2010/07/18

「やや日刊カルト新聞」記事関連:事実無根の書きこみに対しての反論(前篇)

ワールドメイトブログ「住吉熊野道」の前記事
日刊カルト新聞に欠落している真実:ワールドメイトにはもんだいは一切ない

をお読みになり、こちらが「大丈夫ですか?」と心配してしまうような連続投稿がありました。最初の投稿が字数にして3万字程度でしたが、よく見たら、同じ内容を10回も繰り返し貼り付けただけの嫌がらせでした。

率直に言って、「よほど、アンチの方に 都 合 の 悪 い 内容だったのだな」という印象でした。
だって、エキセントリックで支離滅裂な反論を、いきなり10回も繰り返し貼り付けてくるなんて、今までなかったことでしたので。

ワールドメイトの中傷をすることを生きがいにしている方が、拙ブログのコメント欄を荒らして楽しんでおられるようです。もしくは、よほど、拙ブログが、都 合 が 悪 い 内容であったために、嫌がらせをするよう、圧力がかったのかもしれません。

たった一人の人が、熱心に荒らし行為をされているようです。どうも、最近2ちゃんねるで暴れている方と同一人物のように思われますが、それにしても、毎日毎日、そのような長文を書く時間と労力があるものだと感心いたします。なぜ、一日中、荒らし行為をできるのでしょうか? いったい、どのような職業の方なのでしょうか? 荒らし行為が加熱すればするほど、不審は募るばかりです。某組織からお金をもらって、一日中、事実無根の悪口を書き続けているという話に、どんどん裏付けを自分で足して下さっていますね。もう少しうまくやった方がいいのではと、そんな心配までしてしまいます。

内容に関しては、全てが偏見に満ちており、どこにも、事実は一つも見られません。2ちゃんねるでの意味不明な中傷が事実無根であるのと同じようなものです。いちいち指摘するのも馬鹿らしいですが、いちおう、違っている箇所の幾つかを指摘させていただこうと思います。


(「住吉熊野道」の前記事より)
ワールドメイト深見東州先生も、本当に善良なグループだと思います。先日、「やや日刊カルト新聞」というブログにて、ワールドメイトがもんだいのあるところだという見解が書いてありましたが、ワールドメイトの現状を知らない方が書かれたのではないかと思います。
たしかに、17年前の1993年とか1994年とかは、別派騒動があり、首謀者がリーダーの深見先生の社会的地位を低下させるために、ありもしないトラブルをあちこちにタレ込んだり、裁判を次々起こしたりなどの、破壊活動とそれへの攻防があったのは知っています。



(事実無根のコメントより)
会員なのに随分昔のことを、ご存知なんだねえ住熊豚停止はwww 普通は昔の過ちなんて一般会員には一切言わないもんだぜ、臭い物には蓋をするってなwwwww 17年前なんて、よく正確に覚えてるもんだ。 「別派騒動があり、首謀者がリーダーの深見先生の社会的地位を低下させるために、」 これも全部ワールドメイト側の言い分しか、聞いたことが無いんだけど。 実際には、ひょっとしたらワールドメイトをやめた人たちの糾弾活動だった可能性もある。 情報がワー側からしか出てこなかったし、マスコミもワーのほうをメインにしてたしさ。 今までの裁判沙汰(民事訴訟10連敗ww)でも、ワー側の言い分しか聞いたことが無いんだよね。




まず、わたしは、17年前のことなので、正確に、日時を覚えてはおりません。わたしの当時のメモには「平成5年」とあり、そもそも、ワールドメイトのこれまでの郵送物や公式サイトの中でも、分派活動のことを「平成5年」と書いてありますよ。平成5年なら17年前ですよね。「よく正確に覚えてるもんだ」なんて、まるで人が覚えていることが悪い事のような、支離滅裂な言いがかりをつける前に、よく確認してみたらいいと思います。

