2011/01/09

ワールドメイトで最高の新年を迎えられました

ワールドメイトの新年の神事により、今年も素晴らしい幕開けをさせていただき、心より感謝申し上げます。

とくに、神事会場にて土下座祈願をさせていただけたのは、なににもまして有意義な体験でありました。

深見東州先生は、神事のときは、3時間や8時間以上のご祈願を何時間もされています。

神事が8時間以上の連続になったこともありますし。

座ってご祈願をすると、神社での昇殿参拝などでも自然と土下座の姿勢になりますけれども、土下座で祈願をさせていただけると神様に向かって謙虚な己にかえりやすいように思います。

もちろん、有志による土下座祈願ですが、一般会員さんもおおぜいご祈願に参加されておりました。

また、足や膝などのお悪い方はもちろんイスで座ってご祈願されていましたね。

お祈りの仕方というのは、たとえワールドメイトを退会しても忘れることはありませんし、いつでもどこでも好きなときにできます。

お祈りの仕方を体得させていただくと、神社でご祈願をするたびに証をいただけたり、周囲の人をお祈りさせていただくことで、自分が幸せの渦の中心人物となることができます。

ワールドメイトでは、深見東州先生が体得されたお祈りの仕方を教えていただけますが、それ一つとっても入会する価値があると思います。

周囲の人をお祈りさせていただくという行為により、自然と慈悲慈愛も生まれ宗教的人格が向上していく効果もあります。

もし、ワールドメイトが金儲け主義のところならば、お祈り、などという全くお金にならないことをすすめるはずがありません。

ワールドメイトの会員は、世の人々が幸せになってほしいという神心に近づき、宗教的人格を向上することを目指していますので、お祈りに最も重点を置くのです。

全ては発願のお祈りからです。

今年一年、さらに自分の人格や職能力が向上し、周囲の人にも幸せになっていただけるように、"向上心"をキーワードにアメティックに楽しく日々を過ごしていきたいと思います。
スポンサーサイト
2010/08/17

ワールドメイトで先祖供養をしたら心が落ち着き、豊かな気持ちになりました

ワールドメイト先祖供養をさせていただきました。

非常に、心が落ち着き、豊かな気持ちになりました。


ワールドメイトでは、お盆に、先祖供養することによって、先祖が本当に喜んでいるということを実感できます。

今年の先祖供養深見東州先生のお取り次ぎも本当に素晴らしい供養でした。供養のお言葉一つ一つが慈に溢れており、感動いたしました。

深見東州先生は、比叡山天台宗で得度されており、法名を「東州」とおっしゃるそうです。

また、臨済宗東福寺での授名を「大岳」居士とおっしゃるそうです。

在家仏教のお坊さんとしての資格もお持ちなのですね。


ワールドメイト先祖供養では、本当に先祖が救われます。

ですから、申し込んだ人も、先祖の喜んでいる気持ちを、自分で追体験できたり、先祖からなにか見えないプレゼントをもらったり、かたちは人によってさまざまですが、なんらかの方法で体験している人が大勢います。

こうして、先祖供養したことに対し、先祖から、「ありがとう」というメッセージをもらったという体験をしたことのある人が大勢いるのに、それを、「嘘」だと一方的に決めつける行いは、あまりにひどいと思います。

個人的には、線香を三本たてたくらいで、先祖が本当に供養されているとはどうしても思えません。

目に見えないものを信じないという無神論者のアンチワールドメイトの方に、是非、理解してもらいたいことがあります。

心や体で実感できるということは、世の中にはあるということを、まさか、認めないということは言えないと思います。

そういう、気持ち、という部分を否定したら、世の中はなんと無味乾燥なものになってしまうと思いませんか?


目に見えるモノしか信じないということは、お金をもらったらうれしいとか、ものをもらったらうれしいとか、即物的な考え方しか理解できないということになってしまいます。

しかし、世の中には、実体のないことばかりです。


「ありがとう」とお礼を言われたらうれしいですが、言葉には、実体はありません。

「すてきですね」「素晴らしいですね」など、実体のない目に見えない言葉で、人は幸せになれます。

先祖を供養するということで、安心感を得たり、幸せになれます。

そういう目に見えない、心や感情を否定するということは、人間の存在そのものを否定することにつながると思います。

先祖の霊に、霊界の法則を説いたりする、という宗教的行為は、実体のないものですが、その後、実際に、身体が軽くなったり、心が軽くなったり、気持ちが穏やかになったりという体験をした人は、大勢います。

