2014/03/08

ワールドメイトの嘘つきアンチが自爆「実質的サギ師に共感できます」

ワールドメイトのことをなにも理解していないのに、あたかもなんでも知ってるかのような口ぶりで、嘘ばかり書いている

さるでもわかる「ワールドメイト入門」というブログがあります。

全ろうの作曲家として話題となっていた、佐村河内守氏の行動について、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
「一矢報いたく気持ちもわからないではありません。」
「この手の人物がやりそうなことだな」と思いました。
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」

などと、やけに、共感的な内容です。


正直、わたしは、佐村河内守氏が、なぜこのような行動に出たのかに関して、まるでなにも理解できません。

しかし、さるでもわかる〜の雌鳥ブラスバンドくん=さるくんは、非常に共感出来る様子ですね。

おそらく、さるくんは、ワールドメイトに関してデタラメを書くことでなんらかのメリットがあったのに、
さるくんの書いたことが全てデタラメだったことが、良識ある会員により暴露され、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
という気持ちになったということなのではないでしょうか?

さるくんが、いかに嘘つきであり、デタラメばかり書いているかということは、すでに、ネットでは拡散済みでありサルくんの弁解の余地もありません。

さるくんが嘘つきであるという真実を暴露され、アンチ職収入の道も、アンチ職社会名誉も奪われて、逆恨みしたいという気持ちになっているということなのでしょう。

さるくんは、これまで嘘を書いていたことを認めていながら、嘘を謝罪したり削除するなどという誠意の片鱗も見せてくれたことがありません。

さるくんの人生は、佐村河内氏との共通点も多そうな気もします。だから、会見に大笑いして共感できたのですね。

さるくんと佐村河内氏の行動パターンがそっくりだから、
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」
と実感したということなのでしょう。

サルくんは、一刻も早く嘘を全部修正し、謝罪してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。