--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/06

ワールドメイトプロアンチサルくんのウソ集大成

ワールドメイトのウソばかり書いてることが、ブログを更新すればするほど明らかになってしまう、自爆型プロアンチ、サルくんのウソ検証シリーズです。

検証(5)


(ウソブログより引用)

さて教祖の切れ痔の記事にキレたメ=リルさんですが、きっと日頃会員から「教祖はどうして切れ痔をご自分で治さなかったのですか」という質問責めに遭っているのかもしれません。
…いえ、彼女はきっと教団組織の上位に位置しておられますから、その苦労はおそらく末端の会員の中でも比較的若年の、経験が数年から五年くらいの若手御奉仕に集中しているのではないかと思います。




私は、ワールドメイトのいち会員であり、上位に位置などしていません。ウソばかり書かないように、はい、ウソ1


(ウソサルブログより引用)

私たち元会員はもしも「どうして教祖は痔が治せないのだ?」と問われたら単純にこう答えます。
「神霊能力なんて あの人にあるわけないじゃないか」
これは深見東州教祖が60歳のときに痔瘻の手術を受け、今また62歳の御年に切れ痔の手術を受けた事実のみを見てこう考えます。
もちろん最初から病気を治す神霊治療など行ってないのであれば、このような事態になっても何ら書くべきことはありません。
たとえば先々代のローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世は晩年に病魔に蝕まれ、車椅子で移動しておられました。
高齢から人前で口からよだれをこぼすこともありましたが、側近が拭おうとすると「人間の姿だから人々に見せなさい」と自分のその姿を隠しもしませんでした。
私はキリスト教は好きではありませんが、さすが聖人に列せられる方は違うな、と思います。



「私たち元会員」というフレーズに注目してください。サルくんは、グループの一員であることが、はっきりしましたね。「私たち」というからには、一人や二人ではなく、三人以上の元会員の集いなのだろうと思います。

どうみても、サルブログは、サルくんが単独で書いてるのに、おかしいですね。どうして、ブログを書く前に、「私たち元会員」の複数の人の意見がわかるのでしょうか?

これは、どう考えても、ブログを更新する前に、複数の人間によって、ブログの内容を吟味したり修正したりし合ってるからだとしか思えませんね。

だから、サルくんは、更新まで時間がかかるのです。「私たち元会員ら」で話し合ったりするのに時間がかかるんでしょうね。

サルくんは、ニューライスブログのコメント欄に、メルマガが貼り付けられるや否や、「元会員ら」で驚いたそうですし、元会員らの集いは、頻繁にあるようですね。ワールドメイトを目の上のたんこぶだと思ってる某団体のメンバーである可能性も濃厚です。

「もちろん最初から病気を治す神霊治療など行ってないのであれば、このような事態になっても何ら書くべきことはありません」と書いていますが、深見東州先生は、ご自身に神霊治療を施したなどと言ってません。病院で治したわけなので、なにも驚くことはないはずです。サルくん、意味が通じないのですが、何かいてるか自分でわかってますか?


(サルブログより引用)

深見教祖もご自身の身の上に降りかかったご病気であれば、包み隠さずに会員に報告し、そのお姿をさらけ出せばいいのです。
……いえ、もちろん患部を人前にさらけ出せというわけではありません。
一人の人間としてご自身の肉体の脆弱さをそのまま報告すればいいのです。
そしてヂ・エンド秘法は試みたが効果はなかった。
過去にこの秘法やそのほかの秘法で効果のなかった人はお玉串を返金する、と素直に伝えればいいのです。
しかし今更それもかなわないでしょう。




「包み隠さずに会員に報告し、そのお姿をさらけ出せばいいのです」などと偉そうに書いてますが、言われなくても、初めから、メルマガで会員に報告されてます。個展のときに、深見東州先生のあいさつで拝見しましたが、杖をつかれて歩かれてました。そのようなお姿でも会員の前に出てこられます。

実情も知らない非会員が何言ってるんだ、と会員ならわかるウソですね。はい、ウソ1。サルくんのウソは、わかりやすいです。

ヂ・エンド秘法は、効果が絶大でした。私は、完治しましたから。知ってる人で、治った人もいます。証拠もないのに、勝手に効果がないなどと決めつけないで下さい。はい、ウソ2



