2015/04/12

深見東州先生は何者なのか?

深見東州先生については、
HANDA.TVというインターネットテレビご覧いただければ、何者なのかということについては、自ずと答えが出るものと思います
http://handa.tv

深見東州先生の功績としては、日本にブラインドゴルフを導入したことが最も大きいと言えましょう。

パラリンピックで、ゴルフが正式種目になることを夢見て、ブラインドゴルフを推進しているそうです。深見東州先生によると、ブラインドゴルフは視覚障害者にとって健常者とほぼ同じルールで競技ができる数少ないスポーツであり、最も楽しくリハビリや社会復帰ができるということです。

深見先生が主宰しているワールドメイトは、宗教団体としてはそれほど大きくもないし、布教活動が盛んでもなく、社会的に軋轢を引き起こすようなところではありません。何十年も前から、会員の会費は、カンボジアの救急病院などに寄付したり、クリスマスには孤児院にサンタさんがプレゼントを届けに行くなどの活動をしており、福祉活動や慈善活動、ボランティアなどに関心の高いメンバーが会員として集まっています。


ところで、最近の週刊誌に出ていた、ライターの長谷川学氏については、オウムについての調査はいくらかされているようですが、宗教全般には知識がない人らしいので、情報の信憑性は疑わしいと考えております。(大本のことを「大本教」と呼称している時点で、あまり知識の無い方だろうと思わざるをえません。)

"マルサの査察が影響したのか、深見らが提出した宗教法人認可申請は教団に送り返された”、というのは、ガセネタの可能性も大きいです。平成3年〜4年頃、ワールドメイトを破壊しようと造反騒ぎを起こした一味が、新聞社や国税局に、嘘のタレコミをした際、随分と尾ひれをつけて情報を拡散させたことが誤報として広まり、未だにマスコミで真実らしく語られているという事情があります。

ところで、世の中には、過激な団体が存在し、なにも問題のない団体を叩くために嘘の情報提供を行ったり、ネガティブブログを一人で複数運営して、多数派工作をしているような人も、なかにはいます。造反騒ぎの裏には、某会の支援があったともマスコミに出ていますし、ネットで「スパイをしていた」などの元幹部の告白も出ています。

長谷川氏が書いているスキャンダラスな部分は、すべて、平成4年頃に、造反一味が仕組んだ嘘のタレコミに端を発するものだけですね。造反一味は何人かの人を騙して、裁判沙汰を起こしましたが、深見先生側は、一切、有罪にはなっていませんし、騙されたほうも誤解が解けて裁判は取り下げています。裁判を起こしたとだけ書いて、取り下げたことを書かないというのは、フェアな報道ではありませんし、ワールドメイトを叩きたい活動家らから入手した嘘情報を、裏付けもとらずに鵜呑みにしただけのように見えます。

ワールドメイトが社会的になにも問題がないということは、刑事事件を一件も起こしたことがないこと、有罪となったことが一度もないという事実からも明白でしょう。

深見先生は、何社も会社を経営してる社長だから、お金持ちなのは当たり前だと思いますが、お金のある方が贅沢するわけでもなく、途上国の福祉やブラインドゴルフなどの、弱者救済のために力を尽くしていることについては、私は肯定的に評価しています。ふつうの一人暮らしの人が住むような一室で暮らしていて、豪邸をもっているわけでもありませんし、料理も得意で食事も基本的に自炊しているとのこと。

広告をいくつか出していることなど、些細なことくらいしか書くネタがないのかなあというのが正直な感想です。

それにしても、深見先生は、予備校、出版社、ブラインドゴルフなど、いろんな団体の代表をつとめており、それを合計してカウントしてもまったく意味がありません。本当に批評するには、予備校、出版社、ブラインドゴルフなど分野ごとに広告数をカウントし、同業界と比べてどうなのかを検討する必要があります。この長谷川氏には、やる気が感じられませんね。深見先生は、叩く要素もほぼないような人物なので、こんな瑣末なことがわざわざ取り上げられるのでしょうね。

ちなみに、ワールドメイトを叩きたい活動家とは、完治している痔とかを、いつまでもしつこく書きつづけるような品性の低い人です。深見先生が言ってもいないことを言ったとブログで書き、自分も嘘だったことをブログ上で認めていながら、嘘を消すことさえしません。ワールドメイトの会員が幸せそうで羨ましいんですね。

書くことがなにもないと、嘘をまき散らしたり、くだらないことに走るしか手段がないということでしょうね。
2015/03/26

深見東州先生インタビュー:パラリンピックの正式種目になることを目指して

ワールドメイトの代表の深見東州先生は、いつか、ゴルフがパラリンピックの正式種目になることを夢見て、ゴルフの支援を続けています。

深見東州先生のインタビューをどうぞ。



深見東州先生の人柄の良さが、ひしひしと伝わってくるインタビューですね。
深見先生が世界中で愛される理由が、分かる気がします。


ゴルフチャンネルでも視聴できます。
www.golfchannel.com/media/golfing-world-dr-handas-paralympic-golf-dreams/
2014/12/01

