--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/27

ワールドメイトは「生き方」を学ぶところ

ワールドメイトは、人としてどうあるべきか、どうしていったらいいかという

「生き方」を学べるところだと思います。

深見東州先生は、いつも、

若者は本を読め、論述力、要約力を磨けとおっしゃっています。

それが将来、社会で立派に やっていける力になるし、

現実社会で立派に役立つ人間になった分だけしか、神様ごとはできないと

おっしゃっています。

ワールドメイトでは、神様を拝めば、ご利益があるということを

言っているのではありません。

どんな組織だって運営にお金がかかるのは、当たり前だと思いますが、

会費は、一ヶ月で、2,500円です。準会員だったら1,000円くらいだった

と思います。

一回の飲み代より安い金額ですし、献金などを迫られたことは

一度たりともありません。

ワールドメイトは、生活や仕事の中に、教えを活かしていくという

ところです。深見東州先生もスタッフも、豪勢な邸宅を持っているわけでも

ありません。

深見先生なんて、福祉活動や、芸術活動など、本当に多忙なそうで、

事務所の隅っこや移動中のお車の中で眠ったりされていると

聞いたことがあります。

ワールドメイトの中傷を

インターネットで書きこみしている人はいるようですが、

それなら、堂々と、ワールドメイトに申し出るべきだと思います。

自由で強制も脅迫も義務もノルマも一切なく、

全てが自分の自由意志で、明るく民主的なところです。

たとえば、会費が途中で払えなくなったら、退会できます。

ワールドメイトでトラブルがあったというのは、

たとえば、支部で、会員どおしで、けんかして傷ついたとか、

そういうことではないかと思います。

金銭的なトラブルは、一切ありえないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。