それに、当時、会員であった人ならば、17年前のことを覚えていない方は、まずおられないだろうと思います。平和で穏やかなワールドメイトの歴史の中で、唯一のショッキングな出来事でしたから。ある日突然、別派活動を推進する人たちが支部に急に来たり、ワールドメイトとは相容れないようなおかしな話をしていったり(ワールドメイトが嫌なら、破壊活動とかせずに、自分達で宗教を起こせばいいのに、と当時のわたしは真剣に思いました)そうかと思えば突然、何の前触れもなく、支部にマルサがやってきたこともありました。そのような出来事を忘れられるはずはありません。

わたしは、こうした出来事について、反ワールドメイト側の言い分ばかりが、ネット上で一人歩きしている状態となることを危惧しています。ワールドメイトからは、ほとんど情報発信もなく、反ワールドメイト側の人ばかりが、一生懸命、ネットでおかしなことを書き続けています。ワールドメイトを中傷して貶めようとする、組織の方がお金を出しておられるそうなので、仕方のないことだとは思います。しかし、黙ってみていられないので、わかる範囲で、書かせて頂いているのです。

じつは、本日、「今までの裁判沙汰(民事訴訟10連敗ww)」とネットに書いてありますが、本当でしょうか? と本部に電話で問い合わせをしてみました。すると、「全く事実無根の中傷です」ということでした。どうか、お願いですから、嘘 を 書 く の は だ け は や め て ください。


(「住吉熊野道」の前記事より)
しかし、世界中に愛をワールドメイト深見東州先生は、最終的に、別派騒動の首謀者と仲直りしているわけです。首謀者の人が記者会見をし、深見先生と仲直りして、平和的に解決しているわけです。ですから、トラブルがあったとしても、円満に平和に解決しているという真実も、書くのが、公平であると思います。



(事実無根のコメントより)
仲直りしたんじゃなくて、恫喝して黙らせただけじゃないの? バックに政治家(たいていはマル暴飼ってたりしてるよwww)がいたり、ワーの関連団体の役員やってる弁護士がいたり、状況的には「円満に平和に解決している」のは、ワー側だけの言い分にしか見えない。またワー側の妄想に、付き合わされた感じだな。



日時は覚えていませんが、当時の記者会見のようすはわたしたちも聞きましたし、どこかの裁判資料としても提出されていると聞きました。そういう事実があっても「妄想」? わたしには、何の証拠もなく「恫喝して黙らせただけじゃないの?」とか、思い込みをあたかも事実のように書き連ねるあなたの書き込みの方が、客観的に見て妄想だと思えます。

恫喝したとしたら、とても、あのように平和に仲直りできるはずはありません。そして、ワールドメイトのバックに、そんな恫喝して物事をおさめるほどの力がある政治家がバックにいるなんて、聞いた事もありません。そもそも、そういう人がいたら、あんなふうにマスコミに面白おかしく扱われるはずがありません。そのように、よく読むとこの方の書き込みは、完全に矛盾した言いがかりである事が分かります。また事実として、当時、「恫喝して黙らせた」云々という噂も一つも聞いたことがありません。

後から何の証拠もなく、「あのときはこうだったんじゃないの?」などと、どのようにもいちゃもんをつけようと思えばつけられるものですが、本当に、平和的な解決だったことは、当時の会員でしたら、みんな覚えておられると思います。とくに、当時は、ワールドメイトの言い分などは、全く流れることなく、首謀者がリーダーの深見先生の社会的地位を低下させるために、ありもしないトラブルをあちこちにタレ込んだり、裁判を次々起こしたりなどの破壊活動にまつわる嘘の噂ばかりが飛び交っていました。しかし、その噂の中にも、「恫喝」などという単語は一度も聞いたことがありません。まったくのでっち上げです。どうも、当時、会員ではなかった方が、荒らし行為をされているようですね。

そして、あなたに指示を出している組織では、バックの「政治家」が恫喝したり、「マル暴を飼う」というのが、日常茶飯事になっているのだということが、今回よく分かりました。

これほどストレートに馬脚をあらわした書き込みを、久しぶりに見た気がします。このブログを読んで下さっている皆様、こういうところを是非チェックして頂きたいと思います。




