2016/01/03

不幸せな人は昔も不幸せだったかのように記憶を錯覚させる法則

サルでもわかるワールドメイト入門の管理者である、サルくんが、「ワールドメイトの信者だったときにワールドメイトのせいで〜」などと、いつものように文句を書いています。しかし、サルくんの発言は全部嘘です。なに一つとして、ワールドメイトのせいであるということはありません。

ワールドメイトの催事の現地会場に参加する人は、7万5千人の会員中、だいたい、1千とか2〜3千人くらいだと思います。
全会員の1%〜5%くらいでしょうかね。

ワールドメイトには、強制は一つもありませんし、自由意思が尊重されていますから、とくに催事に参加したいと強く思ってる人が参加するわけで、忙しい人はあまり催事に参加しない人も多いです。

忙しくて自宅を離れられないけれども、深見東州先生のメールマガジンを楽しみに愛読している人とか、ワールドメイトからの郵送物を楽しみにしてるという人もたくさんいます。

仕事が忙しい人も、普段は電車通勤の合間にメールマガジンを読むのが楽しみで、たまの日曜祝日に、ワールドメイトの本部に行くという人もたくさんいます。

ある心理学の研究では、人は、1年前の記憶でさえも65%しか正確に覚えていなかったそうです。10年前の記憶は、それ以下です。

10年後に、10年前の記憶について尋ねたところ、現在精神状態が安定している人は、記憶がより正確な傾向があったそうですが、現在精神状態が不安定な人ほど、過去の記憶がネガティブな方向に歪ませて発言してたそうです。

つまり、サルくんは、今、精神状態が不安定だから、昔の記憶も不幸だったかのように歪んでしまっただけなのです。

また、ワールドメイトほど自由で民主的で強制がないところはないのに、自分がなんの努力もしていなかったことを棚に上げて、自分の責任をワールドメイトになすりつけ、自己責任の転嫁をしてるだけなのです。

ワールドメイトに昔からいる会員は、みんな幸せですし、精神状態が安定している人ばかりです。

しかし、もともと精神状態が不安定だった人は、途中で病気がぶり返し、急におかしくなるということもあったそうです。

今まで好き放題、怠りの人生を送っていたことを棚に上げて、会社など、社会で思い通りに活躍出来ないことを、ワールドメイトのせいにしている、"自称被害者"がたまにネットでいますが、その発言を見ると、全員100%全て、精神状態が不安定な人であり、己の努力の怠りがあった人であるなあと思います。

ワールドメイトや深見東州先生について、何も知らない、精神不安定な人のブログにはお気を付けください。
スポンサーサイト
2015/06/07

ワールドメイトのアンチの特徴

ワールドメイトのアンチの顕著な特徴の一つに、
「ワールドメイトのシンパを、全員、スタッフさんと決めつけて、実際のアンチが多く、シンパなどいない」と思わせようとしていることがあげられます。

代表的なアンチサイトとしては、Google3位に表示される「サルでもわかるワールドメイト入門」のブログがあります。
このブログ管理人は、ほかにも複数の掲示板やブログを一人で運営しており、アンチがいかにもたくさんいるように巧妙に偽装しています。そして、この管理人自身が、「自分のブログに嘘を書いた」と認めていながら、未だにその嘘を削除しないままなのです。

このアンチブログに集まる人々は、ワールドメイトを擁護するような発言をする一般人や会員を、全員、スタッフであると決めつけて、「実際はワールドメイトを良く書く人などいないのだ」と繰り返し印象づけることを目的の一つにしています。

ワールドメイトは善良な団体であり、過去に刑事事件もなく有罪になったこともないという事実を認めず、ワールドメイトのことを良く書く人を、全員、ワールドメイトからお給料をもらってやってると決めつけているのです。

たとえば、今、ワールドメイトの会員は7万5千人くらいいますから、そのうちの1%が、ネットで発言してるとしましょう。1%の750人が、インターネットで発言しているとします。

しかし、アンチは、ワールドメイトを良く書く人は、一人か二人のスタッフさんの仕業だと決めつけて、実際は、ワールドメイトは良いところではないなどと、アピールしようとしてるのです。

ちなみに、私は、スタッフさんではありません。一般の会員です。しかし、何度主張しても、私も「スタッフだ」などとよく決めつけられていまして、ワールドメイトに申し訳ない話になってしまっています。


