2011/07/15

『ワールドメイトの実態』の誤りを正して欲しいものです

ワールドメイトの実態、というサイトがあります。

嘘の根拠をもとに、ワールドメイトを批判しているようですが、

もともと、批判をしている根拠が嘘なのです。

どうやら、ワールドメイトに恨みをもつT氏夫妻の関係者が書いているらしいのですが、

ワールドメイトの退会者ではないそうなので、一度もワールドメイトに所属したことがないか

もしくは、現在ワールドメイトの会員かどちらかであると思われます。


ワールドメイトに所属したことがないのに、

良く知りもしないのにしったかぶって書いているとしたら、

非常にワールドメイトの会員にたいして失礼な話ではあります。

さらに、ワールドメイトの会員しか読めないはずの

メールマガジンを誰からら入手して、勝手にネットに貼り付けているのです。

これは、明らかに著作権侵害であると思われます。

つまり、違法行為をおかしているのです。

深遠なワールドメイトの教えを、会員でもない方に理解できるはずがないのに、

言葉尻の揚げ足をとって、ネット上で恨みをはらすのはやめてもらいたいものです。


ちなみに、メルマガの全文を掲載したら、主旨が明確になって、

ワールドメイトの実態の主張が完全に的外れであることは明解になります。


しかし、断章取義で、揚げ足をとるのが目的ですから、自分に都合の良いフレーズだけを抜き取って、情報操作をしているのです。

ワールドメイトの元・会員のブログと同じ手法ですね。

二つのブログはお仲間なんでしょうかね。


また、もし、現会員が書いているとしたら、これもゆゆしきことです。

勝手に会員以外の人が読めるようにメルマガを貼り付けるのは

著作権侵害の違法行為であると思われます。

しかも、ワールドメイトを批判するためだけの材料をさがすために、

スパイ会員として在籍し、内部情報をネットにアップしているということになります。


関西で流れているメールも、よく、谷○くんが貼り付けているそうですが、

同じようなスパイ会員ということになります。


「深見氏のテープ反訳」として、平成元年の深見先生の発言、というものが度々出てきますが、

これは、すべて、編集したテープの反訳であり、裁判の判決にもなんの影響も与えていないものであるといいます。

つまりは、証拠能力はない、でっちあげということですね。

『ワールドメイトの実態』で深見先生の発言とされるものは、すべて、都合の良いように編集されたテープの反訳なので、実際に、先生が話された内容ではないということになります。

証拠能力がないものを裁判に提出したからといって、裁判資料、などと語って、改ざんテープの反訳を根拠として批判しているだけなのです。

ひどいやり方ですね。まるで、詐欺だとしか思えないやり方です。

お金をもらってアンチ活動をしている人というのは、卑怯な方法で印象操作をしなければいけない理由があるのでしょうかね。


ところで、谷○くんは、ジェラシーシディアス卿くんという名前でネットで書いていますが、

別の名前でメールを貼り付けたり、工作活動をしているそうですね。

幹部25人組などというものはこの世に存在しないのに、

幹部25人組は豪邸であるなどと嘘を言い続けているのと同じレベルの嘘です。

実際は、ワールドメイト幹部7人衆は、みなさん、アパート住まいということですね。

ワールドメイトの幹部の方は、質素な暮らしをされているということですね。

ぜんぜん、豪邸にも住んでいないのに、嘘を書き続けるのはやめてほしいと思います
スポンサーサイト
2011/07/10

『ワールドメイトの実態』の違法性について検証する

ワールドメイトの実態』という嘘偽りばかりのインチキサイトで、

深見東州先生が関与している

NPO法人の事業報告書、登記簿謄本をぜんぶ調べて勝手にネットに掲載しているようです。

都庁に電話で聞いてみたところ、ネットにアップするとか批判するとか中傷するなどという理由で、NPO法人の事業報告書をブログに掲載することは認めていないそうです。

つまりは、『ワールドメイトの実態』は違法行為を行っているということを公に認めていました。


また、法務省に電話で聞いてみたところ、登記簿謄本を勝手に許可無くアップすることも違法行為の可能性が高いということでした。



ワールドメイトの実態』というサイトは、違法行為をおかしてまでも、嘘偽りの中傷ばかりを書くのはなぜなのでしょうか?

