FC2ブログ
2009/10/31

ワールドメイトの非会員女性が、深見東州先生の動向を追うブログ

世界中に愛をワールドメイトの元・会員と名乗る女性の、「ワールドメイト 元・会員ブログ」というブログがあります。

ワールドメイト 元・会員ブログ」は、非常に不可思議なブログであると思います


【「ワールドメイト 元・会員ブログ」の普通でない点】

・1日に3回など、頻繁な更新。そして、1日に数回のコメント記入。詳細な調査結果の公表。

ワールドメイトの自称元・会員さんは、おそらく、一日中、パソコンの前に座って、ブログを書いておられるのでしょう。ひょっとしたら、ブログを書くのが職業なのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
この方は、仕事をしてない主婦であるのかもしれませんが、買い物に出かけたり、朝ご飯を作ったり、お弁当を作ったり、夕ご飯を作ったりしながら、頻繁に更新するのは、至難の業であることと思います。
ワールドメイトを批判中傷することに命をかけ、生きがいにしているというレベルをはるかに超えているように思われます。
複数の人が協力しながら、書いているのでしょうか。


・ワールドメイト会員時代の話がほとんど出てこない。

ワールドメイト会員だったと言っていながら、ワールドメイト会員時代の話が、めったに出てきません。「ワールドメイトでひどい目にあって、散々です~。」などと、悲惨な話が全く出てきません。

世界中に愛をワールドメイトを退会される方の中には、支部での人間関係のトラブルという理由で退会される方が、まれにおられるようです。たとえば、もともとご本人の性格が自己中心でわがままだったり、おかげ(御利益)がないと文句を言ったりされる方である場合、ワールドメイトの支部で、周囲の方とうまくやっていけなくなってくるのです。

このワールドメイトの自称元・会員と名乗る女性は、見上げた根性であるようですが、重箱の隅をつつく、ねちっこいタイプの性格であることは、一目瞭然でしょう。仮に、支部で、周囲の方について、「あの人はああだこうだ」と、根性を入れて、ねちっこく重箱の隅をつついて批判する人がいたら、いかがでしょうか。支部で、浮いてしまうのではないでしょうか。

もしかしたら、ワールドメイトの自称元・会員さんが支部を退会された理由は、「支部で人間関係がうまくいかなかった」からというような、本人の性格のためではないか、と思ったりもします。


・「世界中に愛をワールドメイト」と「深見東州先生」を好きでたまらないのではないか

ワールドメイト元・会員のブログは、どうみても、深見東州先生の元追っかけのブログにしか見えないのは、私だけでしょうか。タレントの追っかけ情報が記事になっているようにしか見えません。コメントだけは、さすがに、斜め目線で、ねちっこく、重箱の隅をつつこうとして、重箱の外のほこりをつんつんつついたような記事になっています。(的外れな指摘といじわる風味な批評ということです。)

しかし、ブログの情報をみていると、氷川きよしが好きな、中年以上ご随意の女性が、今日のきよし様、明日のきよし様の動向を、逐一、追いかけているという心理に、見えなくもないように思います。

深見東州先生の、多彩な素晴らしい活動を、世の中に広めていただいて、ありがたいという気持ちもわき上がってきます。


ワールドメイトの自称元・会員さんは、世界中に愛をワールドメイトの活動と深見東州先生の活動を逐一、調査して、記事にし続けて、持ち前の性格をいかんなく発揮されて言いたいことを言う、というのが、人生の生きがいなのでしょう。

世界中に愛をワールドメイトを退会されても、大好きだったワールドメイトと深見東州先生のことが忘れられず、振られても未練たっぷりの女の子のように、どこまでも、追いかけて記事を書いておられるように見えてきます。

結論としては、ワールドメイトの自称元・会員さんは、ワールドメイトと関わることによって、幸せになっておられるということは断言できると思います。いきなり、世界中に愛をワールドメイトの活動が収縮し、深見東州先生の動向を世界中に追うまでもない状態になったら、がっかりされるでしょうね。

俗に、憎まれっ子世にはばかると言いますが、憎まれ口をたたく相手がいないと、急に、元気がなくなったりするという話も聞きます。



たとえば、世界中に愛をワールドメイトと深見東州先生が好きだったのに、支部でトラブルがあったとような理由で退会されたとしたら、ここまで、きよし様ならぬ深見先生を追っかけされるのも、頷くことができます。