ワールドメイトが楽しい団体であることは保証します 笑

ワールドメイトは、神道系の穏やかな団体ですし、ノルマは一つもありません。
昔よく聞いたのは、仏教系の新興宗教などは、献金や布教のノルマがあって、仕事もしないで生活保護をもらって宗教ごとばかりやってる人がたくさんいる団体があるという話を聞きました。

ワールドメイトでは、生業を大事にしますし、社会的に逸脱した行為はありません。

よく、インターネットで、ワールドメイトの退会者であるなどとブログに書いている人がいますが、
その人は、まず間違いなく本人の性格にもともと難点があった人だと言えます。

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログが、「ワールドメイト」で検索すると10位以内に見つかりますが、このブログには、深見先生が実際に発言していないのに「震度10の地震が来ると予言した」などと出鱈目を書いています。

当ブログにて、出鱈目だと指摘したところ、サルくん自身が嘘を書いたことを認めましたが、未だにその記事を訂正削除するなどを行う気配はありません。

実に不誠実な姿勢であると義憤にたえません。

退会者が、「ワールドメイトの本質」などともっともらしいことを書いていても、まず間違いなくそれは本質を外れた的外れな見解であるということは言えます。

ワールドメイトを退会しているということは、深見東州先生のメールマガジンやワールドメイトの情報を入手することは不可能であり、傍観者的に野次馬根性で推測するしか方法がありません。

ワールドメイトの本質は、現会員にしかわからないことです。

ワールドメイトの支部では、毎週のように、催事やパーティが開催されていて、楽しいですし心が洗われます。
パーティといっても、実費くらいしかかかりません。
ケーキを囲んだり、鍋を囲んだり、アットホームな雰囲気で誰でも気軽に参加できます。

ワールドメイトは、全員が、周囲の人の幸せを祈ってるような団体ですから、ネガティブな発言をする人もいませんし、俗世間のことや、七人の敵(笑)のことなど忘れて癒やされ、活力がわいてきます

ワールドメイトのことを、ブラック?などと決めつけて中傷している人がいますが、いったいどこが黒いというのでしょう 笑

ワールドメイトの支部名を見て下さい! いかにも笑ってしまう名前ばかりです。
支部に電話がかかってきたら、あの支部名をフルネームで言って、「でございます」と電話をとります。

そんな面白い笑いに満ちた団体が、黒いわけはありません 笑

退会者なのに、いかにも、ワールドメイトのことを知った風に書いていますが、実際は何も知らないで推測を書いてるだけというのが、ワールドメイト会員ならばわかります。

ですから、あんなアンチブログを読んだって「ばかなことを書いてるな」「嘘ばかりだな」と誰でもわかるので、そのせいで退会する人など一人もいないのです。

ただ、「宗教ってこんなものだろ」などと、もともと先入観をもってる人に不安感を与える作用はあるでしょう。家族や親戚に不安感を与えて、実態とかかけ離れた恐怖心を植え付ける効果はあるかもしれません。

それは、人を不幸にしています。アンチサイトは、存在そのものが人を不幸にする作用があると考えているのは、そういうことです。嘘や出鱈目を書いて、「これが本質ですよ」などと虚偽宣伝をすることで、何も知らない人に間違った不安感を与えるなど、許されることではありません。


ワールドメイトは、不自然な布教、などはありませんから、口コミで徐々に広がって気に入った人が入会するという感じだと思います。

身の回りには、ワールドメイトを離れる人はあまりいませんが、
もう創立30年くらいになりますから、亡くなる方なども全体の数パーセントはいるとして
それ以上に、毎月、会員数が増加しているようです。

私自身は、ワールドメイトや深見東州先生との出会いが、人生にとって非常にプラスになることを確信していますから、興味のある方には是非、オススメしています。

しかし、宗教に興味のない方や他に信仰をお持ちの方の考え方を否定するようなことはいたしません。

ただ、「自分はなんのために生きているのだろう」「世の中の役に立てるような人間になりたい」「ボランティアに興味がある」という方には、ワールドメイトはオススメです。

いい人ばかり、面白いことが好きな人ばかりが集まってる団体なので、会員はみんないい人ばかりで、催しに参加しても楽しいです。リーダーの深見東州先生は面白いだけでなく博識で、深見先生のお話を直接聞くことができるというのも、最高に意義深いことです。