ワールドメイトは、楽しく有意義な団体です。そう思って、ワールドメイトに長年在籍している会員は、何万人もいます。
「ワールドメイトが良いと思ってる人がたくさんいる」のが事実であるために、何万人もの会員が長年在籍しているのです。まあ、仏教系団体のような過激な勧誘はないですから、急激に会員数が増えることはないですが、口コミで良さが広がっていて、毎年、会員数は増加傾向にあります。他の宗教団体は、どこも、会員数が激減していると聞きますが、ワールドメイトは、一般的に評価が高いのだなと感じます。


実は、ワールドメイトのアンチとは、「ワールドメイトが善良で、とくに強要もない自由な民主的な団体であるという事実が広まると都合の悪い人達」であり、「ワールドメイトの入会数が増えると困る人」であり、つまりは、「他教団のスパイ」や「ワールドメイトを貶めるために組織活動をしてる数人の人」だということが、わかっています。

ワールドメイトを貶めるブログを書きつつ、仲間内で連絡を取り合い、組織的活動の恩恵を受けつつ妨害活動を継続しているのです。また、主に仏教系教団のスパイが、ワールドメイトを中傷していることもネット上ではよく知れ渡っています。アンチらが、いくら、ワールドメイトで被害があったなどと抽象的な中傷を書き続けても、いつまでたっても、一人もワールドメイトに名乗りでることもないのは、本当は、単にワールドメイトを中傷し、ワールドメイトの妨害をすることが目的であるからなのです。

ワールドメイトの会員であれば、アンチサイトに書かれてることを読んでも「あ、これは嘘だな」とすぐわかるのですが、よくご存じない方は、本当のことなのかと思ってしまうかもしれません。しかし、たとえば、「サルでもわかるワールドメイト入門」というブログを書いた本人が、「自分のブログに嘘を書いた」と認めているほどであり、実際は、出鱈目ばかりです。

ワールドメイトはそんなことはありませんが、急進的な新興宗教は、他教団を中傷し他教団の活動を妨害することも、ノルマの一つであり、インターネットの世界でも存分に活動を行っています。

そういう、ワールドメイトのアンチサイトの実態を知ってから、改めてアンチサイトを見返してみると、「なるほど。似たようなことを繰り返し繰り返しアップし、衝撃的な話ばかり書いてあるが、これは嘘や出鱈目だから、ワールドメイトの会員数は増え続けているのだな」とご納得いただけると思います。

宗教や祈祷行為、祭祀か神仏にご興味のある方は、是非、ワールドメイトにいらしてみてください。
伊勢神宮や、全国の大きな神社にも、よくワールドメイトの会員同士で参拝することもあり、日本人ならではの伝統にもとづく神道に基づいているので、多くの方に違和感なく受け入れていただけると思います。

リーダーの深見東州先生のお人柄もユニークですし、どこよりも楽しく、また、神仏を身近に感じることが出来るようになれます。入退会自由ですので、普通のサークルのように気軽に考えていただいて大丈夫です。

個人的な感想ですが、ワールドメイトは本当に楽しいです。ワールドメイトに入会してから神社仏閣の参拝も好きになり、同じ趣味嗜好を持つ友人にも恵まれて、人生、幸せだなーと毎日感じています

ワールドメイトに入会して、幸せになったと思っている人が、何万人もいるのですから、ご安心ください。とくに、リーダーの深見東州先生は、人格見識ともに、尊敬出来る方であり、日々、学びの多い生活を送らせていただいているのも、ワールドメイトの深見東州先生のおかげと感謝しています。

世の中には、いろいろなボランティア団体があり、神道に限らずさまざまな宗教団体があります。どうぞ、じっくり比較してみてください。ワールドメイトはダントツにオススメできる団体です。
2014/09/24