(ウソブログより引用)

私たち元会員はもしも「どうして教祖は痔が治せないのだ?」と問われたら単純にこう答えます。
「神霊能力なんて あの人にあるわけないじゃないか」
こう単純に考え、答えます。
しかし会員の皆さんはそう簡単にはいかないでしょう。
「神様に深い神意があって…」きっとそういう答えしかできないものと思われます。
そこで不肖この私が痔に関する質問を会員さんが受けた場合のことを考え、教祖のメルマガとメ=リルさんの記事を参考に模範解答をまとめておきました。
これを一言一句正確に記憶し、質問があったさいに会員の皆様は返答すればよろしいかと思います。



出ました!「私たち元会員」 「私たち」と複数形ですね。某団体で、元会員らが集って、どうやってワールドメイトを貶めようかという会議でもしてるんでしょうね、きっと。いったい、資金源はどうなってるのでしょうか。



(サルブログより引用)

質問:教祖は自分の罹った痔の病をどうして自分で治せないのか。神霊能力は本当にあるのか。
模範解答:大いなる神意があったからです。
この度の深見先生の痔の病気に関して、そこには大いなる真意があることがわかりました。
60歳のころ、深見先生は痔瘻を患われました。排泄時に強い痛みを感じたであろう深見先生は肛門科を受診され、ご自身が痔瘻の病に侵されていることを お尻に…お知りになりました。
三千年に一度の大神人である深見東州がまさか痔を患うとは…ご自身の身の上に起きたことに戸惑いつつも、そこは神人合一の深見先生のことです。
かねてより神示を授かっておりましたが、神様にご自身の御病気に関して祈り、質問を捧げました。
すると「現実的な治療を厭うな」という趣旨のお言葉を神様はしきりに仰るのです。
もとより現実的治療を厭うことや恐れることをなさるような深見先生ではありませんが、あまりにもそれが繰り返されるのでどういうことかとその神意をお考えになりました。
過去に手かざしや九頭龍神法を過信して亡くなったかたもいらっしゃいました。
ある九頭龍師は乳がんに罹った際にご自身の胸を切られることを厭い、九頭龍神法だけでその治療をしたのです。
結果その方はがんが悪化してお亡くなりになりました。
このお話はもう二十年以上も前に鹿島の神事で深見先生がお話になったことであり、すでに何を今更…というエピソードでもありますが、この度深見先生が痔瘻の手術を受けたのは、このような失態を繰り返す可能性を考慮して現実的治療を受けることを選択されたのでしょう。
何しろ痔瘻は放置しておくとがんになってしまうかもしれない怖い病気です。
磔に遭ったキリストのように、島流しに遭った役行者のように、ダイダバッタに暗殺されかけたお釈迦様のように、世を救う宗教家には神通力だけでは未然に防げないこともあります。
喩え神人合一の人であっても、神通力で何ともできないことも起こりえるのです。
そう、この肛門の病気は深見先生にとってゴルゴダの丘に登り、十字架で処刑されたキリストと同じくらいの、とてつもない試練だったのです!
神人合一し、神通力があるからこそ、大いなる試練がやってくる。
普通は神に等しい人格があれば災難が避けて通るとお考えですが、そうではありません。
信仰が進み、神人合一の道がより深まれば深まるほど大きな試練が降りかかってきます。
会員の皆様はもうよくお分かりかと思いますが、この神仕組に関われば関わるほど試練はその大きさを増し、やがて巨大なものとなって襲い掛かってくるのです。
だからといってそこから逃げることはできません。なぜなら私たちは神人合一の道を歩んでいます。
深見先生の元で修業を積んでいる私たちは その困難から絶対に逃げられません。




プロアンチ、サルくんのウソが出てきましたね。深見東州先生の試練は、もう何年も前から知らされていたそうですが、会員である私たちにはそのような試練はありません。神様は、越えられる試練しか与えないのです。

ですから、会員が、深見東州先生と同じような試練に遭うことはありませんし、「その困難から絶対に逃げられません」などウソです。はい、ウソ2
ワールドメイトは、そんな脅しめいたところではありません。長く在籍すればするほど、幸せになれるところです。
さすがサルくんは非会員だけあって、ワールドメイトのことを、なにも理解出来てないようですね。