興味のある方は、お気軽にワールドメイトに入会しましょう! 絶対に、楽しいことは保証します 笑
2014/10/28

ワールドメイトのアンチは、深見東州先生とワールドメイトが好きでたまらない

ワールドメイトのアンチは、ワールドメイトや深見東州先生が好きでたまらないらしく、いつも、ワールドメイトや深見東州先生の動向を追っかけしています。

アンチサイトを見ると、ワールドメイトの最新情報や、深見東州先生が関与している団体と関係のある情報ばかり書いてあります。

要するに、ワールドメイトのアンチというのは、ワールドメイトと深見東州先生の「追っかけ」なのです。

ただ、もともと、性格が歪んでいて、いつも悪口や文句ばかり言ってる人っていますよね。
そういう人は、どこにいてもいつだって、自分の幸せな境遇に気が付かずに、愚痴不平不満ばかり言うものです。

ワールドメイト議論掲示板を見ていて、そう思いました。
http://worldmate.bbs.fc2.com


それにしても、ワールドメイトのアンチは、本当に楽しそうです。
深見東州先生がいつも、ワールドメイトのアンチの幸せさえもお祈りされているから、アンチも幸せなのだと思います。

たとえば、まれな話ですが、家が神道ではない宗教を祀っているなどの事情で、ワールドメイトを離れたほうが幸せな人、という人もいます。

しかし、ワールドメイトで学んだことは、決して無駄になることはありませんし、
どんな宗教を信じていたとしても、信仰が無駄になることはありません。

私たちは、人を信仰しているわけではないですし、
神様に捧げた真心は、必ず、神様が受け取ってくださります。

ワールドメイトは、信仰の仕方を学ぶところであり、
世界中の人が人それぞれで、ばらばらの宗教なのは当たり前だという考えです。

要は、あらゆる宗教団体が協力し合い、平和で幸せで、よりよい世界になるように行動すれば良いのです。

ワールドメイトのアンチって、本当は、ワールドメイトと深見東州先生が好きで好きでたまらないから、
深見東州先生やワールドメイトの会員に注目してもらいたくて、ブログを書いているようにしかみえないと思います。

残念ながら、ほとんどの会員はサルくんのブログなど完全スルーで、ワールドメイトの会員は増え続けています。
サルくんも、ウソばかり書かないで、事実を書けばいいのに、どうしてもウソばかり書いてしまうようなので仕方がないですね。
2014/09/30

ワールドメイトアンチも楽しみな深見東州先生のロックコンサート

深見東州先生出演の「進撃の阪神巨人ロックコンサート」が日本武道館で開催されました。
チケットもいち早くゲットしてましたので、
もちろん、ものすごいいい席で気持ちよく堪能できました。

ジョーリンターナーは最高にかっこいいし、
ボビー・キンボールも良かった!

ミッキートーマスもいい声だったし
スティーブ・オウジェリーも、しびれました・・・

そして、深見東州先生は、ギャグ研究家の研究成果を発揮させ、爆笑に次ぐ爆笑。
歌もいいし、トークも冴えていて、本当に楽しかった!

深見東州先生と、往年のロックスターが、本当に仲良くて意気投合してるようすも、ステージからにじみ出てきました。

ワールドメイトのアンチでさえ、見に行ったほどの、コンサートですからねえ。
結局、ワールドメイトのアンチも、本当は、ワールドメイトや深見先生の活動が楽しみで楽しみでしょうがないってことですね。

だったら、素直に良かったと感想をかけばいいと思うのですが、バックにいる某組織がそうはさせないということでしょう。アンチ活動で稼いでいるのですから、仕方ないということでしょうね。

アンチも、ワールドメイトのアンチを出来て良かったですね。
深見東州先生も、アンチでさえ幸せになってもらいたいとご祈願をされてるそうですから、毎日、幸せに生きられるのだと思いますよ。万人にとってワールドメイトや深見先生と関わりをもてるということは、幸せなことです。
2014/09/24

