2016/01/04

ワールドメイトのアンチは精神が不安定な人

ワールドメイトの悪口を書こうとしていつも失敗し、かえって、ワールドメイトの素晴らしさを引き立たせている、「世界中に愛をワールドメイトの入門」のブログ管理人・サルくんについて、昨日のブログで書いたことについて、「なんでそんなことがわかるの?」という疑問を書いているブログがありました。

何が書いてあるのかよくわからないヘンテコなブログだったので紹介する必要さえもないでしょう。

なぜ、そんなことが分かるのか?

それは、サルくんが、以前、深見東州先生が発言したこともないのに、「深見東州氏がこう発言した」とホラをふき、それを当ブログで指摘したところ、しぶしぶ自身の創作であったことを認めていながら、未だに、嘘を削除せずに掲示させ続けているためです。

嘘を平気でブログ発信できる人は、精神が不安定な人であるからです。
また、ワールドメイトに在籍していたといいつつ、ワールドメイトについて何一つ理解していないのは、ワールドメイトにいたときに、信仰について学ぶこともなく怠っていたためです。

自分が怠りの権化であり、かつ、嘘つきであり、かつ、精神不安定であるという自身の恥を、世界中に向けて発信しているのが、「サルでもわかる世界中に愛をワールドメイト入門」というインチキブログです。

よく、あんな恥ずかしい嘘を、毎回毎回書けるなあと、その厚顔無恥さにはあきれるよりほかありません。

良心的なワールドメイトの会員であれば、嘘をつくなど良心に照らしてできるはずはありません。

ワールドメイトについて、中傷を書いている人は、良心のかけらを失った嘘つきであるとか、精神が不安定な人である場合が非常に多いです。また、どこかの団体や他教団の嫌がらせである場合もあるそうです。

中傷ばかり書かずに、それなら、自身がより素晴らしいと信じることを世の中に広めるほうが、よっぽど有意義な人生の使い方だと思います。

本当に一度でも、ワールドメイトの会員であったのならば、自分の良心に恥じないような行動をとってほしいなあと思います。

私は、信仰をもつ人は、信仰をもたない人よりも幸せな人生を歩めると信じています。信仰をもつ人には、挫折も失敗もありません。全てが、自身の糧であり、自身の成長のために活かすことができるのです。いつまでも過去のことを、ネガティブに捉えたり、責任転嫁して文句を言う人は、たんなるクレーマーです。

ブログでワールドメイトを中傷しているとは、単なるクレーマーの域を超えず、責任転嫁して人のせいにしてるだけなのは、明白です。
スポンサーサイト
2015/09/11

深見東州先生のコンサート

深見東州先生の東京国際コンサートの記事を紹介します
プラシド・ドミンゴと共演した際のレポートです。

3大テノールの一人プラシド・ドミンゴ 4年ぶり来日で大観衆を魅了

国境越え豪華ハーモニー再び 世界的テノール歌手ら美声披露
2015/07/18

ワールドメイトの知名度があがってきていますね

ワールドメイトは、知る人ぞ知るという団体でしたが、近頃では、知名度が上がってきているなあと思うことがあります。

先日、「ワールドメイトって支部名が面白いね、楽しそうだね」と知人に言われました。

そうです。ワールドメイトは面白いし、楽しいところです。

なぜ、あのような面白い支部名なのかは、こちらをご覧ください。

公式サイトより「全国のエリア本部や支部は、どれもユニークで面白い名前ですが、これは暗いイメージや閉鎖的な宗風にならないよう、先生が地域にふさわしい名前を命名されたものです。」だそうです。

また、ワールドメイトやリーダーの深見東州先生が、ギャグ満載で面白く楽しい理由については、こちらをご覧下さい。

ギャグを連発する理由(公式サイトより)


ワールドメイトの会員であれば、ワールドメイトは面白くて楽しく、かつ有意義なところであるということを、誰でも言うでしょう。本当のことですし、隠しようもありません。

深見東州先生やワールドメイトに興味を持っておられる方や、神社が好きな方は、どうぞ、迷わずワールドメイトにお越し下さい。
ワールドメイトの会員になると送ってもらえる、メールマガジンや毎月の郵送物なども面白く、タメになる内容なのです。

