--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/26

ワールドメイト中傷ブログ「世界中に愛をワールドメイト入門」ブログの大きな矛盾7

世界中にワールドメイトを批判しているブログのうちの一つである、”「世界中に愛をワールドメイト入門」(略してサルさか)”というブログで、「住吉熊野道ブログへの反論」という記事が出ておりまして、さらにその反論の続きを書かせて頂いております。

<前回までの「住吉熊野道」の記事>
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾1
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾2
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾3
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾4
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾5
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾6

このサルわかの管理人さんは、世界中に愛をワールドメイトの会員当時、ワールドメイトについて、「理解不能な状態」であり、「どれだけ懸命に理解しようとしても理解でき」なかったそうです。そして、「ワールドメイトは金目当ての団体だ」と決めつけることによって、「ワールドメイトが何の苦もなく理解できるようになった」そうです。つまり、ワールドメイトのポリシー教義、リーダーの深見東州先生の教えについての理解は皆無の方です。そこまでワールドメイトに対して無知な方が、「何も知らない初心者にも理解可能な(サルでもわかる)」入門知識を書こうとは、無謀な試みにしか思えませんが、読めば読むほど、何もワールドメイトを理解されていない方だということがよくわかります。


サルわかの反論:
宗教団体は、税制面で優遇されています。これは国家が宗教というものを特別視しているのではなく、宗教団体は本来、弱者救済の理念に基づいて活動しているのだから、そこに課税するのはおかしい、という考えから税制面での優遇措置が行われているのです。



まず、「宗教団体は本来、弱者救済の理念に基づいて活動しているのだから、そこに課税するのはおかしい」という考えで、税制面での優遇措置が行われている、というサルわかさんの独自な解釈には誤りがみられます。

宗教団体は非営利事業においては非課税ですが、営利事業は課税されます。たとえば、町内会や部活のサークルで、みんなで集めたお金が課税されたらおかしい、のと同様に、宗教団体が受け取る寄付は課税されません。それは、非営利事業だからであり、宗教団体であろうと寄付以外は全て課税されます。

たとえば、宗教団体が職員に支払う給与には源泉徴収税がかかるでしょうし、幼稚園を経営していたり、駐車場を経営していればそれも税金が課されます。物品販売についても課税されるでしょう。

「弱者救済の理念」と課税非課税とは全く関連性がありません。非営利事業は非課税、営利事業は課税されるという法律上のことです。

サルわかさんは、宗教的知識、科学的知識、国会経済に対する知識の全ての面において不十分な方のようですが、税制面においても、知識の欠落が見られるようですね。


サルわかの反論:
たしかにカンボジアなどにワールドメイトは寄付行為を行っていますが、ここまで日本の不況が深刻化するのであれば、本来救わなくてはならない存在、すなわち会員から優先的に救済していくのが筋ではないでしょうか? 開運や、本人の自助努力の成果を待っていたら、救われるものも救われなくなります。



ワールドメイトをなにも理解されていない退会者に、もの申していただきたくはないですが、あなたに言っていただかなくても、エンゼル会でも、誰でも、会員さんの幸せを日々ご祈願し、悩み相談にものったりさせていただいております。カンボジアなど、とあっさりおっしゃっていますが、ワールドメイトは弱者救済の慈善活動をめいっぱい行っています。しかも、会員から優先的に救済させていただいていると思います。

ただ、本人の自助努力なしでは、どんなに環境が整っていても、運気が開かないのは仕方ないと思います。どんなにいい塾に通っても、本人が勉強しないのでは学力が身につくことはないでしょう。本人の自力と他力がスパークして、運が開いていくのは神様のご守護なのです。ワールドメイトへの理解がないようですので仕方がないですが、こうした基礎知識はワールドメイトにご入会されなくても、深見東州先生の著書を読めば書いてあります。


世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」の以前の記事:
全ては、本物の神様がおられるゆにわであるがゆえに、取り次ぐ人の側にも、純粋な真心が求められるということなのです。


サルわかの反論:
残念ながら私には、メ=リルさんの書く文章の行間からは、何の純粋な真心なるものも、人間としての心の温かさも伝わってきませんでした。ただただ、神業から離れた人間に対する傲慢かつ冷酷な姿勢、それのみです。もう少し愛情というものが感じられるものを書かなければ、会員の心はきっと冷めていくことでしょう。


それはたいへん申し訳ございません。あなたのような、世界中に愛をワールドメイトをなにも理解していない方に理解していただければと思って書いたのですが、それでもご理解いただけなかったようで、たいへん残念です。ただし、サルわかさんのおっしゃっている内容には大きな矛盾があります。ですから、あなたの独自なご意見はゆっくり見させていただきましたが、とうてい、納得できる内容ではありません。


