--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/25

深見東州先生の指導や助言は、ワールドメイト現会員の幸せ

ワールドメイト会員の人からなる、エンゼル会の規約には、

本会は、ワールドメイトの教義を信奉し、開祖及び教祖の指導、助言を 仰ぎつつ、公共の福祉及び世界平和のため、「神人合一」の道を学び、「神仕組み」を具現化するワールドメイトの活動に参加し、奉仕の精神をもって神の道を広めるための必要な活動を行うことを目的とする。

と書いてありました。

深見先生の指導、助言を仰ぎつつ、

としっかり書いてありますね。

深見東州先生の指導や助言を仰いで、公共の福祉や世界平和のために、「神人合一」の道を学びたい人の集まりが、エンゼル会員なのです。

深見東州先生の指導をいただくこと、助言をいただくことが、喜びそのものであるのです。

なぜなら、教えを具体的にご説明いただくことで、悟りが深まり、神人合一の度合いが深まるからです。

私自身は、たとえば、支部を名指しでご指導いただくとか助言をいただくということがもしあるならば、喜び以外のなにものでもありません。また、仮に、深見先生から名指しでご指導をいただけるということがもしあるならば、奇跡のような喜びです。自分に足りないところを教えていただけるということは、喜びと感謝以外のなにものでもありません。

それを、つるし上げだと思ってしまうのは、ボーンさんとわかさんただお二人だけです。心が、公共の福祉や世界平和のためにという公共心から離れ、「神人合一」の精神から離れると、自分の足りないところ、歪んだところを指摘されるのが、苦痛以外のなにものでもなくなるのは、仕方のないことだと思います。

心が、女性を求めてしまうのに、それを指摘されるのは、さぞかし辛かったことでしょう。しかし、何人もの女性を騙して、並行して付き合ったり、結婚しようなどと嘘を言うのは、詐欺的行為だと思われ、世間から白い目で見られるのですよ。それは、宗教団体のみならず、世の中のほぼ全ての団体では、タブーなのです。営利企業でしたら、すぐ首にされるのでしょうが、エンゼル会は、単なる、信仰を求めるものの集まりですからね。単なる、注意で済んだわけですね。

それを逆恨みして、誹謗中傷を続けるというボーンさんの精神性は非常に貧しいといわざるをえません。

エンゼル会員の中で、深見先生を「先生ー!」と慕っていない会員は皆無でしょう。そんな人にあったことはありません。ボーン、わか、元・会員とか誹謗中傷の活動家5名くらい以外には、いないでしょう。

深見先生の指導や助言をいただくことは喜びであるのだから、指導や助言をいただくことに、なにが、もんだいあるのか、さっぱりわかりません。

しかも、エンゼル会員は、選挙権をもち、総会に参加することができますし、ワールドメイトとは独立した民主的な団体です。ボーンさんは、「自分の意見など、誰にも聞いてもらえない」から、ちまちま、コメントで暴言を吐かれているようですが、それは、あなたの意見には耳を傾けるべき理由がないからですよ。日頃の行いも良くないし、言っている内容も支離滅裂ですからね。誰にでもそれがわかってしまうのは、仕方ないことでしょう。日本は教育レベルの高い国ですから。

やはり、それは、改心して、心を悔い改め、公共の福祉及び世界平和のために生きるという、高く尊い志をもつことから始まると思いますよ。まさに、それを実行されているのが、深見東州先生です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。