--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/25

間違った情報発信を続ける「世界中に愛をワールドメイト入門」

ワールドメイト入門、とうたっていながら、まったく入門知識でもなんでもない間違った情報を発信し続ける

世界中に愛をワールドメイト入門」

というブログがあります。


サルくんによると、「気合いを入れるほどうつは悪化する!?」と題し、ワールドメイトで「間違った方向に気合いを入れて努力する」ようすすめられたなどと書いていますが、全くのデタラメか、思い違いでしょう。

ワールドメイトでは、うつの人には、神業保証人という保証人を登録することになっています。これは、うつの人がご神業を無理したりしないように、という配慮からという面もあると思います。

うつの人に気合いを入れるようすすめることなど、ワールドメイトではありえない話です。



深見東州半田晴久)先生が、「愛念とは絞り出すものだ」というお話は、うつではないふつうの精神状態の人に向かってお話された内容です。


しかし、サルくんは、「愛念を出す行為」を「とても愛情なんて抱けない対象(嫌いな上司とか姑とか)に対しては身の内から魂の奥底から絞り出すようにその人物に愛情を抱く、という行為を指します。」と書いていますが、全くの誤りです。

深見東州先生は、愛念を抱けない対象へも、無理矢理愛情を抱く、というような行為を薦めてはいません。

深見東州先生は、愛念を抱けない対象でどうしても難しい相手には、その相手の周囲で困っている人などに対し、愛情を向けるようお話されています。


上記の話は、会員なら誰もが知っている当たり前の話であり、わざわざ歪めて解釈しているのは、サルくんくらいなものでしょう。

自称もと会員などと名乗っていますが、サルくんが、いかにワールドメイトに在籍していたときに、不勉強であり、なにも理解していなかったに等しいことがわかります。



そして、サルくんは「深見東州先生に、愛念を絞り出す行為が出来ていない」などと一方的に決めつけていますが、それもまったくのデタラメです。

過去、ワールドメイトに対し、デタラメな記事を書いたマスコミに訴訟したことにより、書いた人物はワールドメイトに謝罪をしたり、今後、デタラメな記事は書かないと約束したりしたわけです。

もし、訴訟していなかったら、マスコミに事実無根のことが書かれ放題で、それを読んだ会員などは辛い思いをするはずです。

そのようなことが起こらないようにという愛念により、訴訟をしたということだと思います。

間違っていることを間違っていると相手に教えて、それにより苦しむ人がいなくなるよう行動を起こしたのは愛念からであったと言って過言ではありません。


深見東州先生は、愛念ではない気持ちで行動を起こすことはありえません。
20代などの修行時代、愛念ではない気持ちで行動を起こした際、ことごとく駄目になったり、元の木阿弥になるなどという体験をしたと言います。

こうした体験を通じ、つねに愛念を発することが体得されたといいます。

深見東州先生は、神様のお取り次ぎをされる人です。

愛念でないと神様がおかかりにならないので、薄い濃いはあっても、つねに愛念を発しておられるということです。


ワールドメイトの神事に最近も参加させておりますが、身体のすみずみにまで実感できる神気を、多くの参加者が感じています。そして、多くの参加者からの、祈りが通じたとか、神様からのご加護をいただいた、という声も聞きます。

そうした声こそが、ワールドメイトには、本物の神様がおりていらっしゃる証明であり、深見東州先生がつねに愛の人であるあかしであるといえるでしょう。




また、サルくんは
"ワールドメイトという宗教は別名、
「気合や根性で努力すれば夢は叶いますよそれでも叶わなければ救霊を受けて人形書いて秘法を受けてお金払ってよそれでも叶わんのならてめえの努力が足らんのじゃそんなもんこっちが知るか教」"

などと勝手に決めつけていますが、これは全くのデタラメです。


「気合いや根性で努力すれば夢は叶う」などという話は、一度も聞いたことがありません。

深見東州先生は、世の中そんなに甘くはないと、常々おっしゃっています。

「夢が叶う、叶わない」ということは、我力でいくら「気合い」や「根性」で「努力」したところでとうてい無理な話です。

運・不運やラッキーな、目に見えない応援の要素がないと、とうてい難しいでしょう。


運・不運の法則や、命運を改善する努力のしかたについて、深見東州先生はお話をされていますが、それは、「気合いや根性で努力すれば」いいという話とは全く次元の違う話です。


管理人のサルくんは、以前、嘘だと知っていながら、あえて嘘を書いた旨を、自身のブログで暴露したほどの人物です。

今度も、完全に間違っていると知っていながら、確信犯的に誤情報を発信し、ワールドメイトの社会的地位を低下させることを狙った可能性も高いと思われます。



サルくんは、「皆様、間違った方向に気合を入れて努力するのは止めにしましょう。」などと書いていますが、こちらこそ、サルくんに「間違った情報発信をするのは止めてください」と言いたいです。


これまでも何度も言っていますが、サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」は、ワールドメイトの入門知識を得られるブログを装っていますが、管理人のサルくんは、ワールドメイトの入門知識など一切身につけていない人物であります。

書いてある内容は、完全に虚偽であり、サルくんは嘘を知っていながら確信犯的に、嘘の情報発信を続けているようです。

深見東州先生を「税務署長」などと書いて、「税金を取る」というイメージを植え付けようとするのは止めてください。

ワールドメイトや深見東州先生の社会的評価を低下させようという、悪質ないたずらもやめてください。



追記:わたしのことを、「ぜんじ」「住豚」「住ブタ」などと呼んで、侮辱するのは、今後一切やめてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。