--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/12

ワールドメイトを貶める目的のブログが存在するのは確かであるようです

ワールドメイト元・会員のブログ」とはどういうブログなのかを説明させて頂こうと思います。

ワールドメイト会員の方で、「ワールドメイト元・会員のブログ」を見てしまった方は、とくに知っておいていただきたい内容です。


実は、拙ブログに訪問してくださっている「ライト」さんという方が、

ワールドメイト元・会員のブログ」に書きこみをしたところ、

ワールドメイト元・会員のブログ」にとって非常に都合の悪い内容であったためその日一日、コメントが承認されることはありませんでした。


なぜかというと、理由は簡単です。

ワールドメイトの実態」というSEO対策を施して検索上位に来るサイトがあるのですが、

それを書いている人と非常に似通った文体である「広目天」と名乗る者が、

非常に悪質なウソを書いていたため、

ライトさんのコメントが反映されると「広目天」と名乗る者の書いたウソが白日の下に晒されることになるために、都合が悪かったのです。


つまり、ライトさんの書きこみにより、「広目天」と名乗る者のウソが、誰の目にも明らかになることを危惧した

「ワールドメイト元・会員のブログ」の管理人、(自称)元・会員(別名:馬、ゆきちゃん)が、

ライトさんの書きこみだけを承認しないという情報管理を行ったということになります。



そして、翌日、馬さんが、ライトさんが書きこんだIPと書きこみを、悪意に基づく中傷とともに晒していました。



こうした行為には看過できない点があります。


まず、第一に、IPを周知の下に晒すという行為からわかります。

IPを晒す行為というのは、ブログを管理する者が意図的に情報漏洩を行っているということを指すと思います。
ライトさんのコメントには、どこにも違法性はなく、個人のプライバシーは守られるべきなのに、馬さんは全くなにも配慮をしてません。


つまり、(自称)元・会員(別名:馬、ゆきちゃん)は、自分のブログに書き込んで来た自分のブログに反対する人物のIPなどを収集したり、情報を漏洩させたりして、お金をもらうとか、何らかの利益を得ているということなのです。

ですから、会員のみなさまは、アンチブログなぞに書き込まないほうが身の安全のためにはいいのだろうと思います。


第二に、やはり「ワールドメイト元・会員のブログ」は数名の仲間だけに書きこみが許されている、狭い人間関係の仲で運営してるということが明らかになったと思います。

自分の意見に反する書きこみは全てアップしないという情報統制をしています。

今までにも、「ワールドメイト元・会員のブログ」には制限がかけられていて書きこみができない、というコメントがいくつか寄せられていました。

どうやら、一回でも都合の悪い書きこみをしてきたIPは、もう二度と書きこみができないように制限をかけるという情報統制を、管理人が行っているということはうすうすわかっていました。

このたび、運良く書きこみができた場合でも、印象操作をした上でしか公開をしないということがはっきりとわかったと思います。


「厚かましくも、何年も妄信者の振りをして書き込みをしたり閲覧を続ける、完全に目覚めた上で確信犯で荒らす「訳あり」の人々には、こちらもそれ相応の対処をさせて頂きますのであしからず。」




などと、ふつうのワールドメイト会員に対して、あたかも2ちゃんねるを荒らしている人であるかのような因縁をふっかけて、自分の行為を正当化しているのです。

印象操作の極めつけは、

「電波の中継地点が、大阪府大津市やな(爆)」などと言ってますが、私は関西人ではありません。
「住豚も関西人確定やな」
「大阪周辺の詐欺師どもが、断崖絶壁にあって生活維持が出来るかどうかの瀬戸際であがいているのがよ~く分かりますわ(にっこり)」



という部分です。
関西の柄の悪い人であるかのような印象をわざと植え付けようとしているのでしょう。

ちなみに、ライトさんは、関西人ではないそうです。

また、わたしは所在地を明かすつもりはありませんが、関西の事情によく通じているかそうでないかは、ブログを読んで頂ければよくわかるでしょう。

にっこりする必要はありませんね。ウソをついてしまったから思わず愛想笑いでも出てしまったのでしょうね。

「住豚」「住熊相撲道」などと不名誉な名前をつけて、「豚」「相撲」などという体型を想像させようとしているようですが、わたしは、そんなに太ってはいません。中肉中背です。



ところで、ライトさんはじめ、アンチブログを読んだ方へ気をつけたほうがいいと思われることをお伝えさせていただきたいと思います。

私は、アンチのブログを読む前と読んだ後は、必ず、お不動さんや荒神さんにお祈りをしたり、神化咒を唱えています。

自宅に神棚もあります。
アンチブログの波動は、重く強烈なので、繊細なワールドメイト会員には、ぐさっとくるものだと思います。

アンチの人は、伊勢○○道の信者がいたり、神慈○○会の元信者がいたり、創価○○を賞賛する人がいたり、パンデミックにやられている人がいたりしますので、相当な教団霊が合体して、危険なオーラを発しているように思います。

開いただけで、その世界に感応してしまうので、非常に危険だと思います。


間違って見た場合や読んだ場合は、ぜったいその後に

関東だったら成田のお不動さんや川崎大師や高幡不動さん、

関西だったら清荒神、

九州だったら弊立さんにお参りに行って払うようにしたほうがいいと思います。

近くの産土さんだと波動が繊細すぎるので、

もっと現実界にちかい仏さんにお祈りして邪気を祓ってもらった方がいいと思います。


ワールドメイトの会員は、いつも繊細な神様の波動を受けているから

強烈な邪気を受けてしまうとやられやすいのだと思います。


なんか、調子がおかしいと思ったら

強烈な善なる仏さまにお祈りして、よこしまな邪念、邪気を祓っていくことが

ご神業を続けるうえでも大事になってくることでしょう。


「ワールドメイト元・会員のブログ」に書き込んでいる数名の人達は、

ワールドメイトや深見先生をおとしめる為なら、手段を選ばない人達なのはその通りだと思います。

それだけ、ウソを平気でつく邪な心に占領されている人達の邪念は強烈だと思いますので、

あのひとたちのブログを見たら、必ず、その都度、

お不動さんへお参りされたり、荒神さんへ参拝されたり、邪念をはらう人形形代などをお描きいただいたほうがいいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご質問です。

