--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/25

神道国際学会に対する「ワールドメイトの実態」の嘘記述を削除せよ!

ワールドメイトにスパイ会員を潜入させ、
裁判判決で不採用になった改ざん資料などを根拠に悪口を書きつづる
ワールドメイトの実態」というサイトは、
全てのページが嘘、でっちあげ、根拠のない中傷ばかりであるといえます。


神道国際学会について「深見東州の支配下にある」などと書いてありましたが、

これも、全く正反対ですね。


深見東州先生は、もう何年も前に、神道国際学会の理事を退任されています。

また、私自身、ワールドメイトの会員でありますが、神道国際学会の会員ではありません。

神道国際学会の勧誘も受けたこともなければ、催しなどの活動にも参加したこともありません。



かねてから、深見東州先生は、神道国際学会のことを、

新宗連(新日本宗教団体連合会)やWCRP(世界宗教者平和会議)のような、

宗派や教義にとらわれない、アカデミックの場として設立の呼びかけをした

というようなことをおっしゃっていたと思います。


深見東州先生のそうしたビジョンに、神社本庁教学顧問中西旭先生や、大本教出身の梅田善美氏、金光教出身の三宅義信氏などが賛同されて、共同で設立した超宗派組織であるわけです。


もちろん、ワールドメイトは、神道国際学会への支援、応援は続けるでしょうけれども、神道国際学会の活動は神道国際学会で決まっているものであり、ワールドメイトとは関係のないことだと思います。

深見東州先生が、理事を退任されているのに、支配下におく(笑)などありえない話でしょう。


また、「ワールドメイトの実態」という嘘サイトでは、
理事を退任したのは、内部で「亀裂があったから」ではないか、
などと勝手に決めつけていますが、
深見先生にかぎっては、そんなことはありえないと断言できます。

平和主義であり、排他性もないワールドメイトの宗風を見ても、深見先生の人格の素晴らしさが感じられます。


深見東州先生は、神道国際学会は、アカデミックな視点で神道の紹介や討論をするべきである、というお考えであったわけですから、当初から、神社神道やアカデミア中心で運営されている、現在の組織形態を目指していたのではないでしょうか。


最初は、活動内容が知られていないから、発起人として中心となってされていたのでしょうけれども、徐々に活動が知られるようになって、多くのふさわしい方が賛同してくれたから、会の趣旨にあう人物が中心となって運営している、ということだと思います。


深見東州先生は、「自分が、自分が」という人柄ではありませんし、
ご自分の福祉活動や芸術活動などで、日々、たいへんお忙しい方ですから、
ふさわしい方がいたら、その人にお願いするのは自然の流れであると思います。

今は、「この人は」という方が中心となり、神道国際学会が運営されているので、非常に理想的ないいかたちになった、というだけの当たり前の話だと思います。

そんなことは、神道国際学会に聞いたらわかりそうなものなのに、まったく調査していないのが、見え見えですねwww

「ワールドメイトの実態」の管理人は、一切の調査、確認もせずに、
根拠もなしに、いい加減な憶測を書くのを、やめるべきでしょう。

「ワールドメイトの実態」は、神道国際学会のページをはじめ、全ての嘘記事や、2ちゃんねるよりひどい嘘の噂を全て削除してください!

自分がお金をもらうためかなにか知りませんが、嘘の風評を広めることに、断固、抗議いたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。