やはり、某組織からお金をもらってサイトを続けているのでしょうか?

それとも、親子げんかをした恨みを根に持って、ワールドメイトのことを恨んでいるT氏夫妻とやらが関わっているのでしょうか?

嘘ばかりを書いて、ワールドメイトのことを知らない人を観念で洗脳しようという行為はあまりにもひどいと思います。一刻も早く、T氏夫妻や某組織からお金をもらってサイトを続ける、なんて行為はやめるべきであると思います。
2011/07/09

サルでも分かるワールドメイト入門の雌鶏ブラスバンドくんの嫉妬心

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」という、中傷目的サイトがあります。このブログの記事は、ライブドアからも名誉毀損であるから記事を削除するという通知かなにかがあったらしく、名誉毀損の不法行為を行っていると公式に認定されているサイトです。

このブログで、雌鶏ブラスバンドさんが、

半田晴久ワールドメイト教祖の場合、金に飽かせて続けてきた旦那芸」などと中傷していますが、全くのウソでたらめですので、念のため、訂正させていただきます。

念のため、というのは、半田晴久先生を良く知ってる人ならばウソであるとすぐにわかるのですが、知らない人はウソを間に受けて信じてしまう可能性もあるためです。


まず、先生は「金にあかせて続けてきた旦那芸」などというフレーズは当てはまりません。

どの分野もプロの域に達しておられるので「旦那芸」などではないのです。

深見先生は、いつ寝てるのかスタッフさんもよくわからないとおっしゃるほど、精進努力の毎日を生きておられるそうです。

金でプロの実力が手に入る芸などは、この世の中に一つもありません。

まあ、雌鶏ブラスバンドくんは、芸が一つもできないから深見先生に嫉妬して、「金があるから」芸を覚えたのだということにしてしまいたいという気持ちは理解できなくもありません。しかし、あまりにも醜いので嫉妬心は捨て去るべきです。

どんな芸だって、下積み、精進努力を積んで、その努力のかいあって実力が花咲いて実るものなのです。

深見先生の場合は、言うに言えない精神的肉体的な困難をいくつも明るく乗り越えておられるから、神様がご褒美として悟りや叡智や実力を与えてくださったとおっしゃっていたように思います。

オペラも能も絵画も俳句も書もなにもかも、プロが認める実力なのは「金」のおかげではなく、深見先生の努力のたまものであると思います。

雌鶏ブラスバンドくんは、深見東州先生よりおもしろいギャグの一つさえも言えないくせに、深見先生に嫉妬して嫌みや中傷を書き続けるのはいい加減にやめるときがきたのではないでしょうか。

ネットで名誉毀損の記事を書き続け、違法行為を侵し続けるのは世界の害悪であると思います。

時間の無駄、人生の無駄ですよ。

そんな時間があるのなら、それこそ、自分も芸能を一つでも身につけられてはいかがでしょうか。
2011/07/08

『ワールドメイトの実態』の大きな間違い

ワールドメイトの実態』というワールドメイト退会者ではない人物によって書かれた、間違いだらけのサイトがあります。

ワールドメイト会員なら、あんなサイトを読んでも、誰でもすぐにウソだとわかるのですが、ワールドメイトをよく知らない人が読んだら勘違いするかもしれませんので、たくさんある間違いのなかから、一つだけ紹介させていただこうと思います。

『ワールドメイトの実態』では、以下の方法により、会員をマインドコントロールして支配している、などと書いてあります。
・教祖の神格化・絶対化
・選民思想・終末思想・人類救済・使命感・神第一主義
・会員を多忙にさせて思考飽和状態にさせる

