものがマンネリ傾向なので、こっちも記事を書く張り合いがない、ということはありますね。できれば去年の小沢献金問題のように世間様にメガトンクラスの話題を振りまいていただきたいものです。



ワールドメイトの活動はマンネリ傾向ではありません。今年は、とくに、毎月、毎週、新たな催しがありますし、支部も大賑わいです。元会員なので、単に、ワールドメイトの活動を知らないだけなのです。自らの無知をさらけだし、本当にワールドメイトを検証できていないことを暴露してしまってます。
また、「小沢献金問題」などと、あたかも問題化してますが、菱法律経済政治研究所の顧問が小沢さんである、というワールドメイトとは無関係の事実を、あたかもワールドメイトが当事者であるかのような、ウソを書いてます。はい、ウソ2、がここで書かれました。

次々と、ウソを事実に混入し、あたかも、ウソを真実っぽく書いて批判をする、というのは、ウソつきサルくんの得意技なのですが、まともに批判しようとしたら、ワールドメイトには批判するところがない証拠でしょうね。


(サルブログより引用)

どうかワールドメイトスタッフの皆様は教祖に教えてあげて下さい。
今の世の中にはインターネットという便利なものがあって、検索すればたちどころに評判のいい病院や医師がものの数分で調べられることを。
神様に御祈願なんて手間をかけ、いい病院やいい先生に巡り合うよりも、よほど時間とエネルギーの節約になります。そもそも病気治療に具体的物理的生理学的な効果があるかどうかわからないのなら、祈願などという余計な手間暇かけるべきなのでしょうか。
私なら即座に検索し、治療していただく病院を探して、時間が許すならそこに直行します。




インターネットで調べた情報は、机上の情報です。たとえば、食べログという情報サイトでは、良い評判を書き込む業者が、印象操作をしていることが明らかになっています。なんでも、本当に体験しないとわからないものなのです。

ご神業とは体得するものであり、深見東州先生は、多彩な分野について、ご自身でご経験されています。

たとえば、インターネットでこれこれこのように書いてあったけれども、実際に言ったらこうだった、などという話はよく聞きます。

深見東州先生が、インターネットで評判がいいというだけで、ご自身でなんらも検証されてない無責任な情報を、会員にお勧めするようなことは絶対にされません。

お店がおいしいかどうかについても、ご自身で確かめられてからご判断されるのです。

さらに、病気になった人のつらさ、痛み、悩みなどは、一度も病気にかかったことのない人が理解できるはずもありません。体験談を読むだけではなく、自分で体験することが必要なのです。

深見東州先生にとって、人生がご神業なのですから、神様にご祈願されるのは当たり前のことなのだろうと思います。それは、信仰を持つ人間として当然のことであり、無神論者にとやかく言われる筋合いのものではありません。

人の信仰をとやかくケチをつける行為は、憲法で保障されてる人権を侵害する行為ですのでお気をつけください。


(サルブログより引用)

さすが教祖から4流と呼ばれるワールドメイト会員です。
「わずか数グラムから数十グラムの病変した体組織を常態に戻すこともかなわず、現代医学に頼り、手術で根治させた、と。」
私のブログにそう記載したというのに「根治」という日本語もご存じないのですか。
上記の大意は病魔に敗れた のは深見東州教祖の神霊治療能力であり、またワールドメイト深見教祖の力の根源である八百万の神々であって現代医学ではありません。深見教祖が切れ痔に完全敗北したからこそ現代医学に長けた医師が代わって切れ痔治療に当たり、病魔に対し勝利を収めることができたのでしょう。
そんな程度の勝利なら治療費を支払える一般的日本人であれば誰でも可能です。



「教祖から4流と呼ばれるワールドメイト会員です」などと書いてますが、住吉熊野道を書いてる人間は4流だ、などと過去に一度も言われたことはありません。はい、ウソ3です。