いくらアンチがウソを書いても、深見東州先生の誠実なお人柄を隠すことはできません

9月26日は、深見東州先生のロックコンサートです。チケットは、随分前に売り切れてたようです。

昨年も日本武道館が満員でしたが、人気の高さがうかがえます。


深見先生の誠実なお人柄や、気配りは、深見先生が関与されるあらゆる催しで感じることです。

ワールドメイトについてもそうです。

いくら、さるでもわかるの雌鳥ブラスバンドさんが、「ワールドメイトがビジネス」だなどとウソをついても、誰も騙される会員はいません。

ワールドメイトの会員は、あんなブログなどなにも気にする人もいませんが、ワールドメイトを知らない人にウソをすり込むのは卑怯なやり方だと思います。

雌鳥ブラスバンド=さるくんは、「深見先生が震度10の地震が起こるといった」などと、本当は言ってもないのに、ブログで平気でウソをつける神経の持ち主です。

さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」は、ウソばかりなので、ご注意ください。



>「まったく効果のない開運ビジネスで……そんな悪い冗談によって信者から献金を徴収するような活動

という相変わらずのさるくんのウソを見付けましたが、ウソは全部削除してください。

ワールドメイトは開運業者ではありません。
ワールドメイトは非営利団体です。
月2500円とか1200円の会費を奉納することと、「徴収?」などと呼ぶのはやめてください。
会費安いと思いませんか? ワールドメイトでは、強制は一切ありませんし、献金はありませんし、「献金を徴収する活動」などは一切ありません。

何度でも言いますが、さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」のウソを全削除してください。
ウソを発信する行為は、即刻停止してください。
2014/09/20

いろいろ比べてもやっぱりワールドメイトは最高

いろいろと比べて、長年、ワールドメイトに在籍してますが、ワールドメイトは最高です。

ワールドメイトの会員さんは、常識的で知的で優しくて人格の素晴らしい方も多く、ワールドメイトで学んだこともたくさんあります。

ワールドメイトや深見東州先生の存在が、私の人生を豊かにしてくださったことは確実です。

サルでもわかる「ワールドメイト入門」というタイトルをつけていながら、まったくワールドメイトを何もわかってない、雌鳥ブラスバンド=サルくんが、ワールドメイトをブラック企業だ、などと書いてますが、まったく出鱈目です。

ワールドメイトには、嫌ならやめる自由があります。しかし、あまりやめる人もいません。

それは、ワールドメイトが楽しくて面白く、有意義な活動をしてるからです。

ブラック企業? 笑わせてくれます。ワールドメイトは仕事ではありませんから、参加するもしないも自由であり、支部長さんは毎年選挙で選ばれます。

選挙で選ばれる人は、人格もすばらしく、信頼のおける人ばかりであり、そのような人と同じときを過ごせるということは、人生にとっていいことばかりです。

サルくんのような、なんでもネガティブに考え、文句をぶつぶつ言うようなタイプの人は、ワールドメイトの明るくて面白くていい人の中では浮いてしまうでしょうから、なんだか居づらくなって退会したということでしょう。

退会したのに、いまだに、過去を引きずって、ねちねちねちねち嘘ばかり書くなんて、本当にいい性格してますね(笑)ワールドメイトには、滅多にいないタイプです。

サルくんは、深見先生が発言していないのに、深見先生が震度10の地震が来ると言った、などと出鱈目なことを堂々とブログに書き、未だに削除もしませんし、謝罪もしません。

嘘つきブログには騙されないようにお気を付け下さい。

いろいろ比べてみるべきだ、とサルくんは主張してますが、いろいろ比べてみた結果、やっぱり、ワールドメイトは最高だと実感しています。

ワールドメイトにいれば、一生、毎日、幸せで楽し〜い日々を過ごせることは間違いありません。

サルくんは、嘘をついたり、文句をぶつぶつ言う癖を直せば、もう少し幸せになれると思いますよ。

ブログの嘘は消しましょう!
2014/09/09

深見東州先生の日本武道館ロックコンサートのチケットがSS席のみ

深見東州先生の日本武道館のロックコンサートのチケットがSS席のみになったそうです。

すさまじい勢いで売れました。

豪華ゲストもたのしみですし、深見先生のギャグも楽しみです。

もちろん、9月26日(金)は、仕事は早めに切り上げて、武道館直行です。


■進撃の阪神 深見東州
…『レット・イット・ゴー(ありのままで)』(『アナと雪の女王』より松たかこのカバー)、『ヘビー・ローテーション』(AKB48のカバー)、『天城越え』(石川さゆりのカバー)、『さざんかの宿』(大川栄作のカバー)等

■鎧のようなヘビーなヘビメタ巨人 ジョー・リン・ターナー(「ディープ・パープル」元リードボーカル)
…『Smoke on the Water』(全米4位)、『Highway Star』等

■ユメミルような巨人 ミッキー・トーマス(「スターシップ」現リードボーカル)
…『Sara』(全米1位)、『We Built This City』(全米1位)、『Nothing's Gonna Stop Us Now(愛はとまらない)』(全米1位)等

■壁から飛び出し旅するような巨人 スティーブ・オウジェリー(「Journey(ジャーニー)」元リードボーカル)
…『Faithfully(時への誓い)』、 『Don't Stop Believin'』、『Open Arms』(全米2位)等

