--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/23

「世界中に愛をワールドメイト入門」の侵害発言(信仰の自由を侵害する発言に抗議いたします)

ワールドメイト「住吉熊野道」への誹謗中傷について、記事の削除もしくは訂正を求めます。それは、「世界中に愛をワールドメイト入門」と題するブログです。


最近、雌鳥ブラスバンドさんが、『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道というシリーズで、よく意味がわからない批判をされておられたようです。どうやら、『ぜんじ』なる正体不明のワールドメイト会員らしき方(退会者による自演の可能性も高い)の、書きこみのマナーが悪いという理由で、ワールドメイトの本質は最低だ、という結論であるようです。しかし、そもそも、『ぜんじ』なる正体不明の方を、ネットで見かけることもありませんし、私のことではありません。そして、そもそも、ワールドメイトがいいか悪いかは、リーダーの深見東州先生の力量やお人柄で判断するべきものだと思います。前提も、結論にも随所に矛盾が見られますので、一つ一つ、紹介させていただこうと思います。




『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道(9)への反論





サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの記事:
神事に効果がなかったのは色々と理由が考えられますが、以下の3つのうちのいずれかが、その理由として可能性が高い と思われます。
①ワールドメイトは会員から玉串を詐取するために霊感商法を行っ た。
②ワールドメイトは反社会宗教組織であるために、会員という社会の構成員に対して反社会活動を行った。
③ワールドメイトは「祈れば景 気が回復する」という非科学的教義を信じる精神病疾患者の集団であった。
ただ上記3点以外の可能性を言及される前に、教祖以下、全員が③に該当しないというのであれば、是非教祖以下全スタッフの精神鑑定書をご提示下さ い。
少なくとも万人が納得する客観的証拠を提示することなく、ただただ反論するのであればそれは単なる言い訳であり、何の説得力もありません。
加 えてワールドメイトは会員対し、神業保証人制度なるものを強要したのですから、教祖以下スタッフ全員はご自身が正気の人間であることをまず何よりも証明す るべきではないかと思います。
ワールドメイトの、宗教団体としての健全性を証明し、霊感商法に一切関与していない、というその証明のためにも。





昨年11月におこった「ドバイ・ショック」は、神様が何度も警告された、「11月から12月にかけての第二経済危機」の兆しでした。昨年2月、岩木山の神様より、「11月頃より一層深刻な国情とならん。そこがどん底なり」というご神示があり、みんなでご祈願を続けていたのです。昨年末に、「11月から12月にかけて」、ドバイ・ショックを引き金に、大きな危機がやってこようとしていましたが、世界不況となる瀬戸際で食い止めることができたのです。神様がおっしゃったことは、寸分の狂いもなかったことがわかります。のちに、昨年一年間のいろいろな神事を行っていなければ、ドバイ・ショックから、もっと激しい形で円高が進んでおり、それで、輸出産業が大打撃を受け、関西、名古屋を中心に、経済がボロボロになる可能性があったということがあかされました

私達会員は、自分の身の上のことでも証を頂いています。そして、実在の神を実感しており、こうしたワールドメイトの教えを信じています。それは、自分の身の上の小さなことでも、いろいろな証を体験していますし、ワールドメイトの教えが素晴らしいし、納得でき、説得力のあるものだからです。

宗教は非科学的なのは当たりまえです。心の話ですから。ワールドメイトは、玉串を搾取できるはずはありません。また、反社会活動を行えるはずはありません。そんなことをしていたら、とっくの昔に、なにかトラブルが噴出しているはずですが、ワールドメイトにはそのような兆候は見られません。
宗教の教えは、万人が納得するものではなく、信じている人が納得するものであるということは当然だと思います。正直、非科学的なことは、世の中にごまんとあります。科学で証明できないことはごまんとあります。非科学的なことを信じるだけで、精神異常だと言えるのでしょうか? たとえば、幸せの黄色いハンカチというジンクスがありますが、科学的に証明できません。幸せの黄色いハンカチを信じることは精神異常なのでしょうか。また、黄色い財布は金運が来るというジンクスがありますが、これを信じている人は精神異常なのでしょうか。ゲンをかつぐということはよくありますが、非科学的なことだから、精神異常の人がすることだというのでしょうか。

非科学的なことを信じている人は、決してめずらしいとはいえません。自分が理解できない人を、精神異常であると決めつけるのは、それこそ論理的ではありません。宗教を信じることは、精神的に異常なことではありません。信仰の自由とは憲法でも保障されています。

一神教を信じている人からすれば、多神教を信じている人はおかしいと思える気持ちは理解出来ます。特定の宗教を信じている人からすれば、自分の教えを反する教えを信じている人はおかしいと思ってしまうものだと思います。ですから、無神論者の人にとっては、宗教を信じているだけでおかしいと思ってしまう気持ちは理解出来ます。しかし、宗教を信じるということは、精神が異常であるということではありません。もし、信仰が精神異常であるというのならば、地球上の九割以上もの人間が精神異常であるということになってしまいます。

たとえば、サルさんは、神社に初詣に行ったり、おみくじを枝に結びつけたり、お寺でお葬式をしたり、されないのでしょうか。すべて、日本という文化と結びついた宗教のかたちです。知らず知らず、サルさんも宗教に関わっているのです。

そういう知識のないままに、自分は神なんか信じていないからと、宗教を否定するのは、おかしなことに思えます。宗教とは、多くは、文化や風土と結びついて生まれています。ワールドメイトの神道は、とくに、日本固有の文化が背景となって生まれた教えです。

ですから、ワールドメイトは宗教っぽくなくて、明るく楽しいのです。サルさんだって、神道と関わって生きているのに、神道を掘り下げた教えを理解できないというだけで、「精神異常」というレッテルを貼り、侮辱するのはいかがなものかと思います。

サルさんは、まず、宗教を理由とした差別をしてはいけないと憲法で規定されているということをご理解されたほうがいいと思いますよ。日本の国籍を所有している成人は、宗教を理由とした差別をしてはいけないことになっているのです。それができないということは、大人げないと思います。







そして、私の考えはまったく変わりません。以前から書かせて頂いておりますが、何度でも、言わせていただこうと存じます。



世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログのサルさんという管理人は、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。ワールドメイトの素晴らしい事実を曲げて、まるで悪いことをしているかのようにニセ情報を流しています。そして、深見先生が本当は仰っていないことであるという自覚がありながら、平気で、深見先生が仰ったという事実無根の嘘を書いています(本人の弁より明白)。信用しないようにお気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。