--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/02

西洋は代表者にもお礼を言う文化なのです

反ワールドメイト活動が唯一の生き甲斐の、高速舞子さんの嘘コメントを見抜くシリーズです。

☆カンボジア、アルバニア、中国にワールドメイトは会員から集めた金で慈善事業をしている。
しかしワールドメイトの名ではなくHandaの名前でしているらしい。宗教の教祖である事を隠しているのか?なぜだ?

>カンボジア、アルバニア、中国にワールドメイトは会員から集めた金で慈善事業をしている。
その通りです。私たちの会費が、世界で最も貧しい方を援助する活動に使われていることを誇りに思います。ワールドメイトが徳分を積み、会員一人ひとりに還元されるので、会員が幸せになるのです。

>しかしワールドメイトの名ではなくHandaの名前でしているらしい。宗教の教祖である事を隠しているのか?なぜだ?
それは、海外で寄付をするときは、ワールドメイトのHandaさんからの寄付ですというように、必ず、個人名でお礼を言われるからです。海外では、必ず、「どこどこの会社の誰それさんの決断により、このような寄付をいただきました。誠にありがとうございます。」と、必ず、誰がその決断をしたのか、団体名と代表者名とあわせて感謝をされるのです。ですから、ワールドメイトのミスター半田さんと、記念碑みたいなものにもかいてあるのではないでしょうか。
日本と西洋圏では、こうした文化の違いがあります。ビジネスマンでしたら、誰でも知っていることですが、一日中、ネットの前に張り付いているのでしたら、無知なのもいたしかたないと思います。
正確には、ワールドメイトの名でもちろんしているが、ワールドメイトのミスター半田さんありがとう、と相手から名前で感謝されるということです。

西洋文化とは、個人、パーソナルが非常に重要視される文化です。会社にお礼は言いません。会社の代表者、決断した人にお礼を言うのです。あなたの決断がなければこの寄付はありえませんでした、ということは言えるわけですから。日本とは、文化の違いがあるのです。もちろん、ワールドメイトの寄付として相手も認識されています。誰も、ミスター半田の個人のポケットマネーだとは思っていないに決まっています。ビジネスマンにとっては、これは常識ですよ。

とにかく、この、高速舞子という人のコメントは、この一つを見ただけで、全て嘘だと確信できます。ワールドメイトを退会した人が、退会したことを正当化したいという気持ちから行っていることなのでしょう。もしくは、他の宗教の工作員なのでしょうか。違うということでしたら、きちんと訂正文を掲載し、謝罪をし、嘘のコメントをまき散らすのをやめてほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。