■人類の始まりとなった類人猿型巨人 ボビー・キンボール(「TOTO」結成時ボーカル)
…『Africa』(全米1位)、 『Rosanna』(全米2位)等


まじ、楽しみです。
深見先生の人脈はほんとすごいと思います。マイケル・ボルトンとも本当に仲がいいし、世界中に友人がいるんですね。

やはり、深見先生の人格が素晴らしく、天真爛漫な方だから、気さくでユーモアあふれる魅力がストレートに伝わるのでしょう。
2014/08/17

ディープ・パープル元ボーカル来日! 深見東州先生と日本武道館へ

9月26日開催、深見東州先生の、進撃の阪神 巨人 ロックコンサート!! 日本武道館のコンサートの詳細が告知されました。

詳しくは、この進撃の阪神 巨人 ロックコンサート!! 日本武道館特設サイトをご覧下さい。

なんと、ディープパープルのジョー・リン・ターナーが、『Smoke on the Water』や『Highway Star』を進撃の阪神 巨人 ロックコンサート!! 日本武道館で披露するそうです!


スターシップ、ジャーニー、TOTOのボーカルも来日するとか!!

この豪華メンバーでチケット12,000は、安い!安すぎです!!
早速、チケット買いました。

深見東州進撃の阪神巨人ロックコンサート
2014/05/23

サルくんの浅はかな見解

サルくんは、ワールドメイトのことが知りたければ2ちゃんねるを見ましょうなどとくだらないことを書いています。

少し前に、2ちゃんねるで書き込みをしている個人情報が流出していましたが、某作家がライバル作家を中傷していたり、自作自演がばれて、ブログで謝罪するなどというニュースで溢れかえっていました。

あんな、匿名掲示板に真実などありません。やらせと嘘の世界です。


ワールドメイトのことが知りたければ、ワールドメイトの公式サイトに勝る情報源はありません。
深見東州先生が実名で発信する情報こそが真実です。

サルくんは嘘つきなので、嘘つきが集まる2ちゃんねるが好きなんでしょうね。
いつも、くだらないブログばかり書いているから、どんどんアンチのくだらなさが露見していくのです。

嘘ばかりついていないで、嘘を除去し謝罪することで、更正してもらいたいものです。
2014/05/21

さるでもわかるのサルくんのいつもの嘘

さるでもわかるの入門ブログを書いてる、職業アンチが、

会員だったころ、
「私がワールドメイトの会員だったころ、当時は私は選ばれた信者であり、守護霊や神々から守られた特別な存在だと信じていました。自動車の運転や仕事など、ずいぶんアバウトなやり方をし、ワールドメイトを退会した今となっては思い出すだけで冷や汗が出ます。以前他の元会員にも聞いたところ、「やはりそのような意識でいた」という意見を聞いたことがあります。」などと書いています。

ふつう、ワールドメイトの会員になると、自動車の運転や仕事などは、ふつうよりも一生懸命やるようになります。自動車の運転や仕事をいい加減にやると、支部の人にも、「運転がいい加減だよ」「仕事をいい加減にやるのは良くないよ」などと、必ず言われるはずです。

サルくんは、自分が選ばれた人間だから、事故に遭わないなどと思い込んでいたのかもしれませんが、そんなことはありませんし、ワールドメイトの教えでもなんでもありません。

サルくんは、「自分はいつか開運する、いつも守られている…このような思想がいかに危険なことか、体験したものにしかわかりません。」などと書いてますが、事実は全く反対です。

努力する自分は守られているのは、怠惰は守護霊様や神様が最も嫌うところです。いい加減な運転をしていたら守られるわけはありませんし、いい加減な仕事をしていたら守られるわけはありません。

しかし、一生懸命がんばった分、誠心誠意努力した分は、必ず守護霊様や神様が見ていて下さり、必ず報いてくださるのです。お天道様が見ていて下さるという思想を持つ日本人は、他国の人種に比べて事故を起こす確率は非常に低いと言えます。それは、いつも守られている…というしそうを持っているためです。

サルくんは、ワールドメイトの教えを真っ向から反対することばかり書いているくせに、ワールドメイトの教えを体験したかのような嘘を書くのはやめるべきです。
2014/05/20

深見東州先生のロックコンサート

深見東州先生が。今年もロックコンサートを行うそうです。

感性が若いですよね!


昨年の名古屋のロックコンサートの動画をどうぞ、

2014/03/08

ワールドメイトの嘘つきアンチが自爆「実質的サギ師に共感できます」

ワールドメイトのことをなにも理解していないのに、あたかもなんでも知ってるかのような口ぶりで、嘘ばかり書いている

さるでもわかる「ワールドメイト入門」というブログがあります。

全ろうの作曲家として話題となっていた、佐村河内守氏の行動について、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
「一矢報いたく気持ちもわからないではありません。」
「この手の人物がやりそうなことだな」と思いました。
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」

などと、やけに、共感的な内容です。


正直、わたしは、佐村河内守氏が、なぜこのような行動に出たのかに関して、まるでなにも理解できません。

しかし、さるでもわかる〜の雌鳥ブラスバンドくん=さるくんは、非常に共感出来る様子ですね。

おそらく、さるくんは、ワールドメイトに関してデタラメを書くことでなんらかのメリットがあったのに、
さるくんの書いたことが全てデタラメだったことが、良識ある会員により暴露され、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
という気持ちになったということなのではないでしょうか?

