2011/06/08

海外のプロゴルファー達がチャリティートーナメントで日本に寄付をされるそうです

ワールドメイト深見東州先生から、震災後に、ほとんどすべての文化、スポーツ、芸術をいったん中止するという発表がありました。

震災の悲劇に遭われた方のことを考えたら、当然の決断であると思います。

しかし、その後、海外のプロゴルファーたちから、

「こんなときだからこそ、力になりたいから、

 チャリティートーナメントを是非開催させてほしい」

と申し出があったそうです。


そこで、日本の人々のためにハンダカップを開催し、

参加したプロゴルファーから

チャリティーで寄付を集めて、日本の震災の被災者に寄付してくださることになったそうです。


なので、ハンダカップという名前であるけれども、

海外の団体でほとんど運営費をまかない、

日本の人々のために開催してくださったそうです。


海外では、フィランソロピーの精神、チャリティーの精神、人類愛の精神が

発達していて、実に、素晴らしいことであると思います。


そして、深見先生が海外の方に尊敬され愛されているからこそ

「ハンダカップ」という名前で開催されたのだと思います。


お金を出すとかそんな理由では人は尊敬しません。

深見先生の人柄、行動、実績など、全人格が素晴らしいからこそ

ハンダカップという名前で開催しているのだと思います。


ちなみに、海外の方から、「是非、ハンダカップという名前で開催させてもらいたい」という申し出があったから、ハンダカップという名前になったそうです。



このエピソードは、

ゴルフという紳士的なスポーツを通して、海外との友好関係が良好になっていることを表しており、

深見先生がいかに、有意義な真の国際貢献をされているかという証であると思います。




また、すべての文化、スポーツ、芸術を全部ストップしてしまったら、

日本経済、地域経済などが冷え込むことにつながることに

深見東州先生は気づかれたそうです。


ワールドメイト深見東州先生は明るい活発なひな形を発信していく使命がありますから

まったくストップするということが必ずしもいい決断ではないということなのです。

ですから、いくつかの大会を開催することになったということでした。


たしかに、一理あると思います。

活動が停滞したら、いろいろなことが停滞していく負の循環もあることでしょう。



ところで、深見先生は、最小限しか海外に行かないそうです。

やはり、ワールドメイトのご神業や祭祀を第一にされておらるのだと思います。

深見先生は、いつでも神様第一主義であるのだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

蓮台聖さんへ

釈尊の弟子の唯摩って人の言葉‥、
「戒めを破っても心は浄く、憤る事はあっても慈しみの心を持ち、怠るようでいて内では励み、無知のように見えて教えを守り、高慢に見えても陰では優しく、煩悩の中で解脱し、魔道に入って仏道を目指す。
教えを聞き、同時に教えを説く。
孤高を守って、衆生と共にある。
貧窮の中で高貴であり、醜い姿の中に神の如し美しさをもつ。
老いて病むとも死を恐れず、財産家であっても無常を観じ、妻妾に囲まれて欲望を断っている。
寡黙にして雄弁、異端にして正統、外道に踏み込んで仏道を極める。
涅槃にありながら衆生と共に輪廻転生し、見かけの上ではひたすら非道を歩む。
これぞ、真の仏道なり。」

あなたは、呪詛という言葉を使っていましたが、真の仏道である魔道を歩んでおられるんですか?

魔道ってのは、見性の浅い人にはなかなか理解できないでしょうねo(^-^)o
例えば‥、親鸞さんも、よく真を体得されてました。

馬はオニギリを愛してるに違いない。
オニギリ最近見ないな。

馬はオニギリを食いたいだけ

ぜんじなんて、もういないんだろ?
ぜんじじゃなくて、過激なシンパ
「馬の耳に念仏」とかがいるのはわかるけどさー
そいつはぜんじじゃないだろ。

ぜんじにしてはすすだらけとの絡みがないぞ

馬は〇〇食ってろさんへ

おにぎりって一体誰なんですか?
なんか‥凄く気になります(^_^;)

西荻gerageraがどーのこーのってやつですか?

馬さんが愛してるオニギリって誰?
てか、あなたは誰?

馬の耳に念仏さんは‥、文章を一目して、誰なのかすぐにわかりました‥。
でも、その事には触れません(-.-)♪

ありたがや!
ありたよしふ!
ありがたや!

タケルさんへ

カニ鍋って‥何ヶ月前の事を話してるのですか?

即今の、只今の私にコメントして下さいo(^-^)o

あなたは、カニ鍋パーティより、田〇優夏ちゃんとのタコ焼きパーティを実現させて下さいっっ!

タケル「タコ焼きパーティ、ご一緒したいです」

ありたがや!
ありがたや!