ですから、ワールドメイトで先祖供養を申し込んで良かった、とみんな思うのです。

毎年、先祖供養を申し込んでいますが、一度も、後悔したこともなく、毎年、申込続けたいと思っています。

それは、こうした、体験があるからです。

先祖供養を否定する人や、無神論者のアンチワールドメイトの人は、そうした体験をしたことがなく、理解できないということは、ある意味、仕方のないことかもしれません。

しかし、そういう体験は、全部嘘ですとか、でっち上げですと一方的に決めつける行為は、あまりにひどいと思います。

世の中、目に見えない真実もある、ということを理解されていないし、ご神業の知識がないために、たんに、理解できないということにしか思えません。

アンチ活動をしている数人の人は、ワールドメイトに在籍されているときに、ご神業について、勉強されなかったから、退会されたのでしょうし、今もって理解できないだけであるということなのでしょう。


(※ちなみに、私は、「ぜんじ」「女朝青龍」「おにぎり」「うんこーいち」「ブクイ」「WM職員」「コロッケ三個」「豚停止由美子」「豚停止口蹄疫」「宮崎家畜豚停止」「住熊豚停止ユミコーン@ノータリン」「豚停止住熊ユミコーン小荒ブタ」「豚停止膿子ノータリン」「芦屋支部長」ではありません。2ちゃんねるを荒らすどころか、書きこみをしたこともありません。さらに、「花火の代金を誤魔化して着服してたのに、どういうコネがあるのか知らないけど、まだスタッフに残ってらっしゃる方」でもありませんし、「訴えられた方」でもありません。嘘はやめましょう。たんなる2ちゃんねるの悪口を信じている会員はいませんよ、アンチさん。私はたんなるいち会員です。アンチの方々は、わたしが誰なのか知りたいようすですが、私は、上記のうち、誰でもありませんので、一方的な断定はお控え下さい。)
2010/02/04

世界中に愛をワールドメイト・三輪神業

世界中に愛をワールドメイトの三輪神業のお取り次ぎが行われました。

宇宙祭壇神事のお取り次ぎの最中、凄まじい突風がふきすさび、神様がご降臨されました。

あまりにもわかりやすい、神様の顕現でした。

今回の御神業の中で、ワールドメイトの深い宗教的背景が、一層理解できました。

世界一、奥深い教えの宗教であり、実在の神様が間違いなくおられるグループであると、改めて確信いたしました。
2010/01/16

世界中に愛をワールドメイト「三輪神業」

世界中に愛をワールドメイトの三輪神業にて、団体参拝が終了しました。
深見東州先生の先達により、会員が一丸となって、日本経済が立ち直り、国民が幸せになっていただくよう、一心にご祈願をいたしました。

私も、三輪の神様に、絶大なるご神徳を発揮していただき、苦しむ人が最小限になり、経済状況の悪化による影響が最小限になり、ひとりひとりの国民が、幸せになっていただけるよう、心より、ご祈願をさせて頂きました。
最後に、自分のことも、祈願をいたしました。

すの大神様のご許可があれば、三輪の神様のご神徳も弥増すことと思います。
さいこうの神事になるよう、さらに、祈りを極めていきたいと思います。
2009/12/30

世界中に愛をワールドメイトの伊勢神業が楽しみですね

世界中に愛をワールドメイトの伊勢神事もまもなくです。

毎年、伊勢に参加しなければ、年を越した気になりません。

一年の締めくくりと新年のはじめを、世界中に愛をワールドメイトの仲間や

深見先生とともに、御神気極まる会場にて迎えさせていただけること、

心より、感謝申し上げます。

世界中に愛をワールドメイトにご縁をいただけて良かったと、

実感する次第です。
2009/12/06

ワールドメイト箱根での深見東州先生のお話

ワールドメイトは、ただ今、箱根神業の真っ最中です。
連日、極まったご神業が続き、すがすがしい気持ちでいっぱいです。
自然と、胸から愛念が溢れてきて、世界中の人々が幸せになってほしいという想いが自然と沸いて参ります。

