--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/29

ワールドメイト=清和会=統一協会の別働隊というギャグはやめてよね【政治に詳しい人なら誰も信じないよ】

ワールドメイト=清和会?

いいえ、そんなことありえません。

これは、某組織からお金をもらって、日々、ワールドメイトを中傷する仕事をしているアンチのデマです。

ワールドメイト深見東州先生は、亀井静香さん、鳩山邦夫さん、猪口邦子さん、伊藤憲一さん、鈴木宗男さん、園田天光光さん、栗本慎一郎さん、西村眞吾さんらと親交があります。

株式会社菱法律経済政治研究所の顧問一覧


このなかに清和会のメンバーはいませんね! 

もし清和会であったら、こんなに多様な党派の方と親交をもっているはずがありません。

清和会であるはずがありませんね。

深見東州先生は日印協会の理事なので、森喜朗さんとお会いしたことはあるし、挨拶はされたことはあると聞いたことがあります。

さらに、深見先生は、検察、警視庁公安調査室からも、「保守派であるからとくに、もんだいのない組織ですよ」といわばお墨付きをもらっているといいます。

ですから、様々な党派の政治家と親交がもてるのです。


また、在福岡カンボジア王国名誉領事でもあります。これは、いわば、外務省からも「深見東州先生ワールドメイトは、もんだいのない人物である」とお墨付きをもらっているということになります。

そして、深見東州先生は、宮中晩餐会で天皇陛下に拝謁されたこともあります。これは、宮内庁からも「深見東州先生ワールドメイトは、もんだいのない人物である」とお墨付きをもらっているということになります。



ワールドメイト=統一協会の別働隊?

まさか! ぜったい、そんなことはありません。
これは、ワールドメイトを疎ましく思っている某組織の雇われ人が、日々、ネットで流し続けているデマです。


統一協会さんはキリスト教、ワールドメイトは神道です。

ワールドメイトに統一協会の方が来られるはずはありませんし、統一協会の人がワールドメイトに来られることもありません。

ワールドメイトはカンボジア王国への福祉活動が最も盛んですが、深見東州先生は、中国への福祉活動もすすめておられます。

しかし、とくに北朝鮮とか韓国は関係ありませんよ。


ワールドメイト会員には当たり前のことですが、ワールドメイト会員ではない人が、ネットのデマを信じて、風評が一人歩きしているようです。


某組織からお金をもらって、毎日、24時間、朝も昼も夜も深夜も、いつでもネットにワールドメイトを貶める記事をアップしたり、ネットに書き込んだりする人々(といっても10人以下)がいることを忘れないで下さい。


アンチの名前は、元・会員、雌鶏ブラスバンド、新米薬寿師、シティアス卿、桃の実神慈、退会者です、魚茶、パクス、などと名乗っていますが、ころころ名前を変えるのが特徴です。

そして、「ぜんじ」とかいう架空の人物をつくりだして、私や真実を述べる者を「またぜんじの仕業だ」などと文句を言っています。

ワールドメイトを貶めるために、某組織からお金をもらって、毎日、24時間、朝も昼も夜も深夜も、いつでもネットに記事をアップしたり、ネットに書き込んだりする人々(といっても10人以下)がいることを忘れないで下さい。

どうやら、才能溢れる深見東州先生に嫉妬している人がいるようなのです。

ジェラシーシティアス卿コト谷○くんも、ジェラシーの塊ですしね。


ワールドメイトは、たんに、風評ひがいに遭っているだけの話なのです。

ワールドメイト=清和会=統一協会の別働隊というギャグはやめてよね



政治に詳しい人なら誰も信じないよ


(某動画のフレーズが面白かったので、いただきました)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まみむめもさんへ

まみむめもさんへ。私の覚えている範囲で。

1、2009年にこの世から無くなるはずの北朝鮮がなぜまだ存在して いるのか?

それは、神事でつぎつぎと北朝鮮のことをお祈りしたからですよ。何の神事だったかなー。ちょっと昔のことなので、今すぐには思い出せません。たしか、メルマガにも書いてあったように思います。北朝鮮がなくなったら、大勢の難民があちこちの国に行ったりして、結局、日本も困ることがわかったので、北朝鮮が崩壊するシナリオを神様が変えて下さったのです。
神事でお祈りすると、その神様の働きに応じて、良いように良いようにと徐々に変わっていくのです。北朝鮮は結局、緩やかに徐々にみんなが活かされるようなかたちになるというふうに、神様が仕組みを変えて下さったのだと思いましたよ。

2、オウム事件の時、深見先生は当初『麻原さんは無実ではめられた
  だけだ』と仰っておられたのに事件の全容が明らかになるにつれ
  急に麻原を全否定するようになったこと。