良識のある会員さんが「ワールドメイトを貶める目的とする」明らかなブログを見る事は基本的に無いと思いますが・・ワールドメイトが注意を促す「当団体の関係者を装い、当団体の評価を貶めるような行為をする人物も出没しているようです。ご注意いただきたく存じます。」というブログはどのようなものをさすのでしょうか?また、どのような基準をもって判断すれば良いのでしょうか?

メ=リルさんへ

広目天さんやシディアス卿君のコメントを見てると、シンパとアンチの定義については、個人的には色々と思う所があります。
白と黒、単純に二分してしまっていいのだろうかと‥。

ただ、アンチと分類される方々の中には、霊的に危険なものを持ってる方がいるのも事実なので、空海さんを始め、大元帥明王や不動尊、荒神さんへの祈りを深めていきたいです。

中でもパンデミックは怖いですね‥(>_<)
藤〇紀〇さんは、人間的には素晴らしい方だけど、S会の熱心な信者であるが為に、あの方の写真を持っているだけでパンデミックにやられてしまう‥。
本人がいくら良心的な人であっても、本人の自覚に関係なく周囲に悪影響を与えてしまう‥。
「霊的な現実」とは恐ろしいものだと思いました。

ライトさんへ

横から割り込んですみません。
全ての御魂が救われるという大前提においては、白と黒、単純に二分していいわけないと思います。しかし、現実(霊的働き含め)は単純でありません。ライトさんの仰る通りですね..ただ私が思いますのは、御魂の進歩向上と錬磨を望み生きる私達にとって現実の全ては媒体であると考えます。従って、その時只今の私の信念と志を内観し目の前に存在する事柄(人)へ的確に向かうべきと思います。「霊的な現実」が恐ろしい方は、恐怖感を持ちながら祈願されるより「見ない・聞かない」事だと思います。ライトさんは、そのことをご存じだと思いますが解らない方には、ライトさんに矛盾(恐ろしいと思うのに、解ってるのに悪しき者へ向かう)を感じる方もいらっしゃるかもしれません。私はライトさんが高い志と信念をお持ちの方だと思います。故に大切な事を伝えた上で先のコメントをすべきかと思います..。

失礼お許しください。

くるみさんへ

私の信念を密教的に言うなら、
「われらはみ仏の子なり。われらとみ仏と迷悟同じからざれど、仏性もとより平等なり。
生仏不二の心境に住して、自利利他の行に精進せん」
です。

霊的な現実が恐ろしいという言葉は、一つの事実ではあるけれども、真実ではありません。
私自身の、試行錯誤、真実の過程なのだと思って下さい。

悪しき霊はいても、悪しき人はいないと信じているからこそ、悪しきと映る現実に向かって行くのです。

私は、只の一度も、恐ろしいと思いながら祈願した事はありません。
何故なら、恐ろしいと思いながら祈願するのは、
「われらはみ仏の子なり。われらとみ仏と迷悟同じからざれど、仏性もとより平等なり。
生仏不二の心境に住して、自利利他の行に精進せん」
という、私の信念に反するからです。

例えば、シディアス卿君のコメントを読んでると、納得のいかない表現を使っている時もあるけど、よくよく見て観ると、彼は、言葉尻はエグい時はあっても、熱心な会員さんに負けないぐらい、神業に申し込み、神業に参加してます。

私個人としては、アプローチの仕方は違っても、彼も求道者で、道を試行錯誤されてるんだなと思いました。
ただ、深見先生に対して「(花見神業を)腹が立っても、ちゃんと最後までやらんかいボケ!」という言葉は、腹のわかりあった仲間や友達同士ならいいけど、師匠に対して使う言葉ではありません。
ただ、私個人は、けしからんと思う反面、微笑ましく感じているのです。

そういえば‥、胡桃はリスの食べ物ですね(微笑)

ライトさんへ

ご丁寧にありがとうございました。
私は、ライトさんのコメントの範囲だけですが、あなたの信念と境地は理解しております。素晴らしい方だと思っております。ただ、霊的世界を表現される場合に注意されたらと..感じましたので失礼を承知の上、コメントさせていただきました。失礼お許し下さい。

寛容と忍耐はとても大切ですね。それが本物の愛だと思います。
どんな妨害も障害も屈辱に耐え寛容の心で超えてゆく...寛容と忍耐の智恵を体得する事すべては神試しであり、神様の贈り物なのでしょうね...
ライトさんの真実は伝わっています。ありがとうございました。

くるみさんへ

そんなにムキにならないで下さい(^_^;)
気に障ったのなら謝りますm(__)m

正直、ネット上の事なので、誰が誰だかわかりません。

あなたが誰であるかは、本質的な事とは関係ないですね。
すいませんでしたm(__)m

ライトさんへ

私は、先ほども申し上げましたがディアス卿君やにた村さんの事を存じ上げません...故に既成概念がありませんのでラビット君のコメントの真意を私なりに読み取れました。おそらくライトさんは、私とは真逆にとらえたのでしょう..。この世界では実態をとらえる事は難しい言葉の奥にある真実をみる力のある方だと私は思います。ラビット君もそう感じたのでしょう...。

ディアス卿君やにた村さんの事は、ラビット君には関係ないように私は思いました。ラビット君の真意は別にあると思います..。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。