いくらアンチがウソを書いても、深見東州先生の誠実なお人柄を隠すことはできません

9月26日は、深見東州先生のロックコンサートです。チケットは、随分前に売り切れてたようです。

昨年も日本武道館が満員でしたが、人気の高さがうかがえます。


深見先生の誠実なお人柄や、気配りは、深見先生が関与されるあらゆる催しで感じることです。

ワールドメイトについてもそうです。

いくら、さるでもわかるの雌鳥ブラスバンドさんが、「ワールドメイトがビジネス」だなどとウソをついても、誰も騙される会員はいません。

ワールドメイトの会員は、あんなブログなどなにも気にする人もいませんが、ワールドメイトを知らない人にウソをすり込むのは卑怯なやり方だと思います。

雌鳥ブラスバンド=さるくんは、「深見先生が震度10の地震が起こるといった」などと、本当は言ってもないのに、ブログで平気でウソをつける神経の持ち主です。

さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」は、ウソばかりなので、ご注意ください。



>「まったく効果のない開運ビジネスで……そんな悪い冗談によって信者から献金を徴収するような活動

という相変わらずのさるくんのウソを見付けましたが、ウソは全部削除してください。

ワールドメイトは開運業者ではありません。
ワールドメイトは非営利団体です。
月2500円とか1200円の会費を奉納することと、「徴収?」などと呼ぶのはやめてください。
会費安いと思いませんか? ワールドメイトでは、強制は一切ありませんし、献金はありませんし、「献金を徴収する活動」などは一切ありません。

何度でも言いますが、さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」のウソを全削除してください。
ウソを発信する行為は、即刻停止してください。
2014/09/20

いろいろ比べてもやっぱりワールドメイトは最高

いろいろと比べて、長年、ワールドメイトに在籍してますが、ワールドメイトは最高です。

ワールドメイトの会員さんは、常識的で知的で優しくて人格の素晴らしい方も多く、ワールドメイトで学んだこともたくさんあります。

ワールドメイトや深見東州先生の存在が、私の人生を豊かにしてくださったことは確実です。

サルでもわかる「ワールドメイト入門」というタイトルをつけていながら、まったくワールドメイトを何もわかってない、雌鳥ブラスバンド=サルくんが、ワールドメイトをブラック企業だ、などと書いてますが、まったく出鱈目です。

ワールドメイトには、嫌ならやめる自由があります。しかし、あまりやめる人もいません。

それは、ワールドメイトが楽しくて面白く、有意義な活動をしてるからです。

ブラック企業? 笑わせてくれます。ワールドメイトは仕事ではありませんから、参加するもしないも自由であり、支部長さんは毎年選挙で選ばれます。

選挙で選ばれる人は、人格もすばらしく、信頼のおける人ばかりであり、そのような人と同じときを過ごせるということは、人生にとっていいことばかりです。

サルくんのような、なんでもネガティブに考え、文句をぶつぶつ言うようなタイプの人は、ワールドメイトの明るくて面白くていい人の中では浮いてしまうでしょうから、なんだか居づらくなって退会したということでしょう。

退会したのに、いまだに、過去を引きずって、ねちねちねちねち嘘ばかり書くなんて、本当にいい性格してますね(笑)ワールドメイトには、滅多にいないタイプです。

サルくんは、深見先生が発言していないのに、深見先生が震度10の地震が来ると言った、などと出鱈目なことを堂々とブログに書き、未だに削除もしませんし、謝罪もしません。

嘘つきブログには騙されないようにお気を付け下さい。

いろいろ比べてみるべきだ、とサルくんは主張してますが、いろいろ比べてみた結果、やっぱり、ワールドメイトは最高だと実感しています。

ワールドメイトにいれば、一生、毎日、幸せで楽し〜い日々を過ごせることは間違いありません。

サルくんは、嘘をついたり、文句をぶつぶつ言う癖を直せば、もう少し幸せになれると思いますよ。

ブログの嘘は消しましょう!
2014/05/23

サルくんの浅はかな見解

サルくんは、ワールドメイトのことが知りたければ2ちゃんねるを見ましょうなどとくだらないことを書いています。

少し前に、2ちゃんねるで書き込みをしている個人情報が流出していましたが、某作家がライバル作家を中傷していたり、自作自演がばれて、ブログで謝罪するなどというニュースで溢れかえっていました。

あんな、匿名掲示板に真実などありません。やらせと嘘の世界です。


ワールドメイトのことが知りたければ、ワールドメイトの公式サイトに勝る情報源はありません。
深見東州先生が実名で発信する情報こそが真実です。

サルくんは嘘つきなので、嘘つきが集まる2ちゃんねるが好きなんでしょうね。
いつも、くだらないブログばかり書いているから、どんどんアンチのくだらなさが露見していくのです。

嘘ばかりついていないで、嘘を除去し謝罪することで、更正してもらいたいものです。
2014/05/21

さるでもわかるのサルくんのいつもの嘘

さるでもわかるの入門ブログを書いてる、職業アンチが、

会員だったころ、
「私がワールドメイトの会員だったころ、当時は私は選ばれた信者であり、守護霊や神々から守られた特別な存在だと信じていました。自動車の運転や仕事など、ずいぶんアバウトなやり方をし、ワールドメイトを退会した今となっては思い出すだけで冷や汗が出ます。以前他の元会員にも聞いたところ、「やはりそのような意識でいた」という意見を聞いたことがあります。」などと書いています。

