2013/03/23

不立文字の大自由な境涯をもつ深見東州先生の弟子がワールドメイト会員なのです

ワールドメイトについて、全く知識のない人物が書いてる
「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」という嘘インチキブログがあります。


先日も、このサルわかブログで、浅はかな見解を堂々と書いていたようです。



ワールドメイトのリーダーである、深見東州先生は、会員をときには叱咤激励したりして善導されます。

それは、宗祖のあるべき姿であり、歴代の宗祖はみなそうです。



禅の知識も宗教の知識も皆無な、ブログで嘘ばかり書いてる

サル(雌鳥ブラスバンド)くんが、

深見東州先生が、「会員を四流だと蔑んでる」などと書いてますが、まったくの嘘デタラメ偽りです。


たとえば、臨済宗の宗祖、臨済の臨終の際の有名な禅問答があります。

臨済は、臨終のとき、弟子にむかって
「わしが亡くなった後も、わが正法眼蔵を滅ぼすようなことがあってはならないぞ」
と言います。

すると、弟子は
「どうして老師の正法眼蔵を滅ぼしたりいたしましょうぞ」
と答えます。

臨済「これから先、誰かがそなたに問うたならばどう答えるか_
弟子「かーつ」
臨済「わが正法眼蔵がこの盲騾馬(めくららば)のところで滅びてしまうであろうことを、誰が知っていよう」
と言い終わって、臨済は、端然として亡くなります。

文字の上で言葉通りに意味をとるならば、
臨済の臨終の言葉は、痛烈な罵倒以外のなにものでもありません。

真実の見えない、盲騾馬呼ばわりですから。

しかし、禅に通じてる知識人は、この臨済と弟子とのやりとりを
「これほどの愛情深い師匠のことばはあるだろうか」と評価するわけなのです。

未だかつて、だれも、臨済の弟子が、臨済にマインドコントロールされている、などと言う知識人はいません。


臨済のことばとは、文字外にあふれる、禅的境地から発した、愛情あふれる叱咤激励なのです。


臨済のように悟りの境地に達した人は、不立文字で愛情を伝え、言外ににじみ出る愛情で叱咤激励しながら、弟子を育成することができるのです。

不立文字とは、文字や言葉によらず、自らの体験に裏付けられた人間性により、
重要なポイントを伝えることです。


深見東州先生が、ワールドメイトでされてるのは、
まさに、不立文字により、弟子を育成することです。

「四流」という単語を使ってるのは、不立文字により、弟子を叱咤激励する目的で使ってるという事実は、ワールドメイト会員なら誰でもわかります。

ワールドメイト会員は、だいたい、『臨済録』を読んだこともありますし
禅的な教養を身につけてますから、禅的に不立文字を受け止め、師匠の愛情を感じることができるのです。


サルくんは、『臨済録』も読んだことがなく、禅の知識も皆無なのでしょうね。
せっかく、日本人として生まれていながら、禅の素養もないままに、低い文化的教養のままに死んでいくのでしょうか。
ワールドメイトに入会したら、だいたい、禅語録などを読んだりして、学んでいくものですが、
まれに、サルくんのように、なにも学ばないまま、自分の知識や境涯が低いことを棚に上げて文句ばかり言う、変わったプロアンチがいるようです。

もともと、頭がバーンなプロアンチもこの世には存在しますし、それはある意味仕方の無いことでしょう。

しかし、いくら、某組織から、ワールドメイトを貶めるように言われてるからと言って、
自分の知的レベルが低くて理解出来ないのをいいことに、
嘘インチキを書いて、ののしり蔑むなどという、みにくい仕業を行うべきではありません。

サルくんは、深見先生が言ってもないことを、「言った」と嘘を書き、世間を欺く行動はやめてください。
また、ワールドメイトで行ってもないのに、「行った」と嘘を書き、世間を欺く行動はやめてください。

深見東州先生が、「四流」という単語を出して弟子を叱咤激励したのは、
不立文字による、弟子の育成の一環であります。
歴代の宗祖はそうして自らの境涯を歴史に刻んできたのです。

そんな簡単なこともわからないなんて、サルくんは浅はかですね。
知識がなさすぎます。

自らの恥をさらすだけの記事を平気で書けるのは、
やはり、自分で浅はかだという自覚がないからだということなのでしょう。

みなさん、これまで、一度も、「住吉熊野道」の記事を論破出来たこともない、浅はかブログには、お気をつけ下さい。
また、当方を、ぜんじなどとわけのわからない、蔑称でよぶのもやめてください。
スポンサーサイト
2013/03/16

サルでもわかるが、嘘を認めた上にさらに恥知らずアホな提案を

ワールドメイトについて、嘘ばかりを書いてる、インチキブログ
「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」の内容に関し、
先日、当方が、「嘘を書いてる」と指摘した結果、
またもや、自ら「真実を書いたわけではない」旨を自白したようです。

毎度、毎度、嘘を書くのは本当にやめてほしいです。

ワールドメイト会員でもないくせに
ワールドメイトのことなどわかるわけはないのですから。


また、土下座祈願は、寝転んだりして祈願することではないのに
かってに、「ねころんだりして祈願する」ことだとワールドメイトの誰かが言ったことにしてますが
そういう、嘘も、金輪際やめてください。


