--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/23

ワールドメイトの深見東州先生は率先して寄付をされています

ワールドメイトで先日行われた、先祖供養においても、深見東州先生は、率先して御玉串をされてたくさん申し込んでおられました。さらに、護摩壇で先祖を供養する儀式も行って下さり、本当に、先祖は喜んでおられたと思います。

深見先生は、ワールドメイトからの収入以上の寄付を、必ずされているそうです。

本来、深見先生は、ワールドメイトから収入を得たいわけではないそうですが、税理士の指導により、収入を受け取っていると以前おっしゃっていました。なんでも、「無給だと、所得税の税金逃れであるなどと、税務署などに思われるとよくないから、きちんとお給料をもらい、源泉徴収税を払うほうがいい」というようなアドバイスがあったそうです。

深見先生にとっては、ワールドメイトでのお取り次ぎは、すべてご奉仕で、収入はいただきたくないけれども、税金を払った上で収入を受け取り、その後、収入以上の寄付をしているそうです。

自分で手取りでもらったぶんは必ず、命乞い形代、位上げなどで寄付をされるので、ワールドメイトへの寄付のナンバーワンは、毎回、深見先生であるということを聞いたことがあります。

命乞い形代、パースの位上げでも。個人のお玉串が一番高いのは深見先生で、トップの寄付であったそうです。

さらに、カンボジアで、クメール・ルージュの被災者への義捐金も、深見先生個人として、3千万の寄付をされたそうですので、豪邸なども一軒も建てることなく、慈善事業のために自らの財産をなげうって、率先して活動をされているのだと思います。

神事のお取り次ぎをする際には、大勢の方の霊障が飛んできて、毎回霊的に苦しいことと思われます。しかし、そうした神事のお取り次ぎを喜びとし、真っ白なお心で、お取り次ぎを何十年も続けられる深見先生は、実に素晴らしいと思います。

また、オペラや合唱やいろいろな関係者にも、ら自腹で差し入れをされたりするのも、深見先生の感謝の気持ちをかたちに表したということだと思います。アンチの人が、深見先生が自腹で差し入れをされたことについて、あたかも会員の玉串での差し入れ」であるかのように嘘を書いていますが、全く嘘ですね。深見先生はワールドメイトからお給料としていただいている以上にご寄付をされていて、差し入れだって自腹でされているのです。アンチの方は、差し入れが羨ましくてしょうがないのでしょうね。深見先生に振り向いて欲しくて構ってもらいたくて仕方ないご様子です。自称元・会員コト馬さんは、深見先生の熱血ファンであると公言していましたからね。


ワールドメイトからいただいた収入は、全部、税金以外を全部 ワールドメイトに寄付し、いつも先生が寄付トップなのです。こんなことしている教祖はいませんよと、税理士、公認会計士にも感心されていて、みなさん、先生の大ファンであるそうです。

税理士さんの話によると、どこの宗教団体の教祖も、深見先生ほど、自分がリーダーをしている団体に率先して寄付をされていたり、その他の慈善事業に寄付をされている方はあまりないそうです。

先日、名古屋の国税局が、ワールドメイトの税務調査に来たそうですが、きっと、お宅の教祖は全くきれいですね、と感心されたのではないでしょうか。数年前に、嘘のタレコミによってマルサの強制調査が入ったときも、結局、全部経理がきれいだったので、なんのおとがめもなかったのです。

このように経理がきっちりしていて、先日の税務調査でも課税されなかった宗教団体が、収益事業をしているわけがありません。ですから、アンチの人が「ワールドメイトは霊感商法をしている」などと悪口を書いているのは、完全なる真っ赤な嘘であり、なんらかの策略のもと、集団で中傷しているとしか思えないのです。


(※ちなみに、私は、「ぜんじ」「女朝青龍」「おにぎり」「うんこーいち」「ブクイ」「WM職員」「コロッケ三個」「豚停止由美子」「豚停止口蹄疫」「宮崎家畜豚停止」「住熊豚停止ユミコーン@ノータリン」「豚停止住熊ユミコーン小荒ブタ」「豚停止膿子ノータリン」「芦屋支部長」「住豚」「住豚女朝青龍」ではありません。2ちゃんねるを荒らすどころか、書きこみをしたこともありません。さらに、「花火の代金を誤魔化して着服してたのに、どういうコネがあるのか知らないけど、まだスタッフに残ってらっしゃる方」でもありませんし、「訴えられた方」でもありません。嘘はやめましょう。たんなる2ちゃんねるの悪口を信じている会員はいませんよ、アンチさん。私はたんなるいち会員です。アンチの方々は、わたしが誰なのか知りたいようすですが、私は、上記のうち、誰でもありませんので、一方的な断定はお控え下さい。)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は深夜勤務で、今休憩時間ですが、正直ウトウトしてました(^_^;)

しかし‥、メリルさんの書いたblogを読むと、一発で目が覚めましたo(^-^)o

深見先生が、そこまで神様と縁ある人々に、身命を全て捧げるがごとき利他の生き様を貫いておられるとは‥、言葉を失うというか‥涙が出そうになります(ノ_・。)

昭和天皇が、終戦後に戦争責任を問われた時、マッカーサーに頭を下げ、「私の命はどうなってもいいから、国民に食糧を与えて欲しい‥」といった時の姿と、全く同じ境地だと思いました。

さぁ、エネルギーをもらったので、朝までの仕事頑張ります(^0^)/

ライトさんへ

深夜勤務おつかれさまです。わたしも、「住吉熊野道」のメ=リルさんに、いつも元気をいただいています。
神事での深見先生のお姿を拝見しただけでも涙が出そうになりますが、福祉でも芸術でも、どんなエピソードを聞いても、胸が温かくなり、思わず涙腺が緩んでしまいますね。
無私を貫いておられる姿勢は誰にも真似できない尊い姿だと思います。
深見先生の話を聞くとエネルギーに満ち満ちてきますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。