--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/18

ワールドメイトアンチ仲間のやらせを、さも一般市民の仕業に見せかける技巧

深見東州(半田晴久)先生は、多彩な活動で知られる実力派国際人です。

ワールドメイトの活動は、深見東州先生の活動のうち、ほんの一部であり、

多種多様な公益活動や芸術活動に、精力的に取り組まれています。


その深見東州先生の姿勢には、本当に頭が下がりますし、

少しでも見習いたいものです。


ワールドメイト元・会員のブログ」というインチキ非会員(自称元・会員)ブログにて、

東京大薪能についてのレポートを掲載していますが、

まったくデタラメな内容なので、あきれています。


東京大薪能は、もはや、東京の名物となっており、

毎年、楽しみにしてる都民も多いようです。


ワールドメイト元・会員のブログ」にて、

一昨年、一人だけ、 「いい加減にやめろ!」と怒鳴る男性観客がいたなどと、

さも、東京大薪能が迷惑な催しであるかのような逸話をアピールしています。

まったく、デタラメな風評をつくるのはやめてもらいたいものです。



実は、一昨年、東京大薪能の現場にて、幻想的な薪能を堪能しておりました。

そこに、一人だけ、挙動不審な中年男性が、確かにいました。



その挙動不審な中年男性は、

観客が静かに聞き入ってる最中に、急に、
なんだか、「ごにょごにょ」と早口で、わめきだしました。


しかし、たいして大きな声も出せなかったようで、

まったく、なにを言っていたのは、近くに座ってても判別できませんでしたね。


しかも、その挙動不審な中年男性も、わめき疲れたらしく、

一度か二度、うわーとなにか、早口で叫いただけで、静かになってしまいました。


そういう状況だったので、解説はなんの差し障りもなく、続いていましたし、運営にはなんら影響はなかったものと思われます。


その挙動不審な中年男性の周辺の人は、明らかに、

その男性を迷惑がっていたようすは、ありありをわかりました。


しかし、その挙動不審な中年男性を刺激したら、なにをし出すかわからないという恐怖心もあったためか、表向きは、なにごともなかったかのように、気丈に振る舞っていたように見えましたね。


その後、すぐそばにいた係員が、その挙動不審な中年男性を、会場の外に連れ出してくれたので、周辺の人は、本当に心からほっとしたことと思います。


非常に迷惑な中年男性でした。


50代か60代くらいの、少し、小太り気味で、頭髪の薄い人物だったように思います。



それにしても、なぜ、そうとうそばに座っていても、「わー」となにを言ってるか

さっぱりわからないくらいの発言を、自称元・会員こと馬ちゃんが、正確に知ってるのでしょうか?



それは、その挙動不審な中年男性は、元・会員こと馬さんの知り合いアンチであったためでしょう。


わたしは、そのごにょごにょ言ってた男性を見て、新米薬寿師と名乗る匿名アンチだろうと、ぴんときました。

新米薬寿師くんは、事前に、東京大薪能に邪魔に行く宣言を、元・会員のブログで書いていて、邪魔してきた報告までしていましたよね。

馬ちゃんは、新米薬寿師くんと、裏で連絡を取り合っているから、そんな取るに足らない迷惑話を、詳細まで覚えているというわけなのです。


新米薬寿師くんは、埼玉県のおおむらさきゴルフ場の近くに住んでいるから、早く買えることができて良かったですね。


その、一瞬、わーと叫いたけれどもわめき疲れて静かになった、挙動不審な中年男性自身は気づいていなかったようですが、あなたの両隣と後ろの人は、非常に迷惑で不愉快に感じていたようですよ。


まあ、一瞬の出来事であり、そのあとは、長時間、最後までなにごともなく、楽しく薪能を楽しめましたけれども。


東京大薪能は、毎年、6千人くらいの人が見に来るそうですが、その新米薬寿師くんと思われる中年男性以外は、だれも、不適切な行動をとる人物もいなかったですね。

もう、10年以上も続いてるのは、都民に望まれてる催しであるためだと思います。



新米薬寿師くんは、日本語もあやしい、日本人離れした感覚をもってる人なので、和を乱して他人に迷惑をかける行為に、違和感を覚えることもないのでしょうが、ふつう、そのようなことをする日本人はいません。

新米薬寿師くんとおぼしき、挙動不審な中年男性が、たんに、恥じ知らずだっただけの話です。

都民6千人を巻き込んで、わーわーわめこう、などというげすな行いは、卑怯ですよね。

(実際は、両隣と後ろと、その周辺の若干の人が、一瞬不愉快に思っただけでしょうが)


そういえば、東京大薪能には、宝生流の家元も出演されてましたけれども、今年は、観世流の薪能でした。

東京都のほか、外務省や文化庁などの後援もポスターに書いていたと思います。


外務省や文化庁の後援があるということは、日本古来からつづく能、という、伝統文化を広める活動が、国益に叶うと認められたということを指すと思います。

日本人離れした新米薬寿師くんと自称元・会員こと馬ちゃんは、日本の伝統文化を理解できないようですが、その他大勢の、ふつうの日本人にとっては、有意義で興味のおどる、すばらしい催しだったわけです。


ワールドメイトのアンチサイトは、仲間うちのやらせを、さも、一般市民が行ったかのようにみせかけた記事が、非常に多いですね。そして、やらせ、という不都合な事実には、一切、ふれないわけです。


しかし、自称元・会員や新米薬寿師は、まったく、ふつうの一般市民ではありません。

あのようなデタラメなブログを、毎日のように更新するという行動を見てもわかるでしょうが、プロアンチなのです。

ワールドメイト元・会員のブログ」「ワールドメイト・伊勢新米道」などのブログは、プロアンチによる、やらせを、巧妙に一般市民の仕業に見せかけようとします。あのブログでは真実は語られていません。「ワールドメイト元・会員のブログ」「ワールドメイト・伊勢新米道」は、偽りに満ちたブログなので、お気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

迷惑行為を賞賛するアンチ

そういえば、一昨年、途中で、近くの係員に連れ出された人物がいたと、アンチブログで見たけれども、本当かなとずっと思ってました。

当日、薪能を見ていたけれども、大声でわめいた人なんて、いなかったんですよね。

でも、住吉熊野道を読んで納得しました。

つまり、あんな広い会場で、なにか叫んだとしても、ほとんど聞こえなくて当たり前ということですね。

おそらく、わーと叫んだ人物の周辺の人にしか聞こえなかったことでしょう。

しかも、すぐに会場から去ったわけであり、会の運営には、なんら影響がなかったということですね。


なるほどね。新米薬寿師くんの仕業だったわけですか。
さぞかし、両隣、前後の人にとって、迷惑な行為だったと思いますね。
しかし、このご時世で注意をしようものなら、どんな仕返しをされるかもわからないですし、周辺の人々にじっと我慢を強いたわけですね。

どうして、このような迷惑行為を、アンチサイトは賞賛するんでしょうね。
しかも、周辺の迷惑な人たちのようすなど、都 合 の 悪 いことは、省いていますね。


わたしは、真ん中当たりで見ていたけれども、ぜんぜん、気づきませんでした。

新米薬寿師は、弱みを握られてるわけですね。
だから、あんなに歯切れが悪いのでしょう。

言い訳・言い逃れだけは一人前のようですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。