さて、世界中、さまざまな場所で、祈祷は行われていますが
撮影不可であるのが当たり前です。

伊勢神宮でも、鹿島神宮でも、箱根神宮でも、どこの神社でも
川崎大師でも成田山でも、どこのお寺でも
どこの教会でも
祈祷中の撮影はお断りしてるはずです。

それは、祈祷というのは、神に捧げるものであり
人に見せるものではないからです。


にもかかわらず、サルくん(=雌鳥ブラスバンドくん)は
ワールドメイトの祈祷を撮影し、全世界に放映して
見世物にするべきである

などという、おかしなことを書いてるみたいですね

お祈りは、見世物ではありませんし
撮影して人に見せるものではありません。


自分と神との対話であり、第三者は関係ないのです。


サルくん(=雌鳥ブラスバンドくん)は
ワールドメイトを十年も前に退会していて
頭がバーンな生活を送ってきたから
アホなことだと気づかずにかいたり
嘘を書いてしまったりしてるようですが、
すべて、一般常識の枠外の考えだとしかいいようがありません。

「魔法少女まどか☆マギカ」とワールドメイトに共通点がある
などという嘘も、頭がバーンな人ならではの視点だとしか思えません。


ワールドメイトを目の上のたんこぶと思ってる
某組織の人物から、情報提供を受けてるようですが、
くだらないので、アホなことや嘘を書くのはやめてください。

また、当方のことを、「ぜんじ」などという蔑称で呼ぶのもやめてください。


ネットに書いてる、ワールドメイトの中傷は、
頭がバーンな人が嘘を書いてるだけだというのは、もはや定説ですね。
2013/03/12

嘘を書き続けるプロアンチ・雌鳥ブラスバンド(サルでもわかる)

ワールドメイトについて、デタラメな情報を発信し続ける
プロアンチ「雌鳥ブラスバンド」が
またもや、自身のサイトで嘘を書いてます。

以前から、何度も警告してますが、
「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」
というインチキブログにて、
雌鳥ブラスバンドと名乗る管理人(通称:サルくん)が
デタラメなことを書いてます。

嘘の第一のパターンとしては、
深見東州半田晴久)先生が、こんなことを言った」などと書いて、
批判を繰り広げるわけですが、
そもそも、深見東州先生はそんなことを言ってないのに、勝手に言ったことにしてるパターンです。

以前、当方で、「深見東州先生は、震度10の地震が来るなどと一度も言ったことはない」と指摘したところ、
サルくんはあっさり認め、「自ら嘘だと知ってた上、この嘘に気がつくかどうか試したかった」などという旨を吐露し、確信犯であることを自白してます。


嘘の第二のパターンとしては
ワールドメイトでは、このようなことをしてます」などと書いて、批判を繰り広げるわけですが、
そもそも、ワールドメイトではそんなことはしてないのに、勝手にしたことにしてるパターンです。

たとえば、「ワールドメイトが、昨年からシアヌーク病院への寄付を停止した」などと書いてますが、ワールドメイトに聞いたところ、昨年もかわらず寄付を続けており、停止してないそうです。ネットでいろいろ検索しても、「ワールドメイトがシアヌーク病院への寄付を停止」などと書いてるのは、インチキなアンチサイトだけでした。

最近、「ワールドメイトでは、土下座祈願という体罰を行ってる」などと書いてますが、これも、100%嘘です。
ワールドメイトでは、先日、立ったり、いすに座ったり、正座したり好きな姿勢で、世界平和や日本国民の安寧を祈願することを推奨してました。これを、通称「土下座祈願」と呼んでます。
「立ったり、いすに座ったり、正座したり好きな姿勢で、世界平和や日本国民の安寧を祈願すること」は体罰でもなんでもありません。しかも、希望者だけが参加すればいいものであり、参加しない人も多数います。

もし、体罰であれば、参加者の希望など関係なくふってくるものですが、そんな類いのものではありません。


第三のパターンとしては、
「ワールドメイト会員と◎◎には共通点がある」などと嘘にまみれた独自見解を書くことです。

以前、「ワールドメイト会員と、魔法少女まどか☆マギカ」には共通点がある」
などと書いてましたが、当方で確認したところ、一つも共通点は見いだせませんでした。

サルくんは、ワールドメイト会員でもなく、ワールドメイトのことをよく知らないくせに、
いい加減な決めつけをしてただけだということが、わかっただけです。



それにしても、なぜ、サルくんは、再び、嘘を書いたのでしょうか?
以前、「嘘だと知っていて、惑わすためにわざと嘘を書いた。よく見破りましたね」というような旨を書いてましたが、今回も、確信犯なのでしょうか?


サルくんへ、

「嘘を書くのはやめてください」
「嘘は即刻削除してください」
「当方を、ぜんじ、などと蔑称で呼ぶのはやめてください」

サルくんは、人間としての良心を発揮し、まともな日本人になってください。
日本人は、嘘を平気でついて、あらためないなどという国民性ではありません。
某団体から圧力でもかかってる可能性も考えられますが、そんなことをやめたほうが、人生有意義に送れるはずです。

「事実勝負でお願いします!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。