さるくんが、いかに嘘つきであり、デタラメばかり書いているかということは、すでに、ネットでは拡散済みでありサルくんの弁解の余地もありません。

さるくんが嘘つきであるという真実を暴露され、アンチ職収入の道も、アンチ職社会名誉も奪われて、逆恨みしたいという気持ちになっているということなのでしょう。

さるくんは、これまで嘘を書いていたことを認めていながら、嘘を謝罪したり削除するなどという誠意の片鱗も見せてくれたことがありません。

さるくんの人生は、佐村河内氏との共通点も多そうな気もします。だから、会見に大笑いして共感できたのですね。

さるくんと佐村河内氏の行動パターンがそっくりだから、
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」
と実感したということなのでしょう。

サルくんは、一刻も早く嘘を全部修正し、謝罪してください。
2014/02/19

怒濤の合格 みすず学苑

怒濤の合格 みすず学苑!

でおなじみの、みすず学苑のCM動画がyoutubeにアップされていました(^^)

今年も、おもしろいです。



みすず学苑のCM 野菜編です。
http://www.youtube.com/watch?v=p_MOuxpfgAc
2014/01/08

ワールドメイトの皆様、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。
年末年始は、毎年なにかと忙しく、新年初の更新が今日になってしまいました。

いつも、コメント欄に感想をくださり、みなさんどうもありがとうございます。

ワールドメイトの職業プロアンチに対する義憤が発端となって始めたこのブログも、もう6年目に突入しております。
ワールドメイトはいいところであるというのは、会員なら誰でも実感しているところでしょうが、最近では口コミでワールドメイトの会員が増えているようです。

神社やお寺に興味のある方は、おかしなところに入るくらいだったら、是非、ワールドメイトにお越し下さい。
リーダーの深見東州先生は、おもしろおかしくギャグを言っているかと思えば、本当はすばらしく知識や才能にあふれており、各方面で精力的な活動をされておられます。

人間的に尊敬できる方ですし、ワールドメイトで学ぶことは非常に多いです。
私は、一生、ワールドメイトから離れることはないでしょうし、生涯、いち日本人としてまじめにおもしろおかしく有意義な人生を送りたいと思っております。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
2013/12/29

サイゾーに30万円賠償命令 渡辺恒雄氏の名誉毀損

ワールドメイトのインチキ記事を、昔書いてたサイゾー(たしかそうですよね?)に賠償命令が出てるようです。

サイゾーに30万円賠償命令 渡辺恒雄氏の名誉毀損
2013.12.26 22:51

 月刊誌「サイゾー」で国税当局の調査対象と報じられ、名誉を傷つけられたとして、読売新聞グループの渡辺恒雄会長がサイゾー(東京)に500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、30万円の支払いを命じた。

 問題となったのは昨年5月号の記事の一部。渡辺会長のマンション購入資金の原資が国税当局の調査対象になっているとの内容だった。

 脇博人裁判長は「断定的な表現で、読者に信憑(しんぴょう)性が高いように感じさせる記述だが、裏付けとなる証拠を何も提出していない」と指摘した。一方で、名誉毀損(きそん)に当たるのは記事全体のわずかな部分だと判断して、賠償額を算定した。

 サイゾーは「当方の主張がほぼ認められた判決だが、完全勝訴を目指して控訴する」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131226/trl13122622520006-n1.htm
より引用。

裏付ける証拠もなしに、いい加減なことを書いたようです。
サイゾーなんて、信憑性がない記事が多いですものね。
2013/12/07

週刊新潮にワールドメイトの記事が出ましたが、半分はウソですね。そんなもんですよね。

嘘つきで有名な、サルくんが
さるでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門に
週刊新潮の記事を全文貼り付けるという著作権侵害行為を行っているようです。

ワールドメイトについてのいちゃもんを書きたいけれども
もはや、ネタ切れらしく
どうしても、違法行為に走ってしまうのは、いつものことですね。

週刊新潮からワールドメイトに取材があったらしいですが、
せっかく誠実に回答にこたえたのに
「抗議は一件も来ておりません」という13文字しか雑誌に採用されなかったらしく
非常に、残念に思っていたようです。