ふつう、ワールドメイトの会員になると、自動車の運転や仕事などは、ふつうよりも一生懸命やるようになります。自動車の運転や仕事をいい加減にやると、支部の人にも、「運転がいい加減だよ」「仕事をいい加減にやるのは良くないよ」などと、必ず言われるはずです。

サルくんは、自分が選ばれた人間だから、事故に遭わないなどと思い込んでいたのかもしれませんが、そんなことはありませんし、ワールドメイトの教えでもなんでもありません。

サルくんは、「自分はいつか開運する、いつも守られている…このような思想がいかに危険なことか、体験したものにしかわかりません。」などと書いてますが、事実は全く反対です。

努力する自分は守られているのは、怠惰は守護霊様や神様が最も嫌うところです。いい加減な運転をしていたら守られるわけはありませんし、いい加減な仕事をしていたら守られるわけはありません。

しかし、一生懸命がんばった分、誠心誠意努力した分は、必ず守護霊様や神様が見ていて下さり、必ず報いてくださるのです。お天道様が見ていて下さるという思想を持つ日本人は、他国の人種に比べて事故を起こす確率は非常に低いと言えます。それは、いつも守られている…というしそうを持っているためです。

サルくんは、ワールドメイトの教えを真っ向から反対することばかり書いているくせに、ワールドメイトの教えを体験したかのような嘘を書くのはやめるべきです。
2013/10/26

ワールドメイトを貶める為証拠もなしにウソを書くサルブログ

ワールドメイトの敵対組織が明らかに、などと題する記事をサルブログが書いています。

読んでみましたが、一つも物証が記されておらず、単なる妄想に基づく内容になってしまっていました。つまり、ウソ
ばかりなのです。

唯一、Googleで「ワールドメイト」と検索すると、リスティング広告が表示されたとする画像が証拠とされてますが、なんかい、検索しても、さっぱり広告が表示されません。

広告が表示されないということは、敵対組織ではないことを表すのではないでしょうか。

また、該当のホームページを訪問してみましたが、ワールドメイトの話はどこにも書いていません。どこにも、ワールドメイトと敵対してることを表す記述がないのです。

サルブログは、要するに、妄想ブログということですね。サルと称するだけあります。


ワールドメイト、という単語をつかって、妄想を書かれたら、ワールドメイトの品位が下がって、会員として迷惑なので削除してください。

それにしても、サルくんは、以前、謝罪と訂正をするつもりがある、と書いておきながら、数々のウソを垂れ流しにしたまま、未だに謝罪も訂正もありません。やっぱり、嘘つきなのだなと実感しました。

妄想を発信するのは個人の自由ですが、ワールドメイトの関係者のふりをして妄想とワールドメイトを関連づけるのはやめてください。

サルくんが、もともと、妄想癖のあることとワールドメイトとは、一ミクロンも関係がありません。サルくんのウソつき癖は、100%、ワールドメイトにはなにも責任がありません。

ブログで違法行為をつづけ、これ以上の罪を作る前に、妄想をすべて削除して、せめて、我々ワールドメイト会員に迷惑をかけないように、してもらいたいです。
2013/10/15

ワールドメイトアンチは不幸せだから他人の完治した痔で衝撃を受けただけ

ワールドメイトのセミプロアンチの、サルくんと親しい仲にある「元会員ら」は、他人の痔について書かれたメルマガを見て、衝撃を受けたそうです。

世の中に、他人の痔が完治したことを知って衝撃を受けるなどという、ばかばかしい人物が複数いることこそ、衝撃といえば衝撃です。

ワールドメイトの会員ならば、元会員らが他人の痔が完治したメルマガを読んで衝撃を受けた事実を、知ったとしても、

なんと、暇な人だろう。
ワールドメイトをおとしめることが仕事だから、いちいち、そのようなどうでもいいことで反応するのかな、と思うだけでしょう。

そして、アンチとは、このようなばかばかしいことばかり考えてるのか。関わらないようにしよう、と思うだけの話でしょう。


結局、ワールドメイトのセミプロアンチの一人、サルくんは、自身の意に反して、ワールドメイトの活動を批判出来ないようです。ブログを更新すれば更新するほど、ワールドメイト深見東州先生のすばらしさを、世界中にアピールしてしまい、ことごとく裏目に出てしまいます。

