2013/10/13

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんが他人の痔に執着する理由

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんは、自身のサルブログで、明らかにウソを書いていましたが、未だに謝罪と訂正をしないつもりのようです。

そして、住吉熊野道に反論できないから、しかたなく、これまでの記事は一切なかったことにして、あらたな記事を書いていました。

これが、アンチの手法です。
まず、明らかなウソを思いっきり書くのですが、それがウソとばれると、以前に書いた記事をなかったことにして小さなウソを書きます。そのうち、都合の悪い記事を削除するのです。

自分がウソつきだとばれているのですが、サルくんは、「元会員ら」「私たち元会員」の総意としてブログを書いてるので、一身上の都合でブログを停止することができません。

それにしても、「他人の痔」について、こうまで執着して、嫌がらせを書く性格の人とはできたらお近づきになりたくありません。こういう元会員らと仲良くできそうな気もしないので、本当に、ワールドメイトを退会してくれて良かったと思います。神様のご守護を深く感じた次第です。

「他人の痔」をおもしろおかしく宣伝する粘着質な人の集まりが、サルくんをはじめとする「元会員ら」「私たち元会員」だということです。ワールドメイト現会員が、そのようなサルブログを読んだとしても、ワールドメイトへの信頼が揺らぐことなどありえませんが、あまりにも「他人の痔」について揶揄することに固執してるさまには、さすがに嫌悪感を覚えるでしょう。

サルブログ、ニューライスブログは、更新すれば更新するほど、現会員に対し、セミプロアンチの醜悪さを印象づけるだけであり、セミプロアンチの意図とは裏腹に、ワールドメイト会員の定着率アップに貢献してくれてると断言できます。だから、最近でも、ワールドメイト会員は増え続けてるということがいえるでしょう。

それにしても、負けサルの遠吠えが激しいので、いちおう、反論しておきます。

(サルブログの引用)
ただしその人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐのはいかがなものか、ということです



(サルブログへの反論)

サルくんは、今になって急に、ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐ」などと決めつけてきましたが、このような事実は絶対にありません。ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないでしょ」などと、感情を利用して大金を稼いだ証拠もないくせにいい加減なことを書かないでください。サルくんが好きな「物証」が出せないのでしたら、謝罪と訂正をしてください。

(サルブログより引用)

住吉熊野道のような、ああいうあからさまな嘘や屁理屈の数々を「宗教的理由から」受け入れなくてはならない会員さんは、本当にお気の毒です。
思えば深見東州教祖が様々な理由から窮地に陥った時、様々な詭弁を利用し、会員に弁明をしてきました。
合理的常識的に考えれば詭弁は詭弁以外の何物でもなく、それは窮地に立たされたからこその苦しい言い分けでしたが会員としてはそれを受け入れる以外に選択肢はなく、そしてだんだんそういった教祖の教説の矛盾を考えることをしなくなりました。
そう、心がそのことについて関心を向けようとするとそれを自ら抑圧し、意識を逸らすのです。



ワールドメイトには、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」などなにもありません。逆に、サルブログなど、セミプロアンチのブログは、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」だらけです。
両者を比べてみてください。ワールドメイトには7万2千人以上の会員が、ワールドメイトを支持してます。しかし、サルブログは、更新しても更新しても支持者は増えません。あんなブログの存在さえ知らない会員も多く、見たことがある人も「ああ、あのブログはウソばっかりだよね。頭がバーンな人だから、あんなウソや屁理屈、詭弁、矛盾を平気でかけるんだよ。関わりたくないね」と思うのが関の山でしょう。

ワールドメイトの会員のうち、ネットを見る人も多いですが、アンチブログなぞに関わりたくないから放っておかれてるだけのことであり、その理由はウソばかりだから、という一点につきます。何人かの有志が、義憤により、お相手をしてあげてるだけのことです。

(サルブログより引用)

教団の運営にだんだんついていけなくなり、支部の雰囲気が険悪になり、人が入れ替わり、その状況に耐えられなくなったころ、私は深見東州教祖の教団運営の本当の目的に思い至りました。
そしてその認識は今でも変わっていません。
それを覆す出来事がワールドメイトにないからです。