深見先生は常々、
「事実に基づいて何を書こうと、表現の自由があるので、それは尊重すべきだ。たとえそれが、書かれる立場になっても同じである。ただし、明らかに事実に反することは、誠実に正しい情報を提供すべきである。民主社会においては、ジャーナリズムが社会を浄化させるものである。自らも、それによって浄化されるべきだと考える」
とおっしゃっているそうですが、残念なことに、週刊新潮では、嘘八百デタラメが書かれていたようです。

とくに、12月5日号の、45頁5段目に、
「関連会社が64億円もの所得隠しを国税当局から指摘されてニュースになっている」とある件については、
実際には、完全な濡れ衣で、平成18年の東京高裁において、「違法な課税であって、これを取り消す」旨の判決が確定しています。この件は、当時から「戦後マルサの最大の失敗例」と評され、近年も雑誌などで、国税の失敗例の1つとして紹介されるなど、マスコミ各社に広く知られた話だそうです。ワールドメイトからは、何度も、週刊新潮に伝えているそうなのですが、担当者が知らなかったのでしょうかね。

ちなみに、平成8年に週刊新潮やFOCUS誌が、
「『60億脱税』教団との付き合い方」「60億円脱税ワールドメイトの宗教ビジネス」
などと書いたことにつき、ワールドメイト側が裁判を起こし、週刊新潮側が敗訴した歴史があるそうです。

そのとき、週刊新潮側は、「誤解を招く記載をした」ことについて、「遺憾の意」を表明し、「再びこの様なことがないようにする」と述べて、ワールドメイト側と、和解したそうです。

となると、この件は、新潮社にとって、絶対に「誤解を招く記載」をしてはならない事項となりますよね。

しかし、「関連会社が64億円もの所得隠しを国税当局から指摘されてニュースになっている」という記事を見たら、誰だって「後に濡れ衣が晴れて完全勝訴し、所得隠しなどなかったことが明らかになった」ことを、想像出来る人はいないでしょう。

どう考えても「誤解を招く記載」であり、事実に基づかない「誤報」と言わざるをえないと思います。

17年前の国税の誤った課税を報道しながら、7年前(平成18年)に無実潔白が立証されたことを書かないのはまったくフェアな報道ではありません。

また、井上トシユキという人物の談話が載っていますが、この人物は、ワールドメイトや深見東州先生を中傷する記事を書くなどして、ワールドメイトから違法行為だとして訴えられた人々と、その代理人が中心となって組織した「被害救済ネット」とかいう加害者集団の代表者だそうです。

井上トシユキさんの談話として「『九頭龍師』に認定されるには1000万円近くの費用が掛かったと言われ」などと書いてありましたが、まったくのデタラメです。実際は、15万円だかくらい以上ご随意ですし、実際とは、2ケタも誤っていますし、割合にして、約98.5%の間違いです。誰かが井上トシユキという人にデタラメを吹き込んだのでしょうが、井上トシユキさんという人も、直接、ワールドメイトに聞けばいいのに、嘘を信じ込んでしまってるんですね。お気の毒です。

ほかにも、井上トシユキさんは「九頭龍師を幹部」だなどと言ったようですが、そんな話も聞いたことありません。ワールドメイトには「幹部」なんてありませんし、九頭龍師になっても、エンゼル会でない方もいますし、支部に来ない人もいますから、偉くもなんともなんともないです。

あと、井上トシユキさんは、『息子が家に戻ってこないので、脱会させたい』という話を聞いたなどと言ったそうですが、そんな人がもしワールドメイトにいたら、逆に、「家に帰りなさい」と、支部の全員に言われるはずです。ご家族に心配をかける息子を、支部の全員が注意するでしょう。逆に、井上トシユキさんは、ワールドメイトの会員になったこともなく、一度も支部にも取材に来たこともなく、誰かから聞いた嘘デタラメを信じ切ってるのがわかる話です。


結局、サルくんが貼り付けた記事を読んで、印象に残ったのは、井上トシユキさんは、不確かなことを言わず、直接ワールドメイトに聞けば良かったのにねということでした。井上トシユキさんは、誰かから聞いた嘘を信じこんでしまってるようですが、雑誌社に答える前に、ワールドメイトに事実確認をするべきです。にいい加減なことを言ったために、結局、井上トシユキさん自身が赤っ恥をかく結果になっていますね。


今回の週刊新潮の記事は、明らかに問題点があり、名誉棄損行為を行っているのではないかと考えます。


サルくんは、せっかく、週刊新潮の記事を読んでいながら、まったく、こんな簡単な間違いにも気がつかなかったのでしょうか。ワールドメイトの入門知識を書く資格はありませんね。
2013/11/07