ワールドメイトの普遍的宗教活動は、いや広がりに広がり、宗教的宗教活動においてもご神力が圧倒的に冴え渡っています。


サルくんはじめ「元会員ら」が、ワールドメイトの活動をなにひとつ批判出来ないのは、本当に、ワールドメイトの活動が、客観的に見てすばらしいからでしょう。

しかし、サルくんは、なんとか難癖をつけたいので、完治した病気を引っ張り出して「病魔に敗北した」などとウソを書いたり、「震度10の地震が来る」などと言ったこともないのに言ったとウソを書いたり、ウソの上塗りを続けているのです。

サルくんは、謝罪と訂正をする、と宣言していましたが、いっこうに、謝罪も訂正もしていません。やっぱり、その言葉もウソだったようです。

サルくんは、元会員だったそうですが、ワールドメイトを退会して良かったねと、思っています。サルくんのようなウソつき人間は、善良なワールドメイト会員とはなじめないだろうと思うからです。支部にウソばかりつく人がいたら迷惑極まりないということもあります。

ワールドメイトは、会員が増え続けてますが、ウソつきのサルくんのように、不誠実な人はいつの間にか退会してることもあるのですね。善良な人は、なんらかの事情で一度、ワールドメイトを退会しても、再入会するケースも多いようです。


ところで、類は友を呼ぶと言いますが、サルくんは、他人の完治した痔が気になって仕方ないような「元会員ら」とつるんでいて楽しいようです。

しかし、サルくん。ワールドメイトの隠れファンである、元会員らとつるんで、他人の完治した痔についてばかり、ブログを書いていたって、決して幸せにはなれませんよ。

本当に幸せになりたければ、他人の完治した痔などどうでもいいことに衝撃を受けたり、くだらないブログを更新したりすることにエネルギーを費やしたりするより、他人の幸せを祈り、願う、善良で尊敬出来る人格を形成するべきです。

文句ばかり言う人間よりも、周囲の人の幸せを祈ってるような人間のほうが、神々さまにも守護霊様にも人間にも好かれます。死後も、いい霊界にいけます。

祖国の日本や世界がすばらしくなるように、願い、祈り、活動を続けてるワールドメイト会員は、ワールドメイトに在籍してることで、本当に心の奥底から幸せを感じています。

それに対し、サルくんは、心から幸せを感じていないから、他人の完治した痔を世界中に広めてやる、などとくだらないことばかり思いつくのです。サルくんは、まずは、周囲の人の幸せを願い、祈るところからはじめてはいかがでしょうか。

サルくんはじめ元会員らが、くだらないことに一喜一憂したり、衝撃を受けてないで、人格が向上し、幸せな人生を送れるよう、お祈り申し上げます。
2013/10/13

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんが他人の痔に執着する理由

ワールドメイトセミプロアンチのサルくんは、自身のサルブログで、明らかにウソを書いていましたが、未だに謝罪と訂正をしないつもりのようです。

そして、住吉熊野道に反論できないから、しかたなく、これまでの記事は一切なかったことにして、あらたな記事を書いていました。

これが、アンチの手法です。
まず、明らかなウソを思いっきり書くのですが、それがウソとばれると、以前に書いた記事をなかったことにして小さなウソを書きます。そのうち、都合の悪い記事を削除するのです。

自分がウソつきだとばれているのですが、サルくんは、「元会員ら」「私たち元会員」の総意としてブログを書いてるので、一身上の都合でブログを停止することができません。

それにしても、「他人の痔」について、こうまで執着して、嫌がらせを書く性格の人とはできたらお近づきになりたくありません。こういう元会員らと仲良くできそうな気もしないので、本当に、ワールドメイトを退会してくれて良かったと思います。神様のご守護を深く感じた次第です。

「他人の痔」をおもしろおかしく宣伝する粘着質な人の集まりが、サルくんをはじめとする「元会員ら」「私たち元会員」だということです。ワールドメイト現会員が、そのようなサルブログを読んだとしても、ワールドメイトへの信頼が揺らぐことなどありえませんが、あまりにも「他人の痔」について揶揄することに固執してるさまには、さすがに嫌悪感を覚えるでしょう。