世界中に愛をワールドメイトに関わる方は、いかなる方でも、幸せをワールドメイトからいただいているのだな、と改めて思った次第です。
2009/09/08

神業理解が浅いまま、感動を味わえないまま退会した元・会員

ワールドメイトについて誤解しているコメントを見かけました。

>☆これまでのワールドメイトの発行物を見直してみるがよい。 
予言も神事も滅茶苦茶だと言う事がわかろう。もしかして何だかメイトは自分が不利になるため 
の裁判資料を相手に与えるために発行物を出しているのだろうか。 



ワールドメイトの発行物を改めて見直してみました。本当に、過去の素晴らしかったことが次々と甦ってきて、ワールドメイトの会員で良かったと、実感しましたよ。
過去の素晴らしい御神示(予言ともいえるところもありますが)で本当に自分が成長したと思います。そして、感動的な神事の数々! こんなにも、素晴らしい感動を与えて下さった、ワールドメイトと深見東州先生に、感謝の思いでいっぱいです。そして、一緒に神事に参加した支部の仲間にもお礼をいいたち思います。
過去の発行物を読めば読むほど、いかに、ワールドメイトから、喜び、楽しみ、感動をもらったか、胸が高まってきます。ワールドメイトに出会えて良かったと、自分の幸運をうれしく思います。
いったい、裁判がどうとか、何が不利になるとか、全く、そのような可能性がないと断言できますね。法律に触れている記述など、一つもないでしょう。いつもの言いがかりですね。
この、高速舞子さんという人は、感動、感激という気持ちを忘れてしまった、哀れな方ですね。ワールドメイトのメルマガ、マンスリーレビューを読んで、感動を全く感じないという方もおられるのですね。それはそれで驚きです。
ワールドメイトのメルマガやマンスリーレビューや深見先生の著作など、過去の発行物が原因で裁判になったことなど、聞いたことありません。全て、ワールドメイトのオリジナルですから、裁判のネタになる理由も一ミクロンもないと思います。


>☆神事の度に何万点、何千点と点数が発表されるが何が基準で点数が付けられるのか全く説明は 
無い。どうでもいいか。何点だろうと神事に効果は無いのだから。 


何が基準で点数がつけられるかというと、会員全員の誠の極まり、神事を支えたことに対しての神意の発動などについてでしょう。全く説明がなくても、ワールドメイトの会員でしたら、それくらいはわかるはずです。そんなことも理解できないとは、いかに、高速舞子さんが、神業理解が浅いかということが自ずと、わかりますね。

気軽に入会し、何も勉強せず気軽に

やめ、自分のやめた行為を正当化

するために、小さい事の揚げ足を

取って批判しているだけ


のようです。

何点だろうと、神事に効果が無いということは全くありません。要するに、点数とは、神様のご神威の発動をわかりやすく、数字に置き換えてくれているということです。別に、点数のために神事を行っているわけでもありませんが、神様は、人間の努力、真心、誠の結集に応じて、初めて、ご神徳を発揮できるのです。何も基準がなければ、今回の神事が極まったものなのか、全くわからないことでしょう。
見えないものを信じない、無神論者の方には、ワールドメイトの神事での感動を信じることができない人もいるかもしれません。しかし、ワールドメイトの神事で、神様を実感し、感動し、感激し、本当に参加して良かったと心から実感している会員が大勢いるのです。私もその一人です。支部の仲間もみんなそうです。
ワールドメイトの神事によって、心が癒され、元気をもらい、癒されている人がいるという事実があるのです。何万人もいるのです。それを否定することはできないはずです。ワールドメイトの神事を支えたいと思っている会員も何千、何万人といるのです。その事実を決して、否定することはできないはずです。
ワールドメイトの神事が素晴らしかったと感じている会員がいる限り、ワールドメイトが人々を救済しているということは事実です。高速舞子さんが、そうした感動を実感できずに退会してしまったのは残念なことではありますが、だからといって、ワールドメイトを否定することはできないはずです。

実に、誤解に満ちたコメントですね。