(「住吉熊野道」の前記事より)
リーダーの深見東州先生が、このたび、警視庁出身の亀井さんと対談されているということは、まず、公安が、深見先生を、もんだいのない人物であると、認めているのは確実だと思います。もし、深見先生が、公安に、もんだいあるといわれる人物であったら、亀井さんが対談をされるわけはありません。公安のお墨付きをもらっているからこそ、このたびの対談が実現したというのが実際のところでしょう。



(荒らしコメントより)
それなりの金を出せば、誰だって対談するでしょっ! 今までも土井たか子や村山元首相、マーガレット・サッチャーとも対談してたじゃん。 みんな後になって「え?あそこってワールドメイトって言うの?」とか言って 反省してたよな。



事実無根の中傷はやめてください。あなたは、土井たか子さん、村山元首相、マーガレット・サッチャーさんに、直接聞いたのでしょうか? それに、常識的に考えて、マスコミや記者が「あなたの対談した相手は、もんだいがある人ですが知ってましたか?」というような聞き方をすれば、「知らなかった」と当然言うでしょう。聞く方が誘導すれば、そういう答を引き出すこともマスコミには出来るでしょうし、そのように報道することも当然出来るでしょう。でも実際のところ、相手が誰かを調べることなく、対談をするわけがないと思います。亀井さんは、菱研の顧問でもありますから、相手が誰かはわからないわけがありません。常識で考えて、警視庁出身の亀井さんが、公安が、もんだいあるという人物とお付き合いするわけがありません。


(「住吉熊野道」の前記事より)
そして、深見先生が在福岡カンボジア王国名誉領事をされているということは、外務省より、もんだいないというお墨付きをもらっているということでしょう。外務省が、もんだいがあると言う人物が、カンボジア王国の名誉領事になどなれるわけはありません。



(荒らしコメントより)
で「公安のお墨付き」って何よ? 公安に聞いて、もし「そんなの出してないよ」って言われたら、虚偽申告かなんかで刑事告訴しよっかな?wwwウソつきは泥棒の始まりだぜ、住熊豚停止ちゃんwww あ、会員から玉串泥棒してたんだよな、もう泥棒だからいいのか・・・・wwwww



わたしのブログに書いてある真実が、ワールドメイトを貶める活動の障害となっており、あなたにとって 都 合 が 悪 い からと言って、私を 恫 喝 す る のは止めて下さい。刑事告訴でもなんでもご自由にどうぞ。私はいかなる脅しにも屈しません。

また、私の記事が、お金をもらって、反ワールドメイト活動を展開する数名の方にとって、都合が悪いからという理由で、「住熊豚停止」とか、「泥棒」呼ばわりするのは、どうかやめて下さい。私は、自分の意見を表明しているだけです。泥棒ではありません。また、豚停止などという屈辱的な呼び名は金輪際止めて下さい。わたしは豚でもないですし、そのように呼ばれる筋合いは一切ありません。

(つづく)

(※ちなみに、私は、「ぜんじ」「女朝青龍」「おにぎり」「うんこーいち」「ブクイ」「WM職員」「コロッケ三個」「豚停止由美子」「豚停止口蹄疫」「宮崎家畜豚停止」「住熊豚停止ユミコーン@ノータリン」「豚停止住熊ユミコーン小荒ブタ」ではありません。たんなるいち会員です。アンチの方々は、わたしが誰なのか知りたいようすですが、私は、上記のうち、誰でもありませんので、一方的な断定はお控え下さい。)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ワールドメイトを貶めるつもりが、逆に墓穴を掘っているアンチ(いつものことですね)

いつも、楽しみに記事を読ませて頂いております。

『刑事告訴しよっかな』で、お茶を吹き出しました。

告訴って、あんた誰ですか(笑)。荒唐無稽な『告訴』とやらをして、警察に正体が判明して困るのは、この人のほうだと思うけど、存分にやったらいいんじゃないですかね。

それよりもメリルさん、この書き込みの人を、逆に刑事告訴した方がいいんじゃないですか。人を「泥棒」呼ばわりするのは、どう見たって名誉毀損でしょう。

他にもツッコミどころ満載で、久々に爆笑ものでした。今後も、こういう脅しに屈しないで、頑張って下さい。