また、余り知られていませんが、実は、神社でお祈りするコツってあるんです!
それを知っているのと知らないのでは、神社での参拝の感応度がまったく違います。

ワールドメイトでは、神社で参拝して、本当に願いが叶った体験をもつ人がたくさんいます。

ちなみに、ワールドメイトは入退会が自由ですので、お気軽に入会していただいてもなんら問題ありません。
一人でも多くの人に、面白くて楽しく、有意義な人生を送ってもらえればうれしいです。
2015/06/29

ワールドメイトのあるある

ワールドメイトについての、あるあるの一つに、ワールドメイトのことを、
「ワールドメイトでは弱者からお金を巻き上げてる」などと中傷する人がよくいます。

月会費が1200円や2500円のワールドメイトで、強制がないのに巻き上げることなど不可能な話なのですが、まことにもっともらしく、巷で語られることがあります。

なぜ、そんな嘘が吹聴されているのかというと、ワールドメイトを組織的に貶める活動をしているアンチサイトや2ちゃんねるなどで、繰り返し体験談風に語られるためだと思われます。

まあ、ワールドメイトには、弱者というよりは、きちんとした40代前後の社会人が割合的に多いとは思います。

ワールドメイトのリーダーである、深見東州先生が、きちんとされている方ですので、類は友を呼ぶで、きちんとした方が集まるのでしょう。

ワールドメイトで活発に活動している会員の知り合いには、お医者さんも弁護士もいますし、商社づとめの方や教職に就いている方など、弱者とは言えない方が多いです。士業の方や有名企業の方が、好きにワールドメイトで活動をされているケースが非常に多いのですから、まったく「弱者からお金を巻き上げている」などという中傷は当てはまりません。

しかし、それでも、宗教ですからもちろん「弱者」に相当する方も救いを求めてやってこられます。

たとえば、精神的疾患をお持ちで心療科等に通院されている方などが該当します。このような方は、もちろん人それぞれではあるのですが、気分が不安定であったりして難しい方もなかにはおられます。自分の発言を覚えておられなくて、言うことがコロコロ変わるとか、ご本人に悪気がなくても病状が深刻な場合は、衝動的な行動が見られる方がおられます。

以前、そのような方が、衝動的に家族に内緒で大金を寄付しようとしたなどという話も聞いたことがあります。しかし、受付された窓口のボランティアさんが「なにかへんだな」と思われたらしく、結局、ご家族にご連絡をとるなどして、ご本人も思いとどまったようです。

ワールドメイトは宗教団体ですから、宗教に救いを求めてきた方を、たとえ社会生活が難しい方であっても、追い返すなどということをしません。ですから、精神安定剤を飲んでおられるような方、精神的に不安定な方などは、ご家族などに「見守り人」として登録していただき、ご家族の方の協力を得ながら、ご本人の活動をサポートしていくという仕組みがあります。

といっても、普通は、月1200円とか2500円の月会費のみです。なにか特別になさりたいようなときは、見守り人の方に確認したりして行っていきます。

このように、最新の注意を払っているのがワールドメイトであり、ワールドメイトには強制もノルマもありません。
ワールドメイトで、お金を巻き上げることなど不可能であり、それが弱者である場合にはなおさら無理な話なのです。

ワールドメイトを組織的に貶める活動をしている10人程度の人々は、一人で複数のアンチサイトをつくって、いかにももっともらしく、嘘を書きまくったりしていますが、そんなの会員から見れば「あれは嘘だな」とすぐわかります。

週刊誌などでも、明らかに嘘が書かれていることがありますが、所詮週刊誌だからそんなもんだろうと思いますね。

ワールドメイトや深見東州先生にご興味をお持ちの方は、是非、ワールドメイトにいらしてください。有意義で楽しく、ギャグやユーモアにあふれた面白いひとときが過ごせることは保証いたします。

世知辛い世の中で、こんなに暖かく、信頼しあえる仲間に出会えるグループはほかにないと思います。
長年、ワールドメイトで会員をしておりますが、ワールドメイトに出会えたおかげで、幸せな人生を歩ませて頂いております。
2015/04/12

深見東州先生は何者なのか?

