--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/21

ワールドメイトと深見東州先生を応援したい

深見東州先生が、ゴルフなんかして」とか、「ゴルフのどこが普遍的宗教活動なんだ」と文句を言っている人がいるようです。深見先生が、無事、ワールドメイトの宗教的宗教活動を全うするためにも、今や、ブラインドゴルフ、フィランソロピーのゴルフは重要な活動になっています。

深見先生はゴルフをされているのは、早死にせずに、天命と責任を全うするためです。霊の重みやストレスを解消するには、筋力を鍛え、荒魂を鍛えるしかありません。しかし、筋力を鍛えすぎたら、筋肉が固くなるから、のどがだめになってオペラが歌えなくなりますので、筋トレなどをするわけにもいきません。ゴルフで歩くのがちょうどよいのです。

救霊師は理解できると思いますが、救霊というお取り次ぎは、体力がいります。祟り霊や先祖霊などの重みに負けないで、愛念でお取り次ぎをさせて頂くのです。お取り次ぎをさせて頂いたことがある救霊師なら、誰でも体で実感していることです。

霊の存在を信じていない人は、理解できないでしょうが、お取り次ぎというのは、非常に肉体的にも重圧がかかることです。こうした内容は、無神論者の人には理解できないかもしれません。無神論者はマインドコントロールだーと片付けるかもしれません。しかし、大救霊の前に、体が重かったけど、終わったらすっきりしたという体験を大勢がしています。また、大救霊の直前の深見先生、お取り次ぎが終わった後の深見先生を会場で見ればわかります。

理解できないから否定して、なんでも、マインドコントロールで片付けるというのは、間違っています。たとえば、「この色彩、色遣いがきれいだ」と色彩感覚が優れた人がいい、色彩感覚の優れた人が「そうですね」と同意したとします。色彩感覚が優れていない人は、それをマインドコントロールと言うのでしょうか? 音楽感覚に優れた人が「これは素晴らしいハーモニーだ」と言い、音楽感覚に優れた人が、「そうですね」と同意したとします。音楽感覚に優れていない人は、それをマインドコントロールというのでしょうか?

霊的に敏感な人と敏感でない人が世の中にはいます。霊的に鈍感で理解できないからといって、それを嘘だと決めつけないでほしいと思います。マインドコントロールと決めつけないでほしいと思います。賛同できなければワールドメイトに入会する必要はありません。ワールドメイトは退会の妨害もないので、納得されないのなら退会されればいいと思います。

しかし、ワールドメイトについて、批判をするという行為が、多くのワールドメイト会員を傷つけ、家族や友人に誤解を与えているという事実を知ってほしいと思います。
無神論者なら、宗教に入らなければいいと思いますが、信仰を否定する権利はありません。ワールドメイトに納得できないなら、退会すればいいだけです。ワールドメイトは良心的で一切の強制や脅かしもありません。でも、支部の末端の人通しで、行き違いがあったり、人間関係のトラブルがあって傷ついたというのなら、スタッフに言えば、誠実に対応してもらえるはずです。

インターネットで、嘘の記事を、あたかも本当のように書いて、揶揄するという行動は、誰にも益する行為ではありません。かえって、ワールドメイトの会員や家族の心を痛めるという劫を積む行為となっているということは言えるかも知れません。これ以上、劫を積まないためにも、インターネットに嘘の記事を書くのはやめて、普通に仕事し、自分を磨くのに時間を使ったほうがいいと思います。

また、先日の、白山氷見神業において、深見先生が、ワールドメイトの宗教的宗教活動と普遍的宗教活動について、お話をされていました。両方の活動ができるから、本当の宇宙創造のすの神様のお取り次ぎが出来て、一宗一派の壁を越えた社会貢献、布施行ができるそうです。普遍的宗教活動とは、人類愛に基づいた人道的活動のことですから、どの宗教の人でも、また、宗教を信じていない人とも、理解し合い、協力していくことが出来ます。普遍的宗教活動を行っているということが、ワールドメイトが次元の高い宗教性を持っていて、社会に貢献し、社会に布施行をできているという証拠なのですということです。

しかも、神事期間に行っている普遍的宗教活動は、神事の一環で行っています。深見先生も、ご神示によりさまざま活動をされており、自分でやりたいからされている活動は、実は、一つもないといいます。そうして、御神示のままに、神事会場を行ったり来たりしながら、神事のお取り次ぎをされているそうです。しかし、深見先生は、毎日お祈りをされており、神事会場や全国支部で、みなさんがお祈りして下さっている底支え、神霊的応援があるからこそ、全て成り立つことです。そして、神事が終わって後から振り返って見ると、「神様はこういうご神意があったんだな」とわかるのです。

