--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/27

ワールドメイトアンチの素性はモロばれ

ワールドメイトのセミプロアンチである、ニューライスは、2ちゃんねる荒らしで迷惑をかけていたようです。

2ちゃんねるのワールドメイト板といえば、シンパを装ったアンチが、コピペを繰り返したり、お仲間のアンチサイトを必死に宣伝するアンチだらけで、とても見る気を起こさせるような代物ではありませんでした。

先日、久しぶりにのぞいてみたら、シンパを装ったアンチのコピペなどがぴったりと止んでいて、お仲間のアンチサイトを宣伝するレスもついてませんでした。ただの個人ブログの宣伝を資料等と称してリンクを張るのは禁止する動きが出てきたようです。


そして、ニューライスの荒らし行為を非難するスレであふれていたのです。ニューライスは、まったくもって、どこに出没しても迷惑な人ですね。

ついでに、ゆきちゃんこと馬さんと、某組織の探偵Lさんの素性も周知の事実となっており、アンチの戦略が明らかにされていました。

*基本、とくにアンチはいくつも平気でブログ立てて
 「WMアンチがこれほどいるんだ」と一見の人に思わせる偽装をよく行います。
 まあインチキSEOの一環なのですが。(ぶっちゃけ荒らしですけどw)




また、スマイルプリキュアのアンチスレがほとんど一人のなりすましで書き込まれていたことも、ネットでは周知の事実となっているそうです。とすると、ワールドメイトのアンチスレがほとんど一人のなりすましで書かれていたとしても、不思議はないことになります。


ちなみに、最近、大勢のワールドメイト会員で賑わってるワールドメイト議論掲示板は、数十人もの方がお越しくださっています。

アンチは、あたかも、管理人である私がなりすましをしているかのように書いていますが、とうてい無理なことです。仕事もあるのに、一日中、ネットに張り付いてるわけにもいきません。ブログでさえ、毎日更新することも出来てないのに、掲示板にあんなにたくさん書き込むのは無理な話です。


ところで、2ちゃんねるでも明らかにされてる通り、ワールドメイトのセミプロアンチが、一人で複数の名前を使う目的は、「アンチがこんなに多数いるんだ」と思わせるためです。

一方、シンパのことを、「あいつはスタッフだ」とか「一人で何役もしてる」だとか決めつける理由は、「シンパはこの世にいない」と思わせるためです。


たとえば、馬ことゆきちゃんこと元・会員は、自らのブログで「ワールドメイト元・会員のブログを読めば誰でも、ワールドメイトの真実にきがつき、目が覚める」と高らかに宣伝していました。

つまり、アンチブログを読んだにもかかわらず、「目が覚めていない」会員が存在するという事実は、都合が悪いのです。

しかし、実際には、あんな暴言だらけの元・会員ブログを読んで目が覚めるどころが、馬さんの会員への冒涜行為により、「うっわ−。アンチって、最低の性格だな。会員がうらやましくて仕方ないのね」と本音がうっすら見えて白けただけの話でした。

サルくんにしても、「またウソの上塗りか。恥も外聞もなく、ウソばかり書き続ける奴だな」で終わりです。

ニューライスに至っては、「こいつ、頭が逝っちゃってる奴だな。相手にするのはよそう」で終わりです。

要するに、会員がアンチサイトを読んだとしても、目が覚めるどころか、ワールドメイトのアンチは最低の人格だから決して書いてあることが信用出来ないと確信するだけのことだったのです。


アンチにとって、不都合な真実を隠すため、「住吉熊野道を書いてる人間は、関西の女性スタッフさん」とか「ぜんじ」ということにされてるみたいですが、それはまったく違います。

わたしは、ワールドメイト会員としての在籍は長いですが、単なる一会員であります。神事の移動時間や休憩時間には、仕事もしてなくて時間がとれるので、ブログをアップしたりすることもあります。スタッフさんがブログを書いてるとしたら、神事中にブログなど、書くはずもありません。

しかも、アンチが決めつけてる関西の女性スタッフさんは、神事のときに、現地会場でお話されてることもあるようです。神事会場で、ブログなど、どうやって書けるというのでしょうか。いろんな人がいる中でブログを書いたら、すぐに、「ブログ書いてるんですね」とわかるはずです。しかし、そんな話も全く聞きません。


また、「ぜんじ」さんは、アンチの天敵だったらしいですが、ぜんじさんを知る方によると、どうやら亡くなった方だそうです。わたしは、ぜんじさんとは面識がなく詳しくないのですが、ぜんじさんをネットで見た記憶もありません。ぜんじさんは、随分昔に、2ちゃんねるに書いてたようですが、私は、2ちゃんねるには書いたことはありません。ネットでは、FC2でブログを書いてるくらいです。


それにしても、私が見た限り、馬、サル、ニューライスのどのブログにも、「あなたのおかげで目が覚めました」とやらせ書き込みをするのは、決まってアンチブログを読む前から既にワールドメイト会員ではない、お仲間の人だけです。会員が「目が覚めました」などと言った例は皆無であり、逆に、この住吉熊野道に、「アンチサイトは、最低のウソつきブログだ」と訴えにくる人が後をたちません。


ワールドメイトのアンチに限って言えば、遙か昔から、ウソつきまくりであり、紀藤正樹弁護士からも「事実勝負でお願いします」と苦言を呈されていたようです。

もっとも、職業として、お金をもらってアンチ書き込みをしてる人間が複数いる状態であり、ワールドメイトのことなど知らなかったのですから、事実が書けなかったのはある意味仕方のないことだったのかもしれません。某組織の探偵Lさんもスポンサーの意向を無視するわけにもいかなかったのでしょう。


しかし、匿名だからといって、インターネットに好き放題ウソを書いていいことにはなりません。すでに、馬、サル、ニューライスくんは、多くの違法行為を犯し、自身に不都合なブログ記事を多数削除していますが、これ以上、違法行為を行うのはやめたほうが身のためだと思いますよ。

会員からしたら、ワールドメイトのアンチサイトに限っていえば、某組織つながりの職業セミプロアンチだらけということがすでにばれていますし、あんなアンチサイトを読んでワールドメイトの真実を知る人なんていません。逆に、ワールドメイトのアンチサイトの真実(つまり、ウソが書いてあるということ)を知るだけのことであり、アンチサイトはウソブログなのだと目が覚めるだけの話です。そして、邪気をくっつけられたから神社に行こう、と思ったり、ウソばかり書いて不快だったと思ったりするだけの話です。

アンチサイト作成者たちも、自分らの行為がなにも効果を生んでないことに対し、焦りを感じてるのは手に取るようにわかります。ですから、ウソの上塗りが過熱したり、完治した他人の痔の話題だけで6つも7つも8つも9つも10も記事を書いてみたりするのです。

「他人の痔が病院で手術を受けて完治した」ことで、元会員らが衝撃を受けたそうですから、本当に、暇な人なんですね。他国の戦争が始まったとか、大きな災害が起こったとか、はたまた米国の国状など、世の中は衝撃を受ける事件に満ちあふれてるのですが、国際情勢などに一切興味のないネット厨の集いなのでしょう。


ワールドメイトの会員にとって、アンチの性格や素性はまるわかり、モロばれになってることは宣言しておきます。随分昔から、決まった人しかアンチ活動をしてないわけなので、当たり前といえば当たり前です。その結果、馬さんは、すでに、スポンサーから資金を断ち切られてしまいました。

いくらアンチブログを更新しようと、ワールドメイトの会員にとってなんら影響はありませんが、しかし、ウソを書かれるのは不愉快きわまりないので、削除してください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。