「病魔に敗れた」などと書いてますが、まったくやぶれてませんので、ウソ4深見東州先生は、神様からの試練として、最大限の現実的な努力をして乗り越えるべきものとお受け取りになったわけであり、神霊治癒能力とは、一切、関係がないのです。ですから、なにも「病魔に敗れ」ていません。

サルくんは、謝罪と訂正を、大至急お願いします(笑)

また、「切れ痔に完全敗北」などと書いてますが、完全に治っているので、完全勝利しています。これに関しても、謝罪と訂正を、大大大至急お願いします(爆笑)


深見東州先生の神霊能力と、今回の病気は、一切関係のないことです。
なぜなら、深見東州先生は、現実的努力により乗り越えるという神の試練に正面から立ち向かったのですから。

なんども、同じことを言わせないでくださいね。サルくん。


(サルブログより引用)

最新の医学情報によれば、糖尿病は糖質を含む食材を大幅に制限すると血糖値の値は劇的に改善するそうです。
これも私はネットで調べました。
別に三千年に一人の大神人、深見東州教祖に全く頼らなくても血糖値の高い会員は食生活を変えるだけで健康を取り戻せます。どうか深見東州教祖以下、スタッフや会員の皆様はインターネットというものをお使いになってください。そうすれば教祖のように祈願に頼らなくてもいい医師やいい病院やいい治療法が見つかります。



サルくんのように、ネットで調べただけの情報を、あたかも我は知ってるというようにひけらかすことが、最も浅はかな行為です。深見東州先生は、本屋においてある糖尿病に関するあらゆる本を入手して、糖尿病について研究したそうです。すると、Aが良いと書いてるものもあれば、Aが良くないと書いてるものもあり、まったく正反対の理論が、世間で唱えられていたことがわかったそうです。

ネットを見ても、Bが良いと書いてるものもあれば、Bが良くないと書いてあるものもあり、ネットを見ただけでは本当のところはわかりません。

深見東州先生は、ちまたに出てるあらゆる理論を調べた上で、ご自分で実際に研究なさって、本当に良い治療法はなにか、風説のどこがウソでどこが本当であるかをご確認されたそうです。

サルくんのように、ネットだけを見て信じてしまう浅はかな人は、ネットのウソにだまされやすい人であり、真実を見極める目のない人だということが言えるでしょう。さらに、自分で確かめもしないのに、安易に人に勧める傾向もあり、無責任な人だとわかります。

サルくんは、ウソにだまされやすいから、自分自身も平気でウソを書いてしまう性癖があり、さらに、無責任に書き散らかしてしまうことが、ブログからよく理解出来ました。


「『ぜんじ』であるメ=リルさん」などと、ウソ5を書いていますが、当方は『ぜんじ』ではありません。謝罪の上訂正をお願いします。

こちらは、生業があり、朝も昼も夜も元会員らとアンチサイトの書き込み欄を、更新はいまかいまかと注視できるような立場ではありません。いくらでも書くことはありますけれども、少しずつの更新となることをご了承ください。
(つづく)
2013/10/03

ワールドメイトのアンチはワールドメイトと深見東州先生が好き

ワールドメイトのアンチは、深見東州先生が関わるあらゆることを知りたいらしく、ネットでいろいろ検索しては、発表しあって喜んでいるようです。

ワールドメイトのアンチは、結局、心の奥底では、深見東州先生のことが好きなのだな、といつも思います。

本当に、ワールドメイト深見東州先生のことが嫌いなのであれば、無視すればいいはずです。

しかし、わざわざ、ネットから深見東州先生の情報を探し、ピックアップしては、「どうだ」と自慢し合っているのです。

HANDA.TVや深見東州先生が関係する催事のUstreamのライブ放送も、事前に、日時を確認しあって視聴してますし、深見東州先生のメルマガも、新しく書かれるや否やすぐに「元会員ら」でチェックし合って、驚き合うそうです。