しかし、そんなことがありえないのは、会員なら誰でもわかります。

教祖の深見東州先生は、いつでもギャグを言い、ツイッターでも下ネタ系のギャグを呟いています。神格化するつもりでしたら、そんなギャグを自ら発言されるわけはありません。「う○こ」などという子供が喜ぶような単語を言ったり書いたりされます。もっともこれは、退行化現象の一つであって、モーツアルトなどにも見られますが、最高に神なる真善美の究極に到達すると、その対極の世界にいってストレスを発散させたくなるという人間の生理的現象であるようです。知的職業についてる人にも見られるようです。

深見先生は、ギャグとして言ったり書いたりするだけで、おもしろいだけでとくに害はありません。会員が、深見先生のことを、生涯不犯でいつも質素にしてらして、あれだけの業績、才能、人格ですから、人間の鑑であるというふうに思うのは当たり前だのクラッカーな話です。

しかし、教祖自身は神格化しようなどという気持ちはみじんもないでしょう。

教祖の絶対化もありませんね。会員から「こうしてほしい」などと要望があったのを聞いてすぐに改善してくれたり、常に組織を改善しています。また、自分の悟りが浅かったと反省したなどという経験談をメルマガや天の声でお話されます。そして、子供のころはとんぼとりをしていたとか、ふつうの子供であったと正直に話しておられました。絶対化したいのであれば、自分は最初から最後まで完璧であるというはずです。

ですから、教祖の神格化、絶対化などということは、ワールドメイトの深見東州先生に限ってはまったく当てはまらないと思います。

また、選民思想はワールドメイトにはありません。他教団に所属している人でも、外国人でも入会できます。選ばれた人しか入会できないところではありません。

終末思想もワールドメイトにはありません。神道では、神祭りをもはらとするかぎり、未来が続く、という考え方であるそうです。ですから、ワールドメイトでは神祭りをもはらとして危機を乗り越えられるように神様にお祈りをして、未来が良くなるようにご祈願をしているのです。どこか、キリスト教とか別の宗教と勘違いしているのではと思います。

人類救済・使命感・神第一主義であるからといって、会員をマインドコントロールできるわけはないのに、なぜこんな根拠を引っ張り出してきたのか理解に苦しむところです。宗教なんだから人類救済を神様に祈るのは当たり前、使命感を持って生きるのは当たり前、神第一主義を目指すのは当たり前です。人類救済を祈ってはいけないとでも言うのでしょうか。意味がわかりません。

また、会員を多忙にさせて思考飽和状態にさせるのは、まず無理ですね。

「住吉熊野道」にコメントしてくださる、ご飯にヤマトタケルさん、ライトさん、にた村シディアス卿さん、いち会員さん、くるみさん、などを見て頂ければわかると思いますが、まったく、思考飽和状態にはなっていないようです。全員が、ギャグを書いたり、自分の考えをそれぞれ書いていて、5人会員が集まっただけで、多種多様でいろんな意見が出ています。

思考停止とか、マイコン化とか、マインドコントロールなどと言ってるようですが、そんな人はいないと思います。まれに、「まえの宗教ではこうだったから、きっとワールドメイトもこうであるに違いない」などと、観念を持っている方もいますけれども、ワールドメイトに入会すると、どんどん観念をはずされて自由な考え方ができるようになっていくと思います。

古い会員ほど、柔軟性が高い考え方をしていると思います。

『ワールドメイトの実態』を書いてる人は、「宗教とはこんなものだ」という先入観をもって、自分の主張に合うフレーズだけをワールドメイトから探して根拠としているようですが、まったく内容が間違っていることが明白ですね。

ワールドメイト会員なら、一人も『ワールドメイトの実態』というホームページを見て騙される人はいないことでしょうが、会員でない人だったら、本当なのかなと思ってしまうかもしれません。

ですから、自明のことではありますが、わざわざ書かせて頂きました。

ところで、あの『ワールドメイトの実態』というサイトは、ワールドメイトへの新規入会を阻止しようという某組織の企みなのでしょうか?某組織とT氏夫妻が手を組んでやってるのでしょうか?