深見東州先生については、
HANDA.TVというインターネットテレビご覧いただければ、何者なのかということについては、自ずと答えが出るものと思います
http://handa.tv

深見東州先生の功績としては、日本にブラインドゴルフを導入したことが最も大きいと言えましょう。

パラリンピックで、ゴルフが正式種目になることを夢見て、ブラインドゴルフを推進しているそうです。深見東州先生によると、ブラインドゴルフは視覚障害者にとって健常者とほぼ同じルールで競技ができる数少ないスポーツであり、最も楽しくリハビリや社会復帰ができるということです。

深見先生が主宰しているワールドメイトは、宗教団体としてはそれほど大きくもないし、布教活動が盛んでもなく、社会的に軋轢を引き起こすようなところではありません。何十年も前から、会員の会費は、カンボジアの救急病院などに寄付したり、クリスマスには孤児院にサンタさんがプレゼントを届けに行くなどの活動をしており、福祉活動や慈善活動、ボランティアなどに関心の高いメンバーが会員として集まっています。


ところで、最近の週刊誌に出ていた、ライターの長谷川学氏については、オウムについての調査はいくらかされているようですが、宗教全般には知識がない人らしいので、情報の信憑性は疑わしいと考えております。(大本のことを「大本教」と呼称している時点で、あまり知識の無い方だろうと思わざるをえません。)

"マルサの査察が影響したのか、深見らが提出した宗教法人認可申請は教団に送り返された”、というのは、ガセネタの可能性も大きいです。平成3年〜4年頃、ワールドメイトを破壊しようと造反騒ぎを起こした一味が、新聞社や国税局に、嘘のタレコミをした際、随分と尾ひれをつけて情報を拡散させたことが誤報として広まり、未だにマスコミで真実らしく語られているという事情があります。

ところで、世の中には、過激な団体が存在し、なにも問題のない団体を叩くために嘘の情報提供を行ったり、ネガティブブログを一人で複数運営して、多数派工作をしているような人も、なかにはいます。造反騒ぎの裏には、某会の支援があったともマスコミに出ていますし、ネットで「スパイをしていた」などの元幹部の告白も出ています。

長谷川氏が書いているスキャンダラスな部分は、すべて、平成4年頃に、造反一味が仕組んだ嘘のタレコミに端を発するものだけですね。造反一味は何人かの人を騙して、裁判沙汰を起こしましたが、深見先生側は、一切、有罪にはなっていませんし、騙されたほうも誤解が解けて裁判は取り下げています。裁判を起こしたとだけ書いて、取り下げたことを書かないというのは、フェアな報道ではありませんし、ワールドメイトを叩きたい活動家らから入手した嘘情報を、裏付けもとらずに鵜呑みにしただけのように見えます。

ワールドメイトが社会的になにも問題がないということは、刑事事件を一件も起こしたことがないこと、有罪となったことが一度もないという事実からも明白でしょう。

深見先生は、何社も会社を経営してる社長だから、お金持ちなのは当たり前だと思いますが、お金のある方が贅沢するわけでもなく、途上国の福祉やブラインドゴルフなどの、弱者救済のために力を尽くしていることについては、私は肯定的に評価しています。ふつうの一人暮らしの人が住むような一室で暮らしていて、豪邸をもっているわけでもありませんし、料理も得意で食事も基本的に自炊しているとのこと。

広告をいくつか出していることなど、些細なことくらいしか書くネタがないのかなあというのが正直な感想です。

それにしても、深見先生は、予備校、出版社、ブラインドゴルフなど、いろんな団体の代表をつとめており、それを合計してカウントしてもまったく意味がありません。本当に批評するには、予備校、出版社、ブラインドゴルフなど分野ごとに広告数をカウントし、同業界と比べてどうなのかを検討する必要があります。この長谷川氏には、やる気が感じられませんね。深見先生は、叩く要素もほぼないような人物なので、こんな瑣末なことがわざわざ取り上げられるのでしょうね。

ちなみに、ワールドメイトを叩きたい活動家とは、完治している痔とかを、いつまでもしつこく書きつづけるような品性の低い人です。深見先生が言ってもいないことを言ったとブログで書き、自分も嘘だったことをブログ上で認めていながら、嘘を消すことさえしません。ワールドメイトの会員が幸せそうで羨ましいんですね。