本日、深見東州先生の天の声によるご神業もありました。
深見東州先生は、箱根の神事会場にて、祈りを捧げられているようです。

ワールドメイトの批判をしている3~5人くらいの人々が、
深見先生は、初めから神事会場に来るつもりはない。深見先生とか側近の人に騙されてお気の毒。側近は人非人」とか、あほらしいことをネット上に書き込んでいますが、100%、虚偽に基づく中傷であったことが証明されたことになります。

ワールドメイトの批判をしている人は、毎回、虚偽に基づく中傷をもっともらしく書き込んでいるだけです。

ワールドメイト会員とかスタッフさんの悪口を言うのもいい加減にしてほしいと思います。
寒空のもとで、深見先生が来ないのに、来ると信じている、ばかワールドメイト会員、みたいな、ばかにした口調で皮肉るのは、やめてほしいと思います。

深見先生が、会場にいらっしゃろうがどちらでも、かまわないのです。ワールドメイト会員は、深見先生のファンクラブではないのですから、深見先生を見にいくわけではありません。
最近入会した会員なら、そういうこともあるかもしれませんが、ある程度、会員を続けている我々は、深見先生とともに、ご神業を支えようと発願しているのです。

深見先生は、どこにおられても、常に、神さまと一体でおられます。そのへんの霊能者などとは全く違うので、理解しがたいのはしかたないですが。

支部の仲間は、神さまが顕現する、ゆにわの底支えをさせていただきたい、という思いで、支えさせていただいています。そういう多くの人々の真心があって、はじめて神事が成り立つのです。

深見先生は、ご自分の行動をご自分の希望で決めているわけではありません。神事会場にいくつもりとか、いかないつもり、とか、そういうことはありません。どうしてもいかなければならないときは、そのようにおっしゃっていますし、それも、自分で行きたいから行かれてるわけではありません。

たとえ、ご予定が決まっていたとしても公表されないのは、
深見先生の追っかけのような元・会員がいるせいだといっても過言ではないでしょう。深見先生に嫉妬しているような必死すぎる元・会員とか退会者などがいるせいで、ご予定を公表されないのだと思います。

必死すぎる元・会員とか退会者が、死にものぐるいで、ワールドメイトの神業にちゃちゃを入れて、邪魔をしようとしているから、魔が入らないように、極秘にされているのだと思います。

こういう説明がなくても、ワールドメイトの会員は、あうんの呼吸でわかりますから、不満に思う人もいません。必死すぎる元・会員とか退会者が、わーわー騒くのが、魔の働きになっているかもしれないのに、よく言うと思います。
2009/10/27

世界中に愛をワールドメイトの神事に参加すればわかる

世界中に愛をワールドメイトを批判している人は、一度、素直な気持ちで、ワールドメイトの祭事に参加してみられれば、きっと、世界中に愛をワールドメイト会員さんが、いかに、純粋な気持ちで神事に向かっているかがわかると思います。

一度、ワールドメイトの神事に参加してみたら、きっと、悟るところも多く、御魂が若々しく生き返るのではないかと思うのです。

やはり、批判ばかりしていると、御魂が枯れてしまうものです。枯れた御魂は、「ハレ」と「ケ」といいますが、日常を離れたことをして回復するのが、効果的です。
2009/10/26

世界中に愛をワールドメイトの神事と深見東州先生

世界中に愛をワールドメイト神事に参加して、深見東州先生のお話を聞いたら、どんな人でも、「ここは、本物の神様がいらっしゃるところ」だと、実感されることと思います。

ワールドメイトでは、理屈ではない、感動、感激を何度も、体験させていただきました。

ワールドメイト会員でいて、本当に良かったと実感するひとときでもあります。

深見東州先生は、重厚なお話、壮大な祝詞などを、スラスラーとお話され、人間わざではないと思います。

深見東州先生は、ワールドメイトに出会う前から、神様一筋で向かってこられ、人間的にも、めいっぱい努力されているという賜物でしょう。
2009/10/22

世界中に愛をワールドメイト「宇佐神業」

「世界中に愛をワールドメイト」の宇佐神業が、明日から再開いたします。

ワールドメイトの神事で、会員が一番お祈りする内容は、世界中の民の幸せ、日本国民の幸せでしょう。

現地会場で、深見東州先生と一緒に、お祈りをし、神事を支えるということは、一番素晴らしいことではありますが、それができない方でも、衛星中継会場やご自宅などで、お祈りによって、神事を支えるということはできます。

私も、気を引き締めて、宇佐神業に向かっていこうと思います。