--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/19

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」の誤り(ワールドメイトの自称退会者による、意味不明な中傷の訂正を求めます)

ワールドメイト自称退会者による、「住吉熊野道」への誹謗中傷について、記事の削除もしくは訂正を求めます。それは、サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」と題するブログです。
最近、サルさんが、『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道というシリーズで、よく意味がわからない批判をされておられたようです。どうやら、『ぜんじ』なる正体不明のワールドメイト会員らしき方(退会者による自演の可能性も高い)の、書きこみのマナーが悪いという理由で、ワールドメイトの本質は最低だ、という結論であるようです。しかし、そもそも、『ぜんじ』なる正体不明の方は、今はもうおられません。そして、そもそも、ワールドメイトがいいか悪いかは、リーダーの深見東州先生の力量やお人柄で判断するべきものだと思います。 前提も、結論にも随所に矛盾が見られますので、一つ一つ、紹介させていただこうと思います。

『ぜんじ』の系譜に連なる住吉熊野道(7)への反論

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの記事: 私はそんな神示聞いたことがありません。・・・(だから)後出し神示であるとの理解をしています。

サルさんは、ご自分がそんな神示を聞いたことがないから、神示は後出しであると勝手に理解されているそうです。いつ退会されたのかわかりませんが、退会されているのでしたら、神示を聞いたことがなくても無理はないでしょう。自分が全ての神示を知っているはず、というのは、すごい自信ですが、もう少し謙虚に、自分が理解が浅いだけ、知らないだけなんだということを、ご自分で自覚されたほうがいいと思います。「後出し神示」なる造語を初めて聞きましたが、深見先生がそのようなことをされているのを一度も見たことも聞いたこともありません。また、嘘を書かないでください。神示が出ていてもしばらく発表されずに、時間がたってから発表されることはあるいはあるかもしれません。深見先生への悪いイメージを、無理矢理作り出して、事実無根のイメージ操作を行おうという目的が見え見えですね。とにかく、嘘の記事を書くのは、もうやめていただきたいと思います。とくに、サルさんは、ワールドメイトの神様を信じておられないようです。無神論者であるのはけっこうですが、信仰をもつ人の自由を認めていただきたいものです。ことばの宗教弾圧だとしか思えません。興味がないのなら、放っておいていただきたいものです。ワールドメイトを批判するのがお金になるから、されているのでしょうかと本気で思ってしまいます。とくに、サルさんは、お金にまつわる嘘記事も多いようですので。

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの記事: 西谷氏は今でも会員を続けているのですか? では会員である証明を西谷氏にしていただいたらどうですか?

などとサルさんがおっしゃっていますが、そのような個人情報を、ワールドメイトが漏らすことはありえないでしょう。インターネット上でいくら質問をしても無駄だと思います。西谷氏や新田氏より古いスタッフさんも多くおられるそうですし、七澤先生、笹先生、またオバマにそっくりな坂本さんというスタッフの方も同じくらい古いのに、退会されていないですよね。退会したい方は自由に退会できる、宗教団体はいいと思います。西谷先生も、新田先生も、mixiで人気のようですし、それはそれでいいと思います。ワールドメイトでの活動はなにも無駄になっていないですよね。

ワールドメイトで御神業をしたことは、必ず、あとで自分のためになりますし、神様が受け取ってくださっていると思います。それでいいと思います。それぞれの天命があるのですから、全世界の人が宗教を極める、という星のもとに生まれてきているわけではないでしょう。御神業の道を貫き通す人もいれば、別の天命の人は、別の天命を極めるという選択ができる宗教団体は素晴らしいですよね。強制もなにもないワールドメイトならではだと思います。

そして、私の考えはまったく変わりません。以前から書かせて頂いておりますが、何度でも、言わせていただこうと存じます。

世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログのサルさんという管理人は、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。ワールドメイトの素晴らしい事実を曲げて、まるで悪いことをしているかのようにニセ情報を流しています。そして、深見先生が本当は仰っていないことであるという自覚がありながら、平気で、深見先生が仰ったという事実無根の嘘を書いています(本人の弁より明白)。信用しないようにお気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シディアス卿相変わらず理解力なさすぎ発言

『ゴッドファーザー』は単なる組織犯罪やギャングの物語ではなく、家族の愛憎とファミリーを守ろうとする男たちの姿が主要なテーマである。
(ウィキペディアより)
シディアス卿は、ゴッドファーザーについて「あの映画で主人公は自分の兄を部下にころさせます。本当に素晴らしい家族愛ですね(笑) 」という理解しかできないようです。素晴らしく浅い理解力ですね。
ワールドメイトを擁護する人を全員、職員だと決めつけるのはやめてください。私は職員ではありません。そして、「人をころすことすら愛に変えてしまうのがWM」だということはがゴッドファーザーにより明らかになることは未来永劫にありません。支離滅裂な発言は 相 変 わ ら ず ですね。シディアス卿はなにをそんなに 焦 っ て い る のでしょうか。
や れ や れ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。