--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/22

世界中に愛をワールドメイトは、深見東州先生というリーダーが存命中の天啓宗教なのです

世界中に愛をワールドメイト深見東州先生が、三輪神業にて、ご神示により、エンゼル会の規約をご覧になり、どこが足りないかを確認するという御神業をされていたようです。

エンゼル会に足りないことを、深見先生にご指摘いただき、本当に頭がさがる思いです。非常にありがたいことです。

深見先生はエンゼル会員の師匠ですから、お弟子にあたる、エンゼル会員に足りないことをアドバイスされるのは当然のことだと思います。

しかも、エンゼル会は、独立して民主的な運営を認めていただいているのです。ふつう、師匠と弟子の関係は、師匠の言うことには、「はい、わかりました」と一つ返事で従うものだと思います。

数ある宗教団体の中で、支部代表者を選挙で選び、多数決で運営しているような民主的な団体があるでしょうか。ほかにないと思います。エンゼル規約だって、エンゼル会員が納得して、決まったら、はじめて発行するのです。ご神示に従って、深見先生に高所な見地からアドバイスいただくのは、むしろ、非常にありがたいことです。

世界中に愛をワールドメイトは、教祖存命中の、天啓宗教です。神様のご意志を深見先生がお取り次ぎされ、地上に神の願いを実現していくグループなのです。もちろん、神様のご神示だって、神はかりにはかり、人はかりにはかって、現実界で実行するにはどうするかをみんなで話合います。そうした過程を経て、人間であるエンゼル会員一人ひとりのスキルもアップしていきますし、悟りも深まりますから。

高次元の神様は、低次元のお告げはされません。ご神示により、おおまかな方向性を出されるのみです。ですから、ご神示の方向性をどう実現するかは、人間の努力によるのです。

深見先生は、そうした過程を経て、あのような、同時通訳の神様といわれる國弘先生に、「現代のルネッサンスマン」と評されるほどのお方になられたのです。

世界中に愛をワールドメイトのリーダーである深見先生が、お隠れになり、そうした天啓宗教でなければ、人間の都合の良いように便宜を図る運営を心がければいいでしょう。今は、神様のお取り次ぎをされる深見先生がご存命なのですから、神様のご神示をお取り次ぎしていただけるのです。なんと、ありがたいことではありませんか。感謝のかぎりです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。