書くことがなにもないと、嘘をまき散らしたり、くだらないことに走るしか手段がないということでしょうね。
2014/12/01

ワールドメイトが楽しい団体であることは保証します 笑

ワールドメイトは、神道系の穏やかな団体ですし、ノルマは一つもありません。
昔よく聞いたのは、仏教系の新興宗教などは、献金や布教のノルマがあって、仕事もしないで生活保護をもらって宗教ごとばかりやってる人がたくさんいる団体があるという話を聞きました。

ワールドメイトでは、生業を大事にしますし、社会的に逸脱した行為はありません。

よく、インターネットで、ワールドメイトの退会者であるなどとブログに書いている人がいますが、
その人は、まず間違いなく本人の性格にもともと難点があった人だと言えます。

サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」というブログが、「ワールドメイト」で検索すると10位以内に見つかりますが、このブログには、深見先生が実際に発言していないのに「震度10の地震が来ると予言した」などと出鱈目を書いています。

当ブログにて、出鱈目だと指摘したところ、サルくん自身が嘘を書いたことを認めましたが、未だにその記事を訂正削除するなどを行う気配はありません。

実に不誠実な姿勢であると義憤にたえません。

退会者が、「ワールドメイトの本質」などともっともらしいことを書いていても、まず間違いなくそれは本質を外れた的外れな見解であるということは言えます。

ワールドメイトを退会しているということは、深見東州先生のメールマガジンやワールドメイトの情報を入手することは不可能であり、傍観者的に野次馬根性で推測するしか方法がありません。

ワールドメイトの本質は、現会員にしかわからないことです。

ワールドメイトの支部では、毎週のように、催事やパーティが開催されていて、楽しいですし心が洗われます。
パーティといっても、実費くらいしかかかりません。
ケーキを囲んだり、鍋を囲んだり、アットホームな雰囲気で誰でも気軽に参加できます。

ワールドメイトは、全員が、周囲の人の幸せを祈ってるような団体ですから、ネガティブな発言をする人もいませんし、俗世間のことや、七人の敵(笑)のことなど忘れて癒やされ、活力がわいてきます

ワールドメイトのことを、ブラック?などと決めつけて中傷している人がいますが、いったいどこが黒いというのでしょう 笑

ワールドメイトの支部名を見て下さい! いかにも笑ってしまう名前ばかりです。
支部に電話がかかってきたら、あの支部名をフルネームで言って、「でございます」と電話をとります。

そんな面白い笑いに満ちた団体が、黒いわけはありません 笑

退会者なのに、いかにも、ワールドメイトのことを知った風に書いていますが、実際は何も知らないで推測を書いてるだけというのが、ワールドメイト会員ならばわかります。

ですから、あんなアンチブログを読んだって「ばかなことを書いてるな」「嘘ばかりだな」と誰でもわかるので、そのせいで退会する人など一人もいないのです。

ただ、「宗教ってこんなものだろ」などと、もともと先入観をもってる人に不安感を与える作用はあるでしょう。家族や親戚に不安感を与えて、実態とかかけ離れた恐怖心を植え付ける効果はあるかもしれません。

それは、人を不幸にしています。アンチサイトは、存在そのものが人を不幸にする作用があると考えているのは、そういうことです。嘘や出鱈目を書いて、「これが本質ですよ」などと虚偽宣伝をすることで、何も知らない人に間違った不安感を与えるなど、許されることではありません。


ワールドメイトは、不自然な布教、などはありませんから、口コミで徐々に広がって気に入った人が入会するという感じだと思います。

身の回りには、ワールドメイトを離れる人はあまりいませんが、
もう創立30年くらいになりますから、亡くなる方なども全体の数パーセントはいるとして
それ以上に、毎月、会員数が増加しているようです。

