2014/09/30

ワールドメイトアンチも楽しみな深見東州先生のロックコンサート

深見東州先生出演の「進撃の阪神巨人ロックコンサート」が日本武道館で開催されました。
チケットもいち早くゲットしてましたので、
もちろん、ものすごいいい席で気持ちよく堪能できました。

ジョーリンターナーは最高にかっこいいし、
ボビー・キンボールも良かった!

ミッキートーマスもいい声だったし
スティーブ・オウジェリーも、しびれました・・・

そして、深見東州先生は、ギャグ研究家の研究成果を発揮させ、爆笑に次ぐ爆笑。
歌もいいし、トークも冴えていて、本当に楽しかった!

深見東州先生と、往年のロックスターが、本当に仲良くて意気投合してるようすも、ステージからにじみ出てきました。

ワールドメイトのアンチでさえ、見に行ったほどの、コンサートですからねえ。
結局、ワールドメイトのアンチも、本当は、ワールドメイトや深見先生の活動が楽しみで楽しみでしょうがないってことですね。

だったら、素直に良かったと感想をかけばいいと思うのですが、バックにいる某組織がそうはさせないということでしょう。アンチ活動で稼いでいるのですから、仕方ないということでしょうね。

アンチも、ワールドメイトのアンチを出来て良かったですね。
深見東州先生も、アンチでさえ幸せになってもらいたいとご祈願をされてるそうですから、毎日、幸せに生きられるのだと思いますよ。万人にとってワールドメイトや深見先生と関わりをもてるということは、幸せなことです。
スポンサーサイト
2014/09/24

いくらアンチがウソを書いても、深見東州先生の誠実なお人柄を隠すことはできません

9月26日は、深見東州先生のロックコンサートです。チケットは、随分前に売り切れてたようです。

昨年も日本武道館が満員でしたが、人気の高さがうかがえます。


深見先生の誠実なお人柄や、気配りは、深見先生が関与されるあらゆる催しで感じることです。

ワールドメイトについてもそうです。

いくら、さるでもわかるの雌鳥ブラスバンドさんが、「ワールドメイトがビジネス」だなどとウソをついても、誰も騙される会員はいません。

ワールドメイトの会員は、あんなブログなどなにも気にする人もいませんが、ワールドメイトを知らない人にウソをすり込むのは卑怯なやり方だと思います。

雌鳥ブラスバンド=さるくんは、「深見先生が震度10の地震が起こるといった」などと、本当は言ってもないのに、ブログで平気でウソをつける神経の持ち主です。

さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」は、ウソばかりなので、ご注意ください。



>「まったく効果のない開運ビジネスで……そんな悪い冗談によって信者から献金を徴収するような活動

という相変わらずのさるくんのウソを見付けましたが、ウソは全部削除してください。

ワールドメイトは開運業者ではありません。
ワールドメイトは非営利団体です。
月2500円とか1200円の会費を奉納することと、「徴収?」などと呼ぶのはやめてください。
会費安いと思いませんか? ワールドメイトでは、強制は一切ありませんし、献金はありませんし、「献金を徴収する活動」などは一切ありません。

何度でも言いますが、さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」のウソを全削除してください。
ウソを発信する行為は、即刻停止してください。
2014/09/20

いろいろ比べてもやっぱりワールドメイトは最高

いろいろと比べて、長年、ワールドメイトに在籍してますが、ワールドメイトは最高です。

ワールドメイトの会員さんは、常識的で知的で優しくて人格の素晴らしい方も多く、ワールドメイトで学んだこともたくさんあります。

ワールドメイトや深見東州先生の存在が、私の人生を豊かにしてくださったことは確実です。

サルでもわかる「ワールドメイト入門」というタイトルをつけていながら、まったくワールドメイトを何もわかってない、雌鳥ブラスバンド=サルくんが、ワールドメイトをブラック企業だ、などと書いてますが、まったく出鱈目です。

ワールドメイトには、嫌ならやめる自由があります。しかし、あまりやめる人もいません。

それは、ワールドメイトが楽しくて面白く、有意義な活動をしてるからです。

ブラック企業? 笑わせてくれます。ワールドメイトは仕事ではありませんから、参加するもしないも自由であり、支部長さんは毎年選挙で選ばれます。

選挙で選ばれる人は、人格もすばらしく、信頼のおける人ばかりであり、そのような人と同じときを過ごせるということは、人生にとっていいことばかりです。

サルくんのような、なんでもネガティブに考え、文句をぶつぶつ言うようなタイプの人は、ワールドメイトの明るくて面白くていい人の中では浮いてしまうでしょうから、なんだか居づらくなって退会したということでしょう。

退会したのに、いまだに、過去を引きずって、ねちねちねちねち嘘ばかり書くなんて、本当にいい性格してますね(笑)ワールドメイトには、滅多にいないタイプです。

サルくんは、深見先生が発言していないのに、深見先生が震度10の地震が来ると言った、などと出鱈目なことを堂々とブログに書き、未だに削除もしませんし、謝罪もしません。

嘘つきブログには騙されないようにお気を付け下さい。

いろいろ比べてみるべきだ、とサルくんは主張してますが、いろいろ比べてみた結果、やっぱり、ワールドメイトは最高だと実感しています。

ワールドメイトにいれば、一生、毎日、幸せで楽し〜い日々を過ごせることは間違いありません。

サルくんは、嘘をついたり、文句をぶつぶつ言う癖を直せば、もう少し幸せになれると思いますよ。

ブログの嘘は消しましょう!
2014/09/09

深見東州先生の日本武道館ロックコンサートのチケットがSS席のみ

深見東州先生の日本武道館のロックコンサートのチケットがSS席のみになったそうです。

すさまじい勢いで売れました。

豪華ゲストもたのしみですし、深見先生のギャグも楽しみです。

もちろん、9月26日(金)は、仕事は早めに切り上げて、武道館直行です。


■進撃の阪神 深見東州
…『レット・イット・ゴー(ありのままで)』(『アナと雪の女王』より松たかこのカバー)、『ヘビー・ローテーション』(AKB48のカバー)、『天城越え』(石川さゆりのカバー)、『さざんかの宿』(大川栄作のカバー)等

■鎧のようなヘビーなヘビメタ巨人 ジョー・リン・ターナー(「ディープ・パープル」元リードボーカル)
…『Smoke on the Water』(全米4位)、『Highway Star』等

■ユメミルような巨人 ミッキー・トーマス(「スターシップ」現リードボーカル)
…『Sara』(全米1位)、『We Built This City』(全米1位)、『Nothing's Gonna Stop Us Now(愛はとまらない)』(全米1位)等

■壁から飛び出し旅するような巨人 スティーブ・オウジェリー(「Journey(ジャーニー)」元リードボーカル)
…『Faithfully(時への誓い)』、 『Don't Stop Believin'』、『Open Arms』(全米2位)等

■人類の始まりとなった類人猿型巨人 ボビー・キンボール(「TOTO」結成時ボーカル)
…『Africa』(全米1位)、 『Rosanna』(全米2位)等


まじ、楽しみです。
深見先生の人脈はほんとすごいと思います。マイケル・ボルトンとも本当に仲がいいし、世界中に友人がいるんですね。

やはり、深見先生の人格が素晴らしく、天真爛漫な方だから、気さくでユーモアあふれる魅力がストレートに伝わるのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。