2010/10/23

ワールドメイトは自由で民主的なグループ

ワールドメイトは、本当に自由で民主的な気風のグループで

素晴らしいと思います。

九頭龍霊力チェックの参加者について、

3割は九頭龍師になりますといいながら

参加人数が集まらないということを

アンチの人々が文句を言っていますが、

なにも文句も言う箇所は見あたりませんね。


ワールドメイトには、強制はないので、

ぜったい、参加しなければならないと

いうことではありません。

今年、参加できなければ来年参加すればいいだけの話ですよ。


参加者が強制されたり、無理強いされたら、

参加人数全員が来るはずです。

3分の1がきてもこなくても別に許されるわけですよ。

強制されたり無理強いすることもありませんからね。


自由なことは素晴らしいことだと思います。

九頭龍師になるときの霊力チェックというのは、

一生に一回だけのことです。

本当に素晴らしい忘れられないご神業でした。


たとえば、3分の1がこなくてもゆるされるという自由が

あるというのがワールドメイトの素晴らしいところですよ。



(※ちなみに、私は、「ぜんじ」「女朝青龍」「おにぎり」「うんこーいち」「ブクイ」「WM職員」「コロッケ三個」「豚停止由美子」「豚停止口蹄疫」「宮崎家畜豚停止」「住熊豚停止ユミコーン@ノータリン」「豚停止住熊ユミコーン小荒ブタ」「豚停止膿子ノータリン」「芦屋支部長」「住豚」「住豚女朝青龍」ではありません。2ちゃんねるを荒らすどころか、書きこみをしたこともありません。さらに、「花火の代金を誤魔化して着服してたのに、どういうコネがあるのか知らないけど、まだスタッフに残ってらっしゃる方」でもありませんし、「訴えられた方」でもありません。アンチのみなさん、嘘はやめましょう。たんなる2ちゃんねるの悪口を信じている会員はいませんよ、アンチさん。私はたんなるいち会員です。アンチの方々は、わたしが誰なのか知りたいようすですが、私は、上記のうち、誰でもありませんので、一方的な断定はお控え下さい。)
スポンサーサイト
2010/10/08

深見東州先生のオペラが心から感動する理由

ワールドメイト深見東州先生は、40歳から声楽を始められ、

武蔵野音大や海外の大学で研鑽をつまれ、

世界五大バリトンのユーリシッチ先生に習うなどされて、

ベルカント唱法を完璧にマスターされています。


世界の名だたるオペラハウスで主演をされているような

一流のトップオペラ歌手と混じって、ナブッコを主演されました。


本当に素晴らしい~

なにもかもすばらしいオペラでした。


深見先生の持ち声は、本当に圧倒的に素晴らしく、

二期会の栗林先生もいつも絶賛されているそうです。

日本のオペラ歌手のなかでも、持ち声が世界レベルで

素晴らしい人は、ほとんどいないそうです。

さらに、世界レベルで通用する歌手は数人もいないそうです。


ベルカント唱法を完璧にマスターされているから

深見先生の歌を聴いている人には、

スーッと自然に耳から入ってくるように聞こえるそうです。

こうした歌唱技術マスターされるまでの努力は

並大抵のものではないと思います。


さらに、先生の演技力も素晴らしかったです。

第三幕で、ナブッコが狂気から正気にかえるところで

ほんとうに空気がぱっと変わったとみんなおっしゃっていました。


先生のオペラを見て、涙が止まらなかったのですが、

それは、歌声の奥の高貴で優しい魂の波動を直に

感じたからだということを知りました。


深見先生は、神様と同じような、人の目にも見て麗しい日々を送り、

輝ける魂をもっておられるから、

深見先生の唄を聞いただけで、あるいは姿を見ただけで、

感動が止まらなかったのです。


深見先生は、舞台映えする彫りが深い顔立ちですし、

目、耳、胸、魂の全身全霊で感動でき、満足できる

最高のオペラだったと思います。


オペラのビデオができたら、早速入手したいと思います。

本物の芸術に出会えたのは、ワールドメイト

深見東州先生のおかげです。

今世の人生で、生きているうちに、本物の芸術と出会えたこと、

心より感謝申し上げます。
2010/10/03

ワールドメイトは実在の神を実感し、体得し、掌握するところ

ワールドメイトは、実在の神を掌握し、神を業じ、神人合一の道が降りているところです。

その第一歩としては、神様の存在を実感し、

神様とのおつきあいの仕方を体得するところからだと思います。

神様なんて本当にいるの~?