サルブログ、ニューライスブログは、更新すれば更新するほど、現会員に対し、セミプロアンチの醜悪さを印象づけるだけであり、セミプロアンチの意図とは裏腹に、ワールドメイト会員の定着率アップに貢献してくれてると断言できます。だから、最近でも、ワールドメイト会員は増え続けてるということがいえるでしょう。

それにしても、負けサルの遠吠えが激しいので、いちおう、反論しておきます。

(サルブログの引用)
ただしその人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐのはいかがなものか、ということです



(サルブログへの反論)

サルくんは、今になって急に、ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐ」などと決めつけてきましたが、このような事実は絶対にありません。ワールドメイトが「痔を人に打ち明けたくないでしょ」などと、感情を利用して大金を稼いだ証拠もないくせにいい加減なことを書かないでください。サルくんが好きな「物証」が出せないのでしたら、謝罪と訂正をしてください。

(サルブログより引用)

住吉熊野道のような、ああいうあからさまな嘘や屁理屈の数々を「宗教的理由から」受け入れなくてはならない会員さんは、本当にお気の毒です。
思えば深見東州教祖が様々な理由から窮地に陥った時、様々な詭弁を利用し、会員に弁明をしてきました。
合理的常識的に考えれば詭弁は詭弁以外の何物でもなく、それは窮地に立たされたからこその苦しい言い分けでしたが会員としてはそれを受け入れる以外に選択肢はなく、そしてだんだんそういった教祖の教説の矛盾を考えることをしなくなりました。
そう、心がそのことについて関心を向けようとするとそれを自ら抑圧し、意識を逸らすのです。



ワールドメイトには、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」などなにもありません。逆に、サルブログなど、セミプロアンチのブログは、「あからさまなウソや屁理屈」「詭弁」「矛盾」だらけです。
両者を比べてみてください。ワールドメイトには7万2千人以上の会員が、ワールドメイトを支持してます。しかし、サルブログは、更新しても更新しても支持者は増えません。あんなブログの存在さえ知らない会員も多く、見たことがある人も「ああ、あのブログはウソばっかりだよね。頭がバーンな人だから、あんなウソや屁理屈、詭弁、矛盾を平気でかけるんだよ。関わりたくないね」と思うのが関の山でしょう。

ワールドメイトの会員のうち、ネットを見る人も多いですが、アンチブログなぞに関わりたくないから放っておかれてるだけのことであり、その理由はウソばかりだから、という一点につきます。何人かの有志が、義憤により、お相手をしてあげてるだけのことです。

(サルブログより引用)

教団の運営にだんだんついていけなくなり、支部の雰囲気が険悪になり、人が入れ替わり、その状況に耐えられなくなったころ、私は深見東州教祖の教団運営の本当の目的に思い至りました。
そしてその認識は今でも変わっていません。
それを覆す出来事がワールドメイトにないからです。



(サルブログへの反論)
サルくんは、抽象的に中傷を書いてるだけであり、信憑性がありません。そのように断言したいのなら、「物証」を出してください。「それを覆す出来事」がなにを指すのか不明ですが、日本語として意味の通じない文章をあえて書くことにより、つじつまを合わせるのは、セミプロアンチの常套手段です。


(サルブログより引用)

さて、深見東州教祖が痔瘻と切れ痔を患い、それを二度の手術で完治させたことに関して記事にしたことがワールドメイトインターネット工作員『ぜんじ』のメ=リルさんにはかなり都合が悪い様子で、必死になって反論にもならない反論を展開していますが、そんなものにおつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(笑)



(サルブログへ)
やっと、完全敗北を認めたようです。これまで、散々、反論を書いていたくせに、今更、「おつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(原文ママ)」だそうです。自分の反論が、まったく反論になっていないことが、ワールドメイト議論掲示板でも、数多く指摘されてます。見る人から見たら、どちらが詭弁を書いてるかは一目瞭然なのでしょう。

また、サルくんは、インターネット工作員『ぜんじ』などと決めつけていますが、それもウソです。『ぜんじ』という人は、もうお亡くなりになったそうです。私は面識はありません。全くの別人なので一緒にしないでください。



(サルブログより引用)

教祖は痔の神霊治療を高額料金で行ったいたこと(原文ママ)



(サルブログへの反論)

ワールドメイトは、神霊治療などというものを行ってません。勝手に、アンチがデマを書いてるだけです。ワールドメイトの公式サイトを見ても、パンフレットを見ても、そのような記載がないことはすぐにわかることです。