(ウソブログより引用)

ですからもしも深見先生と同じく痔瘻に罹り、三十万円もの大枚をはたいてヂ・エンド秘法を受けて何の効果もなくても慌ててはいけません。
そこはまず救霊を受けてください。九頭龍秘法を受けてください。
それでもダメなら深見先生がしたように現実的な現代医療を受けて、病魔に打ち勝ってください。
いえ、どのみち病気直しには現実的治療が必要なのです。
神法だけで何とかしようと考えるのは神様に対する侮りなのです。
神人合一の道を突き進む私たちは日頃から神様に大いに守られています。
ただしその守護の大きさを上回るほどの試練が時おり、あるいはしばしば訪れ会員の心を挫くことがあるかもしれません。




ワールドメイトでは、30万円以上ご随意もするような秘技は、受けられません。
バブル崩壊前のときは、あったような気もしますが、5万円以上ご随意とか1万円以上ご随意がほとんどです。

また、ヂ・エンド秘法を受けて効果があった会員が、ここに存在します。
「その守護の大きさを上回るほどの試練が時おり、あるいはしばしば訪れ会員の心を挫くことがあるかもしれません」などと勝手なことを書いてますが、そんあ試練など、ありません。はい、ウソ3


(ウソブログより引用)

現に深見先生もそうでした。
せっかくいいお医者様に巡り合い、60歳の時に受けた痔瘻の手術でこれで確実にヂ・エンドになったかと思われたのに、今回の切れ痔手術と相成りました。
しかしこの苦しみを経てまた深見先生はまた大いなる神意を受け、大きなものを神様より授かったことでしょう。
今回の深見先生の試練はすの神様からの大いなる試練でした。
この巨大な痔という試練を乗り越えることが深見先生及びワールドメイトには必要不可欠でした。
この痔に関する神意は当初はメルマガでコンサート中止に関して理由の報告として簡単に記載されましたが、会員の皆様のあまりの不安の大きさに新たな神示として公開されました。
すなわち会員の皆様方が「どうして先生はヂ・エンド秘法をご自身でなさらないのか」「先生は本当は神法なんて使えないんじゃないのか」という素朴な疑問に対し、深見先生が応えることとなりました。
そう、常日頃から熱心に活動されている会員の皆様には、このような奇跡の不発の事態は受け入れがたいことでしょう。
しかしご安心ください。
深見先生は今回のように、そのような会員の皆様の素朴な疑問にもメルマガを通して答えて下さっています。
その本気でぶつかってくる熱く燃える赤誠の御魂が、このような形で新たな神意を受けることになるのです。
ですから会員の皆様は遠慮はいりません。
会員の皆様は何の容赦もいりません。
深見先生の懐を借りる勢いで日頃の深見先生の姿勢に大いに疑問を抱き、その不安を思いっきりぶつけてください。
今回の痔の手術は深見先生もできれば会員に隠しておきたいことではあったでしょう。
しかしそれをメルマガに記載してしまった。これは実は大いなる真意だったのです。
それによってこのような素晴らしい御神業となりました。
この素晴らしい斉庭を形作るのがワールドメイト会員の熱い御魂の叫びなのです。
この素晴らしい御神業の火を絶やすことなく、会員の皆様は深見先生にぶつかって差し上げて下さい。
深見先生も皆様が大きな御魂になることを願っておられることでしょう。




まったく意味不明な支離滅裂な文章ですね。
深見東州先生は、日頃から、素朴な疑問から大きな疑問まで、なんでも答えてくださいます。メルマガだって、もう1000本以上も発信されてます。

深見東州先生が、メルマガに書かれたことを「記載してしまった」などと、ミスであるかのように書いてますが、失敗でもなんでもありません。

どこまでも、印象操作をしようとしますね。

ワールドメイトで、神法を受けて証を授かった会員は、それこそ、何千人、何万人といます。ワールドメイトはどんな会員でも、証をもらえると思います。証には、本当に、奇跡としか思えないすごいものもあれば、素朴な日常で授かるものまでいろいろあります。

秘技というのは、特別なものであり、ふだんは、ふつうの日常で証を授かることが多いでしょう。

神様に守られてると実感してるから、信仰生活を送ってるわけであり、そんな心の問題、プライベートな問題を、いちいち、元会員らのプロアンチなんかに、説明する義務はありません。