ワールドカップに深見東州先生が代表を務める団体がスポンサーに

ワールドメイトのセミプロアンチは、

ワールドメイトは、ワールドメイト会員に、
深見東州先生が関与する団体がゴルフへの公益活動に協力してることを、隠してるんだ、と主張しています。

アンチによると、隠してる=騙してるという論理にすり替わり、深見東州先生が会員をだましてるなどと主張しています。

しかし、ワールドメイトワールドメイト会員に隠し事などありえませんし、
深見東州先生がワールドメイト会員にゴルフのことを隠してるなどありえません。

ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーになったことは、複数の報道がありましたし、半田晴久公式サイトでも紹介されています。
先日も、深見東州先生が、海外のゴルフツアーやワールドメイトカップの話をされていました。

ワールドメイトの会員で、ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーになったことを知らない人はいないでしょうし、ゴルフ界でも知らない人はいないでしょう。

2013年の「ISPSハンダワールドカップゴルフ」では、石川遼と谷原秀人が日本代表として挑む!そうです。

さらに、ゴルフネットワークで全4日間独占生中継されるそうです!
絶対に、見たいですね。楽しみです。

ワールドメイトのセミプロアンチは、ゴルフに金を使うなど無駄遣いだと批判し、貧しい人へ援助しろなどと文句を書いています。しかし、一円もお金を寄付することもしないアンチに、批判する資格はありません。

ワールドメイトの会員で、「ISPSハンダワールドカップゴルフ」が開催されることを、喜んでいない人などいないと思います。日本からタイトルスポンサー団体が出るなんて、すごいことです。

セミプロアンチは、石川遼と谷原秀人プロがゴルフをすることに、文句があるのでしょうか?
タイトルスポンサーがいなければ、石川遼と谷原秀人プロが試合に出ることも出来ません。

要するに、世界中で、ワールドメイトのセミプロアンチだけが、ISPSハンダワールドカップゴルフなどに金を使うのは無駄だ、などと文句を言っています。それ以外の人は、ISPSハンダワールドカップゴルフの開催を有意義であるとしています。

ワールドメイトのセミプロアンチは、一つももんだいがないことにでも、深見東州先生に文句を言わなければいけない理由でもあるようですね。

一人で3つもワールドメイトのアンチサイトをつくって、ワールドメイトのアンチが多数いるように工作し、なにも隠してないのに、隠してる=騙してるなどとウソを書き、ウソを前提として批判をするのが、手口です。


ちなみに、ワールドメイトの会員は、誰でも知ってる報道を紹介します。隠しようがないのに、いったい、どこを隠してるというのでしょうか?アンチの思考回路には、毎度理解に苦しみます。

ISPSハンダがワールドカップのタイトルスポンサーに

2013/09/11 18:04:14
文字サイズ
11月21日(木)から24日(日)まで、オーストラリアのロイヤルメルボルンGCで開催される国別対抗戦「ワールドカップ・オブ・ゴルフ」で、世界各国のトーナメントをサポートするISPSハンダがタイトルスポンサーとなることが決まった。

今年の大会はゴルフが正式種目に復帰する2016年のリオデジャネイロ五輪の“前哨戦”。

これまでは各国2人の代表がコンビを組んで、フォアサム、フォアボール形式のストロークプレーなど特殊なゲーム形式が採用されていたが、13年度は五輪の競技フォーマットとして提案されている、60人の選手による個人戦の4日間72ホールのストロークプレーがメインとなる(合計ストロークによる団体戦は行われる予定)。

代表選手は世界ランキング順に出場優先権が付与され、原則として各国2人まで。15位以内の選手がいる国は、4人までが選出される。なお今大会から、出場選手には世界ランキングのポイントが加算される。

また、例年通り日本代表選手(日本ツアーメンバーに限る)には、翌年から2年間のシード権が与えられる。
2013/11/02

万能の天才深見東州先生の話を聞くならワールドメイトへ

ワールドメイト深見東州先生は、紛れもなく万能の天才です。

あれだけの才能を発揮して、世界中で活躍してる日本人はそうそういないでしょう。


トニー・ブレア首相や、ジョージ・ケアリー郷など、世界のトップリーダーからも、
深見東州さんのような多才で心の温かい方には出会ったことがない」と賞されています。


一流は一流を知る、といいますが、世界の一流の人は、深見東州先生のことを非常に高く評価しているようです。


ワールドメイトの会員になると、深見東州先生の生の講義を聴くことができます。ワールドメイトでは、深見東州先生の薫陶を受けられるのです!


今や、世界中で引っ張りだこの万能の天才、深見東州先生の話を聞きたい方は、是非、ワールドメイトに入会されると良いでしょう。ワールドメイトには、7万人以上の会員が在籍しており、みんな常識や良識を兼ね備えたいい人ばかりですし、楽しいグループですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。