深見先生は、はじめから麻原のことを認める発言なんてしていません。あの頃の定例に参加されたことがあるなら記憶にあるのではと思いますが、麻原のことを、ここが足りないとかおっしゃっていましたよ。だけど、もちろんもろに言うのではなく、ことばの上では摩擦が起きないように、中傷的な言い方で言わないのは当然です(ましてや、オームなら身の危険も生じますしね)。著作にも、以前のワールドメイトの建物のところに、麻原が住んだらせっかくすがすがしい場所が異様なオーラになったと書いてありますよね。著作だからあからさまに否定するようなことは書いていなくても、「麻原が気が悪い」のが分かる記述です。
「急に麻原を全否定」というのはアンチのデマですね。最初から麻原を否定していましたけど、あからさまにでなく、オブラートに包んで否定していただけですよ。
あと「麻原は無実だ」などとおっしゃっていないと思います。たしか、「北朝鮮がバックについていて、北朝鮮に麻原ははめられた」というようなことだったような。
先生は、基本的には、他教団の人とか、他教団を貶める発言はなさらないですからね。だから、そういうことで、全否定てきは言い方はされていなかったと思いますが、だからといって麻原と親交を持つわけでもないし、生き方が間違っているのはここだ、と当初からオブラードに包んでおっしゃってましたよ。

3、CM時代は、『 宗教団体ではない 』と言ってたはずがある頃から
  急にWAは宗教団体だと自称するようになったこと。

ワールドメイトは、最初から今まで宗教団体です。別に自称しているわけではなく、本当に宗教団体なんだから、「自称」などと言うのは当てはまりません。ただ、宗教団体っぽさを脱却しようと思い、過去の宗教団体とは違うものを目指そうと思ったから、過去の宗教団体のイメージを払拭するために、言っていたことだと思います。また、「宗教団体をつくってはいけない」というようなご神示もあったと思います。これは意味が深くて、今までの大本教とか世直し教団のような、大衆宗教をつくるのではなく、新しい超高文明で最先端の文化性、教養があり、常識や良識がある団体を目指すというような意味であると思います。
たしか、そのあたりは、ハットハット合宿で聞いたようなきがします。

最初から宗教団体でしたし、「急にWAは宗教団体だと自称するようになった」というのはアンチのデマですね。


こんな古い話は、支部でも新しい方はわからないかもですね。
スタッフさんに聞いてみたらいかがですか。

にた村さんへ

にた村さん合格で~す。
普通にコメントできるんじゃないですか?

失礼お許しね..。
ただ、神業の原則は変わっておりませんので
背景的な事は別にして新しい方でも理解できる
はずですよ...。

ありがとうございました

にた村シディアス卿さま

丁寧な解説をいただきましてありがとうございました。

私自身記憶違いしていたところも多々あったようです。
少しスッキリしました。

m(_ _)m



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

inadakさま

ワールドメイトはとくに
どこか特定の政党や政策を支持するということはありませんよ。

ワールドメイトは、政治に関わろうなんていう話はないです。

深見東州先生は、政治家としてというよりは、
一人の人間として
パッションとか、気概、生き様などの部分で
尊敬し合っており、交流をもっているということだと思います。

深見先生は亀井静香さんのことを、ピュアな人だと
おっしゃっていたような気がします。

たぶん、深見先生は、人間としての本質という部分を見ておられて、
亀井さんが純粋に日本を良くしようと思って精進されている
ピュアな部分を尊敬しあって、意気投合されてるのではないでしょうか。

とくに、ワールドメイトで、政策を支持するとかそんな話は一度も聞いたことありません。

inadakさま

私もアタールがなくなったのは残念だと思いますが、全会員の幸せを考えたら、なくしたほうがいいという結論になるのはやむをえないと思いました。

アタールは経営不振でなくなったのではありません。
神霊的事実が新たにわかり、会員さんの幸せを考えてなくしたほうがいいという結論になったのです。

占いを薬として善用している立派な鑑定師さんももちろんいるけれども、
占いを誤って用いると毒となってしまうこともあります。

アタールで伝授された占いはもちろん正統の善なる占いですけれども、
それ善用できるかどうかは、鑑定師さんにかかっているのです。

全国の鑑定師さんが、いつでもどこでも100%善用できるとは限らないという神霊的事実を鑑み、アタールはなくそうということになったのです。

このあたりの経緯はメルマガで詳しく送られました。
会員だけしか読めないから、inadakさんがご存じないのは仕方ないですね。


アタールはなくなりましたけれども、
占いをみてもらいたいのでしたら、お志ご随意で鑑定はしてもらいますよ。

inadakさま

ワールドメイトは永遠に政治に介入はしないでしょう。

ワールドメイトは神霊界のひな形づくりとか
神様に動いてもらう神事を行うだけで精一杯ですよね。
そんな大きな宗教じゃないですもの。

でも、神様に動いて頂いて、無形のご神徳を発揮されると
大難がかたちにあらわれる前に小難となったり無難となりますから、かたちにあらわれる前になんとかなくしてもらうことが最も重要なことだと思います。

いまの現実を見ると、理不尽なことだけ、矛盾なことだらけだから、inadakさまが義憤をお感じになるのも無理はないと思います。

でも、一気にぜんぶ変えようとすると、必ず反動がやってくるのが現実界ですよ。たとえば、今財務省がなくなったとして職員全員クビになったとしたら、財務省で働いていた人の家族は路頭に迷うし、たいへんなことになると思います。仕事の引き継ぎだってたいへんなことです。

現実界は、少しずつ、いいほうに変わっていくしかないと思うのです。

過去の歴史をみても、日本経済の調子がいいと、海外から理不尽な規制を受けたりとかバッシングにあいます。ですから、いまは、バッシングをさけながら、経済の足腰を鍛えている時期ではないかと思っています。

何十年とたったら、きっと日本は最高に素晴らしい国になっていると思いますが、いま、ドラスティックに変わることはないでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。