(サルブログへの反論)
サルくんは、抽象的に中傷を書いてるだけであり、信憑性がありません。そのように断言したいのなら、「物証」を出してください。「それを覆す出来事」がなにを指すのか不明ですが、日本語として意味の通じない文章をあえて書くことにより、つじつまを合わせるのは、セミプロアンチの常套手段です。


(サルブログより引用)

さて、深見東州教祖が痔瘻と切れ痔を患い、それを二度の手術で完治させたことに関して記事にしたことがワールドメイトインターネット工作員『ぜんじ』のメ=リルさんにはかなり都合が悪い様子で、必死になって反論にもならない反論を展開していますが、そんなものにおつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(笑)



(サルブログへ)
やっと、完全敗北を認めたようです。これまで、散々、反論を書いていたくせに、今更、「おつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(原文ママ)」だそうです。自分の反論が、まったく反論になっていないことが、ワールドメイト議論掲示板でも、数多く指摘されてます。見る人から見たら、どちらが詭弁を書いてるかは一目瞭然なのでしょう。

また、サルくんは、インターネット工作員『ぜんじ』などと決めつけていますが、それもウソです。『ぜんじ』という人は、もうお亡くなりになったそうです。私は面識はありません。全くの別人なので一緒にしないでください。



(サルブログより引用)

教祖は痔の神霊治療を高額料金で行ったいたこと(原文ママ)



(サルブログへの反論)

ワールドメイトは、神霊治療などというものを行ってません。勝手に、アンチがデマを書いてるだけです。ワールドメイトの公式サイトを見ても、パンフレットを見ても、そのような記載がないことはすぐにわかることです。

ワールドメイトの秘技を受けたら、いい病院やいい医師、いい薬、いい治療法に巡り会ったり、体質を変えることができたりなどして、今までだめだと思ったのに、奇跡的にめざましい治癒を遂げることは数多くあります。しかし、それは神霊治療ではありません。

病気治しは、高級神霊ではなく、龍神、天狗、蛇さんなどご眷属の働きによるものです。ワールドメイトのご神霊は、高級神霊ですから、常に、病気治しなどしてません。

サルくん、謝罪と訂正をお願いします。

また、サルくんは、「現代のルネッサンスマン」ではないなどと決めつけていますが、これは、同時通訳の神様と呼ばれる、國弘正男先生が深見東州先生のことを、「現代のルネッサンスマン」と呼んでおられました。この耳で聞いたことがあります。サルくんが認めなくても、日本のオピニオンリーダーや有識者が認めてるのですから、なんら影響はありません。

(サルブログより引用)

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州
とお呼びします。



(サルブログへの反論)
他人が痔になったことを、おもしろおかしく揶揄するなんて、趣味が悪いですね。「痔の神霊治療」など存在しませんし、それで大金を稼いでいません。まったく、ウソの上塗りだらけはやめてください。


(サルブログより引用)

世界中が深見東州教祖を「(元)痔主の教祖様…自分の痔を神霊能力ではなく手術によって完治させた偉大なる救世主」ということを認識するまで、周知徹底して差し上げます。




(サルブログへの反論)
セミプロアンチさんが、世界中に、深見東州先生の宣伝をしてくださるそうです。ありがとう。やっぱり、あなたは、深見東州先生のファンだったのですね。

しかし、他人の痔について、そこまで粘着質なこだわりをもつ異常性には、目を見張るものがあります。ワールドメイトでは、神なる存在とは遠い、自らの煩悩に基づく人を不幸にするような人間は常識的に見ても異常におかしい人である旨を聞いてます。まさに、サルくんの異常性は、常識で考えても常軌を逸してるとしか思えません。

他人の痔に一喜一憂していないで、もっと、人生を豊かにすることに時間を使いましょう。
サルくんが、幸せになるためには、他人の痔などに執着し、固執することをやめて、もっと、有意義なことに目を向け、精進努力できるかどうかにかかってることでしょう。

サルくんが、異常な性質を克服できて、もっと人生を豊かにする有意義なことに関心を持ち、幸せになっていただけるよう、お祈り申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

サルさん、本当はワールドメイトや深見先生のことが大好きなのさ。

No title

サルさんの記事が、ワールドメイトや深見先生の良さを紹介していることを、本人は気が付いているのだろうか。

No title

住吉熊野道さん、今後も更新記事を楽しみにしております。
ガンガン、サルさんを論破してあげてください。
(本人は論破されていることに気が付いていませんが・・・)