--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/17

ワールドメイトのような神道系統の宗教団体は自由で解放的

世界中ワールドメイトのような神道系統の宗教団体は、どこも自由で開放的であるところが多いようです。

まず、神社は来る者拒まず、去る者追わずというように、どこの宗派の方だとしても参拝を拒むことはありません。

ワールドメイトは宗派に寄らず、どなたでも入会できて神学びができるということがふつうの宗教にはありえないのではないかと思います。

神道系統の宗教団体は、退会も自由にできるところが多いようです。以前、金光教のような神道系のところは、幸せになって、ありがとうございます~と感謝してやめていく方もおられる、と聞いたことがあります。ワールドメイトと似てるところがあるな~と思ったものです。

ワールドメイトの場合、神様にご祈願し、自分の悩みが解決する方法が学べますので、明るく幸せになったら、自分の興味のある分野をさせていただきます~とやめていく方もおられるのは事実だと思います。


私の身近でも、明るくやめていった方は何人かおられますね。

海外に転勤が決まったのでいったん退会します~、子育てに忙しいし生活費がぎりぎりになったから退会します~、子供の不登校も収まったし我が家も平和になったのでもう大丈夫だから退会します~、仕事がハードになってちょっとなにもできないのでお休みします~などという理由で、明るく、幸せになって退会していかれた方がおられました。

みなさんに共通しておられるのは、ワールドメイトで幸せになって、気軽に明るく退会されていったということかもしれません。


たとえば、これが仏教系統だと、先祖の因縁がどうの、という話になったりします。因縁というものは、そんなにすぐに晴れるものでもありませんし、先祖は遡れば何万人といるわけですから、なかなか悩みが解決しないのです。


その点、神道は、悩みが起こったら、神様にご祈願して神力を発揮して頂き、神様にお任せして解決していただけます。ですから、悩みが解決して良かった~、でも生活費がぎりぎりでお金もないから一旦離れますね~、幸せになって、明るくやめて行かれる方もおられるのです。


人それぞれですから、信仰よりも追及したい道が出来た方や海外に行かれる方などは、自分の人生を追及されるのは結構だと思います。

ワールドメイトを退会したとしても、なにも悪いことは起きませんし、タタリももちろんありません。

たとえ、退会されたとしても、縁あってワールドメイトと出会った方は、みんな幸せになっていただきたいなあと常に思っておられるのが深見先生だと思います。



でも、ワールドメイトで学んだお祈りの仕方、神様への向かい方は、一生の財産です。死してもなお消えることはありません。

たとえほんの一時期でも、一生懸命、自分の時間を使い、労力や神経を使い、真心を神様へ捧げたという事実は、未来永劫に消えることはなく、功績として神界に登録されているものだと思います。深見東州先生も、昔、頑張っておられた方のことを忘れることはないようです。元気にしておられるかな~ときっと気にかけておられると思います。


御神業のお話のときに、昔、だれだれさんがね~と話題に出されるのを聞いたことがありますが、「深見先生は、お世話になった方のことや人の恩などを忘れることはないのだなあ~」と感じたものです。

また、いったん退会された後、再入会される方がけっこうおられるのも、ワールドメイトの特徴だと思います。

先日もそのような古い知り合いに出会って話したのですが、

「なんとなく、ワールドメイト会員でいたときのほうが充実感があったように思ったんですよ。また、退会してから神社でご祈願しても、ワールドメイト会員だったときのような、お祈りの通った~という感触があまりなく、祈願の成就力も違ったような気がして…。再入会して、深見先生のお話を聞いたら、ふつふつと、胸の奥から熱いものがこみ上げてきて、私が求めていたものはこれだったんだ、と今更ながら実感しました。

とおっしゃっていました。

人生山あり、谷ありですから。まっすぐストレートに行く方ばかりではありません。紆余曲折されて、ワールドメイトの素晴らしさを実感されるというのも、また味のある人生ではないかと思った次第です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぺぺいのぺいさんへ

どうぞ、また書きこみに起こしくださいね。

人生山あり谷あり

ワールドメイトに出会って幸せになった方は、山あり谷ありの方が多いように思います。やっぱり、御魂磨きを発願されて生まれてきたからなんでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。