--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/30

ワールドメイトの哀れなプロアンチが救われる道

ワールドメイトは、今、会員が7万2千人くらいだそうです。

ワールドメイトは、口コミで会員が増え続けているそうです。
いったん、ワールドメイトに入会すると、あまり、離れる人が少ないという話も聞きます。

要するに、ワールドメイトに入会して良かったと満足してる会員が何万人もいるということですね。


それにひきかえ、お金をもらって、ワールドメイトをおとしめるホームページやブログを書いてる人は、ごくわずかで、10人もいないようです。

しかも、ワールドメイトの教義について、ひとつも否定ができないものだから、会員の悪口を書いたり、会員のTwitterをばかしにしたりするくらいしかできないのです。

ワールドメイトの中傷を書く、プロ市民的プロアンチの方たちは、
ワールドメイトの会員をばかにすることが、本当に、楽しいのでしょうか?

だとしたら、精神構造が異常であるとしか思えません。


ふつうの一般市民の中傷を、ネットで書くことに、どんな意義があるというのでしょうか?

プロアンチさんは、ワールドメイト会員の中傷を書くことにより、ワールドメイトをおとしめることが出来たと思い、自己満足しているのかもしれませんが、それは、ワールドメイトを中傷していることにはなりません。

むしろ、自分自身の文化レベルが、ひどく低い、ということを、アピールしているにすぎません。


ワールドメイトの会員だったら、他人を中傷するのは、気持ちがよいものではないと思うものです。

知り合いの会員に聞いてみたところ、ワールドメイトのプロアンチが書いてるブログを読んでる人などいないどころか、知ってる人さえ、皆無でした。


いくら、ワールドメイトの中傷を書いたところで、なんら、影響もないようですね。

他人を中傷するのが、気持ちの良いという、文化レベルの人のブログなど、読む価値もありませんし、時間の無駄だということもいえますね。


お金ほしさに、やってるのだからやめることもないのでしょうが、
そんな、どうでもいい中傷をいくら書いたところで、会員は誰も読まないし、なんの影響もないということです。

プロ市民的プロアンチさんは、ほかに、もっと、有意義な趣味を見つけて、職能力をあげ、社会に有益な影響を与えられるように、もっとがんばったほうがいいですね。

憎しみや中傷だけでは、御魂が向上することはありませんよ。

もっと、周囲の人の幸せを願って、他人の悪口ばかり書くのはやめましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。