と信じられない人も、

ワールドメイトの神事に参加したり、

ワールドメイトで秘法を受けたり、

接心や問答を受けることにより、

身体で実感するなにものかがあったり、

精神的に実感するなにものかがあったり、

神様って本当にいるんだなあと実感できるのです。


秘法を受けたりしたあとに、

個人的にも証を授かることも多いです。

神様に願ったことの答えとしか思えない出来事と

遭遇したり、願いが叶ったりした体験を幾度もしています。


世界中に愛をワールドメイトには、本当に神様がいらっしゃるので

すべては可能なのです。


もちろん、ワールドメイトではなくても、全国のきちんとした神社などでも

本物のご神霊がおられるところでは、体験できることではあるかもしれません。


こうして、神様の存在を実感として感じられるということは尊いことです。

いろいろ宗教はあっても、神様の存在を実感したことのない人や

証をもらったことのない人がいるそうですから。


ただし、神様の存在を実感できるというのは、信仰のほんの入り口であり

本質ではありません。


証をもらうというのも同じく、神業の本質ではありません。

ワールドメイトでは、神業の本質を学んで、

本当に、世のために信仰生活を送るということを

学べるところだと思います。


(※ちなみに、私は、「ぜんじ」「女朝青龍」「おにぎり」「うんこーいち」「ブクイ」「WM職員」「コロッケ三個」「豚停止由美子」「豚停止口蹄疫」「宮崎家畜豚停止」「住熊豚停止ユミコーン@ノータリン」「豚停止住熊ユミコーン小荒ブタ」「豚停止膿子ノータリン」「芦屋支部長」「住豚」「住豚女朝青龍」「住豚相撲道」ではありません。アンチのみなさん、嘘はやめましょう。たんなる2ちゃんねるの悪口を信じている会員はいませんよ、アンチさん。私はたんなるいち会員です。アンチの方々は、わたしが誰なのか知りたいようすですが、私は、上記のうち、誰でもありませんので、一方的な断定はお控え下さい。)
2010/10/01

深見東州先生のオペラはどこがどうすごいのか

ワールドメイトのリーダーの深見東州先生のオペラはたいへん感動的でした。

今日になっても、まだ、感動の余韻が残っています。

深見東州先生は、40歳から、本格的に声楽を始められたそうです。

そして、46歳で武蔵野音楽大学を卒業されたのです。

翌年、西オーストラリア州立エディスコーエン大学大学院で研鑽を積み、

M.A.(修士課程)を取得されたそうです。

その後、ユーリシッチ氏(世界五大バリトン)に師事されたそうです。

正直、私には、今からオペラの練習をするなどということは不可能だと思います。

本当に、信じられないほどすごいことです。


深見先生は、完璧なベルカントの発声をされているとプロも認めておられます。

ベルカントとは、

「自然で美しい声」

「声域の高低にわたって均質な声質」

「注意深い訓練によって、高度に華麗な音楽を苦もなく発声できること」

を指すそうです。

まさに、深見先生声は、自然で美しくて、高い音から低い音まで均質な声質で、

苦もなくふつうに発声されているように聞こえます。

深見先生は、練習のときでも、何時間でもぶっつづけで、

本番と同じようにわれるそうですが、

ふつうのオペラ手にはそのようなことはできないそうです。

リハーサルでも、ふつうのオペラ手は力を抜いたりします。

先生は、ベルカントをマスターされているから、

全力でっても、声がかれないのだと思います。


それにしても、直前までたいへんなコンディションだったのに

そんなことをまるで感じさせない美しい声でした。


深見先生は、ほかの一流の外国のオペラ手にも尊敬されている

のが、反応を見てわかりました。

そして、満員御礼状態です。


チケットがなかなか入手できなくて、売り切れのために

行けなかった方もいたほど、事前から凄まじい人気でした。


深見先生は、さまざまな活動をされているからだと思いますが、

オペラを年に数回しかされないのが残念です。


何度かオペラを見たことはありますが、

深見先生が出演されるオペラいじょうのオペラは

日本では見られないでしょう。

深見先生、感動をありがとうございました

ぜったい、来年も見に行きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。