2016/01/04

ワールドメイトのアンチは精神が不安定な人

ワールドメイトの悪口を書こうとしていつも失敗し、かえって、ワールドメイトの素晴らしさを引き立たせている、「世界中に愛をワールドメイトの入門」のブログ管理人・サルくんについて、昨日のブログで書いたことについて、「なんでそんなことがわかるの?」という疑問を書いているブログがありました。

何が書いてあるのかよくわからないヘンテコなブログだったので紹介する必要さえもないでしょう。

なぜ、そんなことが分かるのか?

それは、サルくんが、以前、深見東州先生が発言したこともないのに、「深見東州氏がこう発言した」とホラをふき、それを当ブログで指摘したところ、しぶしぶ自身の創作であったことを認めていながら、未だに、嘘を削除せずに掲示させ続けているためです。

嘘を平気でブログ発信できる人は、精神が不安定な人であるからです。
また、ワールドメイトに在籍していたといいつつ、ワールドメイトについて何一つ理解していないのは、ワールドメイトにいたときに、信仰について学ぶこともなく怠っていたためです。

自分が怠りの権化であり、かつ、嘘つきであり、かつ、精神不安定であるという自身の恥を、世界中に向けて発信しているのが、「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」というインチキブログです。

よく、あんな恥ずかしい嘘を、毎回毎回書けるなあと、その厚顔無恥さにはあきれるよりほかありません。

良心的なワールドメイトの会員であれば、嘘をつくなど良心に照らしてできるはずはありません。

ワールドメイトについて、中傷を書いている人は、良心のかけらを失った嘘つきであるとか、精神が不安定な人である場合が非常に多いです。また、どこかの団体や他教団の嫌がらせである場合もあるそうです。

中傷ばかり書かずに、それなら、自身がより素晴らしいと信じることを世の中に広めるほうが、よっぽど有意義な人生の使い方だと思います。

本当に一度でも、ワールドメイトの会員であったのならば、自分の良心に恥じないような行動をとってほしいなあと思います。

私は、信仰をもつ人は、信仰をもたない人よりも幸せな人生を歩めると信じています。信仰をもつ人には、挫折も失敗もありません。全てが、自身の糧であり、自身の成長のために活かすことができるのです。いつまでも過去のことを、ネガティブに捉えたり、責任転嫁して文句を言う人は、たんなるクレーマーです。

ブログでワールドメイトを中傷しているとは、単なるクレーマーの域を超えず、責任転嫁して人のせいにしてるだけなのは、明白です。
スポンサーサイト
2016/01/03

不幸せな人は昔も不幸せだったかのように記憶を錯覚させる法則

サルでもわかるワールドメイト入門の管理者である、サルくんが、「ワールドメイトの信者だったときにワールドメイトのせいで〜」などと、いつものように文句を書いています。しかし、サルくんの発言は全部嘘です。なに一つとして、ワールドメイトのせいであるということはありません。

ワールドメイトの催事の現地会場に参加する人は、7万5千人の会員中、だいたい、1千とか2〜3千人くらいだと思います。
全会員の1%〜5%くらいでしょうかね。

ワールドメイトには、強制は一つもありませんし、自由意思が尊重されていますから、とくに催事に参加したいと強く思ってる人が参加するわけで、忙しい人はあまり催事に参加しない人も多いです。

忙しくて自宅を離れられないけれども、深見東州先生のメールマガジンを楽しみに愛読している人とか、ワールドメイトからの郵送物を楽しみにしてるという人もたくさんいます。

仕事が忙しい人も、普段は電車通勤の合間にメールマガジンを読むのが楽しみで、たまの日曜祝日に、ワールドメイトの本部に行くという人もたくさんいます。

ある心理学の研究では、人は、1年前の記憶でさえも65%しか正確に覚えていなかったそうです。10年前の記憶は、それ以下です。

10年後に、10年前の記憶について尋ねたところ、現在精神状態が安定している人は、記憶がより正確な傾向があったそうですが、現在精神状態が不安定な人ほど、過去の記憶がネガティブな方向に歪ませて発言してたそうです。

つまり、サルくんは、今、精神状態が不安定だから、昔の記憶も不幸だったかのように歪んでしまっただけなのです。

また、ワールドメイトほど自由で民主的で強制がないところはないのに、自分がなんの努力もしていなかったことを棚に上げて、自分の責任をワールドメイトになすりつけ、自己責任の転嫁をしてるだけなのです。

ワールドメイトに昔からいる会員は、みんな幸せですし、精神状態が安定している人ばかりです。

しかし、もともと精神状態が不安定だった人は、途中で病気がぶり返し、急におかしくなるということもあったそうです。

今まで好き放題、怠りの人生を送っていたことを棚に上げて、会社など、社会で思い通りに活躍出来ないことを、ワールドメイトのせいにしている、"自称被害者"がたまにネットでいますが、その発言を見ると、全員100%全て、精神状態が不安定な人であり、己の努力の怠りがあった人であるなあと思います。

ワールドメイトや深見東州先生について、何も知らない、精神不安定な人のブログにはお気を付けください。
2016/01/01

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年も、有意義な人生を送ることができ、ワールドメイトと深見東州先生には心より感謝申し上げます。

ワールドメイトの知名度もあがり、深見東州先生の生き様が、世に知られることで、日本にもよりよい影響が広がっていることを確信した一年でした。

今年も、あつい信仰を胸に、神に守られている安心感を感じながら、雄々しく大和魂で生き貫いていきたいと思います。
本年の日本国の繁栄と世界の平和を祈念いたしますとともに、ブログの読者様にも、素晴らしい一年が訪れますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。