Wikipediaによると、T氏夫妻の娘が会員だったようですが、T氏夫妻は会員でなかったぽいので、T氏夫妻が関与している可能性はあるかもしれません。親子げんかをワールドメイトのせいにされては迷惑ですし、支部の玄関で親子で言い争いをするのはさらに迷惑な話ではあると思います。

なんにせよ、あの『ワールドメイトの実態』を書いている本人が、自分は退会者ではないということを書いています。一度もワールドメイトに入会したこともないのに、メルマガを入手しているのは極めて不自然です。どこかの組織を仲介して、メルマガを入手したのだとしか思えません。もしくは、自分の知り合いをスパイ会員として入会させて、不正にワールドメイト会員からメルマガを入手したのでしょうか?会員以外には公開していないメルマガを貼り付けるのは不法行為でしょうが、スパイ会員を潜入させて入手するという手口はいっそうあくどい方法であると思います。

逆に今、会員であるとしたら、ワールドメイトを中傷するためだけに会員として在籍しているスパイ会員のしわざであるということになります。

いずれにしても、『ワールドメイトの実態』というサイトは、なにも実態を表していない非常にインチキなサイトであることには間違い有りません。そんなウソをまき散らされるのは会員としても不愉快なので、ホームページをぜんぶ閉鎖するよう、強く求めていきたいと思います。
2011/07/06

『ワールドメイトの実態』のウソと隠蔽

ワールドメイトの実態、というウソと隠蔽に満ちたアンチサイトがあります。

サイト主は、ワールドメイトの会員として在籍したことはないので、まるきりワールドメイトについて理解していません。

ワールドメイトに入会したこともないのに、ワールドメイトのことを叩く理由とはなぜなのでしょうか?

T夫妻という人物がいまだに根深くワールドメイトに恨みを持ってかいているのでしょうか?

それとも、某組織からワールドメイトを中傷する請負先なのでしょうか・・・?



ところで、『ワールドメイトの実態』というアンチサイトは、非常に悪質なウソ、いつわり、断章取義が見られます。
会員ならだれでもわかるのに、なぜ、このような明らかにウソばかりを書くのか、非常におかしい話ですね。


まず、脅しの例として、ワールドメイトのメルマガの一文などを抜き出して貼り付けて証拠などとしています。
しかし、決して長文を貼り付けることはしません。なぜなら、全文を読んだら、脅しでないことがはっきりするからです。また、皇室誹謗なども一切なく、ワールドメイトは皇室がいや栄えるように祈っているところです。

これは断章取義といって、自分の主張にあうフレーズだけを抜き出して、本来の本文の主旨とは違っていることを隠蔽し、強引に自分の主張に結びつけるという手法です。

アンチのやり方は、こうした断章取義ばかりです。ワールドメイトのビデオ教典を一本でもいいので最初から最後まで見たり、また定例講演を最初から最後まで聴いたらアンチの主張がまるきりウソであるということがわかります。

ワールドメイトに入会したこともなく、一切ワールドメイトに確認することもなく、悪質な断定表現でウソを書くのはあまりにひどいやり方であると思います。


また、「精神に異常をきたした会員」などというページで、うつ病の人をワールドメイトでは、「スター会員」などと呼んでいると書いていますが、そんなことは一切ありません。スター会員とは全く違う定義なのは、会員なら誰でもわかる話です。

『ワールドメイトの実態』というホームページは、一切の調査なく、一切の事実確認なく、断章取義により主観的に主張しているだけの悪質なウソサイトです。

会員なら誰でもすぐに分かることと思いますが、ワールドメイトへの入会を妨害しようという組織にでも協力してるんでしょうかね。

裁判記録と称して、あれだけの記録が貼り付けてあるということは、必ず、組織的なところからもらっているはずです。個人で集められるわけはありません。

ワールドメイトの入会者は増え続けているそうですが、都合の悪い組織の方のまわし者なのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。