--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/10

ワールドメイトがクメール・ルージュ犠牲者へ援助

ワールドメイトの深見東州先生が、クメール・ルージュの犠牲者の未亡人に義捐金を援助する活動をされていることについて、深見先生が売名行為をしていると言っている人がいるようです。

まず、深見先生は十分有名なので、売名行為なんて、する必要ないとおもいますけれども(笑)

というのは冗談として。

クメール・ルージュの未亡人がどのような生活をしていると思っているのですか。

知的で文化的な暮らしをしていたブルジョア階級だったのに、突然、ご主人が殺され、収入がなくなり、乞食同然になったような方ですよ。

住居もなく、お寺に住まわせてもらって、近所の人がお坊さんに、と持ってきた食事の残ったものをもらって生きているような方ですよ。

貧しいカンボジアの方に、生活費を援助するのが、どこが、売名行為なのですか?
売名したいのなら、もっと、他に手段があるでしょう。

極貧で乞食同然の未亡人に、生活費を援助するのは、素晴らしい行為ですし、私が納めた会費が、そうした意義ある活動に使われているということは、誇りに思っています。

どう考えても、売名行為の両極にある、地味な活動だと思います。
弱者救済の人道的見地にたった活動という、普遍的宗教活動の一環でしょう。

人の善意を、なんでも悪くとらえて、悪口を書いている心の貧しい人には、理解できないのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。