--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/09

そしたらたらば空想館ワールドメイト(ブログ)の空想(むしろ妄想?)

ワールドメイトもと会員らしき人物による

「そしたらたらば空想館ワールドメイト」というブログがあります。

内容を読んでみましたが、まったく、空想・・・・というか

むしろ、妄想に近い内容であると思いました。


たとえば、2009年10月29日の本文に、以下の通りあります。

これに関して僕が以前所属していた宗教では、次のように説明がなされていました・・・
「死ぬその瞬間まで神の御用に生きる人は、死ねばそのまま神の使者になれますよ」
「我々の宗教に属する者はみな神界に登録されていますから、●●の資格をとって活動さえしていれば死ねばそのまますばらしい世界に行けますよ」
などです。
ところが、別の時には、「宗教に所属したからって誰もが神界にいけるわけではないのですよ、魂を磨き、徳を積まねばなりません」
などと言われるときもあるのです。つまりビビらせながらも、お金と無料奉仕をさせるための論理を言うわけです。
いいかげんな話ではないですか・・・




正直、ワールドメイトにおいて、ワールドメイトに所属した人が全員神界に行けるなどという話は、一度たりとも聞いたことがありません。

死ぬ瞬間まで神の御用に生きる人が、死ねばそのまま神の使者になれますよ、
というのは意味がわかります。

正確には、「死ねばそのまま」神界に行けるということではなく、人によっては、神の使者になるべく修行をしてから神の使者になれるということだろうと思います。おそらく、「死ねばそのまま」などと断言していないだろうと思います。

しかし、死ぬ瞬間まで神の御用に生きる人、など、歴史上、ほとんどいないのです。それほど難しいことなのです。死ぬ瞬間まで、精進努力して、神の御用に生きるということは、本当の信仰心をもっていたということになると思います。

ただし、ワールドメイトの会員が全員、死ぬ瞬間まで神の御用に生きるなどということはないと思います。ワールドメイトは、マイペースで活動出来るところですし、会員のうち、とくに希望する人が奉仕活動などをするだけなので、神のために生きる人だけに限定した宗教団体ではありません。


「ワールドメイトに所属した人が全員神界に行ける」「●●の資格をとって活動さえしていれば死ねばそのまますばらしい世界に行けますよ」などと、勝手な自分の空想(というか妄想)を、さも深見東州先生が発言したかのように書くのはやめていただきたいと思います。

だいたい、「資格をとって活動さえしていればいい」という条件と、「死ぬまで神の御用に生きる」という条件は、互いに矛盾しています。こんな矛盾した話が成り立つわけもありません。

深見東州先生が、こんなことを言うはずもありませんし、聞いたこともありません。


どう考えても、単なる勝手な空想(というか、むしろ妄想)を書いているだけ、としか思えません。

勝手な空想を書いて、さも、深見東州先生の発言であるかのように匂わすのは、やめていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。