--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/22

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」の侮辱(ワールドメイトの自称退会者による、根拠なき侮辱に対し、抗議いたします)

ワールドメイト自称退会者による、「住吉熊野道」への誹謗中傷について、記事の削除もしくは訂正を求めます。それは、サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」と題するブログです。


最近、サルさんが、『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道というシリーズで、よく意味がわからない批判をされておられたようです。どうやら、『ぜんじ』なる正体不明のワールドメイト会員らしき方(退会者による自演の可能性も高い)の、書きこみのマナーが悪いという理由で、ワールドメイトの本質は最低だ、という結論であるようです。しかし、そもそも、『ぜんじ』なる正体不明の方は、今はもうおられません。そして、そもそも、ワールドメイトがいいか悪いかは、リーダーの深見東州先生の力量やお人柄で判断するべきものだと思います。
前提も、結論にも随所に矛盾が見られますので、一つ一つ、紹介させていただこうと思います。




『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道(8)への反論





サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの記事:
……裁判の公式な陳述書を読むと「邪気紊乱」に 感じられて気分が悪くなってしまう……と。悪いことは申しませんから、一度精神科を受診されてはいかがですか?どう考えても異常です。そのうちに一般社会じゃ通用しない人間になってしまうかもしれませんよ。




サルさんは、私のことを、どう考えても「異常」であるとおっしゃっています。そして、そのうちに一般社会じゃ通用しない人間になってしまう、などと脅迫されています。私は、ワールドメイトの会員として長く続けていますが、一般社会で普通に生きています。サルさんは、会員を恐怖に陥れ、会員をやめさせようとたくらんでおられるのでしょうか。「私が邪気紊乱に感じられる」という感覚をもっていることを「異常」と決めつける根拠は、何も示されていません。それこそ、感覚的に「異常」と決めつけられているのです。
要するに、サルさんの決めつけは、根拠もない感覚的なものということです。感覚的に、どう考えても「異常」であると断定し、脅す、というのがサルさんの論理構成です。
ワールドメイトでは脅しは一切聞いたことも見たこともありません。しかし、自称退会者によるブログは、感覚的な決めつけと脅しにあふれているようです。そうした文章を見て、「邪気紊乱」に感じる神経は、私は正常だと思います。
私のことを、精神異常者であると根拠なく一方的に断定し、脅迫するような記事を掲載するのはやめていただけませんでしょうか。そこまで見ず知らずの方に侮辱されるいわれはないと思います。




サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの記事:
私の考えでは、根本さんの陳述書を読んで、 信仰心のぶれない人が本物の神柱である、という解釈が成り立ちます。





そもそも、根本さんの陳述書を読んで信仰心がぶれるような人は、滅多にいないでしょう。私が、根本さんの陳述書を読まないように進めたのは、別に、信仰心がぶれる人が出てくることを心配したわけではありません。一私人である根本さんという退会者の陳述書などというものを読むのは、全くの時間の無駄であると考えたからです。そのような時間があるのでしたら、中国の古典をよんだり、文学の名著を読んだり、名画を見たり、もっと有意義な時間の使い方をしたほうが、人生にとって有益だと思います。プライベートな限られた時間を、より尊い有意義なものを読むほうに費やしたほうが、有益であると考えたからです。根本さんの陳述書を読んでも、なにも人生にプラスになるようなことを悟ることはないと思います。




そして、私の考えはまったく変わりません。以前から書かせて頂いておりますが、何度でも、言わせていただこうと存じます。



世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログのサルさんという管理人は、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。ワールドメイトの素晴らしい事実を曲げて、まるで悪いことをしているかのようにニセ情報を流しています。そして、深見先生が本当は仰っていないことであるという自覚がありながら、平気で、深見先生が仰ったという事実無根の嘘を書いています(本人の弁より明白)。信用しないようにお気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。