ゴルフ支援は22年前の盲人ゴルフから始まったそうです。今年くらいから始めた「HANDA CAP フィランソロピー」は、「ゴルフの正式な試合に出られない二軍のプロゴルファーのために、なんとか、トーナメントがを行っていただけませんでしょうか」という話があり、これは深いご神意があるなと思って開催することに決めたそうです。フィランソロピーとは、賞金の10%を寄付して、プロゴルファー自身も社会貢献をするということです。

そして、第一回目のトーナメントの翌日に、函館のお取り次ぎができたそうです。ゴルフで筋力を動かして荒魂が発動し、「ありがとうー!」という参加者の強烈なプラスの念を受けて、いったん解散になった函館神業のお取り次ぎを行うことができたそうです。

そして、白山氷見神業も、同様であったそうです。お取り次ぎの前日に、ゴルフの試合に出て、筋力を動かし、屈強な男性の強烈な「ありがとー」という感謝の念を受けているから、お盆や、北極免因超修法、黒豆木の節分の先祖霊が出ても、霊の重みに負けないで、氷見神業のお取り次ぎができたそうです。もし、昨日、ゴルフをしていなかったら、どのみち、菊理姫様からOKが出ても、強烈な霊の重みで倒れたまま、何も出来なかったところだとおっしゃっていました。

深見先生は、ゴルフがやりたいわけではないけれども、神様がおっしゃるし、トーナメントの主催者で責任があるから、会場に行って出場されるそうです。そうすると、ゴルフをしながら、自然にたくさん歩いて筋力を動かすことになり、元気にお取り次ぎができるようになるのです。いくつもの締切を抱えている深見先生が、さまざまな霊的な邪魔や、救われるのを今か今かと待ち構えている獄界の先祖霊の重みに打ち克って神事を行うには、ゴルフで荒魂を鍛え、筋肉を動かすしかないでしょう。もちろん、人智で考えて、ゴルフトーナメントの日程を設定したわけではありません。自然と、ご縁ができ、導かれてそのようになったのです。

ワールドメイトの会員は、こうした背景を理解し、誇りに思っています。しかも、会員の神事の寄付がゴルフの賞金になっているわけではありません。盲人ゴルフやフィランソロピーのチャリティー要素の入ったゴルフに協賛している会社からの寄付金が運営費や賞金になるのです。

いろいろな会社が、ゴルフに協賛されているのは、普遍的なボランティアの精神があってのこそだと思うのですが、アンチの人はそれを否定するつもりなのでしょうか? 全て、売名行為だというのでしょうか? 世の中のさまざまな会社が、芸術活動やスポーツに寄付金を出すのは、すべて、会社の宣伝のためだというのでしょうか? それは非常に貧しい考えだと思います。人の善意を信じられない方なのでしょうか。

また、ワールドメイトならみんな知っていることですが、御神業の意味とは、人智を超えているので、すぐに誰にでも理解できるというわけにはいきません。後で、振り返ってみたら、「こういう意味があったのか」とわかるものなのです。神仕組とは、人間の人智を超えたものです。スケールが大きく、数十年、数百年たって、初めてわかるようなものなのです。

ですから、「ゴルフのどこが御神業なんだよ」と文句を言う方は、本当に、御神業をなにもわかっていない方だと思います。御神業とは、後から振り返って見て、「なるほど。こういう意味だったのか」とわかるスケールの大きなものなのです。現時点でどんな意味があるのか説明できるということなら、全然、人智を超えていないと思います。そんなレベルのことなら、神様が仕組をしなくても、人間の努力でできます。

ミロクの世ができることを願い、すの神様の御心を広めるために、ワールドメイトがあります。リーダーの深見先生は、霊的能力に秀でていて、神様のご意志がわかる方です。深見先生を慕って集まっているメンバーが、ワールドメイトの会員です。ワールドメイトは、「神様ならこうされるだろうな」ということを、世の中に広めていく活動をしています。

私は、霊的能力はないので、神様のご意志がわかりません。しかし、深見先生がどれだけ、お優しく、努力家、勉強家で、素晴らしい人格であるのかということは、御神業があるたびに実感しています。だから、私も、自分でできることなら、お手伝いさせて頂きたいと思い、ご奉仕をしているという面もあります。

ワールドメイトの会員や、深見先生の純粋な真心を汚すような言われようをされるのは、非常にショックなことです。理解できなくても、そういう場合もあるだろうなと認めてほしいものです。社会的にトラブルとなる行為は一つもありませんし、常識の範囲内の行為です。私たちワールドメイトの会員は、自分の意志で仕事をしながら、信仰生活を送っているのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認できないコメント

上記二つのような揶揄コメントは、申し訳ないですが、今後、承認するつもりはありません。しばらくしたら、削除させて頂きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。