--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/24

【ISPSハンダグローバルカップ】グローバル化への第一歩

【ISPSハンダグローバルカップ】グローバル化への第一歩
2015年06月24日 15時50分

アジアンツアーで活躍するウィラチャントも日本勢とともにアジアのゴルフを世界に示す
【ISPSハンダグローバルカップ】今シーズンから国内男子ツアーに名を連ねた「ISPSハンダグローバルカップ」(25〜28日、山梨・ヴィンテージゴルフ倶楽部)を主催する国際スポーツ振興協会(ISPS)は、スポーツ振興を目的に活動する公益団体だ。

 近年、試合数の減少に悩まされていた日本ゴルフツアー機構(JGTO)にとってまさに“救世主”となったわけだが、その裏には半田晴久ISPS会長の並々ならぬ思いが秘められている。

 松山英樹の活躍で日本人プレーヤーに注目が集まるなか、その後進を生み出すツアーの弱体化に同会長は「日本ゴルフ界の将来に大きな危機感を持っていた」という。そこで女子ツアー(LPGA)やシニアツアー、2部ツアーにあたるチャレンジトーナメントのスポンサー実績を生かして、日本ゴルフ界救済に乗り出したというわけだ。

 さらに五輪での正式競技採用など、ゴルフ界のグローバル化が進む一方で、米国PGAツアーと日本を含む他の主要ツアーの競技レベルの二極化にも注目。そこで今大会ではタウォーン・ウィラチャント(タイ)やジョン・センデン(豪)、チャーリー・ホフマン(米)ら各ツアーで活躍する選手も招待して“グローバルカップ”を実現している。

 その先に見据えるのは「グローバル化をリードする」(半田会長)という壮大な夢。これまで誰も成しえなかった“改革”に向けた試金石としても、今大会は重要な意味を持っている。
東スポ2015年6月24日より引用 深見東州(半田晴久)氏関連
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。