私自身は、ワールドメイトや深見東州先生との出会いが、人生にとって非常にプラスになることを確信していますから、興味のある方には是非、オススメしています。

しかし、宗教に興味のない方や他に信仰をお持ちの方の考え方を否定するようなことはいたしません。

ただ、「自分はなんのために生きているのだろう」「世の中の役に立てるような人間になりたい」「ボランティアに興味がある」という方には、ワールドメイトはオススメです。

いい人ばかり、面白いことが好きな人ばかりが集まってる団体なので、会員はみんないい人ばかりで、催しに参加しても楽しいです。リーダーの深見東州先生は面白いだけでなく博識で、深見先生のお話を直接聞くことができるというのも、最高に意義深いことです。

興味のある方は、お気軽にワールドメイトに入会しましょう! 絶対に、楽しいことは保証します 笑
2014/10/28

ワールドメイトのアンチは、深見東州先生とワールドメイトが好きでたまらない

ワールドメイトのアンチは、ワールドメイトや深見東州先生が好きでたまらないらしく、いつも、ワールドメイトや深見東州先生の動向を追っかけしています。

アンチサイトを見ると、ワールドメイトの最新情報や、深見東州先生が関与している団体と関係のある情報ばかり書いてあります。

要するに、ワールドメイトのアンチというのは、ワールドメイトと深見東州先生の「追っかけ」なのです。

ただ、もともと、性格が歪んでいて、いつも悪口や文句ばかり言ってる人っていますよね。
そういう人は、どこにいてもいつだって、自分の幸せな境遇に気が付かずに、愚痴不平不満ばかり言うものです。

ワールドメイト議論掲示板を見ていて、そう思いました。
http://worldmate.bbs.fc2.com


それにしても、ワールドメイトのアンチは、本当に楽しそうです。
深見東州先生がいつも、ワールドメイトのアンチの幸せさえもお祈りされているから、アンチも幸せなのだと思います。

たとえば、まれな話ですが、家が神道ではない宗教を祀っているなどの事情で、ワールドメイトを離れたほうが幸せな人、という人もいます。

しかし、ワールドメイトで学んだことは、決して無駄になることはありませんし、
どんな宗教を信じていたとしても、信仰が無駄になることはありません。

私たちは、人を信仰しているわけではないですし、
神様に捧げた真心は、必ず、神様が受け取ってくださります。

ワールドメイトは、信仰の仕方を学ぶところであり、
世界中の人が人それぞれで、ばらばらの宗教なのは当たり前だという考えです。

要は、あらゆる宗教団体が協力し合い、平和で幸せで、よりよい世界になるように行動すれば良いのです。

ワールドメイトのアンチって、本当は、ワールドメイトと深見東州先生が好きで好きでたまらないから、
深見東州先生やワールドメイトの会員に注目してもらいたくて、ブログを書いているようにしかみえないと思います。

残念ながら、ほとんどの会員はサルくんのブログなど完全スルーで、ワールドメイトの会員は増え続けています。
サルくんも、ウソばかり書かないで、事実を書けばいいのに、どうしてもウソばかり書いてしまうようなので仕方がないですね。
2014/09/30

ワールドメイトアンチも楽しみな深見東州先生のロックコンサート

深見東州先生出演の「進撃の阪神巨人ロックコンサート」が日本武道館で開催されました。
チケットもいち早くゲットしてましたので、
もちろん、ものすごいいい席で気持ちよく堪能できました。

ジョーリンターナーは最高にかっこいいし、
ボビー・キンボールも良かった!

ミッキートーマスもいい声だったし
スティーブ・オウジェリーも、しびれました・・・

そして、深見東州先生は、ギャグ研究家の研究成果を発揮させ、爆笑に次ぐ爆笑。
歌もいいし、トークも冴えていて、本当に楽しかった!