本当は、深見東州先生のファンのひとりなのに、それを素直に表現できず、屈曲したご性格の隠れファンが、ワールドメイトのアンチなのです。


もちろん、アンチのなかには、お金をもらって職業としてプロの仕事をしてる、プロアンチもいます。ワールドメイトのメルマガを貼り付けるスパイ会員などは、典型的なプロアンチの1人といえるでしょう。

プロアンチが、定期的に情報をアップすると、隠れ深見東州先生ファンの屈曲アンチが、いっしょになって、わいわいいい合って楽しむ、というのが、いつものアンチサイトの構図といえるでしょう。


本当は、ワールドメイトや深見東州先生が気になって、ワールドメイトや深見東州先生のことが好きで仕方ないのに、ぐちぐち自分の存在感を屈曲アピールしてくるアンチくんの、屈曲な性格が少しでもまともになってお幸せになっていただきますよう、お祈り申し上げます。
2013/10/02

ワールドメイトの証とは

ワールドメイト深見東州先生は、見事に先日手術で、とある病を治療して完治されました。

その過程で、神様の証により、いい病院、いい先生、治療法に巡り会ったそうです。


科学や医療が進んでいる現代でさえ、医師や病院によって、診療方針はさまざまです。

たまたま診察を受けた病院の医師に「これは成功確率5%ですね」と言われたけれども、別の病院で診察を受けたら「成功確率95%です」と言われた、などという驚くべき話もあります。


深見東州先生は、日頃から、自分で最適の治療法を研究する努力が大切であるという旨、おっしゃっており、
効果的な食事療法や運動療法なども、研究されています。

そうして、自ら健康や病気の治療法などを丹念に研究し、見極めていく努力も大事なのです。

名医をはるばる訪ね、すぐれた病院や治療法を探す努力をしないことは、怠りの極みであり侮りです。常にエネルギッシュで努力されている、深見東州先生が怠ることなど考えられません。なんにでも、最大の努力をされる方ですから。

ところで、ワールドメイトでは、こうした人間的努力と平行して、九頭龍さんに祈ったり、人形・形代や霊璽を書いたりすると、努力のプロセスで奇跡が起きることが多々あります。

その奇跡とは、
たとえば、すぐれた医師や治療法と出会ったり、病気に打ち勝つ智恵や気力が授かったりして、病気が完治することが第一です。

たとえば、深見東州先生は、病院の医師に、「あなたのような模範的な患者さんはいませんよ」というように、どこの病院でも言われたそうです。

それだけ、治りが早くて治療がてきめんに効くということなのでしょう。


もちろん、ワールドメイトの秘技を受けて、ありえないような奇跡もしばしば起こりますが、この奇跡を当てにして、人間としての努力をやらないのは、神に対する冒涜、傲慢で不遜な怠りであると言えると思います。


実際、自分は、ワールドメイトの秘技を受けて、あり得ないような奇跡を体験しました。
そのときには、
神様って本当にいるんだ〜〜〜、と全身で感じ、
神様、ありがとうございます〜〜〜
と、神様に泣きながら感謝しました。


しかし、秘技を受けることで、いい病院やいい医師、いい治療法、いい薬などに巡り会ったり、自分の体質がわかったり改善したりという証が、最も多いそうです。

たとえば、内臓の働きがあまりよくないことがわかり、その治療法がわかって体質が改善して、日頃の身体の悩みが改善するなど、驚くような証だと思います。だって、ふつうに生活してたらありえないのですから。

ワールドメイトに本物の神様がいらっしゃること、深見東州先生が万能の天才であり、本物の神人であることは、疑いの余地もありません。だって、多くの会員が奇跡を体験してます。秘技であっという間に改善した体験をした人だって多いのです。

実は、ここだけの話、あまり、大きな声ではいえませんが、自分は、ジ・エンドの秘技を受けて、ジが完治しました。それ以降、ジで悩んだことは一度もありません。まったく、痛みもなくなったのです。ワールドメイトの秘技が本物だし、深見東州先生の神霊能力は本物です。