ワールドメイトの秘技を受けたら、いい病院やいい医師、いい薬、いい治療法に巡り会ったり、体質を変えることができたりなどして、今までだめだと思ったのに、奇跡的にめざましい治癒を遂げることは数多くあります。しかし、それは神霊治療ではありません。

病気治しは、高級神霊ではなく、龍神、天狗、蛇さんなどご眷属の働きによるものです。ワールドメイトのご神霊は、高級神霊ですから、常に、病気治しなどしてません。

サルくん、謝罪と訂正をお願いします。

また、サルくんは、「現代のルネッサンスマン」ではないなどと決めつけていますが、これは、同時通訳の神様と呼ばれる、國弘正男先生が深見東州先生のことを、「現代のルネッサンスマン」と呼んでおられました。この耳で聞いたことがあります。サルくんが認めなくても、日本のオピニオンリーダーや有識者が認めてるのですから、なんら影響はありません。

(サルブログより引用)

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州
とお呼びします。



(サルブログへの反論)
他人が痔になったことを、おもしろおかしく揶揄するなんて、趣味が悪いですね。「痔の神霊治療」など存在しませんし、それで大金を稼いでいません。まったく、ウソの上塗りだらけはやめてください。


(サルブログより引用)

世界中が深見東州教祖を「(元)痔主の教祖様…自分の痔を神霊能力ではなく手術によって完治させた偉大なる救世主」ということを認識するまで、周知徹底して差し上げます。




(サルブログへの反論)
セミプロアンチさんが、世界中に、深見東州先生の宣伝をしてくださるそうです。ありがとう。やっぱり、あなたは、深見東州先生のファンだったのですね。

しかし、他人の痔について、そこまで粘着質なこだわりをもつ異常性には、目を見張るものがあります。ワールドメイトでは、神なる存在とは遠い、自らの煩悩に基づく人を不幸にするような人間は常識的に見ても異常におかしい人である旨を聞いてます。まさに、サルくんの異常性は、常識で考えても常軌を逸してるとしか思えません。

他人の痔に一喜一憂していないで、もっと、人生を豊かにすることに時間を使いましょう。
サルくんが、幸せになるためには、他人の痔などに執着し、固執することをやめて、もっと、有意義なことに目を向け、精進努力できるかどうかにかかってることでしょう。

サルくんが、異常な性質を克服できて、もっと人生を豊かにする有意義なことに関心を持ち、幸せになっていただけるよう、お祈り申し上げます。
2013/10/10

反論できないワールドメイトセミプロアンチ

ワールドメイトのウソ八百を書きまくる、セミプロアンチのサルくん(雌鳥ブラスバンドくん)が、サルブログでウソばかり書いている事実を暴いた後、反論できずに更新が止まりました。

やはり、ウソの上塗りはそう長くは続かないようです。

サルくんは、以前から、「深見東州先生が震度10の地震がくると予言した」などとウソの記載をしています。その後、ウソを書いたことを認めつつも、記述を削除することもせずにウソをまき散らしたままです。

その一方、プロバイダより、サルブログの違法性を指摘されたらしく、多数の記事を削除したようです。おそらく、自らにとって都合が悪い記事も同時に削除したと思われ、自らのブログのウソの量を減らしたようです。

サルくんは「元会員ら」「私たち元会員」などとブログで書いてる通り、ウソブログをアップする前に、(自称)元会員仲間の意見を集約し、他人数の総意としてブログをアップしてることを自白してます。

ブログで、堂々と、ブログの内容は、「元会員ら」の意見、つまり「私たち元会員」の意見である、と宣言しており、ブログ前に、複数の(自称)元会員の意見を聞いてまとめるという作業をしてるのです。

いったい、なぜ、他人数が一つのブログを書く前に、いちいち、相談する必要があるのでしょうか?
サルブログは、組織的に行ってる工作だということを表すのでしょうか?
なぜ、ウソを承知の上、あえて、ウソを書かなければならないのでしょうか?
なぜ、自信に都合の悪い記事を多数、削除せねばならなかったのでしょうか?
サルくんは、一個人としてではなく、元会員ら、私たち元会員の代表としてブログをアップしてる役割を果たしてるのでしょうか?

疑問はつきませんが、ウソブログがなんらかの複数の人物の思惑により、組織的に嫌がらせをする目的で書かれてる可能性に関して、否定することはできません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。