深見東州先生と、往年のロックスターが、本当に仲良くて意気投合してるようすも、ステージからにじみ出てきました。

ワールドメイトのアンチでさえ、見に行ったほどの、コンサートですからねえ。
結局、ワールドメイトのアンチも、本当は、ワールドメイトや深見先生の活動が楽しみで楽しみでしょうがないってことですね。

だったら、素直に良かったと感想をかけばいいと思うのですが、バックにいる某組織がそうはさせないということでしょう。アンチ活動で稼いでいるのですから、仕方ないということでしょうね。

アンチも、ワールドメイトのアンチを出来て良かったですね。
深見東州先生も、アンチでさえ幸せになってもらいたいとご祈願をされてるそうですから、毎日、幸せに生きられるのだと思いますよ。万人にとってワールドメイトや深見先生と関わりをもてるということは、幸せなことです。
2014/09/09

深見東州先生の日本武道館ロックコンサートのチケットがSS席のみ

深見東州先生の日本武道館のロックコンサートのチケットがSS席のみになったそうです。

すさまじい勢いで売れました。

豪華ゲストもたのしみですし、深見先生のギャグも楽しみです。

もちろん、9月26日(金)は、仕事は早めに切り上げて、武道館直行です。


■進撃の阪神 深見東州
…『レット・イット・ゴー(ありのままで)』(『アナと雪の女王』より松たかこのカバー)、『ヘビー・ローテーション』(AKB48のカバー)、『天城越え』(石川さゆりのカバー)、『さざんかの宿』(大川栄作のカバー)等

■鎧のようなヘビーなヘビメタ巨人 ジョー・リン・ターナー(「ディープ・パープル」元リードボーカル)
…『Smoke on the Water』(全米4位)、『Highway Star』等

■ユメミルような巨人 ミッキー・トーマス(「スターシップ」現リードボーカル)
…『Sara』(全米1位)、『We Built This City』(全米1位)、『Nothing's Gonna Stop Us Now(愛はとまらない)』(全米1位)等

■壁から飛び出し旅するような巨人 スティーブ・オウジェリー(「Journey(ジャーニー)」元リードボーカル)
…『Faithfully(時への誓い)』、 『Don't Stop Believin'』、『Open Arms』(全米2位)等

■人類の始まりとなった類人猿型巨人 ボビー・キンボール(「TOTO」結成時ボーカル)
…『Africa』(全米1位)、 『Rosanna』(全米2位)等


まじ、楽しみです。
深見先生の人脈はほんとすごいと思います。マイケル・ボルトンとも本当に仲がいいし、世界中に友人がいるんですね。

やはり、深見先生の人格が素晴らしく、天真爛漫な方だから、気さくでユーモアあふれる魅力がストレートに伝わるのでしょう。
2014/03/08

ワールドメイトの嘘つきアンチが自爆「実質的サギ師に共感できます」

ワールドメイトのことをなにも理解していないのに、あたかもなんでも知ってるかのような口ぶりで、嘘ばかり書いている

さるでもわかる「ワールドメイト入門」というブログがあります。

全ろうの作曲家として話題となっていた、佐村河内守氏の行動について、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
「一矢報いたく気持ちもわからないではありません。」
「この手の人物がやりそうなことだな」と思いました。
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」

などと、やけに、共感的な内容です。


正直、わたしは、佐村河内守氏が、なぜこのような行動に出たのかに関して、まるでなにも理解できません。

しかし、さるでもわかる〜の雌鳥ブラスバンドくん=さるくんは、非常に共感出来る様子ですね。

おそらく、さるくんは、ワールドメイトに関してデタラメを書くことでなんらかのメリットがあったのに、
さるくんの書いたことが全てデタラメだったことが、良識ある会員により暴露され、
「真実を暴露されて収入の道も社会的名誉も奪われ、逆恨みしたくなる気持ちはわかります。」
という気持ちになったということなのではないでしょうか?

さるくんが、いかに嘘つきであり、デタラメばかり書いているかということは、すでに、ネットでは拡散済みでありサルくんの弁解の余地もありません。

さるくんが嘘つきであるという真実を暴露され、アンチ職収入の道も、アンチ職社会名誉も奪われて、逆恨みしたいという気持ちになっているということなのでしょう。

さるくんは、これまで嘘を書いていたことを認めていながら、嘘を謝罪したり削除するなどという誠意の片鱗も見せてくれたことがありません。

さるくんの人生は、佐村河内氏との共通点も多そうな気もします。だから、会見に大笑いして共感できたのですね。

さるくんと佐村河内氏の行動パターンがそっくりだから、
「類型的行動パターンにおいて人の本性というものを如実に物語ってくれています。」
と実感したということなのでしょう。

サルくんは、一刻も早く嘘を全部修正し、謝罪してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。