--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/22

アタールの真実2

アタールについて、相変わらず、あらぬ憶測がネット上でちらほら見え隠れしているようです。こういうときに、動揺すると、負けです(って、「何に?」と一人つっこみ)。

今回の、アタールの解散については、非常に、論理明快に、メルマガでご説明がありました。しかも、今回のメルマガでは、神学びの要素もありましたので、誰だって、関心することしきりだったはずなのです。メルマガも、毎回、深淵な教えが含まれており、しかも、最高傑作のメルマガが、最近、数多く出ています。あのような素晴らしいメルマガを読むと、誰だったって、幸せを感じることでしょう。


↓ところで、本日見つけた、イミフな書きこみです。

◎アタールの鑑定士のチャージバックがなくなるそうですが
約束が違うと許せない会員さんは国民生活センターへ駆け込みましょう
7月末でアタール解散らしいから早い方がいいよ


あの、「国民生活センター」って、
マルチ商法で騙された人とか、オレオレ詐欺で振り込んじゃった人が
相談をするところですよね。

すでに占い師になっている人は、お金を払う必要も一切ないし、
いったい、なんのトラブルにあうというのでしょうか?

そして、約束とはいったいなんの約束のことでしょう?
アタールが占い師になにか、将来の約束でもしていたのでしょうか。

言っている内容が支離滅裂で、意図がよくわかりませんが、
国民生活センターに駆け込んだところで、恥をかくのは自分です。

国民生活センターに駆け込んだところで、交通費、電話代の無駄、
そして、恥のかき損ということになります。

なるほど。
無駄に、国民生活センターに駆け込ませて、恥をかかせることが、
この書きこみをした人の目的というわけですか。
それなら、納得がいきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。