--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/27

ワールドメイトの予言は当たるのか?

[ワールドメイト] ブログ村キーワード

まず、予言とは、当たらないほうがいいに決まっています。
良い予言はいっそう良くなればいいし、悪い予言ははずれたほうがいいのです。ワールドメイトでは、悪い予言に関し、何とか、変えてもらえるように、神事を行っています。

そして、そもそも予言が100%当たるということはありえません。わかりやすい予言をされるのは、次元の低い神様(顕現神)なのです。次元の高い神様の予言は、一読しただけでは何を指すのかわからない抽象的なものであることがほとんどです。なぜかというと、絶対神である、す神や菊理姫様は、最後の最後まで、結末を人間には教えないからです。もし、人智で、「あーだろうーな」と勝手に決めつけたりすると、筋書きを変えてしまったりもされます。

たとえば、顕現神である伊勢の神様や諏訪の神様からのご神示(予言)は、方向性としては、だいたいあたっていますけれども、最後の一厘は、絶対神であるす神や菊理姫様が顕現を持っています。最後の最後で、菊理姫様の一厘のどんでん返し、という御神事が、過去、何回もありましたよね。

それなのに、予言がはずれたから、ワールドメイトには神様が降りていない、などと言う人がいるようです。


ひとつは、「資本主義が崩壊する」という予言がはずれたという内容。

これは、世界中に愛をワールドメイトでなくても、多くの学者、エコノミストらが、声高に叫んでいましたね。「資本主義の崩壊」というテーマの書籍がいったい何冊出ていたことか。アメリカのリーマンがつぶれて以降、100年に一度と言われる金融危機が起こり、従来型の資本主義は、完全に崩壊しましたよね。これを、「資本主義の崩壊」と言わず、なんと呼ぶのですか?

たとえば、常識で考えて、資本主義が崩壊した後、社会主義になるわけも、共産主義になるわけもありませんよね。とすると、今までになかった、よりよいものに生まれ変わるしかないわけです。この中では資本主義が一番良いですが、自由競争にはいい面だけではなく、マイナス面もあります。

このたびの金融危機により、規制を撤廃して、自由が至上であるという体制にしてしまうと、好き勝手にお金を儲ける人たちが出てきて、金融危機が起こってしまうということが、歴史的に証明されたのです。

こうした反省に基づき、社会主義的な要素を取り入れた、資本主義がいいな、と世界中の人が身に染みて感じたわけです。従来型の「資本主義」が崩壊したという意味で予言がだいたいあたっていますよね。

これが、たとえば、「何月何日にリーマンショックが起きて金融危機となり、世界は混乱するけれども、最終的には、新しい資本主義となるから大丈夫だよ。」という予言が出たらどうですか?

証券会社の株を売っておこうとか、人間の欲望が働いてしまいます。すると、証券会社が破綻することもなく、金融危機も起こらず、結果として、新しい資本主義もできなくなってしまうかもしれません。

こうした予言は、全て抽象的で、文字通り取ると、誤解しやすいものなのです。

出口直のお筆先に「神や今の今までいわんぞよ」とあるのはそういう意味だと思います。予言とか、神のご意志というのは、後から振り返ってみて、初めて、「なるほど。こういう意図があったのか」というご神慮がわかるという性質のものなのです。

将棋や囲碁の名人が「なぜ、あの一手を打ったのか?」凡人には、あとから結果を見て、初めてわかることもありますよね。同様に、神様の知恵は、人智でいくら考えてもわからない深淵なものなのです。

と、すると「なぜ、予言なんてあるの?」「予言なんていらないじゃない?」と思う人もいるかもしれませn。神様も、人間を救いたいと思っておられるから、「なんとか気づいてくれー、改心してくれー」と神霊能力がある人に最小限度のことを伝えるのが、予言の役割だと思います。まったく、方向性がわからないと、どうしていいかよくわかりません。しかし、予言があることにより、だいたいの方向性がわかるのです。

だいたいの方向性に向かって、「地球温暖化を何とかしよう!」と祈り、実行していく過程が尊いのです。神様は、そういうふうに、精進努力してほしいと願っている愛の存在です。

要するに、「資本主義が崩壊する」という予言は、まったく、はずれていないと思います。文字通り取ると、間違えやすいですが、従来型の「資本主義」は、世界中の誰もが予想できないかたちで、完全に崩壊しました。

世界中に愛をワールドメイトには神様がいらっしゃるかどうか、それを判断するのは、神霊能力がない凡人には、難しいことです。しかし、手がかりとなる判断基準はあります。それは、深見先生が、神様の化身のような愛の存在であるかどうかというお人柄、精進努力する姿勢、足跡などです。
世界中で、深見先生より深淵な神霊的著書を書いた人がいるのなら、是非お目にかかりたいのですが、それは、神霊能力のないものにはわからないので、保留にします。また、神様がいるという実感は、いくら言葉を費やしても伝えられないし、本人が体験するしかないものだと思います。

確かなのは、深見先生のお人柄、精進努力する姿勢、足跡が素晴らしすぎるという点です。僕は、深見先生のお話をお伺いし、ワールドメイトの慈善活動、公益活動などはたいへん素晴らしいと評価しています。ワールドメイトの組織運営という点においては、100%でない部分もあるとは思いますが、そんなことはどんな組織でもあることです。また、他の宗教団体よりは、よほど優れていると思います。僕は、深見先生の活動を応援したいし、自分も見習いたいと思います。ですから、ワールドメイトの欠点を批判するのではなく、支部の方と協力して、会員として努力していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。