--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/28

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」のイメージ戦略(ワールドメイトの自称退会者による、曖昧な記憶による発言に抗議いたします)

ワールドメイト自称退会者による、「住吉熊野道」への誹謗中傷について、記事の削除もしくは訂正を求めます。それは、サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」と題するブログです。


最近、サルさんが、『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道というシリーズで、よく意味がわからない批判をされておられたようです。どうやら、『ぜんじ』なる正体不明のワールドメイト会員らしき方(退会者による自演の可能性も高い)の、書きこみのマナーが悪いという理由で、ワールドメイトの本質は最低だ、という結論であるようです。しかし、そもそも、『ぜんじ』なる正体不明の方を、ネットで見かけることもありませんし、私のことではありません。そして、そもそも、ワールドメイトがいいか悪いかは、リーダーの深見東州先生の力量やお人柄で判断するべきものだと思います。
前提も、結論にも随所に矛盾が見られますので、一つ一つ、紹介させていただこうと思います。



『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道(12)への反論



ワールドメイトWikipediaノートページには、分派活動の首謀者がセクハラ裁判なるものを起こした経緯に関する記述がありました。

平成5年の昔も、今も、セクハラ裁判の原告は、分派活動の首謀者Mの部下が、分派活動の一環として行ったということ に、変わりないと思います。『ゼンボウ』以外の当時の週刊誌も、その旨、掲載されています。Gplus307 さんは、自分の記憶違いをもとに、虚偽の内容を繰り返し掲載するのはご遠慮いただきたいと思います。Gplus307 さんは、昔会員だったそうですが、分派活動の首謀者のお仲間ですか? そうでなければ、検索して出てきた、当時の雑誌記事を掲載いたしますので、それを読 んで、ご納得いただければと思います。 『新雑誌』平成5年7月号に、分派活動の首謀者は、『「セクハラ訴訟」の原告の女性たち全てが「コスモメイト」に所属していた時の上司であった、という人 物である。』 『微笑』平成6年1月に、「コスモメイトの有力幹部が分派活動をしていて、それが発覚。辞職させられたことへの、意趣返しとして、ありもし ない不当労働行為やらセクハラを持ちだしたのです。」という記述があります。--119.107.219.89 2009年12月29日 (火) 04:52 (UTC)

(コメント)記憶ということでしたら、当時、分派活動の首謀者のM氏の部下のうちでも、最もM氏と関わりの強い秘書 ら2名が原告だったと思いますが、不審な点はありましたよね。まず、深見氏は、常に身近に秘書をおかれ、秘書と同一行動をとられている(『なぜ人は神を求 めるのか』より)のに、事件の目撃者がいないことがあげられます。また、M氏にべったりの秘書らが、いつ、深見氏と二人きりになったのか、そんなチャンス はまずないと考えてよいのではないでしょうか。M氏と秘書らがべったりだったのは、周知の事実ですし、M氏は、離婚歴が3回だか4回だかあって、そっちの ほうはお得意ですから、言い方悪いですが、「うまくたらしこんだな」みたいな印象ですよ。挙げ句の果てには、M氏が行方不明になって、分派活動の実行者た ちも、途方にくれたというお粗末な結末ですよね。それに対し、深見氏が温情により、また、裁判官のすすめにより、解決金を払ったわけでしょ(『微笑』よ り)。・・・と、いうような内容が書いてあれば、さすがに、ワールドメイト側に都合の良い推論が書いてあると言えるでしょうが、7G4E4571様の記述 は、両方の言い分を並記している中立的な記述だと考えます。Gplus307 様も、記憶に頼らずに、記述に頼るべきでしょう。Gplus307 様が根拠を示されない限り、7G4E4571様のもとの記述のまま、に同意です。--119.107.210.242 2009年12月31日 (木) 09:39 (UTC)


サルさんは、上記の記述にはまったく反論できないようで、スルーされています。

要するに、M氏という分派運動の首謀者の秘書が、M氏にそそのかされてセクハラ裁判なるものを起こしたという記憶を持っておられる方もおられるようです。サルさんとは全く正反対の記憶だと思います。

このように、記憶というのは、本当に曖昧です。サルさんも記憶などという曖昧なものに頼らずに、事実勝負でお願いしたいと思います。少なくても、毎記事で、嘘だけは書かないでいただきたいと思います。


そして、私の考えはまったく変わりません。以前から書かせて頂いておりますが、何度でも、言わせていただこうと存じます。


世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログのサルさんという管理人は、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。ワールドメイトの素晴らしい事実を曲げて、まるで悪いことをしているかのようにニセ情報を流しています。そして、深見先生が本当は仰っていないことであるという自覚がありながら、平気で、深見先生が仰ったという事実無根の嘘を書いています(本人の弁より明白)。信用しないようにお気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

深見先生はいつも通りですね

神も仏も名無しさん:2010/06 /01(火) 01:21:23 ID:nZPPPBRy
>森元首相に寄付したこともなければ、通路の入り口ですれ違って、あいさつをする仲というくらいの浅い付き合いです。
その割には、二人ともずいぶん親密そうだね。
とても「通路の入り口ですれ違って、あいさつをする仲」には見えないんだけどさ。

という書きこみを見ました。いつも、深見先生は、わたしたち会員にあのような親密な態度ですよ。深見先生は、相手が会員でも政治家でも、態度が変わらないようですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。