信仰は、憲法で保障されてる基本的人権であり、誰にも侵害する権利はないのです。

いくら、ワールドメイトを目の上のたんこぶだと思ってるからといって、元会員らで集って、ブログを更新する前にチェックしあい、またニューライスブログのコメント欄にスパイ会員が貼り付けるメルマガを一緒にみて、驚き合う集いなどをひらき、ワールドメイトをどのように中傷しようかと相談し合うなんて、ひどい話です。

まあ、想像すると笑ってしまいますが。

そういえば、馬ことゆきちゃんこと元・会員が、ワールドメイトスタッフさんのマイホームを見物するツアーを主催し、豪邸など一軒もないことを確認しあったそうです。ニューライスくんほか複数の人物が出かけたそうですが、これも、元会員らの集いの一種なのでしょう。

やはり、ワールドメイトを貶める企画を企てる某団体が存在することは、確実であるようです。

資金源があるから出来ることなのでしょうが、そんなことをしていては、いつまでたっても、幸せにはなりませんよ。

もっと、自分を高められる有意義な趣味など、見つけたほうが、自分のためだと思いませんか?

サルくんのブログを見れば見るほど、「私たち元会員」「元会員ら」などと、自分一人で更新してるはずのブログなのに、なぜか、複数の元会員の総意として、ブログが書かれてることが、浮き彫りになりましたね。

サルくんのウソブログを見て、ワールドメイトを貶めることを目的とした某団体の存在を確信しました。


会員なら、誰でもわかるような、幼稚なウソをつかなければならない理由が、はっきりしてきませんか?

ワールドメイトを全く知りもしないのに、細かく書けば書くほど、ボロが出てくるわけです、全く愚かな行為ですね。


そんな、哀れなサルくんですが、自称元会員ということなので、一度でも会員になったことはあるわけなのでしょう。あるいは、サルくん自身が、いつもメルマガを貼り付けるスパイ会員である、などという可能性もあります。

ワールドメイト議論掲示板でも、3種類のIPからの書き込みが消えただけで、アンチの書き込みがゼロになったようですし、実質、3人程度しか実働がいないようです。現在、活動中のプロアンチは、サルくん、ニューライスくん、スパイ会員の3人だろうと思いますが、サルくん=スパイ会員であり、スパイ会員が二人いる可能性も否定出来ません。


いずれにせよ、ワールドメイトなんて、会員が増えてるといっても、7万人ちょっとくらいであり、世の中の大きな宗教団体はもっとたくさんあります。深見東州先生は最高の実力者であり、日本の宝ですが、組織としては小さなものです。

そんなに、ワールドメイトを目の上のたんこぶと思って、執拗に攻撃するほどでもありませんよ。もっと、よろしくない団体は、世の中にいくつもあるわけですから、そういうところをターゲットにしたほうが、効率がいいと思いますが、違いますか?

とはいえ、最近は、さまざまな宗教団体よりも、ワールドメイトのほうがいいと言って入会される方も多いようなので、脅威という面があるのでしょうね。元アンチが闇で活動していたという暴露発言もありますし、そういう仕事が儲けになるという現実はあるのでしょう。

ワールドメイトが楽しい団体なので、「元会員ら」「私たち元会員」さんたちも、わいわい、たのしくアンチ活動が出来て良かったですね。しかし、ウソはよろしくないので、全部、謝罪して訂正してください!大至急の謝罪と訂正を求めます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

サルさんって、いつもペラペラの批判をして、あっさり論破されているよね。

No title

サルさん、ワールドメイトのことが好きなんですよ。

サルくんのアンチ仲間

「私たち元会員」というサルくんのアンチ仲間は、
人の不幸を喜ぶ人たちですね。
ワールドメイトを貶める企画を企てる某団体に属し、
資金提供を受けてる、というわけですね。

No title

サルさんって、論破されていることに気が付いていないのでは?

No title

論破されていることに気が付いていなから、デタラメな記事を書き続けているのでは?

No title

 サルさんってサンドバック記事だよね。批判しては批判しては、住吉熊野道さんに撃たれまくっているね。
 今後も、この流れは変わらないそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。