サルわかさんのブログについての矛盾

世界中に愛をワールドメイトのポリシー教義深見東州先生の教えについての理解が皆無である。会員であった当時も理解できず、活動をしても理解できなかった。それなのに、何も知らない初心者にも理解可能なレベルのワールドメイト入門知識を書こうとしていること。せめて、ワールドメイトの教義ポリシーを理解した上で、書いてください。

ボランティア精神の理解への欠如ゆえか、お金なんか関係ないから、なにか人のために役立ちたいという奉仕の精神への理解の欠如が見られます。それゆえか、御玉串を国民の義務である税金と同一視され、善意の心を汚しかねない発言をされています。

非営利団体のワールドメイトの深見東州先生を、なぜか、税務署長と呼称していること。

科学的知識の欠落ゆえか、科学と宗教を混同して勘違いをされています。地球=父母、太陽=祖父母、銀河の中心のブラックホール=曾祖父、というトンデモ発言までされています。

財政学知識の欠落ゆえか、国の経済政策と宗教活動を混同して勘違いをされています。日本国憲法で保障された、日本国憲法第25条 
第一項 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
第二項 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
ということを保障すべきは国の責任です。そうした役割を宗教が行うべきだという独自のお考えがあり、ワールドメイトの財産を会員にばらまくべきだとお考えのようです。

・さらに、税務的知識の欠落ゆえか、宗教団体が非課税なのは、弱者救済の理念のためだという独自の解釈をされており、その上、活動が不十分であるとお叱りのご様子です。

・最も大きな矛盾として、ワールドメイトを退会していて、現在のワールドメイトの活動をご存じないのに、ワールドメイトへのクレームをインターネットで一般公開している点があげられます。利害関係者でもないのに、虚偽の内容に基づき、ワールドメイトへのクレームを発信するというのは、なんのためでしょうか。

サルわかさんは、ワールドメイトを金目当てという目線でしか見られなかった方です。こういってはなんですが、ワールドメイトを目の上のたんこぶだと思っている組織からお金をもらって、ワールドメイトを誹謗中傷する目的で、ブログを書いている、と考えると全ての辻褄があいます。

他教団からお金をもらってブログを書いておられる、馬こと元・会員さんの、ワールドメイト元・会員ブログでコメントをしているお仲間さんが、サルわかブログにてもコメントをされておられるようですし。馬さんとサルさんがお仲間で、お金をもらいながら一緒にワールドメイトを誹謗中傷していると考えると、全ての辻褄があうのです。

ですから、私の考えはまったく変わりません。もう一度言わせていただこうと存じます。

「世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログのサルさんという管理人は、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんでもぜんじ軍一人のしたいらしいな

馬さん一味の、虚偽にもとづく誹謗中傷活動が名誉毀損行為である会員は意外と多いということを自覚したらどうかと思います。なんでも、ぜんじ軍、オニギリ、女朝青龍で片付けるのはいい加減やめましょう。ぜんじ軍、オニギリ、女朝青龍だと目星をつけているようなスタッフの方は、忙しくてブログ書く暇なんかないでしょうし、見てないし、関心ないと思いますよ。
馬さん一味の名誉毀損行為に対し、憤りを感じている会員は案外多いのではないでしょうか。谷村くんのことだって、会員の誰も知らないなどと考えるのは浅はかだと思います。無視する人もいれば、違うと主張される方もいるでしょうがね。
某教団からお金をもらうためとはいえ、違法性が高い活動を続けるのはどうかと思いますよ。

ぜんじ軍

ぜんじ軍というからには軍団なんですかね

谷村君がツイッターで学歴コンプレックスのカミングアウト(絶叫)

baka_toshuという谷村のツイートがあまりにもつまらないですね。学歴コンプレックスを露出しなくてもいいと思いますけれどもね。

@leonardtoshu 深見先生のださい作品をほめ讃えてる人って、たいていは高卒の人なんだよな。一流大学卒の人はみんなださいって正直に言ってるよ。

ということは、高卒の谷村君は絶賛されてるんですね。
俺は、世間の人の目から見たら、一流大学に属する大学を卒業していますけれども、深見先生の作品は素直にいいと思います。 要するに、芸術を理解する心と学歴には関連性がないのですよ。世の中の人は誰でも知ってることですよ。谷村君、いいよ別に、学歴コンプレックスをカミングアウトしなくても。

谷村は本気でスキルアップしたほうがいいよ

会員時代の私もそうでしたが、仕事を通して自己のスキルアップを図るとか
もっと前向きに生きることが出来なかったのかと反省しております。

と友恵がいっています。谷村以外のふつうの会員は、前向きに自己のスキルアップを図りながら御神業をしているのです。谷村のように、五股で女遊び、同時プロポーズなどの結婚詐欺に走る会員は、いまだかつていなかったと思います。

谷村は真剣に自己のスキルアップを図るべきだと思いますね。もう、谷村のコメントを読むと萎えます。相手にする気も起こりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。