--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/20

ワールドメイト中傷ブログ「世界中に愛をワールドメイト入門」ブログの大きな矛盾1

世界中にワールドメイトを中傷しているブログのうちの一つである、”「世界中に愛をワールドメイト入門」~人生のア・ラ・カルトを堪能したいあなたに~”というブログに、「住吉熊野道ブログへの反論」という記事が出ているようです。

わたしは、ずっと以前に「世界中に愛をワールドメイト入門ブログがの存在を知りましたが、長らくこのブログを見かけることもなく、まさか住吉熊野道への反論などという記事が出ているなどとは存じ上げておりませんでした。検索でも滅多に上位にランクインすることもないブログのようですから、どうぞお許しください。教えてくださり、ありがとうございました。それにしても、やはりというか、全く反論になっておられないですね。放っておいてもかまわない内容ではありますが、中には誤解される方もいないとも限りませんので、内容を確認させていただこうと思います。

世界中に愛をワールドメイト入門」 :
10月の21日に「世界中に愛をワールドメイトの会員を惑わすブログ」というタイトルで、また住吉熊野道に記事がでました。今度は、当ブログのことが書かれています。とある記事においてこのブログの作者は「頭が悪い」と、とある方にコメントされ、私が「まったくです」と同意したのが、よほど腹に据えかねたのでしょう。


とある記事において、私のことを「頭が悪い」とコメントされていたのも、「世界中に愛をワールドメイト入門」の管理人さんが「まったくです」と同意されてのも、正直、まったく知りませんでした。私は、純粋に、タイトルが気になってブログを読んだところ、「まったくワールドメイトへの理解の浅い方だな。ワールドメイトの入門というよりは、混乱させるだけのブログであるな」と思ったのです。ですから、記事にて取り上げたまでのことです。作者は、多少、自意識過剰な方なのかもしれませんが、安心してください。私は、検索しても上位に来なく、興味がわかないブログは滅多に見ることはありません。今後もそちらのブログを見ることは滅多にないことと存じます。


世界中に愛をワールドメイト会員のブログ「住吉熊野道」以前の記事:
「世界中に愛をワールドメイト入門」という、一見ワールドメイトがよくわかる雰囲気に満ち満ちたブログがあります。しかし、このブログの管理人も、Nさんと同様に、全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。


雌鳥ブラスバンド氏の反論:

念のため申し上げておきますが、私はワールドメイトを理解していないのではなく、会員当時、理解不能な状態だったのです。
ワールドメイトとはやることなすこと矛盾だらけで、どれだけ懸命に理解しようとしても理解することはできませんでした。



雌鳥ブラスバンドさんは、「ワールドメイトを理解していないのではなく、理解不能な状態であった」とおっしゃっていますが、要するに、「理解することはできない」ということだったのですね。その理由を、自分が「理解不能な状態」であったと認めるのかと思いきや、「ワールドメイトはやることなすこと矛盾だらけ」だと、ワールドメイトに責任転嫁しようとされています。

文脈を整理すると、「ワールドメイトを理解していない」「どれだけ懸命に理解しようとしても、理解することはできなかった。」「会員当時、理解不能な状態だった。」「ワールドメイトはやることなすこと矛盾だらけに思えました」ということのようです。

全く、世界中に愛をワールドメイトを理解していない方ですので、お気をつけ下さい。と、指摘した私の意見がその通りであると証明されましたね。ただ、ご自分で正直に認めるのが苦痛だったようで、屈折した表現になられているようです。ワールドメイトを理解されることなくやめた人は、自分がやめたことを正当化するために、ワールドメイトを中傷する人がいると聞きます。どうやら、ワールドメイトへの理解が浅い典型的な退会者であるな、と思った私の第一印象どおりの方であったようです。


雌鳥ブラスバンド氏の反論:
その後、「ワールドメイトは金目当ての団体である」というキーワードを当てはめてみると、ワールドメイトが何の苦もなく理解できるようになりました。このキーワードには何の矛盾もありませんでした。
要するに、世間を賑わす宗教組織と同列に考えればよかったのです。

当然ですが、根本氏も私と同じ理解をしているはずです。そしてその観点から根本氏の陳述書も書かれているはずです。


要するに、雌鳥ブラスバンドさんは、ワールドメイトのポリシー教義、教えを何一つご理解されることなく、勉強されることなく、ワールドメイトは金目当てないわゆる宗教であるというカテゴリーに入れて考えられたということのようです。世の中、金目当てでボランティアをされている方は、ほとんどおられないと思います。また、ワールドメイトの会員だれ一人として、金目当てでワールドメイトの活動に参加されている方もいないと思います。神事はご随意から参加できますし、会費は月1,200円で、たくさん教材もいただけるのです。一人ひとり、生活環境が違いますから、今まで、周囲に金目当ての方しかおられない環境で過ごしてこられたのでしたら、残念ですが、そう解釈されるのも仕方のないことかもしれません。
しかし、ワールドメイトでは、いかなる金銭トラブルも誤解も生じないよう、神仏と社会と人々に、礼と調和を生むあり方を追及しています。ですから、ワールドメイトのポリシーという冊子をお読みになるだけで、会員でなくても、誰でも理解できると思うのです。

雌鳥ブラスバンドさんは、世界中に愛をワールドメイトにご入会後、ワールドメイトのポリシー教義も一切理解されることなく、また、リーダーの深見東州先生の著書や教えにも触れることなく、なにも理解されないまま、「金目当てだろう」と決めつけてしまわれた、ということがよくわかりました。


「世界中に愛をワールドメイト」では、社会貢献と社会性を尊重しています。いかなる金銭トラブルや誤解も生じないよう、神仏と社会と人々に、礼と調和を生むあり方を追求しているそうです。


長くなるので、続きは次回といたします。
「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログの大きな矛盾2
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。